Notta Web V2.6.0

2021年12月23日 アップデート詳細

Notta Web 2.6.0がリリースされました。サービス向上のために幾つかの新機能が登場します。それでは、早速試してみましょう。

目次

  • 「Notta Bot」と拡張機能「Notta Audio Clipper」に新機能追加。
  • タグ付け機能を利用して、Web版での確認・編集作業効率を倍増。
  • 音声・動画ファイルをPCからインポート可能。

オンライン会議文字起こしアシスタント「Notta Bot」とChrome拡張機能「Notta Audio Clipper」に新機能追加

リアルタイムに文字起こしする間、画像を挿入したっり、タグを付けたっり、テキストをコピーするなどいろんな操作ができるようになりました。

利用シーンは様々ですが、例えば、ウェブページのポッドキャストを再生しながら、新しいタブを開いてWeb版で文字起こしデータを編集できます。

あらゆるページの音声コンテンツを文字に変換する拡張機能「Notta Audio Clipper」の利用イメージ。

ポッドキャストを楽しみながら、データを簡単に編集できます。

あらゆるページの音声コンテンツを文字に変換する拡張機能「Notta Audio Clipper」の利用イメージ

あらゆるページの音声コンテンツを文字に変換する拡張機能「Notta Audio Clipper」の利用イメージ

💡Notta Bot、Notta Audio Clipperの詳細はこちらへ:

Notta Bot|Zoom会議を録音して文字起こしする

Webページの音声コンテンツをテキスト化?Chrome拡張機能「Notta Audio Clipper」の活用方

タグ付け機能を利用して、確認・編集作業効率を倍増

二つのタグ付け方法があります。画面中のテキストブロックを選択、あるいは直接にオーディオのシークバーからマークできます。シークバーにつけらているタグは任意の時間をマークします。その代わりに、テキストブロックのタグは丸ごとの時間帯をマークできます。例えば、テキストブロックを選択すると、00:00から00:15までのすべて音声と文字を一括にマークされます。シークバーの場合、一秒単位でマークします。

タグ付けのメリットは?

1.重要なポイントを逃さない。効率的な情報整理を実現させます。

2.タグをクリックすると、マークされた内容に飛び、すぐ振り返れます。

💡ヒント:タグの数を減らしたい場合は複数のブロックをマージし一つのブロックを作成してからマークするのも可能です。

複数のブロックを選択。

一つのブロックを作成

音声・動画ファイルをPCから一括インポート可能

今回のアップデートにより、リアルタイム文字起こし機能だけでなく、アプリと同じ、音声・動画ファイルをインポートして文字起こしするようになりました。

Notta Webでの編集作業をより円滑に進むために、まずは音声・動画ファイルをパソコンからインポートして試してみましょう。

パソコンでの操作はごく簡単です。

1.Web版にログイン、「インポート」をクリック。

2.複数のファイルをドラック&ドロップ、あるいはフォルダを開いて選択。

3.Notta Web版に一括にアップロードします。

ファイルを導入

対応可能なファイル形式は下記の通りです。

動画ファイル:avi, rmvb, flv, mp4, mov, wmv

音声ファイル:mp3, wav, caf, aiff, m4a

💡 ヒント:ファイルの数について制限がないですが、プレミアム会員の場合、ファイルの合計長さが1800分(30時間)に超えるとき、文字起こしできません。追加分の文字起こし時間を購入するのが可能です。お手数おかけしますが、アプリにてご購入ください。詳細はこちらへ >

今回のアップデートにつきましてご不明な点がございましたら、「お問い合わせ」よりお気兼ねなくご連絡ください。