インタビュー記事の書き方【おすすめのツール5選付き】

インタビュー記事の書き方【おすすめのツール5選付き】

はじめに

インタビュー記事を書くのは、簡単なようでむずかしいものです。そのため、インタビュー記事の良い書き方を知ることが大切です。

インタビューはあなたのウェブサイトに訪問者を引き付けるための最も効果的な方法の1つです。事業主、スタッフ、有名人の生の声や顔が投稿されると、あなたのウェブサイトの注目と魅力が高まります。

インタビュー、対話、セミナーなどの会話に基づいて記事を書くときに覚えておくべき重要なポイントを説明します。それぞれのスキルを応用することで、Webサイトに掲載されたインタビュー記事をよくする。

インタビュー記事の流れ・やりすべきこと

事前準備・仕込みが大切

1. 「なぜこの人にインタビューしたい」・記事のテーマを確定

もちろん、インタビューは記事を作成することを目的としたものではありません。ただし、目的を明確PSに決めないと、実際にインタビューを進めるのは難しいでしょう。

例えば、「生産性を上げる方法」について記事を書きたいので、効果的な仕事術を持っている人にインタビューする、あるいは、生産性の高いスキルを持っている人がいるので、それをインタビューの出発点のひとつにする、といった具合です。 要するに、インタビューを設定する前に何を記事に言いたいかを決めておいた方がいいということです。

また、ヒントとしては、1つの記事であまり多くの話題を表現しようとしないことです。 読者の注意力は限られているので、一つのテーマに絞った方が読みやすく、書き手も集中できることが多いのです。

 

2. 取材対象(インタビューを受ける人)についてしっかり調べておく。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という諺をよく聞きますでしょう?取材対象者は敵ではありませんが、交渉にせよ共同作業にせよ、相手の情報を知っていればいるほど、成功する可能性は高くなります。 これはインタビューにも言えることで、事前に相手を知ることが良いインタビューの基本になります。

インタビュー対象者をもっと了解するには、次の側からご考えていいです:

  • 出身地
  • 学校・仕事の経歴
  • 今の活動内容
  • SNS・ブログの内容
  • 趣味
  • 過去受けられたインタビュー

 

3. 事前に質問を両方に共有

まず、聞きたい質問を決めます。次に、会社に関係している可能性のある人に確認します。最後に、あなたが何を尋ねようとしているのかを彼らに知らせてください。何が期待されているかを事前に知っておくと、インタビューの準備に役立ちます。

ただし、考慮すべきことがいくつかあります。取材対象者は、インタビュー前にテキスト形式で回答を書くことがあります。これは彼らが顔を合わせて話すことを無意味にし、インタビューの生きた感覚が失われます。

そのため、概要だけ作成して送信するのがよいでしょう。 正式なインタビューでは、このアウトラインをもとに質問を投げかけ、その答えに対して適切な世間話をすることで、思いがけない有益な情報を得ることができます。

インタビュー中に忘れられないこと

1. インタビュー対象者を追い込まない

インタビューしているのであって、拷問しているのではないことを常に意識してください。 インタビューの方向性を誘導することは可能ですが、答えたくない質問に無理やり答えさせることはしないでください。 これではインタビューができないばかりか、自社のイメージダウンにつながり、その後の面接に支障をきたす可能性があります。

 

2. フルレコーディングは最適な記録方法・メモも必要

テープレコーダーや携帯電話などを使って録音することは、インタビュー中に欠かしてはならない行為です。 そうすることで、インタビューに集中しやすくなり、情報を完全に記録することができるのです。

 

しかし、実際の取材でつかの間のハイライトを捉えるためには、常にハイライトをメモしておくことも重要です。 これによって、その後の記事執筆時に素早くポイントを抽出できるだけでなく、インタビューの「雰囲気」を後々まで残すことができるようになったのです。 そうすることで、後でインタビュー時の感じを正しく理解できず、間違いを防ぐことができるのです。

 

3. 許される限りの写真を撮る

インタビュー時には、通常、対象者の写真を同時に撮ります。ただし、時間とリソースがある場合は、写真家にさまざまな角度から見てもらいます。実際にレイアウトを作成するとき、「左側/右側の写真しかない!」というような状況に陥りたくはありません。

そこで、インタビュー対象者をあらゆる角度からとらえることが重要です。 また、バックアングルからの写真も、違った効果を発揮することがあるので、必要です

また、さまざまなアクションの様子を写真に収めてください。 カメラを見る、目をそらす、話す、考える、手を挙げる、飲む、など。さまざまなアクションを撮っておけば、実際に記事にする際にインタビュー対象者の性格をより正確に表現することが可能です。

インタビューから記事にする・記事の書き方

1. まずインタビュー録音の文字起こしをする

録音されたテキストの文字起こしが最初のステップです。 インタビュアーとして、記事にふさわしい部分を選ぶには、内容を俯瞰し、何度も確認する必要があるのです。 そのため、音声ファイルをテキストに変換することで、記事を書くときの効率が上がるのです。

また、ほとんどのライターがGoogleドキュメントでテキストソフトを使用しているため、ライターコミュニティでは、より効率的にGoogleドキュメントのテキストを文字起こしするために、さまざまな方法をまとめています。 これらの方法をきちんとマスターし、応用することで、ライターがどのようなデバイスでも効率よく文字起こし作業を完了させることができるようになります。

 

2. 記事を見やすくする・アウトライン作成

記事の構成を明確にし、書き手が書きやすいようにするためには、まずアウトラインを書くことが重要である。 アウトラインの書き方と、それを元にした書き方を紹介します。

まず、文字起こしされたテキストをもう一度読み、その中の各要素を確定します。次に、各要素をいずれかのカテゴリに分類します。例えば「生産性を向上するのは必要な原因」「生産性を向上する働き方」など。最後に、記事のメイントピックである記事の要約について考えます。

次に、各段落の中央の見出しについて考える必要があります。 「それは真ん中の見出しですか?」と思うかもしれません。記事を書く前に真ん中の見出しを決めると、ぼやけることなく書き続けることができます。ここで決定された中間の見出しは一時的なものである可能性があります。

見出しを決定したら、それに応じてテキストを貼り付けます。インタビュー中に、ストーリーがスキップされたり、追加のコンテンツが追加されたりすることがよくあります。したがって、ストーリーは見出しに従って再構築する必要があります。

 

3. 自分(作者・ライター)の考えが大切

インタビュー対象者のメッセージを明確に伝えること、視点を正しく表現することはもちろん、書き手自身の考察も良い文章を書くための重要な要素です。

ライターは文字起こしだけでなく、回答者の回答の理由やその時の状況を考え、その回答を受けてその後の展開を判断する必要があるのです。 ライター自身の考えや照合した知識は、他の記事との違いになるのです。

素晴らしい記事の作成ために三つのコツ

基本に加え、以下のような工夫をすることで、より良いインタビュー記事を書くことができます。

掲載前に限定公開で再確認する

インタビューに取り組むチームは4〜5人いるかもしれませんが、核となる質問を作成し、文章を完成させるのは通常ライター一人です(これこそが記事の完全性と効率性を確保するのです)。

そうすると、自分の考えが正しいのか、現実的なのか、ライターが検証できない、という問題が生じます。 それは、どんなに頑張っても、人が考えることのできる範囲には限界があるからです。 だからこそ、記事が完成した後、発信する前に社内で、特に取材に参加したメンバーに試読してもらうことが大切なのです。

ツールで文字起こし

インタビューにとって、記録は大事ですが、インタビュー中にリアルタイムにテキストで相手の言葉をそのまま記録するのはダメです。それは、聞きながらメモを取ると、ライターの気が散ってしまい、時にはインタビューの要点を見逃してしまうことだけでなく、回答者にとっても尊敬できないからです。そのため、ICレコーダーなどの録音設備を使ってインタビューを録音し、その後、その録音をもとに記事を作成するという方法もあります。

しかし、これは別の問題につながります。インタビュー後、録音を聞きながら文字起こしを完成させるのにかかる時間は、インタビューに費やした時間をはるかに超えてしまいます。 統計的には、1時間のインタビューの録音で、全文を文字起こしするのに4時間から5時間かかると言われています。

そこで、この問題を解決するために、プロのテープ起こしサービス業者が登場したのです。 現在、文字起こしを専門のテープ起こし業者に委託している企業もあります。

テープ起こし業者の紹介と上手な選び方については、こちらの記事をご覧ください:

“信頼できる”テープ起こし業者の選び方を徹底解説!決め手となるポイントは?|Notta

もちろん、プロのテープ起こし業者も安くはなく、1分程度の録音であれば300〜400円程度でテープ起こしをしてくれます。これは個人ライターにとって少し高いと思います。

苦労して業者を探すよりも、文字起こしツールを使って文字起こし作業をしてもらう方がいいと思います。Notta文字起こしツールは音声ファイルだけでなく、リアルタイムでインタビューを文字起こししてくれるので、後でインタビューメモを作成する際にも良いアシストになっています。

>>1分あたり0.5円の文字起こしソフトはこちら!<<

何より、1分あたり0.5円程度と、プロバイダーよりはるかに安いのが魅力です。

話し言葉を書き言葉に変換する

インタビューは対話によって行われるため、言葉の言い回しが多くなることは避けられない。 例えば、こんな感じです。

1.指示代名詞(これ、それなど)。

2.口癖の繰り返し(えっと、あのうなど)。

3.分かりにくい略称

4.ら抜き言葉(見〈ら〉れる、食べ〈ら〉れるなど)

5. い抜き言葉(見て〈い〉ます、食べて〈い〉ますなど

これらは、ごく一般的に聞こえる話し言葉の表現ですが、読んでいてとても変です。 それを読者が読みやすくするために、書き手は書き言葉に変換する必要がある。 同時に、文章の意味を理解しやすくし、無用な誤解を防ぐことができます。

インタビュー記事作成に大活用!おすすめのツール5選

Notta

>>無料で使えますので、ぜひお試しください!<<

Nottaは、パソコン・スマホでも使える文字起こしソフトです。リアルタイム文字起こしや音声ファイルから文字起こしをできるだけでなく、Zoom・Google Team・Microsoft Meetsに直接的に対応でき、話者区別で文字起こしをできます。

また、価格も超安い!1分あたり0.5円程度と、個人にとってコスパが一番高い文字起こしソフトと言われます。

Googleドキュメント

Googleドキュメントは、ユーザーが共同でドキュメントを作成および編集できる無料のオンラインサービスです。このツールを使用して、記事、ホワイトペーパー、履歴書、およびその他のビジネスドキュメントを作成できます。一度にドキュメントで作業できる人数に制限はありません。これは、プロジェクトで共同作業する必要があるチームにとって優れたツールです。

常にメディア編集部・取材対象・チームメンバーに原稿を共有するライターの方におすすめ!

 

Skype

Skypeは、ユーザーがインターネット経由で電話をかけることができる無料のボイスオーバーインターネットプロトコル(VoIP)アプリケーションです。ユーザーは世界中の電話を低料金で呼び出すことができます。コンピュータから電話へ、またはその逆に電話をかけることができます。ライターは、Webカメラを使用して、電話で話しているときに顔を見せびらかすこともできます。

 

Notion

Notionは、ユーザーがメモ、考え、リスト、切り抜き、その他の情報を整理するのに役立つアプリです。 Webバージョン、iOS、Android、Windows Phone、Blackberry、Mac OS X、Linux用のモバイルアプリ、WindowsとMacOSX用のデスクトップクライアントがあります。 また、データがクラウドに保存されるため、複数のデバイスの同期・メンバーにデータの共有も便利です。

 

Zoom

Zoomは、日本で最も利用されているWeb会議ソフト。 コロナのせいで自由に動けなくなったライターが、ウェブ上で直接取材を完結できるのは助かりますね。

 

まとめ

インタビュー記事は、単に「インタビューした人の言葉を文字に起こす」だけでなく、良い記事を作るためには、さまざまな方向から練習する必要があるのです。

今すぐ始めて、本文で紹介した方法を使って、より良いインタビュー記事を書いてみてください。