音声翻訳をリアルタイムで対応できる無料ツール25選|PC・Android・iPhone

海外の方とコミュニケーションをとる際に、言葉の壁に苦労した経験がある方は多いでしょう。意思疎通がスムーズにできないと、ビジネスや日常生活に支障をきたしてしまいます。

そこで便利なのが、音声をリアルタイムで翻訳してくれるツールです。PCやスマホ、専用のデバイスなどのマイクに向かって話すと、即座に選択した言語に翻訳してくれます。仕事の会議や海外旅行中などにこのようなツールを活用すれば、ストレスなくコミュニケーションがとれるでしょう。

現在ではさまざまな種類の音声翻訳ツールが市場に登場しており、どれを選べば良いか迷ってしまうかもしれません。この記事ではリアルタイムでの音声翻訳に対応したツールを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

リアルタイムでの音声翻訳は可能?

リアルタイムでの音声翻訳は可能

リアルタイム音声翻訳は、音声を即座に異なる言語に変換する技術です。この技術は主にスマートフォンやPC、Web上のアプリやプラットフォームを通じて利用できます。

近年のAI技術の進歩により、リアルタイム翻訳の精度は向上し続けており、ビジネス、旅行、国際会議などさまざまな場面でのコミュニケーションをサポートしています。

ただし、翻訳の精度は元の音声のクリアさ、話す言語の複雑さ、使用するツールによって異なります。つまりリアルタイム翻訳技術は非常に有用ですが完璧ではないため、それぞれのニーズに合ったツールを選ぶことが大切です。

リアルタイム音声翻訳ツールを選ぶ際の注意点6つ

リアルタイム音声翻訳ツールを選ぶ注意点

では、リアルタイム音声翻訳ツールを選ぶ際に注意すべきポイントを6つ紹介します。

1

音声認識の精度

音声認識の精度は、翻訳ツールの性能を大きく左右します。雑音が多い環境や、方言やアクセントが強い音声を正確に認識できるかどうかが重要です。評判やレビューをチェックし、可能であれば実際に試してみることをおすすめします。

2

翻訳の精度

翻訳の精度は、使い勝手に直接関わってきます。とくに、専門用語や日常会話のニュアンスをどれだけ正確にとらえられるかがポイントです。AI技術を用いた最新の翻訳エンジンを搭載しているかも、チェックすべき要素の1つです。

3

対応言語

ビジネスや日常で必要とされる言語に対応しているか、または将来的に拡張される予定があるかどうかも重要です。幅広い言語に対応しているツールほど、より多くの場面で利用することができます。

4

双方向機能

一方向の翻訳だけでなく、双方向の翻訳機能があると、よりコミュニケーションを深められます。たとえば日本語から英語、英語から日本語のように双方向の翻訳ができれば、自分の意思も正確に伝えられるため、より会話を楽しむことができるでしょう。

5

使用するデバイス・OS

使用しているスマートフォンやタブレット、PCのOSに対応しているかどうかも大切なポイントです。iOS、Android、Windowsなど、自分の使用するデバイスに合わせたアプリケーションが用意されているかを確認してください。

6

通信環境

オンラインでの使用を前提としたツールか、オフラインでも使用できるツールかどうかもチェックするべきです。とくに海外での使用を考えている場合、オフラインで利用できる機能があると非常に便利です。

会議に最適なリアルタイム音声翻訳ツール10選

リアルタイム音声翻訳ツールにはさまざまな種類があります。ここではとくに会議などの場面におすすめのツール10選を紹介します。

1

Notta|最新のAIを搭載した文字起こし・翻訳ツール

ノッタのホームページ

Nottaは高精度の音声認識技術とAI要約機能を組み合わせた自動文字起こしサービスです。リアルタイムでの文字起こしや42言語に対応した翻訳が可能であり、長時間の音声ファイルも迅速にテキスト化できます。会議やインタビューでの発言を瞬時に文字データに変換し、効率的に記録・共有することが可能です。

機能

  • 日本語特化した高精度の音声認識

  • 58言語に対応したリアルタイム文字起こし&2か国語ファイルの文字起こし

  • 42言語に対応したリアルタイム音声翻訳

  • AIによる要約機能&テンプレート

  • 多様な編集・共有機能

  • スマホアプリとChrome拡張機能での利用が’可能

対応OS

Windows、Mac、iOS、Android

料金

  • 無料プランあり

  • 三日間の無料トライアルが可能

詳細情報はこちら

Nottaでリアルタイム文字起こして翻訳

nottaリアルタイム翻訳発話された内容を、録音の進行と並行して文字起こしし、翻訳し、結果を表示します。Nottaでのリアルタイム翻訳の手順は以下の通りです:

tips
  1. 録音開始後、画面上部にある「同時翻訳」から翻訳したい言語を選択します。

  2. 音声を入力すると、文字起こし結果の下に翻訳内容が自動で表示されます。

  3. 録音中に翻訳言語をいつでも変更でき、リアルタイム翻訳を停止するには、「翻訳オフ」をクリックします。

2

VoicePing|AIを活用したリアルタイム音声翻訳と会議の自動要約

VoicePing

VoicePingは、最先端のAI技術を利用して会議やプレゼンテーションのリアルタイム翻訳と文字起こし、AIによる要約を行います。英語、中国語、韓国語、ベトナム語に対応しており、Web会議ツールでの利用が可能です。仮想オフィス機能により、雑談や声かけの頻度を高め、チームのエンゲージメントを高めることもできます。

機能

  • リアルタイム音声翻訳

  • Zoom、Teams、Google Meetsでのライブ字幕

  • AIによる要約機能

  • 仮想オフィスと勤怠管理機能

  • AWSクラウドによる安全なデータ保存

対応OS

Windows、Mac、iOS、Android

料金

  • 無料プラン

  • スモールプラン:8,250円/月

  • プレミアムプラン:22,000円/月

  • エンタープライズプラン:550円/月/一人

3

Webex Meetings|あらゆる規模のチームが利用可能なビデオ会議ソリューション

webexmeetings

Webex Meetingsは、HDビデオや音声、画面共有をサポートするオンライン会議プラットフォームです。強力な会議制御機能、自動文字起こし、背景ノイズの除去、ジェスチャー認識などの先進機能を備えており、有料アドオン機能としてリアルタイム翻訳機能も用意されています。

機能

  • オンライン会議

  • 画面共有

  • 自動文字起こし

  • リアルタイム翻訳

  • ジェスチャー認識

  • 1対1およびグループメッセージ機能

  • カレンダー連携

対応OS

Windows、Mac、iOS、Android

料金

  • Webex Free:無料

  • Webex Starter:1,700円/月

  • Webex Business:2,700円/月

  • Webex Enterprise:要問い合わせ

4

Minutz|Web会議の音声をAIが自動で文字起こし・翻訳

Minutz

Minutzは、Web会議の音声をリアルタイムで100言語以上に自動翻訳するサービスです。AIがオンライン会議中の音声を文字起こしし、会議内容を多言語での議事録としてダウンロード可能にします。これにより、海外スタッフとのコミュニケーションを円滑にすることが可能です。また、文字起こしデータはクラウド上に保管され、過去のミーティング内容を簡単に検索することができます。

機能

  • リアルタイム文字起こし・翻訳

  • 多言語議事録作成・ダウンロード

  • 高度なセキュリティ

対応OS

Windows、Mac、iOS、Android

※Google Chrome(推奨ブラウザ)またはMicrosoft Edgeで利用可能(アプリのインストールは不要)

料金

  • ビジネスプラン:初期費用50,000円

  • エンタープライスプラン:要問い合わせ

5

UDトーク | コミュニケーション支援・会話の見える化アプリ

UDトーク

UDトークは、視聴覚障がいのある方や異なる言語を話す人同士のコミュニケーションを支援するアプリです。音声認識機能を使って音声をテキスト化し、同時に翻訳も行います。1000以上の組織(地方自治体含む)と150以上の教育機関で採用され、ダウンロード数は100万を超えています。

機能

  • 音声認識+音声合成

  • 多言語音声認識&翻訳

  • 漢字かな変換や手書き機能

  • 議事録作成

対応OS

Windows、Mac、iOS、Android

料金

  • 法人向けプレミアムプラン:初期費用200,000円、67,000円/月

  • 法人向けスタンダードプラン:初期費用50,000円、24,000円/月

  • 小規模団体・法人向けプラン:初期費用10,000円、9,800円/月

  • 教育機関向けプラン:初期費用50,000円、16,000円/月

6

リアルタイム翻訳ツール|聴覚障がい者の会議参加をサポート

リアルタイム翻訳ツール

リアルタイム翻訳ツールは、Web会議の音声を自動文字起こしし、聴覚障がい者の会議参加もサポートするツールです。Microsoft Teams アプリで利用可能であり、リアルタイムで翻訳もできるため海外のスタッフとのWeb会議も円滑に進行させることができます。

機能

  • Web会議のリアルタイム翻訳・テロップ表示

  • リアルタイム議事録作成

  • 聴覚障がい者の会議への参加をサポート

対応OS

Windows、Mac

料金

要問い合わせ

7

Speech Translation|アプリに統合できるリアルタイム音声翻訳サービス

speechtranslation

Azure Speech Translation は、アプリに簡単に統合できるリアルタイム音声翻訳サービスです。30以上の言語に対応しており、組織特有の用語に合わせたカスタマイズが可能です。たとえばモデルを調整して、ユーザー特有の用語や話し方を認識させることができます。

機能

  • カスタマイズ可能な翻訳

  • 多言語通信の有効化

  • ユーザー固有の用語反映

  • テキストの正規化

対応OS

Windows、Mac、iOS、Android

料金

初期費用は不要で、使用した分だけ料金が発生する従量課金制

8

オンヤク|さまざまな会議に対応するリアルタイム音声翻訳ツール

speechtranslation

「オンヤク」は、TeamsやZoom、その他のWeb会議システムやオフライン会議、動画に対応するリアルタイム音声翻訳および文字起こしツールです。100言語以上に対応しており、専門分野選択による強力なシナジーと語句登録機能を提供します。リアルタイムでの音声翻訳とテキスト化により、会議やプレゼンテーションなどのコミュニケーションをスムーズに行うことが可能です。

機能

  • 会話内容のテキスト化

  • リアルタイム翻訳

  • 専門分野の選択

対応OS

Windows、Mac、iOS、Android

料金

  • 1部門で12ヶ月契約の場合:7.5万円/月

  • 複数部門で12ヶ月契約の場合:13.5万円/月

※その他プラン等、詳細は要問い合わせ

9

ドコツーAI|PCやスマホを専用の通訳マシンに

ドコツーAI

ドコツーAIは、スマートフォンやタブレットにインストールして使用するAI通訳アプリです。会話をする相手側がアプリをインストールしていなくても通訳機能を利用できます。現在16ヵ国語に対応しており、音声入力および文字入力の両方が可能です。相手の言葉は、翻訳前言語と翻訳後言語のいずれでも表示され、音声合成による確認ができます。

機能

  • リアルタイム音声翻訳

  • 音声入力・文字入力

  • 翻訳前言語・翻訳後言語の表示

  • 音声合成による確認

対応OS

Windows、Mac、iOS、Android

料金

無料

10

ZMEETING|多機能なAI議事録作成ツール

zmeeting

ZMEETINGは、音声認識とリアルタイム翻訳の両方の機能を持つAI議事録作成ツールです。発言を音声認識率90%以上の精度で翻訳・テキスト化し、オンライン会議はもちろん、対面での会議や商談シーンでも活用できます。AIは発話者を区別でき、専門用語も辞書機能を通じてスムーズに文字変換することが可能です。また、会話時の不要語句を自動で除去し、リアルタイムでの編集もできます。

機能

  • AI議事録自動作成

  • 高精度音声認識

  • リアルタイム文字起こし

  • リアルタイム音声翻訳・字幕表示

対応OS

Windows、Mac

料金

要問い合わせ

個人向けのリアルタイム音声翻訳ツール10選

次に、個人で使用する場合におすすめの手軽に使えるリアルタイム音声翻訳ツール10選を紹介します。