ChatGPTを英会話や英語学習に役立てる方法

ChatGPTを英会話や英語学習に役立てる方法は?ポイントや利用時の注意点も解説!

ChatGPTとは、OpenAIが開発した自然言語処理モデルです。ユーザーの質問に対して、AIが的確かつ詳細な回答を生成してくれます。実は、ChatGPTは英会話や英語学習に活用できるということをご存じでしたか。

今回は「ChatGPTを英会話や英語学習に役立てる方法」に焦点を当て、ChatGPTの概要や学習時のポイント・注意点などについて解説します。

ChatGPTとは?

ChatGPTとは、OpenAIが開発した自然言語処理モデルです。ユーザーの質問に対して、AIが的確かつ詳細な回答を生成してくれます。さまざまな分野での質問応答や文章生成、対話などに対応可能。スマートフォンアプリもあるので、時間や場所を問わず利用できます。

※ChatGPTは2022年1月までのデータで学習されたモデルです。最新情報については、提供できる情報が制限されています。

ChatGPTのアカウント作成方法

ここでは、ChatGPTのアカウント作成方法について解説します。

1. ChatGPTにアクセス

ChatGPTへようこそ

2.メールアドレスを登録する(GoogleやMicrosoftのアカウントでも登録可能)

ChatGPT メール認証

3.アカウント名と誕生日を入力し、「Continue」をクリック

ChatGPT ネームと生年月日

4.電話番号を入力し、「Send code」をクリック

ChatGPT 電話番号を認証

5.入力した電話番号に送付された6桁の認証コードを入力してアカウントの作成は完了

ChatGPT 認証コード

ChatGPTの利用方法

ChatGPT メッセージを送る

ChatGPTの利用方法は、画面下部にある「Send a message」に質問内容を入力して、送信ボタンをクリックするだけです。日本語で入力すれば、日本語で回答を、英語で入力すれば、英語で回答してくれるなど、言語に応じて臨機応変に対応してくれます。

ChatGPTを英会話や英語学習に役立てる際のポイント

ここではChatGPTを英会話や英語学習に役立てる際のポイントについて4点解説します。

1.翻訳

日本語で「〜(和文)を英語に翻訳して」と入力すると、その回答となる日本語を英語で翻訳してくれます。もちろん、英語から日本語への翻訳も可能です。

ChatGPT 英語と日本語の翻訳

2.添削

ChatGPTでは、英文添削も行えます。「〜(英文)を添削して」と入力すると、その英文が即座に添削されます。文章量に制限はなく、添削の根拠を説明してくれたり、細かい文法を説明してくれたりします。

ChatGPT 文を添削する

3.英会話学習

ChatGPTは自然な言葉の流れを理解して応答できます。日常会話や質問応答を通じて、自然な英語表現を学ぶ際に役立つでしょう。また特定のトピックを入力すると、それについて会話を広げてくれます。客観的な意見や立場を踏まえた回答をしてくれるので、さまざまな考え方を知れるでしょう。

ChatGPT 英会話練習

4.英単語や文法の学習

ChatGPTでは、英単語や文法の具体的な使い方も教えてくれます。例えば、「seeとlookの違いについて教えて」と聞くと、それぞれの意味や違い、使用方法などについて具体例と共に回答してくれます。また、文法のミスや不自然な表現も指摘してくれるので、自分の英語スキルを向上させる手助けとなるでしょう。

ChatGPT 英単語や文法を学ぶ

ChatGPTを英会話や英語学習に役立てる際の注意点

ここでは、ChatGPTを英会話や英語学習に役立てる際の注意点について5点解説します。

1.情報の正確性

ChatGPTはインターネット上の膨大な情報を収集・学習した上で、質問に回答します。しかし、回答時に不正確な情報を引用したり、存在しない事実やデータを生成したりする可能性に注意しましょう。例えば、「現在の日本の総理大臣は?」と聞くと、以下のような誤った回答が生成されます。

ChatGPT 情報の真偽を確認

ChatGPTで生成される回答は「100%正確ではない」ということを踏まえ、その根拠や信憑性は各自でリサーチするように心がけましょう。

2.質問の仕方に気を付ける

ChatGPTへの質問時、内容や言い回しによっては、期待通りの回答が得られない可能性があります。また、大量の情報を理解することは難しく、過去の対話や長い文章を適切に理解できない場合もあります。特に曖昧な質問や否定的な質問、感情的な質問をする場合は、表現の仕方に注意しましょう。

3.未来の予測まではできない

ChatGPTの学習データは2022年1月までの情報です。それ以降の具体的な出来事や情報の提示、未来の予測などはできません。最新情報については、各自で情報源を参照する必要があります。

4.リアルな対話は困難

ChatGPTはあくまで自然言語処理モデルなので、人間のような感情を保持していません。対話はプログラムが学習したパターンに基づいて行われているだけなので、生身の人間とするようなリアルな対話をすることは困難です。

5.セキュリティ上の懸念

ChatGPTは与えられた情報に基づいて回答を生成するので、第三者による悪意ある使用が懸念されます。機密情報の漏洩や、危険な行動の促進に利用される可能性に注意が必要です。

高精度な文字起こし&翻訳機能ならNottaがおすすめ!

Nottaがおすすめ

(出典:Notta

外国人とのインタビューやWeb会議、英会話などで、理解できなかった英語や聞き逃してしまった英語を後日振り返りたいというシーンはありませんか。また、ChatGPTの翻訳精度に満足できないという方もいるでしょう。そんなときは、98.86%以上の音声認識精度をもち、音声をリアルタイムで翻訳できるNottaがおすすめ。もちろん、リアルタイムだけでなく、既存の音声・動画ファイルをアップロードすればテキストデータからの翻訳も可能です。

Nottaのリアルタイム文字起こし機能&翻訳機能のメリット

  • 104言語に対応(多言語テキスト翻訳可能)

  • 文字起こしの精度が高い(カスタム単語登録でより正確に)

  • 文字起こしの速度が早い(1時間の音声を5分で文字起こし)

  • テキストデータの編集・確認・共有が簡単

  • 画面収録やWeb上の音声も簡単に文字起こしできる

  • 42言語に対応した翻訳機能

  • SSL、SOC2、APPIなどの国際的なセキュリティ基準に準拠

  • 複数デバイスで自動同期可能

Nottaの詳細はこちら

英語が苦手でもかんたんに英語動画やラジオから最新情報を手に入れる

104言語に対応する文字起こしツールNottaは、英語、韓国語、中国語などの音声を文字起こし・翻訳できます。

cta6

まとめ:ChatGPTを英会話や英語学習に役立て、効率的に英語スキルを向上させよう!

今回は「ChatGPTを英会話や英語学習に役立てる方法」に焦点を当て、ChatGPTの概要や学習時のポイント・注意点などについて解説しました。

ChatGPTは、英文の翻訳や添削、英会話学習、英単語・文法の学習などさまざまなシーンで活用できます。無料で利用でき、アカウント作成も10分程度で完了するので、誰でも気軽に利用できるでしょう。ぜひこの機会にChatGPTを英語学習に活用し、日々の英語学習を効率化してみてはいかがでしょうか。

また、ChatGPTよりも高精度な文字起こし&翻訳機能を利用したい方は、「Notta」の利用も検討してみてください。

to top