議事録ツールTexta

議事録作成支援ツールTextaとは?特徴や機能、料金、不足と代替策を紹介

Web会議の議事録を手作業で作成すると、多くの時間と労力が必要です。この問題を解決するため、最近は多くの企業や個人が文字起こしツールを利用しています。日本初のWeb会議議事録ツールであるTextaは、Web会議のリアルタイム文字起こしなどが可能です。便利な一方で、Textaにはいくつかの欠点もあります。

本記事では、Web会議向け議事録作成支援ツール「Texta」に興味がある方に向けて、Textaの製品概要や特徴、デメリット、Textaの代替ツールNottaとの比較などを解説します。

Textaとは

Textaとは

Textaとは、株式会社テクノデジタルが開発した日本初のWeb会議向け議事録作成支援ツールです。Textaは、Web会議の発言をリアルタイムでテキスト化し、同時に音声データとしても保存する機能を備えています。

主な機能としては、主な機能はリアルタイムでの文字起こしや録音、音声ファイルの文字起こしなどがあります。Textaを使うことで、従来は膨大な作業であったWeb会議の議事録作成が自動化され、業務の効率化ができます。

Textaの特徴や機能

Textaの特徴や機能

Textaは、日本で初めて開発されたWeb会議向け議事録作成支援ツールで、さまざまな機能を備えています。以下では、Textaの特徴や機能について解説していきます。

Textaの特徴

  • リモート会議時には、起動するだけで即座に使用できます。

  • Chromeブラウザで動作するため、面倒なインストール作業は不要。

  • Web会議の音声をリアルタイムで処理。

  • 音声ファイルのアップロードにも対応。

Textaの機能

文字起こし機能

Web会議のリアルタイムでの文字起こしに加えて、音声ファイル(120MBまで)の文字起こしも可能です。音声ファイルのファイル形式は、mp3、wav、ogg、flv、flac、aac、aiff, 、mp4、webmに対応しています。

複数の言語に対応

日本語はもちろん、英語や中国語、韓国語、フランス語などの10ヶ国以上の言語に対応しています。

データ抽出機能

文字に起こされたテキストから「誰がいつどのような発言をしたか」という質問に答えるための情報を抽出することができます。

ファイル管理機能

文字起こしデータのファイルを、管理できる機能です。

Textaの評価と不足

Textaの評価と不足

Textaには、Web会議の議事録作成をするための機能が備わっていますが、デメリットもいくつか指摘されています。以下では、Textaのデメリットを解説していきます。

文字起こし精度が低い

Textaの文字起こし精度は、決して高いとは言い切れません。特に音声ファイルからの文字起こしは、認識ができていない文章が多い傾向です。また、文字起こしされたテキストの改行なども精度が低いと言えます。

Web会議の相手の声を文字起こしするハードルが高い

TextaはPCのマイクに入った音声を文字起こしするため、Web会議でイヤホンをしていると相手の音声を文字起こしすることができません。Web会議で相手の音声を文字起こしするためには、別途ソフトウェアが必要になります。そのため、初心者にとってはハードルが高いイメージです。

話者の識別ができない

Web会議中に相手の声をテキスト化することは可能ですが、Textaには話者の識別機能がありません。音声が直接テキストに変換されるため、複数の参加者がいる場合、どの発言が誰によるものかを区別するのが難しくなるリスクがあります。

Textaの代替策は?

Textaの代替策は

Textaは文字起こしの精度の低さや話者の識別ができないなど、いくつかの問題点があります。Web会議の文字起こしを正確に行うためには、別の方法が求められます。今回紹介するTextaの代替策は、AI文字起こしツール「Notta」の活用です。以下では、AI文字起こしツール「Notta」について解説していきます。

Nottaとは

Nottaとは

Nottaは、200万人以上のユーザーと700社以上の企業に支持されているAI文字起こしツールです。高精度の音声認識機能やAI要約機能を搭載しており、1時間の音声を5分で文字起こしが可能です。リアルタイムで文字起こしもできるため、Web会議の議事録作成の手間が大幅に削減できます。また、話者識別機能や画面録画機能など、さまざまなシーンで役立つ機能が多く備わっています。

Nottaのオススメポイント

Nottaは最先端のAI技術を活用した文字起こしツールです。200万人以上のユーザーから支持されるNottaには、さまざまな魅力的な機能があります。以下では、Nottaのオススメポイントを紹介していきます。

優れた文字起こし精度

Nottaの文字起こし精度は98%と非常に高いレベルを誇っています。そのため、Web会議の文字起こしでも後から修正する手間が少なくなり、議事録作成業務の効率化が可能です。

話者識別機能

Nottaには、話者識別機能が搭載されています。AIが自動で音声を識別してくれるため、事前の声の登録や設定などは不要です。また、文字起こしした後に、自動識別された発言者の名前の編集もできます。

AI要約機能

Nottaは、文字起こししたデータの要約を迅速に作成するAI要約機能があります。この機能を活用することで、長時間の会議であっても簡単に議事録の要約が作成できます。要約された文章は、会議に参加できなかった方に共有するなど、さまざまな活用方法があります。

画面録画機能

Nottaは、Web会議やWebページの画面録画も可能です。会議の録画により、文字起こしのデータだけでなく、参加者の身振りや手振りも捉えることができるため、より円滑な意思疎通が可能になります。

議事録は文字起こしツールを使って効率的に作成しよう!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

Nottaで議事録作成とAI要約の操作

NottaにはWeb会議の議事録を作成するための便利な機能が多く備わっています。ここでは、Nottaで議事録を作成する方法とAI要約の操作手順を解説します。

Nottaで議事録を作成する方法

NottaでWeb会議の議事録を作成するには、まず文字起こしを行う必要があります。以下では、NottaでWeb会議の議事録を作成する方法を解説します。

  1. Nottaのホーム画面の右側の「画面収録」ボタンをクリック。

    「画面収録」ボタンをクリック

  2. 「PC&カメラ」「PC画面のみ」「カメラのみ」の中から、収録したい画面設定を選択し「収録を開始」ボタンをクリック。

    「収録を開始」ボタンをクリック

  3. 録画を終えるには「停止」ボタンをクリックします。収録後、自動で文字起こしが始まります。

    「停止」ボタンをクリック

  4. 文字起こしデータや録画データは、ホーム画面で確認できます。この後、文字起こしデータを編集するだけで議事録が作成できます。

    文字起こしデータや録画データ

※Web版の文字起こし方法の動画解説はこちら

AI要約の操作手順

Nottaでは、文字起こしした会議の内容をAIを使って要約する機能があります。以下では、NottaのAI要約の操作手順を解説します。

  1. Nottaのホーム画面の右側の「画面収録」ボタンをクリックして、文字起こしを開始します。

    「画面収録」ボタンをクリック

  2. 文字起こしが終わったら「AI要約を表示」ボタンをクリックします。

    「AI要約を表示」ボタンをクリック

  3. 「生成」ボタンをクリック。

    「生成」ボタンをクリック

  4. 生成されたAI要約を確認します。

    生成されたAI要約を確認

※AI要約の動画解説はこちら

TextaとNottaの料金を比較

TextaとNottaの料金を比較

TextaとNottaは、それぞれ有料プランがあります。以下では、TextaとNottaの料金を比較します。

Texta Notta
有料プラン金額 月額 30,000 円 プレミアム:月額 1,200 円
ビジネス:月額 6,210 円
(フリープランあり、50% OFF 学生・教職員割引あり)
利用可能時間 月 100 時間 月 30 時間(プレミアムの場合)
機能 ・リアルタイム文字起こし
・音声ファイル文字起こし
・ファイルのダウンロード
・ファイル管理機能
※プレミアムの場合
・1 回につき最大5時間まで録音可能
・リアルタイム録音文字起こし
・Web会議の文字起こし(Notta Bot)
・音声・動画ファイルの文字起こし
・文字起こしデータの確認・編集・共有
・話者識別
・話者名の設定
・画面収録
・文字起こしデータのダウンロード
・AI 要約
・デバイス間のデータ同期
・文字起こし言語(104 言語対応)
・テキストの翻訳
・単語登録

※Nottaの料金プランについては詳しくはこちら


まとめ

まとめ

本記事では、Web会議向け議事録作成支援ツール「Texta」に興味がある方に向けて、Textaの製品概要や特徴、デメリット、Textaの代替ツールNottaとの比較などを解説してきました。Textaは日本初のWeb会議向け議事録作成支援ツールで、Web会議の文字起こしなどに文字起こしに利用されます。

しかし、文字起こしの精度が低いことや話者を識別できないといったデメリットも存在します。そのため、Web会議の議事録作成にはAI文字起こしツールNottaをおすすめします。

Nottaは文字起こし精度が98%と優れており、話者識別機能も備えています。Web会議の議事録作成を効率化したい方は、AI文字起こしツールNottaの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

議事録は文字起こしツールを使って効率的に作成しよう!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

to top