Zoom会議をこっそり録画する方法とバレないツール5選

リモート会議で利用されている「Zoom」は、どんな場所でも快適に会議ができる便利なツールです。

そんなZoomは、ただリモート会議ができるだけのツールではなく、リモート会議時に役立つ機能が豊富に搭載されており、なかでも録画機能は高性能で効率的なリモート会議が実現できます。

しかし、普段からリモート会議をしない方は

「どうやってZoom会議を録画するのかわからない」

「相手にばれずにこっそりと録画がしたい」

「Zoom以外にも会議を録画する方法を知りたい」

とお悩みではないでしょうか?

本記事ではZoom会議の録画方法Zoom以外のこっそり録画できるツールZoom会議の注意点などを画像付きでわかりやすく解説しています。

Zoomでの会議をこっそり録画したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

Zoom会議を録画する方法

豊富な機能が備わっているZoomですが、使い方を覚えてしまえば簡単です。

ここからは、Zoom会議の録画方法について画像付きで解説していきますので、手順通りに実行してみましょう。

1

PC版のZoomのレコーディング機能を使う方法

  1. ミーティング中の画面下部のメニューバーから「レコーディング」ボタンをクリックすると、画面録画が開始されます。

    Zoomのレコーディング機能

  2. 録画中は「一時停止」ボタンをクリックすると録画が一時停止され、「停止」ボタンをクリックすると録画が停止され、ローカル環境に録画データが保存されます。

    zoomの録画を一時停止

  3. 録画データ保存場所を変更するには、Zoomにログイン後、「詳細」ボタンをクリックし、「メニューを設定する」を選択します。

    zoomのメニューを設定する

  4. 「レコーディング」を選択して「レコーディングの保存場所」で録画データ保存場所を変更できます。

    zoomの録画データ保存場所を変更

以上の手順でリモート会議をZoomで録画して、ローカル環境に録画データを保存できます。

ただし、録画時には会議参加者全員に録画する旨が通知されます。

また、この通知は設定などで無効にすることができない点には注意が必要です。

参考:Zoom公式サポートページ_レコーディング通知プロンプトの変更

2

アプリ版のZoomのレコーディング機能を使う方法

iPhoneやAndroidでもZoomのレコーディング機能を利用できます。

ただし、有料プランへアップグレードしていなければレコーディング機能が使えないため、どうしてもアプリでZoom会議を録画したいとお考えの方は有料プランへのアップグレードが必須となります。

IPhoneでレコーディング機能を利用する場合

  1. Zoom Meetings を iOS デバイスから開催している場合、「詳細]」をタップしてください。

  2. 「ラウドへレコーディング」をタップします。

  3. アプリが、画面の上にレコーディングと表示するようになりました。

  4. レコーディングを停止するか一時停止するには、「詳細」 を再度タップします。

  5. ミーティングの終了後に、レコーディングが処理され、ウェブの 「マイ レコーディング」に表示されます。

Androidでレコーディング機能を利用する場合

  1. Zoom Meetings を Android デバイスから開催している場合、「詳細」 をタップしてください。

  2. 「レコーディング」をタップします。

  3. アプリが、画面の上にレコーディングと表示するようになりました。

  4. レコーディングを停止するか一時停止するには、「詳細」 を再度タップします。

  5. ミーティングの終了後に、レコーディングが処理され、「マイ レコーディング」 に表示されます。

引用元:Zoom公式サポートページ_iOS と Android でのレコーディング

こちらの方法も「PC版のZoomのレコーディング機能を使う方法」と同様に録画時には会議参加者全員に録画する旨が通知される点には注意が必要です。

3

Zoomの自動レコーディング機能を使う方法

これまで紹介してきた方法は、毎回会議開始時に「レコーディング」ボタンをクリックしなければなりません。

しかし、あらかじめZoom設定画面「自動レコーディング」をONにしておけば、毎回「レコーディング」ボタンをクリックする手間が省けます。

「自動レコーディング」をONにするにはZoom設定画面「設定」を選択し「レコーディング」をクリックして「自動レコーディング」をONにします。

Zoom設定画面で自動レコーディングをオン

この設定はいつでも何回でも変更が可能なので、状況に合わせて利用しましょう。

Zoom会議をこっそり録画できるツール5選

ここまでZoom会議を録画する方法としてPC版Zoomとアプリ版Zoomを利用する方法などを紹介しました。

どちらも手軽で簡単に録画ができる点が大きな魅力となっていますが、一方で参加者全員に通知が届いてしまうため、こっそり録画がしたいという方には向いていません。

そこで、ここからは参加者に通知を届けずにZoom会議が録画できるツールを5つ紹介します。

1

Notta 録画もできる万能文字起こしツール

ノッタのホームページ

Nottaとは

Nottaは言語ごとに最適なAI音声認識エンジンを駆使し、高精度かつ自然な文字起こしや高品質な録画ができる最強の会議アシスタントツールです。

高性能な文字起こし機能に加えて、日程調整や画面録画、AIによる文章要約、録音・文字データのオンライン共有機能などを搭載しているため、効率的な会議が実現できます。

また、「SSL」を用いた暗号化通信技術により強固なセキュリティを実現しており、個人情報や機密情報などを扱う会議でも問題なくご利用いただけます。

PCで利用できるWeb版やスマートフォンで利用できるアプリ版も提供されているため、急な会議でも即座に文字起こしができる点が大きな魅力です。

参考:「Notta」公式ホームページ

Nottaの優れた機能

Nottaは以下の優れた機能により、会議をアシストしてくれます。

  • 参加者の都合の良い日程を考慮しつつ、最適な会議スケジュールを簡単に組める。

  • 会議中は自動的に議事録が作成できるため、参加者との意見交換に集中できる。

  • 誰がいつどんな発言をしたかがリアルタイムで把握できるので、話し合いを整理しやすい。

  • 複雑になった話題をAIに要約してもらうことで本題から逸れづらい会議進行が実現できる。

  • 会議の内容は文字や音声、動画データで参加者全員に素早く共有・展開ができる。

NottaでZoom会議を録画する方法

ここからは実際にNottaを利用して画面録画する方法について、画像付きで解説していきます。

  1. Nottaのホーム画面から「画面収録」ボタンをクリックします。

    Nottaから画面収録

  2. 「PC画面のみ」「カメラのみ」「PC画面&カメラ」の3つの録画方法の中から、お好きな録画方法を選択し、「収録を開始」ボタンをクリックします。

    Nottaの録画方法3つ

    tips3つの録画方法には、以下の特徴があります。
    • PC画面のみ:PCに映っている画面のみ録画が可能です。

    • カメラのみ:カメラで録画された映像のみ録画可能です。

    • PC画面&カメラ:PCに映っている画面と、左下に映るカメラで録画された映像を同時に録画できます。

  3. 共有する内容を選択後、「共有」ボタンをクリックすると録画が開始されます。

    Nottaの共有ボタン

  4. 録画を停止する場合は、左下の赤い四角マークの「停止」ボタンをクリックします。

    Nottaで録画を停止

  5. ホーム画面から録画した記録をクリックすると、録画内容と文字起こし結果が確認できます。

    AI要約結果

NottaでZoom会議を自動文字起こしする方法

Nottaは高精度な文字起こしができ、議事録の効率的な作成をサポートします。

以下でNottaを利用してZoom会議の議事録を自動作成する方法について画像付きで解説していきます。

Notta Web版で自動文字起こし
  1. Nottaにログイン後、「録音開始」ボタンをクリックし、マイクに向かって話すと自動文字起こしされます。

    リアルタイム文字起しを開始

  2. 録音終了後は、下記画像赤枠の「停止」ボタンをクリックします。

    Notta録音終了

  3. 文字起こし結果はクラウド上に保存されるので、Nottaにログインすればいつでも確認が可能です。

    Notta保存される文字起こし結果

Notta アプリ版で自動文字起こし
  1. Nottaアプリ起動後、「+」ボタンをタップします。

    nottaアプリ文字起こし

  2. 「録音開始」ボタンをタップします。

    nottaアプリ文字起こし方法選択

  3. 「”Notta”がマイクへのアクセスを求めています」とポップアップが表示されるので「OK」ボタンをタップすると文字起こしが開始されます。

  4. 文字起こしを終了する場合は「録音停止」ボタンをタップします。

  5. 文字起こし結果のタイトルを入力後、「完了」ボタンをタップします。

    nottaアプリ文字起こし中

  6. 文字起こし結果をタップして文字起こし結果を確認します。

AI要約のテンプレートで会議を要約する方法

NottaのAI要約を利用すれば、複雑になった話題を自動的に要約してもらうことができ、効率的な話題の把握や議事録の作成が可能となります。

また、テンプレートを選択することで「要約」「チャプター」「行動項目」などの項目に沿って要約文を生成できるため、段落ごとのポイントやネクストアクションまで確認でき生産性が向上します。

ここからは、そんなAI要約のテンプレート機能の使い方について画像付きで解説します。

  1. Nottaにログイン後、文字起こし記録をクリックします。

  2. 文字起こし記録が表示されたら「AI要約を表示」ボタンをクリックします。

  3. AI要約機能が表示され「スタンダード」「インタビュー・面接」「商談」といったテンプレートを選択することで、それぞれの目的に沿ったAI要約ができます。また、エンタープライズプランにアップグレードすれば「テンプレート管理」からテンプレートを自由にカスタマイズできます。

    AI要約をクリック

2

OBS Studio 定番の録画ツール

OBS Studio 定番の録画ツール

概要

OBS StudioとはOBS Projectが開発したソフトで、ゲームなどのストリーミング配信や画面の録画が可能です。

また、配信時にはリアルタイムにエンコードできるため、即座に動画プラットフォームに自分の配信をアップロードすることができます。

画面録画時には好きな形に映像をトリミングできる点も大きな魅力といえます。

基本機能

  • 画面録画機能

  • 配信機能

  • 音声編集機能

おすすめポイント

  • 数多くのAPIを備えているため、自分好みに機能をカスタマイズすることができる。

  • 多くの方々が利用しているため、安心して利用できる。

  • シーンの切り替え、配信や録音の開始/停止などをホットキーに設定して効率的な画面録画ができる。

料金プラン

無料

こんな方におすすめ

  • 録画以外に配信をしたい方

  • 豊富な機能を使いこなして高度な録画を行いたい方

3

Bandicam 低負荷でサクサク録画

Bandicam 低負荷でサクサク録画

概要

Bandicamは、Windowsパソコンの画面に表示されているものなら、どんなものでも高画質で録画可能なパソコン画面録画ソフトです。

豊富な便利機能を搭載しているにもかかわらず、低負荷な処理を実現しており、パソコンのスペックを気にせずに利用できます。

また、公式サイトに使い方が詳しく記載されているため、安心して利用できる点も大きな魅力です。

基本機能

  • 3種類の画面録画機能

  • クリアな録音機能

  • CPUの負荷軽減ができるハードウェアアクセラレーション機能

おすすめポイント

  • 画面録画中に蛍光ペンで線を引いたり、メモを記入できる「リアルタイム描画機能」搭載

  • タスクスケジューラによる「自動録画機能」搭載

  • 動画内にオリジナルロゴを挿入できる

料金プラン

無料プラン:無料

年間プラン(個人):3,710円 / 年

年間プラン(ビジネス):6,070円 / 年

永続プラン(個人):5,630円

永続プラン(ビジネス):9,720円

こんな方におすすめ

  • 録画中に動画編集して効率的に活動したい方

  • 自分のパソコンのスペックを把握していないが、録画や動画編集に挑戦したい方

4

Xbox Game Bar Windowsユーザーのための録画ツール

Xbox Game Bar Windowsユーザーのための録画ツール

概要

Xbox Game BarとはWindows10以降に搭載されている、ゲーム用の機能を多く取り揃えている録画ツールです。

パソコンのパフォーマンスチェックやサウンドの調整、ゲーム画面の録画に特化しています。

「Windowsキー」+「G」のショートカットで素早く呼び出せるため、利便性が高く扱いやすいツールです。

また、画面録画のみを行いたい場合は「Windowsキー」+「ALT」+「R」のショートカットで録画の開始と終了ができます。

基本機能

  • 画面録画機能

  • サウンド調整機能

  • スクリーンショット機能

おすすめポイント

  • ショートカットキーによる素早い画面録画が可能

  • 「パフォーマンスチェック機能」によ