経営会議とは?会議の目的と効率的にな運営する方法を全面解説

「経営会議はどのような目的をもって行うべき?」「経営会議をもっと効率的に行いたい」といった悩みをもつ人は多いのではないでしょうか?

経営会議は、事業を行ううえで直面する課題について議論し、適切な戦略決定を行うために欠かせない重要な会議です。しかし経営会議の意味や目的、注意点などについて把握していなければ、せっかくの貴重な時間をムダにしてしまいかねません。

この記事では、経営会議の意味や目的、注意すべきポイントなどについて詳しく解説します。経営会議を効率化するためのツールも紹介しますので、経営会議の進め方について悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

経営会議とは何か?

経営会議を運営する経営会議とは、企業や組織の経営に関わる重要な意思決定を行うための会議です。通常は経営陣や重要な役員が参加し、組織の方針・戦略・計画の立案や評価、重要なプロジェクトの進捗管理、財務状況のレビューなど、経営に関する多岐にわたるトピックが議論されます。経営会議は組織の成功に直接影響を及ぼすため、準備と実行には慎重さが必要です。

tips取締役会との違い

企業の経営陣が携わる会議という点で、経営会議と取締役会は似たイメージがあるかもしれません。しかし、経営会議は企業が独自に行うものであるのに対し、取締役会は上場企業に対して会社法により行うことが定められているものです。

また議論する内容も取締役会は組織体制や資金調達、業務執行の決定などであるのに対し、経営会議は日々の運営に関わる戦略的な意思決定など、より実行に近いものになります。

経営会議を行う目的

経営会議の目的を明確経営会議を行う主な目的は「組織の戦略的方向性を決定し、日々の運営に関連する重要な意思決定を行うこと」です。具体的には現在の経営状況などを正確に把握したうえでさまざまな議題について話し合い、利益の向上を目指します。経営会議には社外取締役が参加する場合もあり、客観的な視点からの意見を取り入れられることも大きな意義です。

経営会議は単に戦略的な議論の場に留まらず、組織の経営状態を継続的に評価し、適応・改善するプロセスの中核をなすものといえるでしょう。

経営会議の運営には会議議題の選択が重要

経営会議議題の選択経営会議の運営を成功させるには、どのような議題を選択するかが重要です。議題が適切に選択されることで、経営陣は組織の重要な課題に集中し、効果的な意思決定を行うことができます。

経営会議の議題例としては以下のようなものがあります。

  • 新しい市場への進出戦略

  • 財務状況のレビュー

  • 重要なプロジェクトの進捗状況

  • 人材の採用や育成戦略

また、経営会議では報告事項も重要で、各部門からの最新の業績報告や市場動向、競合他社の状況などを共有します。事前に議題と報告事項を明確に設定することで、参加者は議論に必要な準備を整えることができ、経営会議の運営はよりスムーズになるでしょう。

ワンストップで会議日程予約から議事録要約まで対応

最強のAI会議アシスタント「Notta」

経営会議の進め方

経営会議の進め方では、経営会議はどのように進めるべきでしょうか?順番に見ていきましょう。

1

事前準備

会議前にどのような議題が議論されるべきかを明確にし、参加者に事前に通知します。必要な資料やデータは事前に準備し、会議前に参加者へ配布しておくと良いでしょう。これにより、参加者が議題について事前に考えることができ、議論の質を高められます。

2

会議の進行

会議を円滑に進めるためには、進行役を設定することが重要です。進行役は各議題に割り当てられた時間を厳守し、必要に応じて調整することで、すべての議題が適切に議論されるようにします。すべての参加者が発言できるようにし、多様な視点からの意見を収集することも大切です。

3

意思決定

会議の時間内で、最終的に参加者全員の合意を得た意思決定を行うことを目指します。必要に応じて投票などの手段を用いることもあります。意思決定のプロセスを明確にし、どのようにしてその決定に至ったかを記録しておくことも重要です。

4

フォローアップ

会議での議論と決定をもとに、具体的に実行すべきアクションプランを設定します。各アクションプランに対して明確な責任者を指定し、期限を設定すると良いでしょう。定期的に進捗を確認し、状況に応じて内容を調整します。

経営会議で注意すべきポイント

経営会議のポイント次に、経営会議を成功させるために注意すべきポイントについて解説します。

1

適切な参加者の選定

経営会議を成功させるには、まず適切な参加者を選定することが重要です。たとえば議題に関する知識を持つ人物や、意思決定に必要な権限を持つ人物などです。こうすることで会議での議論が具体的で生産的なものになり、意思決定もスムーズに進むようになります。

2

効果的なコミュニケーション

効果的なコミュニケーションを意識することも経営会議では大切です。たとえば理解しやすい言葉を使うことや、議論の目的と方向性を明確にすること、参加者全員が意見を共有しやすい環境を作ることなどが挙げられます。こうした心がけにより誤解を防ぎ、会議の目的に沿った成果を得られるでしょう。

3

異なる意見の尊重

経営会議では、多様な意見や視点を尊重することが重要です。異なる意見を受け入れ、適切に対処することで、よりバランスの取れた意思決定が可能になります。意見の相違がある場合は、それらを建設的に解決する方法を見つけることが求められます。

AIツールの「Notta」で経営会議の効率化を実現

Nottaで効率化の経営会議を実現経営会議は重要ですが、議事録の作成や共有に苦労している方も多いかもしれません。経営会議を効率化するためにおすすめなのが、AI文字起こしツール「Notta」を活用することです。

1

「Notta」とは

Nottaとは、最新のAIを活用した音声自動テキスト化サービスです。日本語や英語をはじめ104言語に対応しており、会議の議事録作成や音声メモ、インタビューの記録などさまざまな業務を効率化できます。

ノッタのホームページ

2

経営会議において「Notta」ができること

では、経営会議でNottaはどのように活用できるでしょうか。

議事録自動作成

Nottaは経営会議の議事録を自動的に作成します。PCやスマートフォンなどのデバイスのマイクを使用して、会議の音声をリアルタイムで文字起こしすることが可能です。また、会議の音声を録音しておき、あとから録音ファイルをインポートすることもできます。

NottaはAIによって話者を特定するため、複数人が参加する経営会議の場合でも誰の発言かを明確に区別することができます。

会議後に決定事項と行動項目生成

AIが文字起こししたテキストの内容を自動的に要約します。長い文章でも重要な部分をピックアップしてくれるため、会議後に決定事項を簡単に整理することが可能です。

またデフォルトのテンプレートに用意された「行動項目」という項目では、ネクストアクションを提示します。

会議のデータをメンバーと共有

Nottaは、会議の音声や議事録をほかのメンバーにも簡単に共有できます。共有リンクが生成され、リンクを知っているメンバーは誰でも閲覧可能です。必要に応じてパスワードで保護することもできます。

3

「Notta」で経営会議議事録と要約を自動作成する方法

Nottaで自動的に経営会議の議事録と要約を作成するための手順を解説します。

  1. ホーム画面の右上にある「Web会議の文字起こし」をクリックします。

    ウェブ会議文字起こし

  2. 発話言語」を選択してから、Zoom/ Microsoft Teams/ Google Meet/Webex(※)会議の招待URLを入力します。

    ウェブ会議のURLから文字起こし

    ※ 進行中(主催者がミーティングを開始した状態)のWeb会議のみ文字起こしできますので、注意してください。
    Webexの場合は、パスワード付きのWebexミーティングの招待リンクにのみ対応しています。

  3. Nottaは参加者全員の音声をリアルタイム文字起こしし、発言者の名前も区別できます。会議の終了時間前に文字起こしを停止したい場合、詳細画面下部中央の []ボタンをクリックしてください。

  4. 文字起こし完了後、必要に応じてAI要約部分の「スタンダード」、「インタビュー・面接」、「商談」の3つのテンプレートから選択してクリックします。

    AI要約をクリック

  5. クリックすると、右側の文字起こし内容に基づき、デフォルトテンプレートを利用し、要約文が生成されます。

    AI要約結果


まとめ 効率的な成功の経営会議を実現

経営会議は、組織の戦略的方向性を決定し、日々の運営に関連する重要な意思決定を行うことが目的です。経営会議を効果的に行うには、事前準備や会議の進行方法、コミュニケーションなど、注意すべきポイントがいくつかあります。

さらに経営会議を効率的に行うには、AI文字起こしツールNottaの活用がおすすめです。Nottaは時間がかかる議事録の作成を自動化し、内容を要約してネクストアクションまで提示します。「うまく経営会議を進められない」「経営会議後の議事録作成やネクストアクションの設定に時間がかかる」とお悩みの方は、ぜひNottaの導入を検討してみてください。

Chrome拡張機能10選

Nottaが選ばれる理由は?

① 日本語特化のAIで業界トップの文字起こし正確率が実現、複数言語の文字起こしと翻訳も完璧対応

② 驚いほどの認識速度で文字起こし作業効率化が実現、一時間の音声データがただの5分でテキスト化

③ 国内唯一のGM・Zoom・Teams・Webex連携できるAI会議アシスタント、事前の日程予約から会議を成功に導く

④ AI要約に内蔵されるAIテンプレートで会議の行動項目、意思決定やQ&Aなどを自動作成
(カスタム要約テンプレートでインタビューや営業相談など様々のシーンでの効率化を実現)

⑤ 一つのアカウントでWeb、APP、Chrome拡張機能が利用でき、データの同期と共有はカンタン

⑥ 人手による時間と人件費が大幅に削減でき、月額2000円ぐらいで30時間の録音をテキスト化
(一括年払いの場合はさらにお得!1ヶ月あたりの費用はわずか1183円ぐらい。)

decoration
decoration