YouTube動画のナレーション(アフレコ)は大切!作成方法とコツを解説

「Youtubeに動画を投稿しても、最後まで視聴されない」「視聴者に伝えたい情報がなかなか伝わらない」といった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?この原因はもしかしたら動画のナレーションにあるかもしれません。

動画においてナレーションは、視聴者に動画の内容を印象付けるための重要な役割を果たします。ナレーションを改善するだけで、視聴回数や登録者数が格段に増えるケースもよくあるのです。

この記事では動画制作におけるナレーションの役割や種類、おすすめのナレーション作成アプリまで詳しく解説します。

動画制作におけるナレーションの役割

ナレーションの役割まず、動画制作の1つの要素であるナレーションにはどのような役割があるのでしょうか?代表的なものを紹介します。

1

情報の伝達

ナレーションは、視覚情報だけでは伝わりにくい詳細や背景を説明することができます。これにより、視聴者が動画の内容をより深く理解することをサポートします。

2

動画ローカライズ

ナレーションは特定の地域や言語圏の視聴者に合わせて、動画コンテンツを適応させることができます。日本語の動画を外国語でナレーションすれば、異なる言語や文化圏の人にも動画を使用してもらうことが可能です。

3

物語や感情のつながりの構築

ナレーションによって物語の導入、展開、結末をスムーズにつなげることができます。またナレーションのトーンや声の質感は、雰囲気を大きく左右するため、視聴者が動画の内容に感情的に共感しやすいです。動画へ引き込み、関心を持続させる効果があります。

YouTube動画によくあるナレーションの種類

ナレーションの種類YouTube動画におけるナレーションは、その内容や目的、ターゲットによって多種多様です。ここでは、YouTube動画でよく使われるナレーションの種類を紹介します。

1

ダイレクトナレーション

クリエイターが直接カメラに向かって話すスタイルです。ブログ形式の動画やチュートリアル、レビューなどでよく見られます。個人的で直接的なコミュニケーションを好む視聴者をターゲットとする場合に効果的です。

2

ローカライズナレーション

たとえば日本語の動画を外国語でナレーションするなど、元の言語以外の特定の地域や言語圏の視聴者をターゲットにした動画で使われるナレーションです。より幅広い層の視聴者にアプローチできます。

3

アニメーション・キャラクターナレーション

アニメーションやキャラクターが物語を語るスタイルです。子ども向けの教育コンテンツやエンターテイメントに適しています。キャラクターを通じて、視聴者との感情的な結びつきを強化できます。

4

対話式ナレーション

二人以上のスピーカーが会話する形式で情報を提供するナレーションです。ポッドキャスト風の動画やインタビューなどで見られます。リアルな会話を通じて情報が提供され、視聴者は会話に参加しているような感覚を得られます。

自分で動画のナレーションを作成する方法

ナレーションを作成動画のナレーションを作成するには、大きく分けて次の3つの方法があります。自分に適した方法を選択しましょう。

1

自分の声で作成する

マイクとPCを使用し、自分の声でナレーションを作成する方法です。もっとも手軽でコストをかけずに作成できます。ただしノイズが入ると視聴者に不快感を与えるため、静かな場所で録音するなど音質を向上させる工夫は必要になります。

2

合成音声・テキスト読み上げソフトを利用する

自分の声を使用したくない場合は、合成音声・テキスト読み上げソフトを利用して作成することも可能です。多少手間はかかりますが、テキストを指定すると合成音声が読み上げてくれます。近年ではソフトの性能も向上しており、音声の違和感も少なく聞き取りやすいです。

3

プロに依頼する

ナレーションの質にこだわる場合は、コストはかかりますがプロのナレーターに依頼することがおすすめです。ナレーターによって得意なジャンルは異なるため、サンプルを聞いてイメージに近い人を選びましょう。

未経験者でも使えるおすすめオススメナレーション作成アプリ

ナレーション作成アプリ最近ではナレーションを簡単に作成できるアプリもたくさん登場しています。ここでは初めての方でも簡単にナレーションを作成できるアプリを厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。

1

Notta Showcase

notta showcase 優先案内Notta ShowcaseはAI動画吹き替えツールです。制作された動画をNotta Showcaseにアップロードだけで、動画の音声をあっという間に15言語に吹き替えできます。マーケティングやソーシャルメディアなど、さまざまなニーズに対応できる強力なAIツールです。

概要:Notta Showcaseは、従来の機械的な合成音声と全く異なる、あなたの声色と話し方をクローンして、自然な視聴体験を届けられます。多言語化にあたり、外国語を習得する必要がありません。言葉の壁を越えて影響力を高め、世界中からエンゲージメントを獲得できます。

機能:

  • ワンクリックで動画の音声を15言語に吹き替え

  • 動画音声のスタイルそのままのボイスクローニング

  • 従来の吹き替えより短い時間で、多言語コンテンツの迅速な生成が可能

  • 英語が苦手でも海外向けの発信がカンタン

  • 高度なAI技術で迅速かつ正確な動画吹き替えが実現

  • 編集機能が備え、素敵な動画を一瞬に作成

対応OS:Windows、Mac、iOS、Android

料金:無料で体験できます。

2

俺のアフレコ

俺のアフレコ俺のアフレコは、簡単に自分の声でナレーションを作成したいユーザーに最適です。

概要:ユーザーが動画に好みのサウンドを簡単に追加できる動画編集アプリです。自分の声やマイアルバム内の動画、合成音声、ダウンロードした曲などを入れて楽しむことができます。操作は簡単かつ直感的で、操作方法を学ぶためのチュートリアル動画も用意されているため初心者でもすぐにナレーションを作成できます。

機能:

  • 動画への音声、音楽、合成音声の追加

  • 音の開始位置、再生期間、音量、効果の編集

  • 編集後の動画の保存

対応OS:iOS、Android

料金:無料

3

かんたん!AITalk 3

かんたんaitalkかんたん!AITalk 3は、人間らしい自然な合成音声でナレーションを作成したいユーザーに最適です。

概要:誰でも簡単に高品質なナレーションを作成できるソフトです。コーパスベース音声合成方式を採用し、人間らしい自然な音声で自由に音声合成ができます。豊かな感情表現をすることも可能です。標準語や関西弁など複数のパックがあり、用途や好みに応じて選択できます。

機能:

  • 文章の設定、読み上げ

  • 音声のスピード、音量、ピッチ、抑揚の調整

  • 編集後の動画の保存

  • 単語の辞書登録

対応OS:Windows

料金:無料

4

読み上げ「ゆっくり棒読みトーク」

ゆっくり棒読みトーク読み上げ「ゆっくり棒読みトーク」は、簡単な操作でユニークな音声コンテンツを作成したいユーザーに最適です。

概要:入力された文字を棒読み声で読み上げるナレーションを作成できるアプリです。複数の音声エフェクトを用いて、ユニークなナレーションを作成することができます。ユーザーは自分のニーズに合わせて読み上げ声の種類を選ぶことができ、さまざまなシナリオで役立つ機能が満載です。

機能:

  • 文章の設定、読み上げ

  • 読み上げ速度の変更、リピート設定、声の種類選択

  • エコー、音程変更、ボイスチェンジャーなどの音声エフェクト

  • 読み上げた音声の保存・編集

対応OS:iOS、Android

料金:¥10,000〜(買い切り型)

5

iMyFone VoxBox

VoxBoxiMyFone VoxBoxは、AI機能を活用して高度なナレーションを作成したいユーザーに最適です。

概要:テキスト、画像、PDFを音声に変換できる高度なAIテキスト読み上げソフトです。70種類以上の言語と3200個以上のボイスをサポートし、表現力豊かなナレーションの生成ができます。また、自分の声を合成して文章を読み上げる機能も備えています。

機能:

  • テキスト音声変換(キャラクターや有名人の声も選択可能)

  • 音声クローン(特定の人の声を合成し、テキストを読み上げる)

  • 文字起こし

  • 音声編集

対応OS:Windows、Mac、iOS、Android

料金:

  • 無料プラン

  • 有料プラン(月額¥2,280〜)

質の高いナレーション動画を作成するためのコツ

ナレーション動画を作成コツ自分で質の高いナレーション動画を作成するために、意識したいポイントは次のとおりです。

1

原稿を用意する

まずは動画で伝えたいメッセージを明確にした原稿を用意しましょう。話す内容を事前に書き出しておくことで、ナレーションの流れをスムーズにします。言葉遣いや表現方法はターゲットに合わせて選ぶのがおすすめです。

2

適切な方法を選択する

自分自身でナレーションを入れるのか、ツールを使用するのか、プロに依頼するのか、適切な方法を選択することも重要です。親近感を持ってもらいたい場合は自分で、高品質な動画にしたい場合はプロに依頼するなど、目的に合わせて選択しましょう。

3

適切な機材を使用する

自分で音声を録音する場合、なるべくPCの内蔵マイクではなく高品質なマイクを用意するのがおすすめです。クリアな音質のナレーションは視聴者にとって心地よく、視聴率の維持につながります。

ナレーションの外注は必要ですか?

ナレーションの外注Youtube動画のナレーションの品質が視聴者に与える影響は大きいですが、必ずしも外注が必要というわけではありません。

たとえば教育コンテンツや企業のプロモーションなど、プロフェッショナルな品質が求められる場合はプロに外注することが効果的です。一方で、Vlogなど個人的な体験や意見を共有するコンテンツでは、制作者自身の声が視聴者との信頼関係を築くために役立ちます。

外注するかどうかは動画のコンセプトに合わせて決定すると良いでしょう。


まとめ

Youtube動画のナレーションは、視聴者に与える影響が大きいため非常に重要な要素です。効果的なナレーションを作成することで、視聴者の関心を惹きつけたり、幅広いターゲットにアプローチしたりすることができます。

Youtube動画のナレーションは外注しなくても、ツールを利用して自分で作成することも可能です。魅力的な動画を制作するために、ぜひ今回紹介したAI吹き替えツール「Notta Showcase」の導入を検討してみてください。

nottashowcase