ChatGPTの使い方

ChatGPTの使い方や登録方法を画像付きで徹底解説!

  • 話題のChatGPTがどんなサービスか知りたい

  • 英語だらけで登録方法がよくわからない

  • 自分の生活の中でどんなシーンに使えるのか知りたい

話題のChatGPTを使ってみたいけど、こんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

「AIが人間の仕事を奪う」といった意見もあり不安になるかもしれませんが、Googleアカウントと携帯電話番号があれば簡単に使えます。

今回は初めてChatGPTに触れる方向けに

  • 概要

  • 始め方

  • 使い方

  • 活用事例

  • 注意点

について解説します。

画像付きで分かりやすくお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

ChatGPTとは

ChatGPTはOpenAI社が開発した、自然言語処理技術を用いた話題のチャット型AIです。

OpenAI社は、イーロンマスク氏などの投資家によって設立されたアメリカの非営利組織です。インターネット上の情報を学習して、さまざまな質問に答えたりまるで人間のように会話ができたりします。

2023年3月15日にはGPT-4という最新の技術が搭載され、これまでにない高いレベルの会話が可能になりました。無料でも利用でき、Googleアカウントと電話番号があれば今すぐ誰でも始めることが可能です。

ただし無料版では「GPT-4」が使えなかったり、アクセス集中時はエラーが出たりといった制限があります。

また間違った答えを出力する可能性や、最新の情報には答えられない点には気をつけなければいけません。

最新技術とはいえ、回答が100%正しいとは限りませんので注意が必要です。

ChatGPTの始め方

ChatGPTは、無料で始められます。

ここでは登録方法と、ログインできない時の対処法を紹介します。

登録方法

  1. ChatGPT公式ホームページにアクセス

  2. 「Try ChatGPT」をクリック

  3. 「Sign up」をクリック

  4. 登録方法を選択

「メールアドレス」「Googleアカウント」「Microsoftアカウント」から選べます。

  1. 名前と携帯電話番号を入力

  2. 携帯電話に届いた認証コードを入力

ログインできない時の対処法

  • ログインページが違う

対処法:ChatGPTの公式ホームページから「「Try ChatGPT」→「Log in」をクリック

  • アカウント登録していない

対処法:アカウントを作成しましょう。作成されているかどうかは、作成時のアドレスあてにメールが届いているかで確認できます。

  • 登録方法が違う

たとえばGoogleアカウントで登録した場合、メールアドレスのログインボタンからはログインできません。登録した方法でログインしましょう。

  • パスワードが違う

パスワードを確認してください。どうしてもログインできない場合は、ログイン画面の「Forget password?」からパスワードを再発行しましょう。

  • ChatGPTの障害

ChatGPTの障害でログインできない可能性もあります。OpenAI社の公式Twitterなどで状況を確認してみましょう。

ChatGPTの使い方

  • パソコンの場合

1.テキストボックスに指示文を入力し右側の紙飛行機マークをクリックします。

紙飛行機マークをクリック

2.自動的にチャットルームが作成され、回答が生成されます。

回答が生成

3.「+ New chat」をクリックすると、再度新しい会話を作成できます。

「+ New chat」をクリック

  • スマホの場合

1.画面下部のテキストボックスに指示文を入力し右側の紙飛行機マークをタップします。

右側の紙飛行機マーク

2.回答が生成されます。

回答が生成

3.新しい会話の作成や、過去の会話を見るには、左上のメニューをタップ

左上のメニューをタップ

ChatGPTの活用事例10選

  • 議事録作成

自動文字起こしサービスとChatGPTを組み合わせることで、効率的かつ簡単に議事録を作成できます。

たとえば自動文字起こしサービス「Notta」で会議の音声を文字起こしし、ChatGPTでその内容を整理することが可能です。

この方法のメリットは、手間と時間の大幅な削減です。また議事録のためにメモをとる必要が無くなり、議論に集中できる点も大きなメリットです。

ただし、AIによる議事録の作成は必ずしも完璧ではありません。

言葉のニュアンスや専門用語の認識に誤りがあることがありますので、最終的には人間による確認と修正が必要です。

言葉のニュアンス

  • 動画の要約

自動文字起こしサービス「Notta」とChatGPTを組み合わせれば、動画の要約も効率的に作成することが可能です。

具体的な方法として、NottaでYouTube動画の音声を文字起こしします。

Nottaは高い精度で内容を記録できるため、手間をかけずにテキスト化が可能です。

また58ヶ国の言語に対応しているため、多言語の動画にも対応できます。

次に、Nottaで文字起こしされたテキストをChatGPTに入力し要約を作成します。

自然言語処理技術を活用して、入力されたテキストを短くまとめたり、ポイントを抽出して要約したりできます。

動画要約の作成は、情報収集や学習などの目的で動画コンテンツを利用する際に便利です。

時間が限られている場合や、動画の内容を短時間で把握したいときに効果を発揮します。

以下の動画を要約してみました。

ChatGPTの使い方

  • 顧客サポート

ChatGPTは、よくある質問に迅速に正確な回答を提供できるため、顧客サポートに活用することが可能です。

人間が対応しなくても24時間365日対応ができ、顧客は営業時間外でもサポートを受けられます。

顧客には待たされることなく情報を得られるメリットがありますし、企業はコスト削減と効率化を実現できます。

また多言語対応もできるため、さまざまな言語の顧客にサポートを提供できる点も魅力です。

顧客サポート

  • コンテンツ作成

ChatGPTはWeb記事やブログ、SNS投稿といったコンテンツの原稿作成にも大いに役立ちます。

テーマやキーワードを指定すれば文章を作成できますので、ユーザーが文章を考える必要はありません。

またさまざまなスタイルやトーンでのライティングも可能ですので、効率的に魅力的なコンテンツを作成できます。

さらに文章校正や表現の改善提案も活用すれば、よりプロフェッショナルな文章が仕上がります。

ChatGPTの活用により、時間と労力を節約しながら高品質なコンテンツを作成することが可能です。

コンテンツ作成

  • メールや文書の作成

ビジネスメールや報告書などのドラフトを作成する際も、ChatGPTはおすすめです。

メールの件名や本文の概要を入力すると、それに沿った文章を生成してくれます。

またフォーマルな文書やカジュアルなメールなど、異なるスタイルやトーンにも対応できますので、状況に応じた適切な文章が作成できます。

さらに文章校正や改善提案も行ってくれるため、より自然な文章を作れるでしょう。

メールや文書の作成

  • 翻訳支援

異なる言語間でも翻訳できる機能を活かして、英語から日本語、またはその逆など翻訳支援もできます。

ChatGPTは多くの言語に対応しているため、幅広い翻訳ニーズに対処可能です。

単純な単語やフレーズだけでなく、文脈を理解して自然な翻訳ができますので、機械的な翻訳ではなく人間らしい表現が得られる点が特徴です。

ChatGPTを翻訳支援として活用することで、時間と労力を節約し国際的なコミュニケーションの質を高められます。

翻訳支援

  • マーケット調査

ChatGPTは、業界の動向や競合他社の分析などマーケット調査にも活用できます。

例えば特定の業界や市場に関する情報をリクエストすることで、インターネット上から関連するデータや記事を探し出します。

探し出した情報を要約して提供してくれますので、市場の現状やトレンド、競合他社の戦略を把握することが可能です。

さらに、マーケティング戦略や広告キャンペーンの分析に活用するのもおすすめです。

成功事例や失敗事例を分析することで効率的なマーケット調査ができ、ビジネス戦略の策定や競争力の強化が図れます。

マーケット調査

  • 料理レシピ

ChatGPTはビジネスだけでなく、日常生活で活用するのもおすすめです。

たとえば特定の食材や調理方法を指定すると、ChatGPTはそれに合ったレシピを提案してくれます。

冷蔵庫に入っている食材で、美味しい料理を作るアイデアが得られます。

またダイエットやアレルギーに対応したレシピ、健康志向の方や特別な食事制限がある方向けなど幅広いメニューが提案可能です。

料理初心者にもわかりやすい説明やアドバイスをしてくれますので、苦手な方でも楽しんでメニューを考えられます。

大人数が集まるパーティー、で何を用意しようか悩んでいる方にもおすすめです。

料理レシピ

  • 旅行計画

旅行の計画を立てる際にChatGPTを使うと、効率的に魅力的な旅行プランを立てることが可能です。

訪れたい国や都市、旅行の目的や予算を指定すると、ChatGPTはおすすめの観光地やアクティビティ、宿泊施設を提案してくれます。

また現地の文化や、習慣に関する情報も得られますので、現地でのトラブルを避けることにもつながります。

さらに現地の交通手段や料金情報も得られるため、移動計画もスムーズに立てられて快適な旅行が楽しめるでしょう。

ChatGPTの使い方

  • フィットネスアドバイス

目標体重や運動経験などを指定することで、運動計画や栄養に関する情報といったフィットネスアドバイスも得られます。

おすすめの運動プログラムやトレーニング方法を提案してくれますので、効果的で適切なフィットネスプランを作成できるでしょう。

また栄養に関する情報を質問することで、健康的な食事のアイデアや特定の栄養素を含む食品の提案などもしてもらえます。

フィットネス目標に合わせた食事プランもサポートしてもらえば、運動と栄養のバランスが取れて健康維持に役立てることも可能です。

フィットネスアドバイス

ChatGPTプラグインの使い方

ChatGPTでプラグインを利用することで、様々な回答を生成できるようになります。

言語モデル専用に設計されたツールで、ChatGPTが最新の情報にアクセスしたり、計算を実行したり、サードパーティーのサービスを利用するのに役立ちます。

ただしプラグインは限定アルファ版であり、まだ一般的には公開されていません。

利用したい方はChatGPTプラグインのウェイトリストに登録しましょう。

ChatGPTを利用時の注意点

  • 不正確な情報を出力することがある

ChatGPTは人工知能で動作するため、常に100%の正確性を保証することはできません。

そのため、提供された情報が正しいかどうかを確認することが重要です。

具体的には、ChatGPTが提供する情報が正しいかどうかを確認するために、複数の情報源を参照しましょう。

また情報源の信頼性を確認することも大切です。

インターネット上には、信頼性の低い情報源も存在するため、公的な機関のウェブサイトや専門家が書いた書籍を参照することをおすすめします。

  • 不適切な文章を生成する可能性がある

ChatGPTは、不適切な文章を生成してしまう可能性があることに注意が必要です。

理由は、学習データに偏った考えが含まれているためです。

例えばヘイトや差別問題など、偏った情報源からのデータが反映された文章が生成される場合があります。

武器の作り方や医療に関する誤った情報など、不適切な言葉が含まれる可能性も否定できません。

AIが生成した文章は、最終的に人間がチェックすることが重要です。

  • 情報の保護に注意する

ChatGPTを利用する際には、情報の保護に注意することも重要です。

というのもChatGPTの回答には、ユーザーが入力した情報が使われる可能性があるためです。

Microsoft社のフォーラムでも、ChatGPTに機密情報を入力しないように警告が出された過去があります。

ChatGPTには個人情報や会社の機密情報を入力しないようにしましょう。

よくあるご質問

ChatGPTはなぜすごい?

ChatGPTの大きな特徴は「文章で検索できる」「検索結果を要約してくれる」の2点です。

さらに会話形式なので過去の会話を記憶して学習を深め、パーソナライズされた高精度な回答を生成できるようになる点も特徴です。

ChatGPTの費用はいくらですか?

無料でも利用できますし、サブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」も発表されています。

ChatGPT Plusは月額20ドルで、アクセス集中時も優先して使えたり、応答時間が短縮されたりします。

ChatGPTはどこで使える?

インターネットがつながったデバイスなら、どこでも利用可能です。

アプリは存在しませんので、ダウンロードやインストールは不要です。

PC、スマホ、タブレットなどで利用できます。

ChatGPTはどうやって使う?

公式サイトにアクセスし、アカウントを作成するだけで使います。

テキストボックスに質問を入力し、送信するだけで回答が生成されます。

まとめ

今回は、話題のチャット型AIサービス「ChatGPT」について解説しました。

  • ChatGPTはOpenAI社が開発したサービス

  • 登録は電話番号とメールアドレスがあればできる

  • AIに質問したいことを入力するだけで使える

  • ビジネスや日常生活など幅広いシーンで利用可能

  • ChatGPTプラグインは一般公開されていない

ChatGPTをはじめとしたAI技術は、2023年に入り急速に進化しています。

新しい技術を否定するのではなく、まずは触れてみて自分の生活に合うようであれば取り込んでみることをおすすめします。

ChatGPTは無料でも利用できますので、公式サイトから試してみてください。

to top