就活の面談に不可欠なのは?人事面談での注意点と対策を徹底解説

就職活動において、企業から面談に呼ばれたことはないでしょうか。面接よりもカジュアルなイメージのある面談ですが、面接との違いやその重要性についてあまり理解できていない方も多いかもしれません。

面談は面接と同じように就活における評価に大きく関わる重要なものです。そのため、目的をきちんと理解して対策を行う必要があります。

そこでこの記事では、面談の目的や重要性、面接との違いについて詳しく解説します。そのうえで、注意点や準備すべき項目についても紹介しますので、今後面談を控えている方はぜひ参考にしてください。

就活における面談の目的と重要性

就活における面談とは、企業と就活生がお互いを理解することを目的とする場です。

選考の前後や間に行われ、基本的には選考に影響しません。しかし、企業に自分自身の印象を与える場になるため、姿勢や振る舞いには注意する必要があります。

面接との違いは? 面談の注意点を理解しよう

面談と面接は混同されやすいですが、しっかりと違いを理解する必要があります。

まず面接とは、選考プロセスの一環として行われるものです。目的は採用する就活生を決めることであるため、企業は面接を通じて就活生が入社基準をクリアしているかどうかを評価します。そのため面接は企業が就活生に質問し、就活生が回答するという一方向のコミュニケーションで進むことが多いです。

一方で面談は選考には影響しません。企業は就活生のことを知りたいという目的と同時に、自社に興味を持ってもらいたいという目的も持っています。つまり相互理解を目指しているため、面接とは違いコミュニケーションが一方向ではなく双方向になることが多いです。

就活生からの質問にも企業側が積極的に答えてくれるため、面接では聞きにくい質問でも最低限のマナーは守ったうえで気軽に聞いてみると良いでしょう。

いつでも、どこでも、ボイスメモがカンタン!

「Notta」がWeb、アプリ、Chrome拡張機能で利用できる最高の文字起こしツールです。

就活面談によくある種類

就活面談には、大きく分けて次の2種類があります。

1

カジュアル面談

カジュアル面談とは、会社の会議室やカフェなどで就活生が企業に対して気になることを質問できる面談です。フランクに会話ができ、文字通りカジュアルな雰囲気で行われます。

企業は自社に興味を持ってもらうことを目的としていますが、企業側から就活生へ質問されることもあります。お互いの理解を深めることが目的ととらえると良いでしょう。リラックスした雰囲気で進むことが多いですが、社会人としてのマナーはしっかりと守ることが大切です。

2

リクルーター面談

リクルーター面談とは、企業の人事部から依頼された「リクルーター」と呼ばれる人が学生と面談をすることです。リクルーターが優秀な学生にアプローチし、自社に興味を持ってもらい優秀な人材を確保したいという狙いがあります。

候補者全員にリクルーター面談が実施されるわけではありませんが、もしリクルーター面談に呼ばれた場合には、より深く企業の情報を知ることのできる機会になるでしょう。

【新卒必見】就活面談前に準備すべき項目

面談は比較的カジュアルな場であるものの、何も準備していないとせっかくの大事な機会を無駄にしてしまうことになりかねません。また、準備不足は相手に伝わり印象が悪くなってしまう可能性もあります。ここでは、面談を有効活用するために事前に準備すべき項目について解説します。

1

企業の基本情報を調べる

企業のミッションやビジョン、事業内容、業界内での位置づけ、最近の業績やニュースなどを調べて理解しておきましょう。面談の場でも相手から企業についての説明は受けられますが、事前に知識をつけておくことでより踏み込んだ会話ができるでしょう。

企業の公式サイトやSNSアカウント、業績報告書、ニュース記事などを利用して情報収集を行うことがおすすめです。また、働く環境や社風についても、できるだけ多くの情報を集めておきましょう。

2

就活の現状と悩みを整理する

自分の就職活動の現状や悩みを洗い出して整理しておくと、面談相手に自分の状況を的確に伝えられるようになります。短い時間でも自分のことを理解してもらいやすく、的確なアドバイスがもらえるでしょう。

3

話す内容を考える

面談では面接よりもカジュアルでオープンな雰囲気のため、就活生にもある程度自由に話す時間が与えられることが多いです。事前に話す内容を考えておくと、当日スムーズに進められ、相手にも意欲が伝えられます。自分についてアピールできる場でもあるため、とくに伝えたいポイントは整理しておくと良いでしょう。

4

想定質問への回答を考える

就活面談での質問は、選考の面接で聞かれる質問と近いことが多いです。面談は基本的に選考には影響しませんが、回答次第で相手に良くない影響を与える可能性もあるため、事前にある程度準備しておいた方が良いでしょう。就活面談によくある質問と適した答えについては次の章で紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

5

逆質問を考える

就活面談は面接よりも双方向のコミュニケーションであることが特徴のため、就活生にも質問の機会が多く与えられます。時間を無駄にしないためにも、事前に聞きたいことを考えてリストアップしておくと良いでしょう。事前に調査をしたけれどもわからなかったことや、より詳しい企業の実態などを聞ける場であるため、積極的に活用するのがおすすめです。より具体的な質問であれば、企業に熱意が伝わりやすく印象が良くなる効果も期待できます。

6

面談の振り返りを行う

面接後はどのような質問があったか、自分の回答はどうだったか、改善すべき点は何かなどを振り返ると、次回の面談に活かすことができます。可能であれば相手に許可をとって面談を録音させてもらうと良いでしょう。

効率的に面談のレビューを行うには、AIを搭載した自動文字起こしサービス「Notta」を利用するのがおすすめです。Nottaは音声をリアルタイムで文字起こしでき、その内容から重要な点をピックアップして要約まで行ってくれます。簡単に内容をまとめて次回の改善点を発見できるため、忙しい就活の合間でも効率的に振り返りができます。

ノッタのホームページ

Nottaで音声をリアルタイムに文字起こしし、要約まで行う手順は次のとおりです。

  1. Nottaにログイン後、「録音開始」ボタンをクリックし、マイクに向かって話すと自動文字起こしされます。

    リアルタイム文字起しを開始

  2. 録音が開始され、文字起こしが始まります。停止したい場合は画面下部「■」をクリック

  3. 会議の内容が文字起こしされました

  4. 画面左側の「AI要約」-テンプレートをクリック

    AI要約をクリック

  5. 数分で要約内容が生成されます。編集や再生成も可能です。
    NottaのAI要約を利用すれば、複雑になった話題を自動的に要約してもらうことができ、効率的なインタビュー内容の把握が可能となります。

    AI要約結果非常に簡単な操作のみで扱えるため、誰でも簡単に効率的なインタビューが実現できることが大きな魅力です。

    頻繁にインタビューを行い、充実したコンテンツを豊富に取り込んだ社内報を作成したいとお考えの方は、ぜひ導入をご検討いただけますと幸いです。

就活面談によくある質問と良い答え

最後に、就活面談でよく聞かれる質問と、理想的な答えについて紹介します。自分なりのアレンジは必要ですが、ぜひ参考にしてください。

1

自己紹介をしてください

面談のはじめに必ず聞かれる質問です。簡潔かつわかりやすく、自分の名前や学歴、専攻、面接に至った経緯や興味を持っている分野を紹介しましょう。話す内容が面接官の興味をひくよう、自分の特徴や強みを織り交ぜることがおすすめです。回答例としては次のとおりです。

tips

「私は〇〇大学の〇〇学部、〇〇専攻を今年卒業予定の〇〇と申します。学生時代は、〇〇に関する研究に没頭してきましたが、〇〇にも深い関心を持ち、関連するインターンシップに参加したり、ボランティア活動にも力を入れてきました。本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます。よろしくお願いいたします。」

2

自己PRをしてください

自分の強みをアピールする場ですが、ポイントはその企業の求める人物像を意識することです。その企業で活躍できる人材であることを積極的にアピールしましょう。回答例としては次のとおりです。

tips

「私は、〇〇のゼミでリーダーを務め、チームをまとめ上げて目標を達成した経験があります。この経験から、チームワークとコミュニケーション能力を培いました。御社の〇〇のポジションでは、これらのスキルを活かして貢献できると考えています。」

3

企業に興味を持ったきっかけは何ですか?

面談相手は自社にどのくらい興味があるか、志望度合いを知りたいと考えているケースが多いです。できる限り具体的な理由を回答したうえで、自分のキャリア目標や価値観とどのように合致するかを説明すると信頼性が増し、意欲も伝わるでしょう。回答例としては次のとおりです。

tips

「御社の〇〇に関する革新的な取り組みに非常に感銘を受けました。私は〇〇を学んできたので、御社のビジョンに共感し、自分のスキルを活かして貢献したいと考えています。」

4

学生時代に頑張ったことはありますか?

この質問には、物事に対してどのように取り組むのか、向き合うのかを知りたいという意図があります。また協調性やリーダーシップなどの特性を知りたいという意図もあるため、なるべく具体的な内容と、何を身につけられたかまで回答すると良いでしょう。回答例としては次のとおりです。

tips

「学生時代、〇〇クラブで副キャプテンを務め、チームを全国大会へ導いた経験があります。この経験を通じて、目標に向かってチームをリードする力と、逆境に立ち向かう粘り強さを身につけました。」

5

就職したらどのような仕事をしたいですか?

就職面談では、短期的もしくは将来的にどのような仕事をしたいのかを聞かれることがあります。やりたい仕事について明確に答えられれば、相手に入社意欲や向上心が伝わります。ポイントとしては、目標とそれを実現するためのプロセスまで回答すると良いでしょう。回答例としては次のとおりです。

tips

「入社後は御社の〇〇部門での実務経験を積み、〇〇に関する深い専門知識と実践的なスキルを身につけたいと考えています。具体的には、最初の一年間で業務プロセスを理解し、フィードバックをもとに効率的かつ効果的な業務遂行能力を養うことを目標にしています。将来的には、獲得した知識とスキルを活かして、リーダーやマネージャーとしての役割を担い、部門の目標達成に貢献したいです。」


しっかり準備をして就活面談に臨もう

就活面談は面接と違い基本的に選考には影響しません。しかし、企業側へ自分自身の印象を与える重要な場面です。また、フランクに疑問に思っていることや企業の事業内容や働き方について質問できる場でもあるため、せっかくの機会を無駄にしないためにも事前にきちんと準備をして臨むようにしましょう。

忙しい就活期間中に効率的に面談のレビューと改善を行うには、AI文字起こしツールNottaの活用がおすすめです。自動で面談の録音から文字起こし、内容の要約まで行ってくれるため、時間を無駄にせずに面談の振り返りができます。Nottaには無料プランも用意されているので、ぜひ一度試してみてください。

Chrome拡張機能10選

Nottaが選ばれる理由は?

① 日本語特化のAIで業界トップの文字起こし正確率が実現、複数言語の文字起こしと翻訳も完璧対応

② 驚いほどの認識速度で文字起こし作業効率化が実現、一時間の音声データがただの5分でテキスト化

③ 国内唯一のGM・Zoom・Teams・Webex連携できるAI会議アシスタント、事前の日程予約から会議を成功に導く

④ AI要約に内蔵されるAIテンプレートで会議の行動項目、意思決定やQ&Aなどを自動作成
(カスタム要約テンプレートでインタビューや営業相談など様々のシーンでの効率化を実現)

⑤ 一つのアカウントでWeb、APP、Chrome拡張機能が利用でき、データの同期と共有はカンタン

⑥ 人手による時間と人件費が大幅に削減でき、月額2000円ぐらいで30時間の録音をテキスト化
(一括年払いの場合はさらにお得!1ヶ月あたりの費用はわずか1183円ぐらい。)

decoration