ChatGPT文字数制限

ChatGPTの文字数制限はどこにあるのか?その突破法まで徹底解説!

人工知能の進化が止まらない現代、我々の日常生活に深く浸透してきたAIの一つがOpenAIが開発したChatGPTです。さまざまな場面でその能力を発揮していますが、一方で「文字数制限」の問題に直面することもあります。では、ChatGPTの「文字数制限」とは、具体的に何文字程度で、更にその上限を回避する方法はあるのか?

この記事では、ChatGPTの文字数制限とその突破方法についてご紹介します。

ChatGPTの文字数制限とは

"文字数制限"と聞くと、何か厳しい制約があるように感じるかもしれません。しかし、これはChatGPTが一度に処理できる文字数の上限を指すもので、AIの力を最大限に活用するための重要な要素です。GPT-3やGPT-4などのモデルは、「トークン」と呼ばれる単位で情報を処理します。このトークンは、文章を単語や文字に分割したもので、AIが一度に考慮できるトークンの数には限りがあります。

トークンとは、GPTがテキストを理解するために内部的に使用する単位のことです。これは単語、文字、またはそれ以上の単位になることがあります。特に、英語と日本語では、1トークンがどの程度のテキストを表現するかが異なります。

英語では、空白や句読点なども1トークンとしてカウントされるため、平均的な1トークンあたりの文字数が1よりも大きくなります。一方、日本語では空白が少ないため、1トークンあたりの文字数が1に近くなります。

次に、GPT-3と有料のGPT-4のトークン数制限について見ていきましょう。両者とも同じモデルアーキテクチャを使用していますので、トークン数制限に違いはありません。

モデル 最大トークン数
GPT-3 2048トークン
GPT-4 2048トークン


つまり、GPT-3でもGPT-4でも、一度に処理できるトークン数は2048トークンとなっています

トークンについて簡単にご説明しましたが、実際の文章が何トークン必要なのか調べるためには、同じくOpenAIのTokenizerを使用します。

Tokenizerを開いたら、GPT-3を開いた状態でテキストを入力してみましょう。

ここでは試しに「ノッタ」と英語入力の「Notta」のトークン数を調べてみます。

tokenizerを開く

tokenizerにnottaと入力

このように同じ意味を現す単語でも、英語と日本語で利用されるトークン数に違いがあることが分かります。

ここまではChatGPTの文字数制限のルールについてお話しましたが、次に、この制限をどう上手く突破するかについて説明していきましょう。

文字数制限とChatGPTのパフォーマンス:その質に影響は?

「もっとたくさんの情報を入力すれば、より精度の高い回答が得られるのではないか?」と思うかもしれませんが、実はChatGPTの場合、それが必ずしもそうとは限らないのです。

ChatGPTは、一度に処理できる文字数、つまり「トークン」数に制限があるとお伝えしましたが、これを超えると、入力の一部が無視されることになります。つまり、あまりにも長い質問や文章を投入すると、その全てが考慮されず、一部が無視される可能性があるのです。これにより、本来ならば得られるはずだった適切な回答が得られない、あるいは回答そのものが得られないという状況になることがあります。

したがって、ChatGPTに対する入力文字数が増えると、必ずしも回答の質が上がるとは言えません。適切な長さと内容の質問をすることが、より良い回答を得るための鍵と言えます。

ChatGPTの文字数制限を破るテクニック

ChatGPTの文字数制限は、一見すると使いづらさを感じさせるかもしれません。しかし、その壁を越えるためのいくつかの戦略があります。これらを駆使することで、AIとの対話をよりスムーズに、そして効果的に進めることができます。

ChatGPTからヒントを得る

ChatGPT自体が、どの部分を理解しているのか、また理解していないのかを伝えてくれることがあります。例えば、特定の部分に対する反応がなかったり、質問の意図を把握できていないと示唆する回答を返してくる場合などです。そのような場合は、質問を短くしたり、意図を明確にするなど、入力を調整することで改善が見込めます。

入力を分割してみる

長い質問や文章は、必要な部分を抽出して分割することで、全てをChatGPTに理解させることが可能です。これにより、一度に処理できる文字数の制限を回避し、全ての情報を反映した回答を得ることができます。

APIの活用

OpenAIのAPIを活用することで、より長い会話をChatGPTと行うことが可能です。APIを用いると、一度に送ることができるトークン数が増えるため、より長い文章を処理することができます。ただし、こちらは技術的な知識が必要となります。

複数の言語モデルの連携

異なる言語モデルを組み合わせることで、各モデルの強みを活用し、一度に処理できる文字数を増やすことが可能です。例えば、一つのモデルである程度の文章を処理し、その結果を次のモデルに渡すという方法です。ただし、この方法もまた高度な技術的知識を必要とします。

究極の文字起こしサービス "Notta" ~ AI技術を駆使した新機能紹介~

ai要約

文字起こしサービスとして注目を集めている「Notta」は、日本語・英語など104語に対応した高い精度を誇るAI搭載の文字起こしサービスです。日々の会議やインタビュー、講演などをテキスト化することで、情報の共有や記録の効率化を実現します。また、その進化はとどまる所を知らず、更に進化した新機能をリリースしました。

その新機能とは「AI要約機能」です。これは文字起こしをさらに進化させたもので、長時間の会議や多量の資料から必要な情報を一瞬で抽出することができます。AIが文章全体を理解し要約するため、大量の内容を全て読むことなく、すぐに全体の内容を把握することができます。また、アクションアイテムとしてリストを作成してくれるので、今後とるべき行動を一瞬で把握できます。

AI技術とNottaの連携は、新しい情報処理のスタンダードを生み出しました。これにより、私たちは情報過多の時代においても、必要な情報だけを素早く把握し、より良い意思決定を行うことが可能になります。

NottaでAI要約機能を使用する方法

1)要約したい文字起こしの内容を選択します

nottaでai要約機能を使用

2)右上のAI要約ボタンをクリックします

ai要約をクリック

3)生成のボタンをクリックします

生成ボタンをクリック

4)少し待つと、AI要約が完了します

ai要約が完了

動画のご利用ガイドはこちら:

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

まとめ: ChatGPTとNottaの活用法

この記事では、人工知能ChatGPTの文字数制限やその突破方法について詳しく解説しました。文字数制限は存在するものの、それを理解し、活用することでより効果的なコミュニケーションを実現できます。
また、AI技術を活用したNottaの新機能「AI要約機能」は、大量の情報を短時間で要約し、必要な情報のみを抽出することが可能です。これにより、情報過多の時代でもスピーディーに重要な情報を把握することができます。

AIの活用は、私たちの生活やビジネスをより効率的に、より質の高いものに変えてくれるはずです。ぜひ、この記事を参考にして、ChatGPTやNottaのサービスを活用してみてください。新たな情報処理のスタンダードが、あなたの日々の業務をサポートします。

to top