Google社員も使っている!作業効率を10倍に上げる4つのアドバイス

Google社員も使っている!作業効率を10倍に上げる4つのアドバイス

インターネット企業のトップであるグーグルは、かつて時価総額2兆円の大台を突破したことがある。

Googleが今日の成果を達成できるのは、正確な戦略的ビジョンに加えて、Google内部のスタッフの高効率な作業状態も不可分である。

そこで、Googleの効率的な働き方を身につければ、仕事の効率を10倍以上に上がり、結果的に収入も上がり、人生の幸福度も上がるのではないかと思う。

この点について、作家・元Google人材育成部長のPiotr Feliks Grzywacz様は、Google社内の効率的な仕事術を紹介する書籍世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法 を執筆して、グーグル社内の働き方を紹介した。次に、この本で紹介されている方法のいくつかを見てみましょう。

今すぐ行動する

Googleでは、10倍の成果を出すために、「今すぐやれ」「今やらないでいつやる」という意識が強くある。

「今やる」とは、優先順位をつけないことでもなく、現状を考えながらタスクを後回しにしないことである。

Googleで問題が発生した時は:

「必要であれば、今すぐ連絡」

「決断のときなら、今すぐ決断」

と考える。

これが、立ち止まることなく仕事をこなす秘訣である。 特に、その場で答えが出ないからといって後回しにせず、会議の場で判断することが重要である。

何らかの理由で前に進めない場合は、「決断する」ための期限を設けることも大切である。

自分一人では解決できない場合は、他の人と協力することを検討するか、すぐに上司に報告する。

何をすべきか、どう行動すべきかわからない?

この場合、グーグル内のメンバーは以下の2つのステップで解決される。

「知っていること」と「知らないこと」を区分する

知っていること

  • 実施方法
  • 目的
  • 託される人

知らないこと

  • プログラムを採用できるか
  • 最終コスト
  • など

まずは「知っていること」と「知らないこと」を区別し、「知っている」ことから始めることである。 一度突破口を開けば、次はドミノ倒しのように、それまで「知らないこと」であったものでも、処理できるようになる。

質問する

「知らないこと」を整理するためには、「質問すること」が不可欠である。原因と結果がわからないときは、「本質的な問題は何か」、「何が起きているのか」といった問いを立て、問題解決のプロセスに進むことが大切である。

対面でのコミュニケーションは最も効率的

メールで打ち合わせ場合が多いが、完璧なコミュニケーションがとれず、仕事のペースが遅くなることもある。

何度かメールをやり取りしても相手が何を目指しているのかが分からず、合意に至るのが遅れることもある。 そのような場合は、直接対面でのコミュニケーションが一番の解決策になる。 例えば、ビデオ通話、Web会議などである。

また、対面でのコミュニケーションが効率化することも重要である。 そして、コミュニケーションの効率化を図るためには、会話や会議の内容を記録して、その後の確認や報告に役立てることが一番だと思う。

Web会議の効率をもっとより上げるために、文字起こしサービス「Notta」は最近、Web会議ソフト(Zoom・Google Meet・Microsoft Team)との連携という機能をリリースした。

Notta (Webアプリ)では、Web会議の招待URL経由でNotta botをWeb会議に送り込むことができる。 Notta botは会議の内容をNottaでリアルタイムに書き起こし、話者を区別することができる。また、文字起こし中にユーザーがテキストを編集し、マークアップすることも可能である。

Nottaは、Googleカレンダーとも連携になった。 GoogleカレンダーとNottaを同期させることで、Nottaがカレンダー上のWebミーティングを読み込んでボット予約し、見逃しを防止することができるのである。さらに、Notta Botは発言者を区別し、テキスト情報を充実させます

また、会議終了後は、Nottaの自動同期機能により、アカウント下のすべてのデバイスにテキストが同期され、いつでもどこでも会議結果を閲覧・編集することができる。

パソコンにばかり向かわない

例えば、テレビ会議を行う前に1分ほど瞑想する。 この1分間は、全員がパソコンの電源を切り、呼吸に集中させ、静かに席に座る。
目を閉じても閉じなくても、呼吸を意識して、体をリラックスさせるだけで十分である。

これは非常にシンプルな行動だが、会議の結果を劇的に変化させることができる。 なぜなら、瞑想した後は、誰もが目の前の会議にエネルギーを集中させることができるからである。

たとえ社内に専用の休憩室がなくても、休憩やおやつ、散歩などでリラックスしておくと、最適な状態で仕事ができるようになるのである。
人は疲労状態になると判断力が低下する。夜中まで仕事をしなければならない場合、眠くなったら5~10分ほど仮眠をとると、仕事を早く終わらせることができる。

最後

働き方は、知識に加えて、生産性を向上させる最良の方法である。 そこで、GoogleやAppleといったトップ企業の働き方を学ぶことで、効率を上げ、ひいては収入を上げることができるのである。