Webライターになるには何が必要

Webライターになるには何が必要?未経験から始める方法や便利なツールを紹介

  • Webライターはどんな仕事をしているのか知りたい

  • 自分がWebライターに向いているか分からない

  • Webライターになる方法を知りたい

WebライターはPCがあれば、自宅やカフェなど自分の好きな場所で仕事ができる職業です。副業としても人気があり、クラウドソーシングで仕事を受注するケースも多く、サラリーマンをしながらでも始められます。

しかし実際に始めようとしても、上記のような疑問や悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。本記事では、Webライターになるには何が必要なのか?未経験からの始め方や大切なスキル・便利ツールも紹介しています。

Webライターとは

Webライターとは

Webライターとは、インターネット上でコンテンツ・記事を作成(ライティング)する職業です。Webサイト・ブログ・通販サイト・オンラインニュースなど、さまざまなプラットフォームで文章を書きます。

本章ではWebライターに関する理解を深めるため、以下の項目について解説します。

  • 種類

  • 仕事内容

  • 年収

  • 向いている人

  • 向いていない人

種類

Webライターには、さまざまな種類があります。以下に、Webライターの種類とそれぞれの簡単な説明をしますので参考にしてください。

種類 概要
SEOライター Webコンテンツを検索エンジンで上位に表示させるために、キーワードを効果的に組み込むライター
取材ライター インタビューをおこない、対象者の言葉やストーリーを記事に取り入れ、読者に伝えるライター
コピーライター 商品やサービスを効果的に宣伝し、顧客を引き込む広告コピーを作成するライター
セールスライター 製品やサービスを販売するためのコンテンツを作成し、顧客の購買意欲を高めるライター
PRライター 企業や団体のポジティブなイメージを維持・向上させるためにプレスリリースや広報資料を執筆するライター
コラムライター 特定のトピックやテーマに関する専門的な意見や分析を提供するライター
シナリオライター 映画、テレビ番組、ゲームなどのメディアで使用される脚本を執筆するライター

Webライターといえば、多くの方がSEOライターをイメージするのではないでしょうか。次章では、SEOライターに注目して、どんな仕事内容なのかを具体的に紹介していきます。

仕事内容

SEOライターの仕事内容は、Webコンテンツを検索エンジンで上位に表示させ、企業の信頼アップや集客につなげることが主な仕事です。具体的には、クラウドソーシングや直接企業から仕事を受注して、クライアントからの指示で依頼された記事を作成します。

仕事内容としては、キーワードリサーチや適切な記事のタイトル・見出し作成・本文の執筆などです。他にも画像選定やリンク挿入など、幅広い業務を行うこともあります。

例えば旅行サイトで記事を執筆するSEOライターは「観光名所」などのキーワードを特定し、コンテンツ作成に活用します。共起語と呼ばれるキーワードを文章に組み込み、読者に有用な情報を提供しつつ、検索エンジンに認識されやすくするのです。

比較的、見出しやタイトルが完成しており、各見出し構成に当てはまる内容を調べて執筆する形が一般的です。またキーワードだけを指定されて、タイトルから文章の執筆・ホームページへの入稿作業まですべてをおこなうこともあります。

記事が完成したら、クライアントに提出して納品完了となり、執筆料として報酬がもらえます。

年収

2023年10月に更新されているWebライターの求人統計データでは、Webライターの平均年収は約438万円とされています。あくまで平均なので、全てのWebライターにあてはまる訳ではありませんが、正社員としてWebライターを目指している場合、一つの基準にするとよいでしょう。

またフリーランス協会が公表した最新版の「フリーランス白書2023」によると、Webライターの約5割弱が年収400万円未満となっています。独立してフリーランスWebライターとして活動している方の多くが、年収400万円未満であると考えられます。補足として、報酬の形態は、文字単価〇円・記事単価■円で提示されることが一般的です。

さらに国税庁が公表した「令和4年分 民間給与実態統計調査結果」では、日本の平均年収は約458万円です。いずれの場合でも、日本の平均年収よりもWebライターの方

が下回っていることは把握しておきましょう。

ただし最終的な年収は、個人の経験やスキル、努力、市場需要などに大きく影響されます。スキルを磨いて経験値を高めていくこと・需要の高い分野に挑戦することで、Webライターとしての年収を向上させられます。

なかには、年収1,000万円を超える報酬を得ているWebライターもいます。どの職業にも言えることですが、条件によっては稼げる職業の一つといえるでしょう。

向いている人

Webライターに向いている人は、好奇心旺盛で探求心があり、新しいトピックや最新トレンドに興味も持ちやすい方などです。

また特定の分野に特化した知識を持っている方で、文章を書き起こすのが好きな方も向いています。専門性を持ったWebライターであれば詳細な記事が書けるため、単価も上がりやすく高収入につながりやすいです。

他にも、文章を上手に構築して読者に伝える能力や語彙力がある人は、Webライターに向いています。難しい言葉などをかみ砕いて、わかりやすく伝えられると読みやすい文章になります。

さらに、自分で新しい言葉や情報を調べることが得意な人にもおすすめです。情報を収集し、信頼性のあるソースからデータを引用することで、正確なコンテンツ提供につながって記事の評価を高められます。

向いていない人

Webライターに向いていない人は、文章の読み書きが苦手で誤字脱字が多い方などです。文章力が不足すると、読者に伝えたい情報がわかりにくく魅力的に伝わりません。

また執筆するテーマに興味がない人にも向かない職業です。興味がないテーマに対してコンテンツを制作することは、挫折やストレスの原因になりかねません。自分の好きなテーマで執筆できるように、ジャンルを絞ってクライアントに伝えるなどの工夫をしましょう。

他にも、時間管理・納期に縛られて作業することが苦手な人には向きません。Webライターは締切を守りつつ、品質の高い記事を完成させる必要があります。場合によっては、複数のプロジェクトを同時進行するケースもあるため、時間管理が苦手な人はストレスを感じやすいでしょう。

Webライターに必要なスキル

Webライターに必要なスキル

Webライターになるには、さまざまなスキルが求められます。

Webライターとして必要なスキルは以下の5つです。

  • 文章力

  • 情報収集能力

  • SEOの知識

  • 自己管理能力

  • リサーチ力

それぞれ解説しているので、どんなスキルが必要になるのか確認しましょう。

文章力

文章力は、Webライターにとってもっとも基本的で重要なスキルの一つです。文章力とは、読んだ人に内容が伝わるように、説得力を持って文章を構築する能力を指します。専門用語や漢字ばかりを並べるような文章は読みにくく、サイトからの離脱にもつながりやすいです。

Web上でのコンテンツは、視覚的な要素(グラフや図など)が制限されているため、言葉で情報を伝える必要があります。商品の特徴をわかりやすく説明して、読者の興味を引くことが重要です。

また長文にならないように、できる限り短文でシンプルにまとめましょう。他のポイントとして、読点は一文で2つまでとして組み立てると良い文章設計になります。

情報収集能力

情報収集能力は、読者に正しい情報を伝えるために必要不可欠です。例えば、クライアントから「Webライター 年収」に関する記事を書いてほしいと言われたとします。

情報収集する際は、実際に「Webライター 年収」で調べてみましょう。Googleをはじめとした検索エンジンで上位に表示されるものは、読者の検索ニーズを満たしています。記事の信頼性があって検索エンジンからの評価があり、多くの読者が閲覧している正しい情報の可能性が高いです。

また公的機関(国など)が公開している統計データをもとにすると、より信ぴょう性のある内容を盛り込めます。正しい情報を集めて自分の言葉で書き表すことで、競合記事と差別化しつつ高品質な記事に仕上げられるでしょう。

Webライターは幅広いトピックについて執筆する必要があります。そのため信頼性のある情報源を見つけ、最新の情報を収集する能力が不可欠です。

SEOの知識

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で検索エンジン最適化を意味します。検索エンジン(Google・Yahooなど)によるWebページのランキングや可視性を向上させるための大切なプロセスです。

どれだけ良いコンテンツ・記事を作成しても、SEOの知識がないと検索エンジンから評価されません。つまりクライアントが求める、集客などの目的を果たせないことにつながります。

検索エンジンから高評価を得るためには、検索キーワードをタイトル・見出し・記事の本文に盛り込んだり、表やグラフ・図を挿入して視認性を高めたりする必要があります。またキーワードに関連した言葉を盛り込み、読者の検索意図を考えて記事を執筆することで、記事が最適化されていくでしょう。

自己管理能力

Webライターになるには、自己管理能力も不可欠なスキルです。特にフリーランスWebライターの場合、自分でスケジュールを管理し、時間を調整しながら仕事をこなす必要があります。

例えばいくつかの案件を同時進行している場合、どれを優先すべきかを判断する能力が求められます。単価が大きくより重要である・納期が迫っている案件を優先し、時間を適切に配分して取り組むことが重要です。

「1週間のうち、〇時間をどの案件に割り当てるか」を計画しておくことにより、同時進行でもスムーズに対応できるでしょう。

またクライアントから設定された期日を守ることも重要です。締切を守ることは、クライアントとの信頼を築く上で欠かせません。仮に、新規の案件を依頼された場合でも、自分の現在のタスク・スケジュールで対応できるかを確認してから受注しましょう。

リサーチ力

Webライターにとって、記事の内容をより深めて、他の競合記事と差別化を図るためにはリサーチ力が大切です。

極端に言えば、リサーチ力が記事の品質を左右すると言っても過言ではありません。読者のニーズを把握して、信頼性のあるデータ・独自性を加えた記事に仕上げるために、リサーチは必要不可欠といえます。

ニーズには「顕在ニーズ」「潜在ニーズ」の2種類があります。

顕在ニーズは顧客が自覚しているニーズで、潜在ニーズは顧客が自覚していない顕在ニーズの奥にあるニーズです。

例えば、「Webライター 未経験」というキーワードを考えたとき、

  • 顕在ニーズ→「未経験でもWebライターになれるか知りたい」

  • 潜在ニーズ→「副業でWebライターとして稼ぎたい」「Webライターで独立するのが夢」

というケースが考えられます。

読者の検索意図を考えることで、よりターゲットを絞った記事の内容に仕上がるでしょう。リサーチ力を身につけることで、高品質な記事をより短い時間で書けるスキルを高めて、生産性を上げられます。

未経験からWebライターになる方法

未経験からWebライターになる方法

本章では、未経験からWebライターになる方法について紹介しています。Webライターになる方法は以下のとおりです。

  • 目標を決める

  • 勉強して知識をつける

  • 実践してスキルを磨く

  • 案件に応募する

  • フィードバックを受け取る

「未経験でもWebライターになれるのか」気になっている方は、ぜひ参考にしましょう。

目標を決める

Webライターとして活動するうえで、まずは具体的な目標を設定しましょう。いくつか例を挙げるので、目標を考える参考にしてみてください。

目標:「クラウドソーシングサービスに登録して、案件を1件受注する」

目標:「キーワードの選定から本文の執筆まで、すべての作業を1習慣で対応できるようにする」

目標③:「半年以内に月10万円の売上を達成する」

具体的な数字を用いて目標を設定することで、行動計画を立てやすくなり達成感も得やすいです。大きな目標までの行程で小さな目標をいくつか立てることにより、モチベーションの維持となってコツコツと続けられるでしょう。

勉強して知識をつける

Webライターになるには、基本的なライティングスキルと各業界の知識を習得することが重要です。

Webライターは記事を書くうえで、文法はもちろん、語尾・文字数など気を付けるべき部分がいくつかあります。「Webライターになるには 本」などで検索すると、おすすめの書籍やYouTubeも表示されます。PREP法などライティングする上での法則や、コピペなど基本的な禁止事項もあるので確認しておきましょう。

情報収集能力を高めるための練習と考えると、意欲的に調べられるでしょう。知識の向上となる上に、ライティングスキルの向上にも役立ちます。

実践してスキルを磨く

未経験からWebライターになるためには、理論だけでなく実践が大切です。例えば、ブログやSNS、noteなどを活用して、文章の構成や文章力を磨きます。何かしらの形で情報発信することで、読者からコメントをもらって、さらに自分のライティングに活かせます。

さらに、オンラインコミュニティに参加するのもスキルを磨く手法の一つです。他のメンバーと情報交換をおこない、ライティングとコミュニケーションの両方のスキルを向上させられます。

誰もが初心者だった時期がありますので、疑問点には経験を交えて有益な情報を教えてもらえます。実践を通じて自信をつけ、実際に案件を受注する準備を進めておきましょう。

案件に応募する

Webライターとしての知識が身についてきたら、実際に案件に応募してみましょう。未経験者が案件に応募するときは、ランサーズやクラウドワークスなどの、クラウドソーシングを利用するのがおすすめです。

クラウドソーシングでは、未経験者でもさまざまなライティング案件に応募でき、スキルを向上させるチャンスがあります。まずは会員登録をしてプロフィールを充実させることが大切です。

次に案件を検索し、自分に合ったプロジェクトがあるか探して応募します。応募文を送る際は、自分が受注することでのメリットや解決できることを伝えましょう。

始めはなかなか採用されず、返信が来ないこともあります。しかし諦めずに試行錯誤を繰り返すことでクライアントの希望と合致し、選考基準を満たしていたら案件を受注できます。

フィードバックを受け取る

クラウドソーシングでの案件を納品したら、クライアントからのフィードバックを受けましょう。フィードバックは成績評価やスキル向上を目指す上で大切です。評価された点・気を付けてほしい点などを確認して、次回のライティングに活かしましょう。

また完成した記事に対して修正を依頼されることもあります。依頼されたときは「何がダメなのか」「どのように修正すべきか」を具体的に聞いて、どんな内容を求めているかを再度考えましょう。

一度で納品が完了することもうれしいですが、指摘されたほうがより自分のスキルを高めるチャンスです。改善をお願いされても、落ち込まずに成長できる場ととらえて取り組みましょう。

Webライターにおすすめ便利なツール5選

Webライターになるには、利用すべきおすすめツールを知っておきましょう。Webライターの作業を効率化するツールは以下の5つです。

  • Googleドキュメント

  • ラッコツールズ

  • Notta

  • ENNO

  • CopyContentDetector

一つずつ詳しく解説しているので、一度サイトにアクセスして使い方を把握しておきましょう。

Googleドキュメント

Googleドキュメント

Googleドキュメントは、オンラインで文書を作成・編集・共有できるツールです。インターネット環境があれば、いつ・どこでも編集ができます。クライアントから依頼される案件では、多くの場合がGoogleドキュメント上で執筆します。

リアルタイムで共同作業も可能となっており、クライアントと簡単に共有できるのが特徴です。また自動保存機能があるため、作業途中のデータ損失を防ぎます。

表や図の追加はもちろん、文字数のカウント機能も付いているので、文字数を指定されている場合などに便利です。Webライターになるには必須といえるツールなので、ぜひ使いこなせるようにしましょう。

ラッコツールズ

ラッコツールズ

ラッコツールズは、キーワード選定やSEO対策に特化したツールです。キーワード調査・競合分析・コンテンツの最適化などに役立ちます。

例えば、競合サイトのURLを読み込ませることで、見出しの構成や文字数を瞬時に調べられます。他にも特定の検索キーワードに対する競合記事の平均文字数を調べたり、検索ボリュームも確認したりできます。

特にSEOライティングをおこなう際、適切なキーワード選定や競合の分析をするときに活躍します。SEOライターには必須のツールなので、一度触ってみてください。

Notta

Notta

Notta(ノッタ)は、音声認識エンジンとAI要約機能が搭載されている文字起こしツールです。10分の音声をわずか1分程度で文字起こしでき、要約も手軽にできます。

インタビュー記事の文字起こし案件や、大量のテキストデータを要約するときに役立ちます。また日本語だけでなく、英語や中国語など全部で58言語に対応しているのも大きな特徴です。

Nottaを使うことで、長文の読解・要約を効率化して、複数案件の同時進行もしやすくなるでしょう。無料でも月120分の文字起こしができますので、ぜひ試してみてください。

(リアルタイム文字起こし:1回につき3分まで、音声ファイルの文字起こし:1回につき5分まで)

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

cta1

ENNO

ENNO

ENNOは、文書の校正やエラーを見つけてくれるオンラインツールです。誤字脱字はもちろん、変換ミス・文字化け・文法エラーを見つけて修正案を提示してくれます。

入力した文字数も表示してくれるため、文字カウントと文章校正の両方が一気におこなえるのです。

文章の誤字脱字は、Webライターにとって信頼を揺るがしてしまいます。ENNOは、記事の品質を高めるだけでなく、クライアントとの信頼を築くうえで重要なツールといえるでしょう。

CopyContentDetector

CopyContentDetector

CopyContentDetectorは、オンライン上で誰もが使えるコピペチェックツールです。自分の作成した記事が他のWebページと重複していないかを確認し、オリジナル性を保つために役立ちます。

例えば、コピペ率が50%を超えていると、他のサイトの文章をコピペした可能性が高いと判断されるのです。実際に、似ている部分やまったく同じ文章をマーカー表記してくれるため、訂正することでコピペ率を下げられます。

コピペ率が高いと、記事を公開する側のクライアントへの悪影響を与えかねません。クライアントへの信頼性を高めるためにも、提出前に一度は使うべき重要なツールです。

まとめ

今回は、Webライターになるには何が必要なのか、未経験からの始め方やおすすめの便利ツールを紹介しました。内容を簡単にまとめると以下のとおりです。

  • Webライターとはオンライン上などの文章を書く職業

  • 報酬や条件によって稼げる場合もある

  • Webライターを始めるには目標の設定から

Webライターになるには、文章力やSEOに関する知識・自己管理能力などが大切です。また実際に案件を受けて執筆するときは、リサーチ力も大切になります。

「読者がどんな内容を求めているのか」など読者の検索意図・ニーズを意識して執筆する必要があります。本記事で紹介したNottaやENNO、、ラッコツールズなどの便利ツールを活用して、ぜひWebライティングに挑戦してみましょう。

to top