発達障害(ASD/ADHD)の方にとってメモを作ることは怖い!原因と解決策を説明

ADHD(注意欠如多動症)やASD(自閉スペクトラム症)は発達障害の一種です。発達障害とは脳機能の偏りによりさまざまな特性が生じる障害のことを指します。

メモを取ることは仕事や日常生活において重要ですが、発達障害の方はメモを取ることを苦手とする場合が多いです。ただし、適切なトレーニングを行ったりツールを活用したりすることにより、カバーすることができます。

この記事では、発達障害のある方が簡単にメモを作成できる方法やツールについて紹介します。発達障害を持つご本人だけでなく、周りでサポートする人もぜひ参考にしてください。

なぜ発達障害のある人はメモを取ることが苦手なのか

発達障害の人はメモを取る

発達障害のある方がメモを取ることが苦手な理由はいくつかあります。そもそも発達障害の特性は人によって異なりますが、一般的な理由としては次のとおりです。

1

不注意

発達障害の特性として、注意が散漫になりやすく物事に集中し続けるのが難しいというものがあります。しかしメモを取るときの「耳から入ってきた情報を整理しながら紙に書き出す」という作業には、集中力が必要です。そのため、発達障害の方はメモを取ることを難しく感じる場合が多くあります。

また不注意によりメモをした紙をなくしてしまったり、メモをしたこと自体を忘れてしまったりすることもあります。

2

多動性・衝動性

じっと落ち着いて物事に取り組むことが苦手で、衝動的に行動してしまうことも発達障害の方の特性です。話を聞いてメモをしているうちに別のことが気になったり、違うことをしたくなったりして、中断してしまうこともこの特性が原因であることが多いです。

また聞こえたことをそのまま衝動的にメモしたものの、後から読み返すと内容がよくわからないということもあるのではないでしょうか。

3

コミュニケーションの問題

相手の表情や雰囲気などから感情を読み取りにくいことも発達障害の方の特性として挙げられます。そのため相手の話のなかで重要なポイントとそうでないポイントの判断が難しく、要点が整理されていないメモになってしまうことがよくあります。

また相手の意図を理解することが得意ではないため、伝言や引き継ぎなどでミスやトラブルにつながることも少なくありません。

発達障害(ASD/ADHD)の方におすすめのトレーニング方法

発達障害の方適用のトレーニング

発達障害の方がメモを上手に取るためには、特性を理解して適切なトレーニングを行うことが効果的です。簡単なトレーニングを紹介しますので、ぜひ試してみてください。

1

聞くのトレーニング

まずは情報を効果的に受け取る能力を高めます。静かな環境でオーディオブックやポッドキャストを聞くトレーニングがおすすめです。

最初は短い音声から始め、徐々に長い音声へ移行していくとよいでしょう。重要な情報やキーポイントを聞き取れたかどうかを確認し、自分自身がどの程度の話の長さであれば聞き取れるのか把握することが大切です。

最初はなかなか集中しづらく長い音声を聞くのが難しいかもしれませんが、根気よく続けることで集中力の向上にもつながります。

2

理解のトレーニング

聞いた情報を理解し、その意味を把握する能力も大切です。聞いた音声の内容に基づいて、自分なりの言葉で要約するトレーニングをしましょう。ほかの人に要約を聞いてもらい、内容が理解しやすいか、元の情報と齟齬がないか意見をもらうこともおすすめです。

書くのトレーニング

効率的にメモを取る能力を向上させるために、音声を聞きながら紙に書くトレーニングも行いましょう。その際に一言一句すべて書き出すのではなく、重要なキーワードや数字などを選び効率化するテクニックも意識するのがおすすめです。

また情報の重要度に応じて色分けするなど、視覚的なヒントを活用することも意識するとよいでしょう。

4

確認のトレーニング

正確なメモを取るために重要なのが、聞き取った情報が本当に正しいのか確認をすることです。自分の聞き取った情報が正しいと思い込んでしまうと、せっかくメモを取っても間違った情報の伝達やトラブルにつながりかねません。

実際に人の話を聞いたうえで、メモの内容が正しいかこまめに聞き返したり、内容が合っているかを相手に確認してもらいましょう。相手の言葉を繰り返したり、相槌を打ったりすることも効果的です。

メモを取る前に!良いメモに必須の項目を確認しよう

良いメモに必須の項目

トレーニングも大切ですが、そもそも良いメモとはどのようなものなのか、改めて確認することも重要です。効率よく情報が整理されたメモを作成するには、次の項目を含めるとよいでしょう。

  • タイトル

  • 日付と場所

  • 5W1H(いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どうやって)

  • 要点とキーワード

  • 重要度

  • 事実と所感

これらの項目を意識することで、情報が整理され後から読み返してもわかりやすい過不足のないメモを作成できます。事前にこれらの項目を記載したフォーマットを作成しておくこともおすすめです。

実際はカンタン!発達障害(ASD/ADHD)の方が良いメモを作成するには

発達障害の方が良いメモを作成

発達障害のある方はメモを作成することを難しく感じるかもしれませんが、テクノロジーの力を借りることで簡単に良いメモを作成することができます。

ここでは、簡単に良いメモを作成できる方法について紹介します。発達障害の方の特性をカバーして作業を効率化できる方法ですので、ぜひ参考にしてください。

1

メモ作成をAIに任せる

メモ作成を簡単かつ効率的に行うには、AIを活用することがおすすめです。

AIを活用したメモ作成は、会話やミーティング、講義の内容などを自動でテキスト化し、重要な情報を抽出して要約することができます。そのため、音声を聞き取って内容を理解し、重要なポイントを抽出して書き出すといった煩雑な作業をすべてAIに任せられるのです。

市場には多種多様なAIメモ作成ツールが存在するため、自分のニーズに合った製品を選定しましょう。

2

「Notta」で会話を記録して要約する方法

ノッタのホームページ

Nottaは、AIを搭載した自動文字起こしサービスです。最新のAIによる高精度な音声認識と要約機能を使って、1時間の音声もわずか5分で文字起こしし、自動で要約まで行います。

Nottaを利用することで、音声を聞きながらメモを取る作業や、重要なポイントを理解して整理する作業が不要になります。発達障害のある方でも、苦手な作業をすべてNottaに任せることで作業負荷を大きく削減して効率化できるでしょう。

Nottaを使用して会話の記録と要約を行う手順は次のとおりです。

  1. Nottaアプリをダウンロードするか、Notta Web版にアクセスしてログインします。
    初めての場合はアカウントを作成しましょう。
    NottaはPCまたはスマートフォン、タブレットから利用可能です。

  2. 「録音開始」ボタンをクリックし、会議や講義など、メモを取りたい音声の録音を開始します。
    リアルタイムで音声のテキスト変換が開始されます。

    リアルタイム文字起しを開始

  3. 必要に応じて録音を停止します。

  4. 文字起こしが完了したら、ホーム画面から該当のデータを選択します。

  5. 「AI要約」のテンプレートをクリックします。自動で重要な部分がピックアップされた要約文とアクションアイテムが表示されます。

    AI要約をクリック

  6. 生成された要約とアクションアイテムはコピーして共有することも可能です。


メモ作成はもう怖くない

メモ作成はもう怖くない

ASDやADHDといった発達障害のある方は、その特性からメモを取ることを苦手とする場合が少なくありません。しかし、適切な対策やトレーニングを行うことで特性をカバーし、仕事や日常で効果的にメモを取ることも可能です。

また、AIなどの最新テクノロジーを活用すれば、メモを取るために必要な作業をすべて代替してもらうこともできます。とくにNottaは、1つのツールで音声の録音から文字起こし、要約の作成まで自動で行えるためメモを取る作業に苦労している方にとって最適です。

ぜひこの記事を参考に、苦手を克服してメモを取る作業が快適になるようチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Chrome拡張機能10選

Nottaを選ぶ理由は?

① 日本語特化のAIで業界トップの文字起こし正確率が実現、複数言語の文字起こしと翻訳も完璧対応

② 驚いほどの認識速度で文字起こし作業効率化が実現、一時間の音声データがただの5分でテキスト化

③ 国内唯一のGM・Zoom・Teams・Webex連携できるAI会議アシスタント、事前の日程予約から会議を成功に導く

④ AI要約に内蔵されるAIテンプレートで会議の行動項目、意思決定やQ&Aなどを自動作成

(カスタム要約テンプレートでインタビューや営業相談など様々のシーンでの効率化を実現)

⑤ 一つのアカウントでWeb、APP、Chrome拡張機能が利用でき、データの同期と共有はカンタン

decoration
decoration