音声コンテンツ

音声コンテンツとは?注目される理由や種類、代表的なサービスなどを紹介

YouTubeなどの動画配信サービスの次に流行するコンテンツとして、音声コンテンツ・音声メディアが注目されています。

実際に次々と新しいサービスやアプリなどが発表されていますが、そもそも音声コンテンツについてよく知らない人もいるでしょう。

本記事では、音声コンテンツの概要や、注目される理由などに関してくわしく解説。また、ポッドキャストなどの音声コンテンツの種類や、代表的なサービスなどを紹介していきます。

音声コンテンツとは?

音声コンテンツとは、その名の通り音声を使って発信するメディアのことで、「音声メディア」と呼ばれることもあります。

従来はラジオが音声コンテンツの代表的なものでしたが、近年はインターネットでの配信に特化した音声コンテンツが増加。市場拡大とともに、さまざまなサービスが登場しています。

大手企業が配信するサービスや個人が配信するもの、オンデマンド型やライブ型など形式は多種多様で、有名人から一般のユーザーまで多くの人が利用しています。

 

音声コンテンツの将来性や注目される理由

デジタル領域に特化したリサーチ&メディアカンパニー「デジタルインファクト」が発表した情報によると、 デジタル音声広告の市場規模は2020年に16億円、2025年には420億円に到達すると予想されています。

デジタル音声広告とは「Spotify」などで配信されている音声を主軸とした広告のことで、聴覚にアプローチする広告がどんどん拡大していることから、音声コンテンツ市場の需要が高まっていると考えられるでしょう。

音声コンテンツが注目される理由にはさまざまなものがありますが、大きな要因として、何らかの作業をしながらコンテンツを楽しむ人が増えたことが挙げられます。

例えば仕事やスポーツをしながら聴く人とか、通勤の途中などにBGM感覚で音声を聴く人などが増加しており、手軽に楽しめる趣味として注目されています。

また、音声コンテンツは動画に比べて簡単に制作できる点も理由の1つ。近年は個人で活動するクリエーターが増えていますが、動画を配信するとなるとコストも手間もかかるため、挫折してしまう人は少なくありません。

その点、音声コンテンツであればマイクやスマートフォンなどを用意するだけでよく、編集も簡単に行えます。

制作へのハードルが低いため継続もしやすく、市場が拡大する要因となっているのでしょう。

 

音声コンテンツ・音声メディアの種類

ビジネストレンドの1つとして注目が集まっている音声コンテンツ。具体的に、どのようなサービスがあるのでしょうか。

ここからは、音声コンテンツ・音声メディアの種類や、代表的なサービスなどを紹介していきます。

 

ポッドキャスト

「ポッドキャスト」は、音声データや動画データなどをインターネット上に公開して配信する仕組みのことで、さまざまなコンテンツを楽しめるサービスです。

ニュースやボイスドラマ、英会話など多種多様な番組が配信されており、著名人が制作したコンテンツなども多数用意されています。

主なポッドキャスト

代表的なポッドキャストとしてまず挙げられるのは、Apple製品にデフォルトで搭載されている「Apple Podcast」でしょう。

視聴者は基本的に無料で音声コンテンツを楽しめ、配信にも費用がかかりません。ダウンロード機能などが充実している点も魅力で、多数のユーザー数を誇ります。

また、「Spotify」も「Apple Podcast」と同じく、高いシェアを誇るプラットフォームの1つ。元々は音楽ストリーミングサービスですが、近年ポッドキャスト番組に力を入れており、400万番組以上を楽しめます。 

Google製品を多く使う人の場合は、「Google Podcast」がおすすめ。スマートスピーカーである「Google Home」で再生可能なことはもちろん、Android端末やPCなどでも利用が可能です。

そのほか、独占配信の番組を楽しめる「Amazon Music」なども人気のサービスとして知られています。

音声・動画ファイルをアップロードするだけで自動で文字起こし。

wav、mp3、m4a、caf、aiff、avi、rmvb、flv、mp4、mov、wmv、YouTubeリンクに対応。

Notta文字起こし
decoration
decoration

 

インターネットラジオ

「インターネットラジオ」とは、FMなどの電波ではなく、インターネットを通して配信されているラジオ番組のことです。

インターネットを通すためパソコンやスマートフォンなどのさまざまなデバイスで聴けることから、従来のラジオに比べて聴取する年齢層が広くなりました。

また、インターネットに接続している環境であれば音質が安定している点や、海外のラジオ番組なども気軽に聴けるようになった点も魅力として挙げられます。

主なインターネットラジオ

「インターネットラジオ」で有名なサービスとしては、「radiko」が挙げられるでしょう。日本全国のラジオ局で放送している番組をパソコンやスマートフォンなどで聴けるサービスで、手軽にさまざまなコンテンツを楽しめます。

基本的には居住区以外の番組は聴けないものの、有料のプレミアム会員になることで、日本全国のラジオ局を聴くことも可能。エリア外で聴けなかった人気番組や、ご当地番組などもスマートフォン1台で楽しめます 。

また、「radiko」に比べると放送局は限られるものの、TBSラジオの提供する「ラジオクラウド」もおすすめのサービスです。

好きな番組をダウンロードしてどこでも再生できたり、自分の好きな番組でリストを作れる「マイリスト機能」があったりと、使い勝手がいい点が魅力として挙げられます。

 

オーディオブック

「オーディオブック」は本の内容を音声で聴けるサービスで、新しい読書のスタイルとして注目されています。

運動や家事をしながら読書を楽しみたい人や、移動時間を有効活用したい人などに人気。また、一度読んだ本を聴き流して復習する目的で利用する人もいるようです。

基本的にプロの声優やナレーターが朗読するため耳なじみが良い点も魅力で、初心者でも利用しやすいでしょう。

主なオーディオブック

オーディオブックの有名なサービスには、Amazonが運営する「Audible(オーディブル)」があります。

プロのナレーターが朗読した本を聴けるサービスで、オフライン再生も可能。著名な作家の定番タイトルをはじめ多種多様なジャンルの書籍があり、読みたい作品を見つけやすいでしょう。

また、国内では、株式会社オトバンクが運営する「audiobook.jp」も人気。日本語書籍が充実しており、週間ランキングなどで注目されている書籍がわかりやすい点が特徴です。

お得な年割プランやチケットプランなど料金体系も豊富なので、ライフスタイルに合わせて使えるでしょう。

 

音声配信サービス・配信アプリ

「音声配信サービス・配信アプリ」は、その名の通り音声配信に特化したサービスのこと。ソフトウェアや特別な機材などを用意しなくとも、簡単に音声コンテンツを配信できる点が特徴で、個人はもちろん企業で参入するユーザーも増えてきています。

うまくファンをつかむことで収益化できたり、インフルエンサーになれたりするため、ビジネスチャンスが多い分野といえるでしょう。

なお、視聴者であるリスナーもアプリなどを通して気軽に配信を聴くことができます。

主な音声配信サービス、配信アプリ

主な音声配信サービスとしては、株式会社stand.fmが運営する「stand.fm」などが知られています。

誰でもどこにいても気軽に音声コンテンツを配信できるプラットフォームで、ライブ配信はもちろん、収録放送も可能。「コラボ機能」や、質問やメッセージが届く「レター機能」など、便利な機能も充実しています。

また、日本最大級の音声配信サービスである「Voicy」も、近年勢いのある音声プラットフォームの1つです。

審査通過率5%のため誰でも配信できるわけではありませんが、その分パーソナリティになれると企業スポンサーがつく場合などもあり、ビジネスチャンスが多いでしょう。

なお、芸能人や著名人のコンテンツが多数あるため、リスナーとしても十分楽しめます。

「とにかく気軽に音声配信をしたい」という人には、「Radiotalk」もおすすめ。スマートフォン1つあれば最短5秒、1タップで簡単に収録をスタートさせられる点が特徴のアプリです。

もちろんマネタイズも可能なので、慣れてきた段階で収益化を狙ってみるのもいいでしょう。

 

音声SNS

「音声SNS」とは、「facebook」や「Instaglam」などの音声版で、ユーザー同士の交流がメインとなっている音声サービスです。

文字でのコミュニケーションよりも深い交流ができる点が特徴で、従来のSNSと比べると臨場感を味わえます。

リモートワークが普及したことから孤独感を感じる人に注目されており、今後さらに盛り上がっていくでしょう。 

主な音声SNS

音声SNSの代表的なサービスとしては、アメリカでスタートした「Clubhouse」が挙げられます。のちに日本国内でも大きな話題となったため、名前を聞いたことがある人もいるでしょう。

利用者同士で配信を楽しんだり、会話に飛び入り参加したりすることが可能で、自由に音声での交流を楽しめる点が特徴です。

また、「Twitter」のサービス「Spaces(スペース)」も、類似機能の1つ。ホストと共同ホスト2人を含め最大13人が同時に話せるサービスで、気軽に音声を通してほかのユーザーとの交流ができます。

2022年6月現在、試験的な機能ではあるようですが録画機能も備わっていますので、会話や対談などを録音したい場合でも安心でしょう。

 【TIPS】オンラインでYouTube動画を文字起こして要約

youtube動画要約ツールNottaのオンラインYouTube動画要約ツールとは?

「Notta」はオンラインのYouTube動画を要約できるAIツールを提供します。長い動画見る時間がない、海外の情報を効率的に収集したい方はNottaで業務の効率化がカンタンに実現できます。

要約したいYouTube動画のURLをコピしてNottaに貼り付けだけで、日本語に特化した最先端AI音声認識技術が搭載される「Notta」は一瞬で動画の要約結果を生成します。英語、中国語の動画にも対応できます。

対応OS

Windows、Mac、iOS、Android

料金

無料で体験できます。

【公式サイトはこちら


まとめ:自分に合った音声コンテンツを活用しよう

別の作業をしながら楽しめたり、制作にコストがかからなかったりすることから、音声コンテンツ・音声メディアの市場はどんどん拡大しています。

耳だけでさまざまな情報を得られる音声コンテンツは便利なものの、複雑な内容や外国語のコンテンツなどを聴く場合、「文字でも理解したい」と感じる人もいるかもしれません。

そこでおすすめなのが、「Notta」を利用すること。

音声コンテンツを流しながら録音するだけで簡単に文字起こしが行えますので、お気に入りの音源を文字起こししたい際はぜひ活用してみてください。

なお、あらかじめ音源をダウンロードしている場合は、音声ファイルを「Notta」にアップロードすることでも文字起こしができます。

また、音源の文字起こしはパーソナリティとして参加する人にもおすすめ。記録用として文書で保存できることはもちろん、音声コンテンツを文字化してブログなどで発表することでさらなるビジネスチャンスにつながるなど、多数のメリットがあります。

さまざまな音声コンテンツの中から自分に合ったものを選び、日々の生活やビジネスにおいてうまく活用していきましょう。

Notta:音声文字変換

動画の文字起こし・字幕起こし作業を快適にする!

Nottaが選ばれる理由は?

①人手による時間と人件費が大幅に削減。月額2000円ぐらいで30時間の音声をテキスト化(一括年払いの場合はさらにお得!1ヶ月あたりの費用はわずか1183円ぐらい。)

②高音質な音声の書き起こし精度は98.86%に達しています。

③wav、mp3、m4a、caf、aiff、avi、rmvb、flv、mp4、mov、wmv、YouTubeリンクに対応。

decoration
decoration