アフレコ・アテレコ・プレスコの意味とそれぞれの違いを解説|おすすめプリも紹介

アニメなどの映像に声優がセリフを録音することを「アフレコ」や「アテレコ」といいます。なんとなく使っているものの「アフレコとアテレコは何が違うの?」と疑問に思う方も多いでしょう。アフレコとアテレコには厳密には違う意味があり、またほかにも近い言葉として「プレスコ」といったものもあります。

この記事ではアフレコやアテレコ、プレスコの意味について整理できるよう、わかりやすく説明します。併せて、誰でも簡単にアフレコやアテレコができるおすすめアプリも紹介しますので、興味を持った方はぜひ参考にしてください。

「アフレコ」とは

アフレコとはアフレコとは、「アフターレコーディング(after recording)」を略した言葉です。映画やテレビ番組、アニメなどの映像作品において、映像に合わせて後からセリフや音を録音する作業を指します。

通常は映像の制作が先に行われ、その映像に合わせて声優がセリフを演じる形でアフレコを行います。また現場で撮影された映像において、環境音やノイズのために元の音声が使用できない場合や、音声品質を向上させたい場合にもアフレコが行われることもあります。

「アテレコ」とは

アテレコとはアテレコとは、「当てる」と「レコーディング」を略した言葉です。アテレコは映画やドラマなどの映像作品において、出演者自身が直接演じないキャラクターに声を割り当てる際に、声優がその声の部分だけを演じて録音することを指します。

たとえば外国語の映画やドラマの日本語吹き替え、スタントマンが演じた部分への声の割り当てなどをアテレコといいます。

「アテレコ」と「 アフレコ」の 違いは?

アテレコとアフレコの違いアフレコは映像作品全般の声の録音プロセスを広く指し、アテレコはその中でもとくに特定のシーンやキャラクターに後から声を当てる狭い範囲の作業を指します。つまり、アテレコはアフレコの一種です。ただし、近年ではアテレコという言葉を単体で使うことは少なく、すべてアフレコということが増えてきました。そのためアフレコとアテレコは同じものと考えても問題ありません。

誰でもカンタンに使えるう おすすめアプリ5選

1

Notta Showcase - 最高のAI吹き替えツール

notta showcase 優先案内

Notta ShowcaseはAI動画吹き替えツールです。制作された動画をNotta Showcaseにアップロードだけで、動画の音声をあっという間に15言語に吹き替えできます。マーケティングやソーシャルメディアなど、さまざまなニーズに対応できる強力なAIツールです。

概要:Notta Showcaseは、従来の機械的な合成音声と全く異なる、あなたの声色と話し方をクローンして、自然な視聴体験を届けられます。多言語化にあたり、外国語を習得する必要がありません。言葉の壁を越えて影響力を高め、世界中からエンゲージメントを獲得できます。

Notta Showcaseの優れたポイント

  • ワンクリックで動画の音声を15言語に吹き替え

  • 動画音声のスタイルそのままのボイスクローニング

  • 従来の吹き替えより短い時間で、多言語コンテンツの迅速な生成が可能

  • 英語が苦手でも海外向けの発信がカンタン

  • 高度なAI技術で迅速かつ正確な動画吹き替えが実現

  • 編集機能が備え、素敵な動画を一瞬に作成

対応OS:Windows、Mac、iOS、Android

料金:無料で体験できます。

2

VivaVideo

VivaVideoVivaVideoは、個人の趣味で動画作成・編集・アフレコを行いたいユーザーやSNSで動画を共有したいユーザーに最適です。

概要:VivaVideoは使いやすいビデオエディターで、SNS映えする映像の作成に必要なさまざまな機能を提供します。ユーザーが自分の声を録音して作成した映像にアフレコを入れることも可能です。初心者からプロまで、個性やオリジナリティのある動画を簡単に作成できます。

機能:

  • 高度なキーフレーム編集

  • ピクチャーインピクチャー機能

  • 0.1~10倍のビデオ速度変更

  • ビデオエリアの任意の切り抜きと回転

  • 画面の高さのワンタップ調整

  • 音量キーフレーム調整

  • 全字幕のワンタップ翻訳

対応OS:iOS、Android

料金:無料

3

映画リップシンクとダビング

映画リップシンクとダビング「映画リップシンクとダビング」は、自分の声で映画やビデオのアフレコを楽しみたいユーザーや、独自の映像作品を作成したいユーザーに最適です。

概要:映像の撮影後にユーザー自身の声でアフレコを行い、編集してユニークな作品を作成できるアプリです。またプロのドラマやアニメーションの元の音声を消去し、自分の声を使用して吹き替えを楽しむことができます。アフレコの練習に活用することも可能です。

機能:

  • アニメーション加工

  • 元の音の消去

  • ビデオミックス

  • 字幕の追加

  • 音楽の設定

対応OS:Android

料金:無料

4

PowerDirector 365

PowerDirector365PowerDirector 365は、プロレベルの動画編集やアフレコの機能を求めるユーザーに最適です。

概要:高度な編集機能を備えた動画編集ソフトウェアです。AI技術を活用した編集ツールや、動画のクオリティを向上させる多彩なエフェクトが搭載されています。アフレコに関する機能では、動画の音声から自動で字幕を生成することができ編集作業を効率化できます。

機能:

  • AIモーショントラッキング

  • AIボイスチェンジャー

  • ビデオエフェクト&フィルター

  • キーフレームアニメーション

対応OS:Windows、Mac、iOS、Android

料金:

  • 無料プラン

  • 月額プラン(月額¥2,180〜)

5

CapCut

キャップカットCapCutは、SNSで動画を共有したいユーザーや、手軽に動画編集を行いたいユーザーに最適です。

概要:CapCutはシンプルなUIで初心者でも簡単に動画編集ができるアプリです。楽曲やエフェクトの挿入だけでなく、自分の声を使用してアフレコを行うこともできます。また、テキストを音声に変換する機能もあり、自分の音声を使用せずにナレーションなどを行うことも可能です。

機能:

  • テキスト読み上げ

  • 字幕生成

  • AI駆動のビデオエフェクト

  • キーフレームアニメーション

  • 多言語サポート

対応OS:Windows、Mac、iOS、Android

料金:無料

「プレスレコ」とは

プレスレコとはプレスコとは、「プレスコアリング(pre-scoring)」を略した言葉です。映像を撮影する前に声優がセリフを録音し、この音声に合わせて映像の撮影やアニメーションの制作が行われます。つまり、アフレコとは逆のプロセスでの録音方法です。

プレスコは声優の演技に合わせてキャラクターの動きや表情をより自然に作り出せることがメリットで、海外アニメなどでは一般的に使われています。しかし制作に非常に時間がかかるため、日本で使われることは少ないです。


まとめ

アフレコとアテレコはどちらも映像作品に合わせて後からセリフや音を録音する作業です。なかでも日本語吹き替えや出演者自身が直接演じない部分への声の割り当てなどはアテレコと呼びますが、この2つはほとんど同じと考えて問題ありません。一般的には総称してアフレコと呼ぶことが多いです。

また、アフレコとは逆のプロセスで、映像を撮影する前にセリフを録音することをプレスコといいます。

今回紹介したアプリを利用することで、誰でも簡単にアフレコができます。とくにアフレコを効率的に行いたい、質を高めたいと感じる方はAI吹き替えツール「Notta Showcase」の利用がおすすめです。ぜひ一度試してみてください。

nottashowcase