ライターの効率を高める第一歩

ライターの執筆はNottaで

ライターの皆さん

こんなお悩みがありますか?

取材録音ファイル時間が長すぎる

インタビューを行ったら、いつも1時間〜2時間の録音が必要だ。 録音から書き起こす場合、何度も繰り返し聴くことが必要な場合が多い。 これでは時間の無駄であるばかりか、疲れてしまう。

メディア編集者との打ち合わせが重要だが

編集者とのWeb会議では、編集者の話を記録しなければならないので、聞きながらメモを取ることに集中するしかない。そのため、自分の意見を言う余地がほとんどない。これでは、非常に効率の悪い会議になってしまう。

自分の考えの記録は時間がかかる

人生には時々、素晴らしいアイデアが浮かぶものですが、それが記録されるのに間に合わない。 言葉で雑に記録しても、後で考え直したときに、そのときの思いがわからなくなる。

解決方法とは?

お悩みがわかります! そこで、解決策とは? ライターにとって、文章力を高め、作品を完成させるために、アイデア・取材・考えなど、日常生活の中の様々なことを記録するのは必要です。それを自動的に記録するツールがあれば、ライターはもっと効率的になります。 そんな方にはNottaがおすすめです!

そんな方にはNottaがおすすめです!

取材録音ファイルを自動的に文字になる!

最大5時間の録音ファイルを書き起こせる!文字起こし作業の時間を短縮して、 執筆に集中できるようにする!

音声ファイルをインポートして文字起こし
インタビュー中のリアルタイム文字起こし

いつでも自分の考えを記録できる!

いつでも、どこでも、 リアルタイム文字起こしという機能であなたの考えを録音し、音声とテキストで保存できる!

メディアとのWeb会議を文字起こし!

Notta Bot機能で、Zoom、Google Meet、Microsoft TeamsのWeb会議に直接参加し、発言者を区別して会議を記録できる。 メモを取る手間を省き、会議に集中することができる。

ライターのお悩みを解決します!

まずは、無料でお試ししてみませんか?