【初心者必見】動画のスタイルからYouTube台本作成を全面解説

「Youtubeで動画配信を始めてみたいけれど、何をしたら良いかわからない」「動画を発信してもなかなか登録者数や再生回数が伸びない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

こうしたお悩みを解決するためには、Youtube動画の台本を正しく作ることが重要です。魅力的な台本があれば、視聴者にわかりやすく、最後まで見てもらえる動画を作ることができます。動画のファンが増えて、再生回数や登録者数も伸びるでしょう。

そこで、この記事では初心者の方にもわかりやすくYoutube台本の作り方を徹底解説します。台本を初めて作る方や、いまいち良い台本が作れないとお悩みの方はぜひ参考にしてください。

台本作成はYouTube動画制作の鍵!良い台本のメリットは?

良い台本のメリットYoutube動画制作において台本が重要な理由は、多くのメリットがあるからです。まずはそのメリットから見ていきましょう。

1

視聴者にとってわかりやすい動画が作れる

台本を作ると事前に話す内容を整理できるため、視聴者にわかりやすく伝えることができます。構成からきちんと作り込めば、話を論理的に展開できるからです。視聴者を飽きさせるムダな部分をカットすることもできます。

2

視聴維持率を向上させやすい

視聴維持率とは、視聴者が動画全体の何割を見たかを示す数字です。視聴維持率が高いほど価値のある動画と評価され、おすすめ動画に表示されやすいと言われています。台本を作るとテンポ良く進行できるため、視聴者を飽きさせることなく視聴維持率を向上させることができます。

3

正確な情報を伝えられる

台本を作ると、事前に動画で伝える内容が正確であるかを検証できます。Youtubeで間違った情報を発信してしまうと、トラブルにつながりかねません。台本を作る時点できちんと検証を行い、正しい情報を発信することで視聴者からの信頼性を高めることができます。

4

編集作業を効率化できる

台本を作成すれば構成どおりに効率良く撮影できるため、編集作業のカットにかかる時間を削減できます。またテロップを入れる作業も台本からコピペできるため、大幅に効率化することが可能です。

動画の句読点も自動的にテキスト化|話者識別で業務効率化

字幕制作&動画の文字起こしをAIに任せましょう

台本作成前に!動画のタイプを区別しよう

動画のタイプを区別Youtubeにはさまざまなジャンルの動画があり、それぞれのタイプによって台本作成のポイントも異なります。ここでは、代表的な動画のタイプ別に台本作成時のポイントを解説します。

1

Vlog(ブイログ)

VlogはVideo Blog(ビデオブログ)の略で、動画版のブログのようなコンテンツです。Vlogは自分の日常を発信するため、台本は自然さを重視し、過剰な演出を避けることがポイントになります。また視聴者へ動画制作者の感情が伝わるかどうかが重要です。台本には視聴者からの質問に回答する内容などを含めて、視聴者が参加している感覚を持てる構成が良いでしょう。

2

教育

教育動画では、情報を明確かつ効率的に伝えることが重要です。台本では導入部で視聴者に何を学べるかを告げ、中心となる内容には段階的な説明や例を用いて理解を深めます。複雑な概念は簡潔な言葉やビジュアルで分かりやすく解説し、要点を繰り返すことで記憶に残りやすくなるでしょう。結論では、学んだ内容の要約と実生活での応用方法を示し、さらなる学習リソースへの案内を含めることがおすすめです。

3

製品レビュー

製品レビュー動画の台本では、対象となる製品について詳細かつ公正な情報を提供することが重要です。序盤で製品の概要を紹介した後、デザイン、機能性、性能、価格など、さまざまな側面から評価します。個人的な意見や経験を交えることで信頼性を高める一方で、視聴者が自身にとって最適な選択をできるように、客観的な視点を保つことが大切です。結論では、製品の長所と短所をまとめ、推奨する対象者について言及すると良いでしょう。

4

エンターテイメント

楽しみや笑いを提供する目的の動画のため、台本は視聴者を楽しませ、引き込むことを重視します。まず目的とターゲットを明確にし、それに基づいて内容を構築します。エンゲージメントを高めるために、視聴者が共感や関心を持ちやすいテーマを選び、予期せぬ展開やクリエイティブなビジュアルエフェクトで驚きを提供すると良いでしょう。

5

ドキュメンタリー

あるテーマや事象について深く掘り下げる形式の動画です。台本を作成する際は綿密なリサーチと計画を行い、主題に関する包括的な理解をもとにストーリーラインを構築します。視聴者が情報を理解しやすいように心がけ、提起した問題に対する洞察や解決策を提示し、行動を促すメッセージを伝えることが一般的です。視聴者に深い印象を残すため、強力なビジュアルと物語性が重要となります。

YouTube動画台本作成の流れ

台本作成の流れYoutube動画の台本を初めて作る方は、どのようなステップで進めたら良いかわからないかもしれません。ここでは、YouTube動画の台本を作成する流れについて解説します。

1

テーマの選定

まずは自分が情熱を持てるテーマを選定します。動画の目的を明確にし、達成したいことを考えましょう。さらに現在のトレンドを調査し、それらに基づいて適切なテーマを選び出すことがおすすめです。このステップは、動画制作の方向性を定める上で非常に重要になります。

2

ターゲットを絞る

次に、動画のターゲットを明確に定義します。ターゲットとする人々の年齢、性別、興味、課題などを特定しましょう。動画の内容をターゲットに合わせてカスタマイズするためにこの情報を使えば、より響くメッセージを伝えることができます。ターゲットを絞ることは、効果的に視聴者とコミュニケーションを取るために効果的です。

3

動画の構成を設計

動画の大まかな流れを設計します。構成は視聴者を引き込み、最後まで飽きさせないために不可欠です。通常、動画は導入部、本題(中盤)、結論の3つのセクションに分けられます。この構成を事前に計画することで、コンテンツの流れをスムーズにし、メッセージの効果を最大化できます。

4

構成によって台本の詳細を作る

構成が決まったら、それに基づいて台本の詳細を作成します。各セクションでどのような情報を伝えるか、話すべきポイントやキーメッセージを具体的に決定すると良いでしょう。また、視聴者の感情に訴えかけるために、どのようなビジュアルや音声を使用するかも検討します。

5

最終校正

台本が完成したら、内容の最終確認を行います。文法や表現のミスがないかチェックし、情報の正確さを再確認しましょう。また、メッセージが明確で、ターゲットに適しているかどうかを見直すことも大切です。動画が目的とする効果を達成できることを目指し、必要に応じて微調整を行います。

効率的にYouTube動画の台本を作成するコツ3つ

台本作成のコツ台本を作成しようと思っても「文章を作成するのが苦手で時間がかかってしまう」という方もいるでしょう。ここでは、時間をムダにしないためにYouTube動画の台本を効率的に作成するコツを3つ紹介します。

1

音声入力ツールの活用

PCに向かって台本を作ろうと思っても、なかなか文章が浮かばないときがあるかもしれません。そんなときは音声入力ツールを使用して、実際に言葉に出してみることがおすすめです。音声入力ツールは、実際に声に出して話した言葉をそのまま文章に起こしてくれます。タイピングが苦手な方にもおすすめです。

Nottaは、AIを搭載した高精度な音声入力ツールです。Nottaを使用すると録音ボタンを押すだけでリアルタイムで音声を文字起こしでき、話した言葉がそのまま文章になります。NottaにはAIが自動的に文章を処理して要約する機能も搭載されているため、思いついたことをまずは話して入力し、その後に重要なポイントを抽出してまとめてもらうことも可能です。

文章作成が苦手な方でも、Nottaを使えば効率的に台本作成ができるでしょう。

2

ChatGPTの活用

ChatGPTはさまざまなトピックに関するアイデアや提案を素早く提供してくれるため、動画のアイデアを広げることができます。また構成のドラフト作成や文章の校正をしてもらうことも可能です。ChatGPTはアシスタントのように活用できるでしょう。

3

人気のある動画を参考にする

人気のある動画を観察して、トレンドになっている理由や視聴者の興味を惹く要素についてリサーチします。分析したフォーマットを自分の動画にも適用すれば、魅力的な台本へブラッシュアップできるでしょう。視聴者を引き込むための工夫など、有効な戦略を学ぶことができます。

悪い台本の特徴は?

良い台本のメリットでは、逆にYoutube動画の悪い台本の特徴とはどのようなものでしょうか。ここでは避けるべき特徴について解説します。

1

専門用語が多い

専門用語が多用された台本は、その分野に精通していない視聴者にとって理解が難しくなりがちです。視聴者が動画のメッセージを理解できず、離脱につながりやすくなります。効果的なコミュニケーションを図るためには、専門用語を避ける、もしくは使用する場合はその都度わかりやすく説明を加えることが重要です。

2

一貫性がない

話題がランダムに変わったり、物語や説明の流れが途中で切り替わったりなど、台本に一貫性が欠ける場合も、視聴者が内容を理解できない一因となります。視聴者の混乱を招き、最終的には視聴を途中でやめてしまう原因にもなり得るでしょう。効果的な台本は、導入部から結論に至るまで論理的な流れと明確な構造を持っており、視聴者がスムーズに情報を消化できるものです。

YouTube台本のテンプレート例

台本のテンプレートYoutube動画を何本か作成してスタイルが確定してきたら、台本をテンプレート化しましょう。テンプレート化することで、台本作りを効率化できます。ここでは、基本的なYoutube台本のテンプレート例を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

オープニング・挨拶・チャンネル紹介 こんにちは、◯◯(あなたの名前)です。
このチャンネルでは、◯◯(チャンネルの目的やテーマ)について話しています。
導入部(1分程度) 今日は◯◯(動画のテーマ)について話したいと思います。
この動画を見ることで、あなたは◯◯(学べること・得られる情報)を深く理解できるようになります。
本題(10〜15分程度) まず、◯◯(サブトピック1)について話しましょう。
ポイント1: (説明)
ポイント2: (説明)
次に、◯◯(サブトピック2)を見ていきます。
ポイント1: (説明)
ポイント2: (説明)
結論・まとめ 今日話したことを簡単にまとめると、◯◯(主要なポイント)です。
エンディング この動画が役に立ったら、ぜひ「いいね」ボタンを押して、コメントで感想を共有してください。まだチャンネル登録がお済みでない方は、登録をお忘れなく。
次の動画では、◯◯(次のトピック)について話しますので、お楽しみに!
今日は動画をご覧いただき、ありがとうございました。次回もお会いしましょう。さようなら!

YouTube台本作成によくある質問

台本作成の質問最後に、YouTube台本作成に関してよくある質問に回答します。

1

YouTubeで台本は必要ですか?

ほとんどのYoutube動画では、台本が必要です。なぜなら、次の理由から台本は魅力的な動画を作成するために役立つからです。

  • 視聴者にとってわかりやすい動画が作れる

  • 視聴維持率を向上させやすい

  • 正確な情報を伝えられる

  • 編集作業を効率化できる

台本を作成することで効率的に読者に受け入れられやすい動画制作が可能になり、再生回数や登録者数を伸ばすことにつながります。

2

YouTube動画を作るのに必要なものは何ですか?

YouTube動画を作成するために必要な基本的な要素は次のとおりです。

  • アイデア

  • 撮影機材

  • 撮影場所

  • 編集ソフトウェア

  • 台本

  • Youtubeアカウント

これらの基本的な要素を揃えることで、Youtube動画の制作を始められます。とくに重要な要素となるのが台本です。魅力的でたくさん再生される動画を制作するには、動画の骨組みとなる台本の存在が欠かせません。


まとめ 伸びる動画を作成しよう

Youtubeで再生回数や登録者数を増やすには、魅力的な動画を制作する必要があります。そのために重要となるのが台本です。台本を作成