議事録作成ツール・サービス

【2024年版】議事録作成ツール・サービスおすすめ10選(厳選・無料あり)

みなさん 「議事録」 をどのような方法で作成し共有していますか?Wordファイルで書き、関係者にメールで連絡などしていませんか?近年では、会議中にWEBブラウザ上で議事録を書き、かんたんに共有できる便利なツール・サービスが数多くあります。本記事では議事録作成・共有に便利なツールを紹介します。

議事録を書く側・読む側が注意すべき点や、議事録作成のポイントはこちらの記事にまとめてありますので、ご確認ください。『今さら聞けない!議事録の書き方とポイントをおさらいしよう

<選定ポイント>

  • クラウド上で議事録を管理

  • かんたんに議事録作成、共有できる

  • 議事録の変更履歴を管理できる

上記ポイントを満たしている、 クラウド型の議事録作成サービス をご紹介します。‍

社内版Wikiが作れる「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエ)は、ナレッジ共有に特化した「社内版ウィキペディア」です。検索に強く、情報を整理しやすいのが特徴で、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』の点で高く評価されています。社員がさまざまな情報を書き込み蓄積・検索することで、社内の知りたいことが簡単に確認できるツールです。

NotePMの特徴

  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索

  • 社内wiki+ファイル共有

  • フォルダ階層とタグ機能で情報を整理しやすい

  • Web上で簡単に文書作成できて、変更履歴も自動的に記録

NotePMの特徴

NotePMの体験レビュー

NotePMは議事録や社内マニュアル、業務手順書などストック型の情報管理に向いているツールです。

NotePMの体験レビュー

最大のメリットは、チームごとにオリジナルドメインを発行できる点。

チームごとにオリジナルドメインを発行

チームの一員として作成した書類や共有した資料をチームのURLで管理できますので、情報の見落としを防ぐことができます。

議事録作成する場合は、「投稿する」>「新規ページ作成」>から書類を作成してください。作成ページとプレビューページが並んでいるため、左側のCSSと実際のデザインを瞬時に見比べられる点が便利だと思いました。

議事録作成する

また、動画ファイルをアップロードすることもできます。動画の資料などを共有する際も、アップロードするだけなので便利です。

動画ファイルをアップロードする

資料を閲覧したメンバーを確認できる既読機能も素晴らしいと思いました。

既読機能

これで会議に参加していないメンバーにも情報共有ができたかどうか、直接聞くことなく確認できます。

NotePMの料金プラン(月額)

全プラン共通: 初期費用0円、見るだけの参照専用ユーザーは無料

料金 利用人数 容量
4,800円 8名 80GB
9,000円 15名 150GB
15,000円 25名 250GB
30,000円 50名 50GB
60,000円 100名 1T
120,000円〜 200名~ 2T~

文字起こし機能付きで高機能「‍Notta(ノッタ)」

Notta

Notta(ノッタ)は、58言語に対応でき、PC/スマホでも使える自動文字起こしソフトウェアです。ワンクリックでいつでもどこでも音声をリアルタイムで録音し、テキスト化。会議や取材、お気に入りのポッドキャストなど、手作業による文字起こしの手間が省け、作業効率が大幅UPします。Nottaに登録すると、録音を確認したり、テキストを編集したり、メモや画像を挿入したりすることが簡単にできます。 

Nottaの特徴

  • 録音中の文字起こしテキストを他の人とリアルタイムで共有・複数の端末で同期できる

  • Zoom会議と連携できる

  • 音声を再生しながら読み上げているテキストがハイライトされ、任意のテキストを編集できる

Nottaの体験レビュー

Nottaのすごいところは、文字起こし機能を使いながら議事録作成できるところ。議事録作成は会議中もしくは会議後にパソコンで手作業で行うというイメージがあるかもしれませんが、Nottaを使えば会議音声をそのまま文字化できるため、議事録作成の手間が大きく省けます。

Nottaの体験レビュー

実際に使ってみるとわかりますが、Nottaは文字起こしの精度が非常に高いです。会議内容もクリアな音声であれば7割以上は正確に書き起こせるでしょう。文字化した内容はその場ですぐに再生できます。3秒早送りや特定の文字を含む部分の検索など多機能です。

文字起こしの精度が非常に高い

文字起こしした内容はリンクを発行して共有したり、

リンクを発行して共有

さまざまなファイル形式にエクスポートして共有したりできます。

エクスポートして共有

また、ZoomやGoogle Meet、Microsoft Teamsなどと連携してWeb会議を文字起こしすることもできます。

Web会議を文字起こしする

議事録作成ツールのほとんどは手作業で作成したファイルを共有できる、というものですが、Nottaの場合は文字起こし機能付きなので議事録作成に費やす労力を減らせるので、会議や打ち合わせの活性化が期待できると感じました。

Nottaの料金プラン(月額)

プラン名 料金 できること
無料 0円 3分リアルタイム文字起こし
プレミアム $8.25 1800分文字起こし時間/月
チーム $18 1800分文字起こし時間 x ユーザー数/月

1時間以上の音声を180秒で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

Notta文字起こし
decoration
decoration

プレゼンテーション機能付き「‍Dropbox Paper」

Dropbox Paper

Dropbox Paper(ドロップボックス ペーパー) は、オンラインストレージサービスで有名な「Dropbox」が提供しているサービスです。Dropboxがファイル共有・保存がメインであるのに対し、Dropbox Paperは、ドキュメント作成・共有に特化したサービスです。

Dropbox Paperの特徴

  • 動画などのメディアファイル埋め込み

  • プレゼンテーション機能

  • iOS、Android対応

Dropbox Paperの体験レビュー

Dropbox Paperは共同ドキュメント編集サービスということで、文章を効率的に作成する工夫が詰め込まれていると感じました。まず、Dropbox Paper内では、「Dropbox Paper」「Wordドキュメント」「Googleドキュメント」という3つのドキュメント作成ツールが使えます。

Dropbox Paperの体験レビュー

Dropbox Paperはスケッチブックのようなデザインで、思いのまま自由に書き込めるので、記録だけでなくアイデアの保存にも最適だと感じました。

スケッチブックのようなデザイン

Dropbox Paperはチームでドキュメントを共同編集できるため、会議前に決めるべきことをチームでそれぞれ書き出すこともできます。あらかじめドキュメントを共有しておけば、会議参加者も、その場のミーティングに参加できない人でも、リアルタイムで議事録を確認できる点も素晴らしいです。

議事録に対してコメントを書き込むこともできますので、やるべきタスクが明確になります。

コメントを書き込む

Dropbox Paperの料金プラン(月額)

Dropbox ユーザーであれば無料

Dropbox Paper URL: https://www.dropbox.com/ja/paper

Confluence

Confluence

Confluence(コンフルエンス) は、オーストラリアのAtlassian(アトラシアン)が運営する社内情報共有ツールです。Atlassianが提供している有名なツールとして、プロジェクト管理ツール「Jira」、タスク管理ツール「Trello」などがあります。

Confluenceの特徴

  • 柔軟なアクセス権限

  • Jira、Trello連携

  • 大規模ユーザーに強い

Confluenceの体験レビュー

ConfluenceのインターフェースはWordやGoogleドキュメントのようなデザインです。チームを作成してユーザーを招待して、共同編集もできます。

Confluenceの体験レビュー

テンプレートが付属しているため、ミーティングのテーマによってその都度使用可能。表などが盛り込まれており、必要な情報を入力するだけなので、非常に便利だと感じました。 

ミーティングのテーマによって

WordやGoogleドキュメント、OneDriveからドキュメントをインポートすることもできます。会議で配られた資料データなどをインポートすることで、より効率的な議事録作成ができるでしょう。

より効率的な議事録作成

Confluenceの料金プラン(月額/クラウド版/STANDARD)‍‍

料金 ユーザー数
JPY 660 /ユーザー 1 - 100
JPY 500 /ユーザー 101 - 250
JPY 380 /ユーザー 251 - 1,000
JPY 350 /ユーザー 1,001 - 2,500
JPY 320 /ユーザー 2,501 - 7,500
JPY 280 /ユーザー 7,501 - 10,000
JPY 270 /ユーザー 10,001 - 15,000
JPY 240 /ユーザー 15,001 - 20,000
JPY 220 /ユーザー 20,001 - 25,000
JPY 190 /ユーザー 25,001 - 30,000
JPY 170 /ユーザー 30,001 +

Confluence URL: https://www.atlassian.com/ja/software/confluence

記事を投稿する感覚で議事録作成「Qiita:Team」

Qiita:Team

Qiita:Team(キータチーム) は簡単にかけて、簡単に共有できる、社内向け情報共有サービス。エンジニア向けブログ「Qiita」のビジネス版です。ブログを投稿するような感覚で気軽に議事録を投稿できますので、共有する情報量が多い部署にお勤めの方におすすめします。

Qiita:Teamの特徴

  • 「Qiita」