Otter文字起こしAI

文字起こしAI「Otter」は無料で使えますか?日本語の正確率はどう?

音声文字起こし&AI要約

200万ユーザーが愛用され!業界トップの正確率で作業負担とコストを最大 97% 軽減!

無料トライアルはこちら >

音声をテキストに変換するAI技術は、現代のビジネスや教育に大きな影響を与えています。Otter AIは、アメリカのOtter.ai社が開発したAI文字起こしツールです。AI技術を使った音声認識で、英語の会議やセミナーなどの音声を自動で文字起こしができます。Otter AIを使うことで、会議やセミナー、インタビューなどの文字起こしに必要な手間や時間を削減可能です。そのため、業務効率化に悩む方にとっては、AI文字起こしツールは必須のアイテムと言えるでしょう。

本記事では、Otter AIの導入を検討されている方に向けて、Otter AIの概要や利用シーン、機能紹介、デメリット、デメリット回避の代替策などを解説します。

文字起こしAI「Otter AI」とは?

Otter AIとは

Otter AIは、AIを活用して英語の音声を文字起こしするツールです。日常会話から会議やセミナー、インタビューなど、さまざまなシチュエーションで利用できます。無料利用枠もあり、個人利用からビジネス向けまで幅広い層に対応しています。リアルタイムで文字起こしができるため、従来は手作業で行っていた文字起こしの時間と手間を削減可能です。Otter AIはパソコン・スマホに対応しており、Web会議やオンラインセミナーなどにも活用できます。

Otter AIの利用シーンは?

Otter AIは、英語で行われる会議やセミナー、インタビューなどの文字起こしで利用されています。その他にも、動画やポッドキャストなどの音声のテキスト化にも利用可能です。また、移動中のアイデア整理や英語学習など、さまざまなシーンで活用できます。

Otter AIは話者を識別する機能を備えており、多人数参加の会議(オンライン会議も含む)でのメモ取りの労力が省けます。Web会議やオンラインセミナーで利用している場合では、動画からの画像撮影も可能です。これにより、ホワイトボードの文字やプレゼンスライドをキャプチャーし、文字起こししたテキストに挿入するといった利用方法もあります。

Otter AIの優れた機能

Otter AIの優れた機能

Otter AIには、英語の音声を文字起こしを効率的に行えるようにさまざまな機能が搭載されています。具体的には、リアルタイムの文字起こしや発言者識別機能、Otterアシスタント機能、カスタム単語登録機能、クラウドとのファイル同期機能などがあります。ここでは、これらのOtter AIの優れた機能を解説していきます。

リアルタイム文字起こし

Otter AIは、会議やセミナーなどの音声をリアルタイムで文字起こしができます。この機能により、会議中のメモ取りの必要がなくなります。発言内容はOtterの画面で確認できるため、議論を振り返る際にも便利です。また、英語に自信がない人でも、文章化された内容を後でじっくり読むことで、議論の理解を深めることができます。

注意点としては、音声認識はクラウドを通じて行われるため、リアルタイム文字起こしをする際にはインターネット接続が必要です。

ハイライト機能

音声を再生する際、Otter AIでは再生中の単語がハイライトされるため、どの部分のテキストが再生されているかが一目で分かります。この機能は、多量の文字起こしでも再生部分を素早く特定できるため便利です。さらに、ハイライトされた単語を利用して英語学習にも活用できます。

発言者識別機能

Otter AIは、発言者の声の周波数を識別し、複数人の声を個別に判断する発言者識別機能を備えています。この機能は、多人数が参加する会議で、誰がどのような発言をしたかを把握するのに役立ちます。

発言者識別機能があることで、多くの参加者がいる会議でも発言者とその発言内容を個別に文字起こしすることが可能です。会議が終わった後に、文字起こしデータを編集するだけで、簡単に会議の議事録が作成できます。これにより、議事録作成にかかる時間と労力が大幅に削減されます。

Otterアシスタント機能

Otterアシスタント機能は、急病やスケジュールの問題で会議に参加できない時に役立つ機能です。GoogleやMicrosoft、iOSのカレンダー機能と連携させることで、Otterを自分の代理としてオンライン会議に参加させることができます。この機能を使うことで、会議の内容を文字起こしして記録し、参加できないことによる重要な情報の損失を防ぐことが可能です。

単語・人名登録機能

Otter AIでは、人名や専門用語など通常認識しにくい単語を予め登録することが可能です。AI技術を駆使しても、特定の人名や特殊な専門用語を完全に自動で把握することはまだできません。このため、文字起こしの後の編集作業を簡素化する目的で、これらの単語を登録できる機能が設けられています。この機能により、正確で読みやすい文章が作成できます。

自動概要作成

Otter AIを使用すると、会議やセミナーの概要を自動的に作成できます。この自動作成された概要は、Eメールを通じて他のメンバーと簡単に共有することが可能です。

エクスポート機能

Otter AIでは、文字起こしした文書をPDF、Word、txtファイル形式でエクスポートすることができます。これらのエクスポートされたファイルを共有することにより、会議や講義の内容を迅速に共有することが可能です。

Otter AIのメリットとデメリット

Otter AIのメリット

Otter AIはAIを活用した英語音声の文字起こしツールで、リアルタイムでの文字起こしを含むさまざまなメリットがあります。その反面、Otter AIにはデメリットもいくつか存在します。ここでは、Otter AIのメリットとデメリットについて、詳しく解説していきます。

Otter AIのメリット

Otter AIのメリットのひとつは、パソコン、Android、iOSなど複数のデバイスに対応していることです。例えば、同じアカウントでパソコンとスマホにログインし、スマホで録音しながらパソコンで文字起こしのチェックができます。

その他のメリットとしては、文字起こしされたデータをキーワード検索で簡単に見つけられる点があります。これにより、リアルタイムで聞き逃した単語や理解できなかった表現も後で確認でき、重要な発言を見落とすリスクが減ります。

Otter AIのデメリット

Otter AIは英語音声の文字起こしツールであるため、日本語を含む他の言語の文字起こしには対応していません(2023年12月時点)。Otter AIの操作画面や公式サイトは、基本的には英語表記です(一部ページを除く)。また、Otterはアメリカの企業であるため、日本語サポートに時間がかかる可能性があります。このような点がOtter AIのデメリットであり、日本の利用者にとっては使いにくい側面があるかもしれません。

Otterの代替策は

Otterの代替策は

Otter AIは、英語の音声を文字起こしするツールです。現時点ではOtter AIは、英語以外の言語には対応していません。そのため、他の言語での文字起こしを必要とする場合は、別の方法が求められます。今回おすすめする方法は、AI文字起こしツール「Notta」を使うことです。ここでは、Nottaの概要とOtter AIとの比較をわかりやすく解説しています。

Nottaとは

Nottaがおすすめ

Nottaは、企業や分野を問わず200万人以上のユーザーに利用されている高性能AI文字起こしツールです。Web、Android、iOSに対応しており、英語や日本語、中国語など104種類の言語の文字起こしができます。

高精度の音声認識技術で、1時間の音声をわずか5分で文字起こしする能力を備えています。さらに、AI要約機能を搭載しており、文字起こしデータの要約作成も簡単です。また、人名や専門用語などの単語登録や発言者の自動識別機能など、便利な機能も多く搭載されています。

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

NottaとOtter AIの機能を比較

NottaとOtter AIはどちらもAIを活用した文字起こしツールですが、機能では違いがあります。これらの違いを機能比較表でまとめてみました。

Otter AI Notta
文字起こし精度
対応言語 英語のみ 104言語
自動翻訳 なし 42言語に対応
Web会議ツール Zoom、GoogleMeet、Microsoft Teams Zoom、GoogleMeet、Microsoft Teams、Webex
クラウドストレージ対応 Dropbox Dropbox、Googleドライブ
操作画面の言語 英語 日本語と英語
自動テキスト修正 なし あり
音声と動画のタウンロード 音声のみ 音声・動画共に対応
録画機能 なし(画面キャプチャーのみ) あり
出力ファイル形式 TXT、DOCX、PDF、SRT WAV、DOCX、TXT、PDF、SRT、XLSX(エクセル)
サポート対応 Eメール Eメール、ライブチャット

Nottaを選ぶ理由

Nottaを選ぶ理由

NottaとOtter AIはどちらもAIを活用した文字起こしツールですが、それぞれに独自の特徴があり、用途に応じた選択が大切です。Nottaは200万人を超えるユーザーに支持されており、コストパフォーマンスも良く、さまざまな優れた機能が搭載されています。ここでは、AI文字起こしツールNottaを選ぶ理由について解説します。

コストパフォーマンスが優れている

Nottaを選ぶ理由のひとつは、コストパフォーマンスに優れていることです。有料プランは、月額1800円から利用でき、12ヶ月分を一括で支払う場合は月額1200円になります。さらに、学生や教職員の方であれば50%割引のサービスを受けられます。また、プレミアムプランでは、1回につき最大5時間まで録音も可能です。

一方で、Otter AIの有料プランは、Proプランが月額16.99ドル(1ドルが150円の場合、約2548円)からになります。Otter AIのProプランでは、インポートできるファイル数が10個まで、1回の文字起こしは最大90分までという制限があります。このため、長時間の会議やセミナーの文字起こし、または頻繁に文字起こしをする方には使いにくい側面があります。

優れたスケジュール機能

Nottaは優れたスケジュール機能を備えており、会議などの参加者のスケジュールを一元管理できます。Nottaで会議の予約ページを作り、そのリンクを共有すれば、簡単に日程を決められます。スケジュール機能を活用すれば、予定が重なるのを防ぎ、参加者に都合の悪い日を知らせる必要もありません。

一方で、Otter AIはGoogleカレンダーやMicrosoft Outlookと連携し、イベントや会議を同期できます。ただし、日程調整機能がないため、スケジュール管理に手間がかかります。また、会議の日程や時間を確認する際には、別のツールに切り替える必要があります。

高精度な文字起こし機能

Nottaは文字起こしの精度も高く、さまざまなシーンで活用できます。英語のみに対応するOtter AIと違い、Nottaは104言語に対応し、42ヶ国の言語への翻訳も可能です。また、Nottaの文字起こし精度は最大98.86%で、Otter AIは85〜95%です。さらに、Nottaは1時間の音声や動画データをわずか5分で文字起こしできます(Otter AIは45分の動画に約6分必要)。

Nottaはクラウドストレージや録音デバイスなどからのファイル(WAV、MP3、M4A、MP4など)をアップロードするか、URLを入力するだけで文字起こしが可能です。しかし、Otter AIはファイルインポート数に制限があります。

多彩な録音・録画機能

Nottaは、さまざまな音声ファイルや動画ファイルからインポートが可能です。さらにWeb会議などの録画機能も備えています。録画した動画ファイルは、もちろん関係者に共有できます。一方で、Otter AIはWeb会議の画面キャプチャーのみが可能です。このような特徴の違いが、Nottaが多くのユーザーから選ばれるポイントでもあります。

会話を句読点も自動的に入れてテキスト化!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

cta9

よくある質問

よくある質問

Otter AIを使おうか悩んでいる方にとって、Otter AIに関するさまざまな疑問や質問があります。ここでは、Otter AIに関するよくある質問に回答していきます。

Q:Otter AIのスマホアプリで通話の録音はできますか?

A:Otter AIのスマホアプリは通話の録音に対応していません。回避策としては、スピーカーモードにして別のデバイスで録音するなどがあります。

Q:Otter AIは日本語に対応していますか?

A:Otter AIの文字起こしは、英語のみです。日本語で文字起こしをする際には、104の言語に対応しているNottaが最適です。

Q:Otter AIのサポート体制はどのようになっていますか?

A:Otter AIのサポートは、公式サイトのマニュアルとEメールで行っています。ちなみにNottaは、Eメールに加えてライブチャットでもサポートを行っており、早く回答が必要な場合に便利です。

まとめ

まとめ

本記事では、Otter AIの概要や利用シーン、機能紹介、デメリット、デメリット回避の代替策などを解説してきました。Otter AIは、英語の音声を文字起こしするツールです。AIを使ってWeb会議などの会話の文字起こしができ、会議の議事録作成などの手間が削減できるメリットがあります。一方で、対応言語が英語のみで、さらに操作画面や公式サイトのマニュアルなども英語であるため、日本の利用者にとっては使いにくい側面もあります。

日本語で文字起こしを行いたい場合は、Nottaの利用をおすすめします。Nottaは104言語に対応しており、42言語への翻訳やWeb会議の録画機能も備えています。英語だけでなく日本語で文字起こしをしたい方は、Nottaを導入してみてはいかがでしょうか。

cta3
いつでも、どこでも音声を文字にする。

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

to top