英語を話せるようになるには?伸ばすべき点と英語学習活用術5つ

「どうすれば英語を話せるようになるんだろう?」

流暢な英語を話せるようになりたいと思っている方は多いですよね。英語を話せるようになりたいけど、どうすればいいかわからない方もいるでしょう。英語を話せるようになるためには、いくつかの学習方法があります。

本記事では、英語を話せるようになるためのポイントや、効果的な英語の学習方法をご紹介します。英会話スキルを向上させたい人は、ぜひ英語学習の参考にしてください。

英語を話せるようになる初心者が伸ばすべきポイント

英語を話せるようになるポイント

初心者が英語を効果的に学ぶためには、いくつかのポイントがあります。ここでは、英語を話せるようになるために、初心者が伸ばすべきポイントを3つ挙げます。

流暢な英語を話せるようになるには、基本的な発音を身に付けることが大切です。正確な発音を身に付けることで、英語でのコミュニケーションがスムーズになるでしょう。

日常生活でよく使うフレーズや表現を覚えることも、初心者が伸ばすべきポイントの一つです。基本的な英語のフレーズをしっかりと練習しましょう。

また、英語を理解するためには、リスニング力も必要です。英語の音楽や映画などを利用して、意識的に英語での会話を聞くようにしてください。

ここからは、忙しい社会人でも独学で英語力を上げる方法や、子どもが日本にいながら英語を話せるようになる方法についてお伝えします。

忙しい社会人でも独学できる英語力アップ

忙しい社会人でも、効率的な学習方法を採用することで、独学でも英語力を上げられます。

時間がない中でも、比較的取り組みやすいのがシャドーイングです。シャドーイングとは、音声を聴きながら、英語を声に出して真似る学習法です。ネイティブの発音を真似ることで、自然なリズムやイントネーションを身に付けられます。

その他にも、参考書や洋書を使用したり、英語学習アプリを使用したりするなど、さまざまな学習方法があります。いろいろな方法を試して、自分に合った学習方法を見つけましょう。

仕事や家事で毎日忙しい方には、スキマ時間の活用をおすすめします。電車での移動時間や待ち時間などのスキマ時間を活用して、英語学習の習慣を身につけましょう。

子どもが日本にいながら英語を話せるようになる

日本在住の子どもでも、さまざまな学習ツールを活用することで、英語を話せるようになります。

日常の中で楽しく英語に触れられる学習法としておすすめなのが、英語の子ども向けアニメを見ることです。英語のアニメでは、ネイティブの子どもたちが実際に使う、自然な英語が使われています。映像を見ながら英語を聞くことで、単語やフレーズの意味を視覚的に理解しやすくなるのです。

英語日記をつけることも、おすすめの学習法の一つです。英語日記を書くことで、日常生活での出来事や感じたことを、英語で表現する練習ができます。学習した単語や文法を実際に使用することは、より深い記憶の定着にもつながるでしょう。

また、言語交換パートナーを見つけることも、英語力を向上させる手段として有効です。

言語交換パートナーとは、お互いに学びたい言語を教え合う相手のことを指します。発音や文法の間違いを相手がすぐに訂正してくれるので、正しい英語を身につけやすくなります。

英語を話せるようになりたい人におすすめの活用術5選

英語を話せるようおすすめ活用術

文字起こしツールを活用することも、英語を話せるようになりたい方におすすめの学習方法です。音声自動テキスト化サービスの「Notta」は、英語学習に活用しやすいツールと言えます。

文字起こしツールNottaの英語学習への活用術は、以下の5つです。

  1. シャドーイングに活用する

  2. 英会話を文字起こしして翻訳することで、リーディング力UP

  3. 生きた英語の聞き取りでリスニング力UP

  4. 口語表現を書き写してライティング力UP

  5. 自分の英会話を添削してスピーキング力UP

Nottaは英語学習を効率的に進めるうえで、非常に便利なサービスです。うまく活用することで、英語スキルの向上が見込めるでしょう。

ここからは、文字起こしツールNottaを活用した英語の学習方法について解説します。

Nottaとは

Nottaで面接力を倍増させる

Nottaは、音声データを自動でテキスト化する文字起こしツールです。会議や講義などの音声データを、リアルタイムでテキストに変換できます。

無料のフリープランでも月に120分まで利用できるため、語学学習にも取り入れやすいでしょう。(リアルタイム文字起こし:1回につき3分まで、音声ファイルの文字起こし:1回につき5分まで)

Nottaは高精度の音声認識システムにより、1時間の音声データを5分ほどでテキスト化できます。文字起こしツールをうまく活用することで、効率的に英語学習を進められるでしょう。

Nottaを使った英語学習

Nottaはシャドーイングをするのに最適なツールです。英語の音声に合わせて、文字起こしされたテキストを見ながらシャドーイングができます。音声の聞き取りが難しい場面でも、文字起こしされたテキストを参照することで、スムーズに学習を進められるでしょう。

Nottaを活用すれば、リーディング用の教材も簡単に作れます。英語の音声を文字起こしするだけで、オリジナルのリーディング教材を作成できるからです。自分が興味を持てる内容の音声をテキスト化することで、より英語学習を楽しめるでしょう。

また、Nottaを利用することで、リスニングスキルの向上も期待できます。音声を文字起こししたら、生成されたテキストを読みながら音声を聞いてください。聞き取りに自信のない部分は、テキストを確認することで答え合わせできます。

さらに、文字起こしした口語表現を書き写すことで、ライティングスキルの向上も見込めます。口語表現をテキスト化して書き写すことで、自分の文章作成に活かせるからです。

Nottaを活用して、自分の英語を添削することも、効果的な学習方法の一つです。自分の英会話を文字起こしすることで、具体的にどの部分を改善すべきか、把握しやすくなるでしょう。

活用シーン

文字起こしツールのNottaは、さまざまなシーンで活用できます。

Nottaは日本語や英語を含む、58言語に対応しています。そのため、グローバルなミーティングを記録する際にも役立つでしょう。

英語の授業やセミナーを文字起こしする際にも、Nottaを活用することで手軽にテキスト化できます。

また、英語のニュースや動画などをテキスト化したい方にとっても、Nottaは非常に役立つツールです。Nottaを活用することで、英語のニュースや動画などを簡単に教材化できるでしょう。

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

cta1

英語を話せるようになるによくある質問

英語を話せるようになるによくある質問

英語学習の進め方について、疑問や気になることがある方もいますよね。

ここからは、英語を話せるようになりたい方がよくする質問について紹介します。

英語を話せるようになるにはどれくらいの期間が必要?

英語を話せるようになるには、一般的に3,000時間程度の学習時間が必要と言われています。ただし、簡単な英語であれば、1,000時間ほど学習すれば話せるようになります。

文法より会話能力を伸ばす方が良いですか?

中学生レベルの文法が身に付いていれば、基本的には英語でコミュニケーションをとれます。難しい文法を覚えなくても、中学校で習った文法を復習すれば、日常会話程度の英語は話せるでしょう。

留学なし・国内での独学で英語ペラペラは可能?

留学をしなくても英語は話せるようになります。大切なのは英語がしっかり身に付く学習法を実践することです。そのため、留学しなくても英語を習得することは可能です。

英語を話せるように自分なりの勉強法を探そう!

自分なりの勉強法を探そう

この記事では、英語学習のポイントや文字起こしツールを活用した学習法について解説しました。

文字起こしツールNottaを利用した学習法は、以下の5つです。

  1. シャドーイングに活用する

  2. 英会話を文字起こしして翻訳することで、リーディング力UP

  3. 生きた英語の聞き取りでリスニング力UP

  4. 口語表現を書き写してライティング力UP

  5. 自分の英会話を添削してスピーキング力UP

文字起こしツールは、英語学習において非常に便利なツールです。文字起こしツールを活用することで、英語学習の効率化を図れるでしょう。

英語を話せるようになりたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

いつでも、どこでも音声を文字にする。

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

to top