Speechnotesとは?

Speechnotesとは?特徴や料金プラン、メリット、使い方、評判・口コミも解説!

Speechnotesとは、音声や録音ファイルをリアルタイムでテキスト化する、多言語対応の文字起こしツールです。日常的な会話の文字起こしから議事録の作成までを効率化する便利なツールとして定評があります。

今回は「Speechnotes」に焦点を当て、その概要や特徴、料金プラン、メリット、使い方、評判・口コミなどについて解説します。

Speechnotesとは?

Speechnotesとは

(出典:Speechnotes

Speechnotesとは、音声や録音ファイルをリアルタイムでテキスト化する、多言語対応の文字起こしツールです。導入後に余計な設定はなく、起動後も簡単なボタン操作で利用できるので、初心者でも安心して利用しやすいツールになっています。

Speechnotesの特徴

Speechnotesの特徴は主に以下の7点です。

機能のシンプルさや利便性の高さ
Googleの音声認識エンジンが使用
音声や動画ファイルの内容も文字起こし可能
Bluetoothにも対応
多言語対応(日本語、英語などを含む)
オフラインでも利用可能
文字起こしデータを無期限・無制限に保存可能

Speechnotesの料金プラン

Speechnotesの料金プランは以下の通りです。

Dictation Free Dictation - Premium Transcription
料金 無料 $19 / 月 $0.1 / 分
無制限の文字起こし
オンラインでの利用
音声入力拡張機能
編集機能
広告なし
セキュリティ対策
開発チームによるサポート
録音の文字起こし
Youtubeの文字起こし
Zapier
API & webhooks
字幕の表示

Speechnotesのメリット

ここでは、Speechnotesを利用するメリットについて5点解説します。

1.バックグラウンドで音声入力できる

Speechnotesは、パソコンやスマートフォンの画面をスクロールしながらでも音声入力が可能です。Androidの画面分割機能を利用すれば、画面を切り替えずに作業できます。なおバックグラウンド入力をするには設定で「Listen in the background」を有効にする必要があります。

2.音声入力待機時間が長い

多くの音声入力アプリは、マイクをクリックして音声入力の待機状態に移行した後、時間が経過すると自動で待機状態がキャンセルされてしまいます。しかし、Speechnotesは入力待機時間が長いので、何度も操作する手間を省き、ストレスなく利用できるのが魅力的です。

3.句読点や記号を挿入できる

Speechnotesは、文字だけでなく、日本語の句読点や記号も入力できるので、細かい議事録作成にも役立ちます。音声入力時に「ピリオド」や「カンマ」などの名称を発することで文字起こしできます。

4.文字起こしデータは自動保存される

Speechnotesには自動保存機能が搭載されているので、文字起こし中や音声入力中にデバイスの充電が切れてしまったり、何らかトラブルが発生したりした場合でも入力内容は維持されます。

5.文字起こしデータをエクスポートできる

Speechnotesで生成した文字起こしデータは、テキストファイル(.txt)やWord形式(.docs)でダウンロードできたり、Googleドライブにアップロードできたりします。

Speechnotesの使い方

ここでは、Speechnotesの基本的な使い方について3点解説します。

1.音声を録音する

Speechnotesの起動後、マイクアイコンを選択するだけです。この際、録音する言語を選択しましょう。

録音で文字起こし

2.音声・動画ファイルを文字に起こす

音声・動画ファイルを選択すると、自動で文字起こしが始まります。

音声ビデオで文字起こし

3.文字起こししたテキストを編集する

Speechnotesで文字起こしされたテキストは各自で編集が可能です。表示されたテキストの編集箇所を選択し、任意の内容に編集しましょう。

文字起こし内容の編集

Speechnotesの評判・口コミ

ここでは、Speechnotesの評判・口コミについてご紹介します。なお、今回はGoogle playの「評価とレビュー」に記載された情報を参考にしています。

良い口コミ

音声認識度が高く、応用もいろいろできるので使い勝手がよい。
「いい国つくろう鎌倉幕府」「東京特許許可局」などもスラスラと誤りなく変換できます。
メールなどでシェアできるのがいい。

悪い口コミ

文字変換に遅い時や突然消える時がある。つまり文字が反映されなくて困る事があります。
会議の議事録作成に利用しようと思ったが、音が遠いのか全く文字起こししてくれない。
講義を録音して、文字を書き出してみたが誤字が酷かった。

より高精度な文字起こしがしたいならNottaがおすすめ!

Notta

(出典:Notta

Speechnotesの文字起こし機能は確かに便利ですが、その音声認識精度に満足できないという方もいるのではないでしょうか。そんなときは、98.86%の高精度なAI音声認識を誇るNottaの「リアルタイム文字起こし機能」をご活用ください。

Nottaのリアルタイム文字起こし機能のメリット

  • 104言語に対応

  • 文字起こしの精度が高い

  • 文字起こしの速度が早い

  • テキストデータの編集・確認・共有が簡単

  • 画面収録やWeb上の音声も簡単に文字起こしできる

Nottaのリアルタイム文字起こし機能の詳細や利用方法はこちら

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

cta1

まとめ:Speechnotesを利用して文字起こしや議事録作成を効率化しよう

今回は「Speechnotes」に焦点を当て、その概要や特徴、料金プラン、メリット、使い方、評判・口コミなどについて解説しました。

SpeechnotesはシンプルなUI設計で初心者でも扱いやすく、日常会話の文字起こしから議事録の作成まで簡単に行えます。まずは無料版を導入し、その使用感を確かめてみてはいかがでしょうか。

また、Speechnotesの音声認識精度に満足いかないという方は、「Notta」の利用も検討してみてください。

to top