おすすめWeb会議システム

【2024最新】おすすめWeb会議システム30選を紹介!

ミーティングや打ち合わせがWebで行われることが当たり前になった今、どのWeb会議システムを使うかは円滑なコミュニケーションにおいて大切な要素です。しかし多くのシステムがあり、どれを使えばいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのWeb会議システムを紹介します。各システムの特徴はもちろん、Web会議システムを活用するメリットや選定ポイントも紹介します。

この記事を読むことで、自社のニーズに合ったWeb会議システムを見つけられます。初めての方にも分かりやすいように、丁寧に解説しますのでぜひ最後までご覧ください。

Web会議システムとは

Web会議システムとは、インターネットを介して遠方にいる他者とリアルタイムでコミュニケーションを図れるツールです。音声や動画、資料の共有をしながらビデオ通話ができる点が、従来の音声のみでおこなっていた電話会議とは大きく異なるのが特徴です。

参加者の表情や視覚的なコンテンツを見ながら会議を進行できるため、情報共有と議論が効果的に行えます。

システムの一例として、ZoomやMicrosoft Teamsなどの有名なものは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ビデオ会議・チャット・画面共有・ドキュメント共有などが利用でき、個人の打ち合わせや大人数での会議まで幅広い目的で使用可能です。

リモートワークの浸透に伴い、社内外での会議・商談・セミナーなど、多くのビジネスで活用されるようになりました。さまざまなシーンで利用され、コミュニケーションとビジネスの幅を拡大する重要なツールといえます。

Web会議システムを活用するメリット

Web会議システムを活用するメリットは以下の5つです。

  • 複数の場所からアクセスできる

  • 移動の手間が不要

  • リモートワーク推進につながる

  • 資料の共有が簡単

  • スケジュール調整が柔軟にできる

一つずつ解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 複数の場所からアクセスできる

Web会議システムを導入すれば、地理的に離れた場所にいても、一つのバーチャル会議室で対話ができます。例えば、東京・北海道・鹿児島にいるプロジェクトメンバーが、それぞれのオフィスから出ることなく打ち合わせが可能です。

離れていても、進捗や戦略についてリアルタイムで話せることで、プロジェクトを円滑に進められます。出張先や現場などでも、インターネット環境があればどこからでもアクセスできるのは、大きなメリットといえるでしょう。

  • 移動の手間が不要

Web会議システムを使用すると、対面会議に必要な移動の手間やコストを大幅に削減できます。例えば取引先が遠い場合には、往復の交通費や宿泊費・交通機関のストレスを避けて、オフィスや自宅から会議に参加できるのです。

定例会議のために全国各地から集まる移動コストを縮減できれば、企業全体の経費削減にもつながります。また移動時間を減らせることで、節約した時間で業務をおこなって作業効率を上げたり、残業時間の短縮も実現できるでしょう。

  • リモートワーク推進につながる

Web会議システムは、リモートワークの推進につながります。例えば企業が地理的に分散したチームを持つ場合、オフィスへの通勤が不要となって従業員は好きな場所から仕事が可能です。

オフィス・自宅・カフェ・コワーキングスペースなど、さまざまな場所で業務ができることで、働き方の幅が広がります。結果的に、従業員はより柔軟な労働環境で働けるでしょう。今まで以上にパフォーマンスが上がることで、企業の成長にもつなげられます。

  • 資料の共有が簡単

Web会議システムは、資料の共有を効率的におこなう手段としても優れています。例えば、画面共有機能を利用すれば、プレゼンターは自分の画面を他の参加者に表示し、資料を瞬時に共有できます。

参加者全員が、各デバイスからスライドや文書をリアルタイムで確認できるため、議論がスムーズに進められるのです。Web上で完結することで、印刷やメールでのファイル添付の手間が省かれ、環境にも配慮できます。

  • スケジュール調整が柔軟にできる

Web会議システムを活用すると、会議のスケジュールも柔軟に調整できます。例えば、東京・大阪・福岡に拠点を持つ企業がプロジェクト会議をおこなう場合を考えます。

Web会議を使用すれば、会場の確保や移動を考慮することなく、参加者の日程を合わせるだけで会議の設定が可能です。また急なスケジュール変更や、緊急の会議の企画もしやすくなります。柔軟性があることで効率的な意思決定ができ、ビジネスプロセスのスムーズ化にもなるでしょう。

Web会議システムの選定ポイント

本章では、Web会議システムの選定ポイント5つを以下の順番で紹介しています。

  • 通信の安定性

  • 音質や画質

  • セキュリティ面

  • 操作性

  • 価格

それぞれの選定ポイントを踏まえて、Web会議システムを選ぶ際の参考にしましょう。

  • 通信の安定性

Web会議システムを選定するとき、通信の安定性はとても重要です。商談やクライアントとの会議の質に影響を与えるため、意識すべきポイントになります。

例えば、大手企業が重要な取引先とのオンライン会議をおこなう場合を考えましょう。仮に、通信の安定性が低いシステムを使っていて、会話が途切れたり映像が乱れたりしては信頼性が損なわれかねません。

安定した通信状態でWeb会議をおこなえるシステムは、ビジネスの成功・運営に不可欠です。

  • 音質や画質

Web会議システムの音質と画質は、コミュニケーションの品質に直結します。例えば、リモートで音楽プロデューサーがアーティストと音楽制作をおこなう場合、高品質な音声と映像が必要です。

クリアな音声や高画質の画面が提供されるシステムは、芸術制作やクリエイティブな業務において大きな利点をもたらします。画質が悪いと、映し出された文字が読めない・会議に集中できないなどストレスになります。

無料トライアルで試せるシステムもあるため、複数のツールを試してみるのもよいでしょう。

  • セキュリティ面

セキュリティは企業情報や個人データの保護に関わる重要な要素です。例えば、医療機関が患者情報を共有するときに、Web会議を使用する場合を考えましょう。

データ漏えいや不正アクセスのリスクを最小限に抑えるために、セキュリティ性能の高いシステムを選ぶ必要があります。「セキュリティ対策が充実している」「トラブル時の迅速なサポート体制がある」と安心です。

  • 操作性

Web会議システムの使いやすさは、効率的な会議をするうえで大切です。さまざまな機能を搭載していても、使いにくい画面設計だと社内全体に定着しにくくなります。

定例会議をおこなう場合、簡単に画面・資料共有をして説明できるシステム環境や操作性があると使いやすいです。直感的な操作性を備えたツールを選ぶことで、社内の使用率や満足度も上がるでしょう。

  • 価格

Web会議システムの導入にかかるコストは、予算に大きな影響を与えます。例えばカフェオーナーがWeb上でスタッフミーティングを開催する場合を考えましょう。予算が限られている場合、無料または低コストのWeb会議システムを選択することが合理的です。

必要な機能さえあれば、コストをかけずともスタッフとの効率的なコミュニケーションが実現できるでしょう。組織の規模・予算によって基準は異なるため、機能やセキュリティも考慮し、総合的なコスト対効果を評価することが大切です。

【カテゴリ別】2023おすすめWeb会議システム30選

リモートワークが促進されて、Web会議の需要が高まっていることもあり、Web会議システムの導入は必須といえます。本章では、2023年現在おすすめのWeb会議システムを以下のカテゴリ別に紹介しています。

  • 大規模な会議におすすめなWeb会議システム10選

  • 少人数の会議におすすめなWeb会議システム8選

  • セミナーにおすすめなWeb会議システム5選

  • 1対1商談・面談におすすめなWeb会議システム7選

それぞれ規模に応じた会議システムを紹介しているため、自社に合ったツールがあるか確認してみましょう。

大規模な会議におすすめなWeb会議システム10選

対面での大規模な会議は、スケジュール管理や意思疎通の難しさがあり、情報・意見もまとまりにくいことが一般的です。Web会議システムを使うことで、ファイルの送受信やWeb上でのチャットもできるため、情報共有もしやすくなります。

数十人を超える会議をおこなう機会が多い企業は、ぜひWeb会議システムをチェックしましょう。

1.Zoom

Zoom

Zoom(ズーム)は、あらゆるデバイスからミーティングができるWeb会議システムです。

会議内でのチャットやファイル・画面共有ができるのはもちろん、リンクを共有すれば、即座に会議を始められます。最大1,000名も参加でき、大規模なミーティングでも安定した通信環境のもとで会議を実施できるのが特徴です。

他システムとの連携も可能で、GmailやOutlookなどからカレンダーを連動してスケジューリングもできます。リモートワークを導入したい・Web会議を社内に浸透させたい企業におすすめのツールです。

2.Google Meet

Google Meet

Google Meetは、誰でも簡単に利用できるWeb会議システムです。

インターネット環境があれば、いつ・どこからでも会議に参加でき、画面共有で資料やファイルを閲覧できます。各自のネットワーク速度に合わせて、通話環境の設定を自動でおこなうため、つねに高品質な通話ができるのも大きな特徴です。

最大500人まで招待可能なため、社内全体の重要なお知らせ時でも活用できるでしょう。他にもイベントなどでのライブ配信(最大10万人が視聴できます)も可能です。

オンラインイベントを開催したい・会議のための移動や時間コストを削減したい企業におすすめといえます。

3.Microsoft Teams

Microsoft Teams

Microsoft Teams(チームズ)は、会議やチャットなど個人から企業まで幅広く利用できるツールです。

オンライン会議での通話・チャット・ファイル共有のすべてが暗号化され、高セキュリティのなかで安心して利用できます。またMicrosoft365と連携できるため「Excelライブ」のように画面共有をすることでの説明も可能です。

一つのツール内で、ビデオ会議・チャット・通話のように切り替えができるため、コミュニケーションの活性化にもつながります。Officeアプリを使う機会が多い企業に最適なツールです。

4.V-CUBE

V-CUBE

V-CUBE(ブイキューブ)は、2023年の配信支援社数でNo.1を獲得した実績のあるWeb会議システムです。

24時間365日のサポート体制が整っているため、万が一のシステムトラブル時にも落ち着いて対応できます。またOffice365との連携もできるので、スケジュール管理や予約管理の統一化も可能です。

さらに録画機能によってWeb会議を録画することで、議事録作成や振り返りにも役立つでしょう。つねに質の高いミーティングを実施したい・リモートワークを定着させたい企業におすすめです。

5.LoopGate

LoopGate

LoopGate(ループゲイト)は、誰でも使いやすい専用機を用いたWeb会議システムです。

国内開発のシステムで、官公庁でも導入されており、ITトレンドランキングで10年連続1位を獲得している実績もあります。オンプレミス型のシステムのため、社内ネットワークにより構築されて運用できるのが大きな特徴です。

データ漏えいのリスクを回避したうえで利用でき、PCはもちろん専用機のみでWeb会議を実施できます。高いセキュリティが求められる金融機関や、機密情報を多く取り扱う企業に最適なツールです。

6.BlueJeans Meetings

BlueJeans Meetings

BlueJeans Meetings(ブルージーンズ)は、マルチデバイス対応で誰でも簡単に利用できるツールです。

最大200名が参加できるオンライン会議をはじめ、イベントでのネット配信では最大50,000名が参加できます。またMicrosoft Teams(チームズ)とのシームレスな連携ができるのも特徴の一つです。

ライセンス契約のみですぐに利用でき、PCやスマホなどの各デバイスでスムーズな導入もできます。ストレスフリーなWeb会議をしたい・シンプルで使いやすいシステムを使いたい企業に最適です。

7.Around

Around

Around(アラウンド)は、デザイン性に富んだ海外発のWeb会議システムです。

Web会議のときには、背景のぼかしやバーチャル背景を使うことで、映り方を気にすることなく会議にも集中できます。無料プランでも、最大45分間・50人までのミーティングが可能です。

長時間・大人数での会議が少ない企業にとっては、無料でも十分に活用できるでしょう。また相手の共有画面をリモート操作できるのも大きな特徴です。

興味を持った方は、ぜひ導入を検討してみましょう。

8.GoToMeeting

GoToMeeting

GoToMeetingは、スマホ・タブレット・PCの各デバイスに対応したシステムです。

Web会議に加え、チャットや通話機能・会議をおこなうときの背景変更などもできます。また画面共有した内容に対して共同作業も可能です。会議録は自動で保存されるため、振り返りや議事録作成にも役立ちます。

さらにシングルサインオンの他、やり取りの暗号化など、セキュリティが整っていることで安心した利用ができます。他にも「通勤モード」により、移動中に会議への参加ができるように、自動で音声のみに切り替わる機能もあります。

高セキュリティのWeb会議システムを導入したい企業におすすめです。

9.FACEHUB

FACEHUB

FACEHUB(フェイスハブ)は、2,300件を超える導入実績のあるWeb会議システムです。

簡単な画面設計で、Web会議もURLからワンクリックで手軽に参加できます。クラウド上で利用できるため、インストールが不要でアカウントなしでも使えるのが大きな特徴です。

アカウントの管理コストを減らせることに加え、Web会議を浸透させれば、移動コストなども大幅に削減できます。

シンプルで誰でも使いやすいWeb会議システムを導入したい企業に最適です。

10.ISLOnline

ISLOnline

ISLOnline(ISLオンライン)は、世界100ヵ国以上・30万社を超える企業で導入されているツールです。

マニュアルがわかりやすいため、不明点があっても迅速に対応できます。また登録しているアカウントごとに接続履歴を確認できるため、いつ・どこで・誰が接続したかの管理も可能です。

他にも、2段階認証のセキュリティや暗号化・安定した通信速度を提供しているため、質の高い会議になるようサポートをしてくれます。

導入実績が豊富なシステムを使いたい企業におすすめのツールです。

少人数の会議におすすめなWeb会議システム8選

少人数の会議では、議論が進みやすく意思決定のスピードも上がりやすいです。また集まる頻度も増やしやすいため、PDCAサイクルを回せるなどのメリットもあります。

人件費や移動費などのコストを抑えて効率的な会議をおこないたい企業は、ぜひ確認してみましょう。

11.Cisco Webex Meetings

Cisco Webex Meetings

Cisco Webex Meetings(シスコウェブエックスミーティングス)は、企業のチーム力を高めるシステムです。

音声強調機能があるため、大切な会議の内容を聞き逃すことなく参加できます。また無料プランでも最大100名まで参加できるWeb会議システムとなっており、背景の変更やノイズ除去などもできます。

さらにAIアシスタント機能が付いており、会議中の会話を自動文字起こしするのも大きな特徴です。議事録作成のために必死にメモする必要がなくなり、全員が会議に集中できるでしょう。

全員が集中して参加できるミーティングを実施したい企業に最適です。

12.skype

skype

skype(スカイプ)は、誰でも簡単に通話や会議を始められるツールです。

クラウド上で利用できるため、サインアップやダウンロード不要で、1回の通話あたり最大24時間もつなげられます。また通話内容を記録してあとで見返せるので、重要なミーティングの振り返りにも使えます。動画の保存期間が30日間あるのもうれしいポイントです。

プレゼン資料や各種ファイルの共有をしながら話すことで、業務の改善やコミュニケーションを図れるでしょう。

世界各国で使われている信頼と実績のあるサービスを利用したい企業におすすめのツールです。

13.RemoteMeeting

RemoteMeeting

RemoteMeeting(リモートミーティング)は、クラウド環境のみでもWeb会議ができるシステムです。

AIを搭載したシステムになっており、リアルタイムでの文字起こしだけでなく、録画した動画も読み込んで文字起こしが可能です。会議の種類に応じて、参加者一覧や講師を全面に映した表示にも切り替えられます。また共有された画面上で共同描画もできるため、内容を深掘りしやすく質の高い会議につながります。

さらに、背景のぼかし機能や高性能なノイズ除去があることで、より会議に集中できるでしょう。会議後の議事録作成をなくして業務の生産性を高めたい企業におすすめです。

14.BIZMEE

BIZMEE

BIZMEE(ビズミー)は、インストール不要ですぐにでも導入できるツールです。

URLを相手に送るだけで利用を開始できるため、初めて使う方でも手軽に扱えます。Web会議上では画面共有をはじめ、ホワイトボード機能を使うことで議論の幅が広がるでしょう。また推奨人数は2〜4人の少人数となっており、高音質で聞き取りやすく、質の高い会議を効率よく実施できます。

すぐにでもWeb会議システムを導入したい・少人数の会議が多い企業に最適なツールです。

15.Slack

Slack

Slack(スラック)には、ハドルミーティングという誰でも簡単に利用できるツールが搭載されています。

ワンクリックで簡単に音声ミーティングを始められる手軽さがあります。またカメラ機能がないので、リラックスして話せることで議論が進みやすいケースもあるでしょう。

チャットを中心としたSlackでも、zoomなどと同様に画面共有機能が使える点は良いポイントです。最大5人までの会議を設定できるため、チームでの会議が多い企業におすすめといえます。

16.Chatwork

Chatwork

Chatwork(チャットワーク)は、ビジネスチャットに加え、ビデオ・音声通話ができるツールです。

「Chatwork Live」では、通話中の画面共有を始め、音声ミュートやカメラオフも自由にできます。最大15人までのビデオ通話が可能ですが、有料プランのみなので注意しましょう(無料プランは1対1のみ)。

またチャットでおこなった内容を確認しながら会話することで、コミュニケーションの活性化にもなります。普段からChatworkを利用している企業におすすめのツールです。

17.FreshVoice

FreshVoice

FreshVoice(フレッシュボイス)は、オンプレミス型のWeb会議システムです。

高いセキュリティ対策がされており、複数の拠点から同時に発言できます。マルチデバイス対応で、誰でも簡単に利用できるインターフェースとなっています。またサポート体制も充実しており、定期的なサーバーメンテナンスも実施されるため、安心してシステム運用が可能です。

導入実績のあるシステムを使ってみたい・高いセキュリティ下で運用したい企業におすすめのツールといえます。

18.Whereby

Whereby

Whereby(ウェアバイ)は、ユーザー登録していない外部の方も参加できるWeb会議システムです。

インストール不要でクラウド上から手軽に利用でき、マルチデバイスで最大4人まで無料で使えます。さらに、タスク管理ツールのTrello(トレロ)などと連携できるのも特徴の一つです。

他にも音声通話のみで参加ができることで、移動中や通信制限がある環境でもWeb会議ができます。外部システムとの連携を充実させたい・シンプルでわかりやすいツールを使いたい企業に最適です。

セミナーにおすすめなWeb会議システム5選

オンラインによるセミナーは、場所や時間に関わらず、いつ・どこからでも受講できます。通信の安定性や音質を保つ技術が使われているWeb会議システムもあるため、セミナーを開催する企業におすすめです。

ぜひ参考にしてみてください。

19.LiveOn

LiveOn

LiveOn(ライブオン)は、通信環境の安定性と高セキュリティを誇るWeb会議システムです。

担当スタッフが専属で対応してくれるため、万が一のシステムトラブルでも安心できます。また自社に応じて、システムの操作性や機能の追加など、自由なカスタマイズができるのも大きな特徴です。

Web会議を常時つないでおくことで、バーチャルオフィスとしての活用・リモートワークの推進にもなるでしょう。豊富な機能がそろっているシステムを使いたい企業におすすめのツールです。

20.Zoho Meeting

Zoho Meeting

Zoho Meetingは、ビデオ会議をはじめ、録音や録画もできるWeb会議ツールです。

簡単に利用できるため、初めてWebシステムを導入する企業もスムーズに組み込んでいけるでしょう。ビデオ会議としてつなぎながら、画面共有でプレゼン資料を共有すれば、社内研修やセミナーの開催も可能です。

また録画・録音データを各自のPCへのダウンロードもできるので、オフライン環境でも内容を確認できます。システムを手軽に導入したい・議事録作成や会議の振り返りにも活用したい企業に最適です。

21.V-CUBEセミナー

V-CUBEセミナー

V-CUBEセミナーは、オンライン配信実績のシェア率でNo.1を獲得しているツールです。

最新技術を搭載しており、高品質な音声と映像を提供し、さまざまなウェビナー・イベントなどで活用されています。イベントサポートのための配信専用のスタジオは、遮音性に優れており、必要機材もすべてそろっています。

また配信する際の画面構成や映像の演出などにこだわり、リアルなイベントを提供しているのが大きな特徴です。

安定したウェビナーツールを利用したい・豊富な配信実績のあるシステムを使いたい企業は、ぜひ利用を検討しましょう。

22.ネクプロ

ネクプロ

ネクプロは、分析機能や顧客管理をはじめとしたマーケティングに特化したウェビナーツールです。

セミナーの開催前から開催後までの企画〜集客までを網羅できる機能を搭載しています。例えば、申込ページの作成やライブ配信・投票、レポート分析・出力などです。イベントによるリード獲得から、チャットや資料提供による継続的なコミュニケーションをとおして顧客を作っていけます。

マーケティング力の高いツールを利用したい企業は、ぜひ導入を検討してみてください。

23.Cocripo

Cocripo

Cocripo(コクリポ)は、誰でも簡単に動画配信・セミナーを開けるウェビナーツールです。

セミナーURLも手軽に作成でき、参加者はURLをワンクリックするだけで顔出しなしで参加できます。最大5人までの共同主催者の設定ができることで、大規模なセミナーも協力して開催できるでしょう。

他にも分析機能があり、セミナー参加者の入退場やアンケートの集計ができるのもポイントです。研修やセミナーに特化したツールを利用したい企業におすすめのツールといえます。

1対1商談・面談におすすめなWeb会議システム7選

新規採用時やクライアントとの商談など、Web上でおこなう企業も増えてきました。本章では、1対1の大切な商談や面談におすすめのWeb会議システムを紹介しています。

どのシステムも安定した環境を提供できるため、自社に合うツールを探してみましょう。

24.クラウド商談どこでもSHOWBY

クラウド商談どこでもSHOWBY

クラウド商談どこでもSHOWBY(ショーバイ)は、Web面談・商談・診療などをおこなえるツールです。

1対1の面談・商談に特化しており、オンラインで不動産のIT重説やオンライン診療にも対応できます。無料プランでも、時間制限なく毎月最大20回まで利用可能です。またSansanなどのオンライン名刺を商談・面談中にワンクリックで送れるのも特徴的といえます。

クライアントとの商談で信頼性を重視したい・オンライン面談を導入したい企業におすすめです。

25.VCRM

VCRM

VCRM(ブイシーアールエム)は、営業特化型のオンライン商談ツールです。

録画機能により、商談の様子を記録しておくことで、改善ポイントや良かった部分などの振り返りができます。またオンライン商談時のリアルタイムな画面共有や、よく利用する資料をシステム内にセットアップできるのもポイントです。

さらに画面上で書き込みができるノート機能や、自分自身にしか見えない商談時のメモなども設定できます。他にも最大10人まで同時に通話できる機能も搭載しています。

オンライン商談・営業に注力していきたい企業に、ぜひおすすめしたいツールです。

26.harutaka

harutaka

harutaka(ハルタカ)は、採用に向けた面談・選考時に活躍するWeb面談ツールです。

オンラインでの採用スタイルを取り入れることで、対面では地理的に難しい地方や海外からの人材確保にもつながります。書類選考の前後などにオンライン選考を導入することで、書類だけではわからない人間性を確認できるのも大きなポイントです。他にもharutakaの録画選考・画像解析システムも使えば、より効率的な選考につなげられます。

14日間の無料トライアルも実施中のため、オンライン選考を導入したい企業は、ぜひ試してみましょう。

27.ApplyNow

ApplyNow

ApplyNow(アプライナウ)は、採用選考をスマート化するオンライン選考ツールです。

動画選考を取り入れており、応募者から動画を送ってもらうだけで一つの選考を完了でき、採用までの効率化を高めます。採用側で質問事項を設定しておけば、質問に対して応募者は答える形となり、求める人材の選定もしやすくなります。応募するうえでのハードルを設けられるので、自然と応募者の質が上がるのです。

また人事担当の業務の負担を減らせることで、労働コストの削減や社員満足度の向上にもつながるでしょう。採用プロセスをスマート化したい企業におすすめのツールです。

28.インタビューメーカー

インタビューメーカー

インタビューメーカーは、顧客満足度がN0.1と評価を受けているオンライン面接ツールです。

Web面接をはじめ、説明会や録画面接にも対応しており、わかりやすい操作設計で導入もスムーズにできます。Web選考を設けることで、応募者の物理的・時間的なハードルが下がるため、より多くの応募者から優秀な人材を見つけられます。

また応募者側にURLを送付するだけでWeb面接を開始できるので、事前の会員登録などをしてもらう必要もありません。他にも、面接の自動録画をはじめ、複数人でのグループ面接を実施できるのも大きなポイントです。

さまざまな機能が搭載された面接ツールを利用したい企業におすすめのツールといえます。

29.HireVue

HireVue

HireVue(ハイアービュー)は、採用活動を効率化するオンライン選考ツールです。

リアルタイムで面接できる「ライブ型」と、事前に設定した質問に回答してもらう「オンデマンド型」の2種類を採用しています。録画選考を導入することで、応募者は好きなタイミングで面接に臨め、採用側も自由なタイミングで動画をチェックできます。また設定できる質問の例として、記述式・選択式などの問題があり、さらにプログラミングテストの導入も可能です。

Web採用を取り入れれば、地理的に来ることが難しい地方の優秀な人材ともつながれます。オンライン採用ツールで優秀な人材を獲得したい企業に最適なツールです。

30.playse. web面接

playse. web面接

playse. web面接(プレース)は、採用担当者が選ぶオンライン面接ツールで1位を獲得しています。

応募者の移動コストはもちろん、オンライン対応によって場所にも左右されないため、採用側の選考コストも大幅に削減できます。また応募者と面接をおこなう前に、希望条件やスキル・自己PR動画を提出してもらうことでミスマッチを防げるのもポイントです。

他にもWeb上での会社説明会のページ作成機能もあり、誰でも製作できるようにサポート体制も整っています。採用するうえでの業務を効率化したい・ミスマッチを極力なくした採用活動をしたい企業におすすめです。

まとめ

今回は、Web会議システムを活用するメリットや選び方・おすすめのツール30選など幅広く紹介しました。

Web会議システムを導入することで、リモートワークの推進や移動・時間などのコストを抑え、効率的な業務につながります。またシステムの使いやすさや通信の安定性も考慮すると、よりよいWeb会議システムが見つかります。

小規模から大規模な会議まで対応できるツールがあるため、予算や会社の規模に応じて、自社に合うシステムを探してみましょう。

議事録は文字起こしツールを使って効率的に作成しよう!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

to top