在宅ワーク

在宅ワークとは?種類やメリット・デメリット、おすすめの人をご紹介!

世界中にコロナウイルスが蔓延した昨今。会社で働くだけでなく、インターネット回線やパソコンなどを使って自宅で働くことが増えつつあります。

自宅で仕事をすることを「在宅ワーク」と呼びますが、在宅ワークの定義はこれと言って明確にされていません。

しかし、インターネット回線やパソコンなどがあれば自宅やカフェなど好きなところで好きな時間に働くことがメリットとされる在宅ワークですが、具体的にどのような職種があり、どのような人におすすめなのでしょうか。

今回は在宅ワークの定義とはじめる前に把握しておくべきメリット・デメリット、在宅ワークとしておすすめな職種や人についてご紹介します。

在宅ワークとは

在宅ワーク

在宅ワークについて明確な定義はありません。しかしながら、一般的に在宅ワークとは企業との雇用関係を持つことなく「個人事業主(フリーランス)」としてパソコンやインターネットを使って自宅で仕事をすることを指します。また自宅に限ることなく、好きな場所で働くことも「在宅ワーク」と呼ぶことがあります。本業の傍ら、副業としてWebライターをする人や、専業主婦として育児や家事を行いながらWebデザイナーとして働く人など、副業や本業と言った立場であっても「在宅ワーク」と呼びます。

 

在宅ワークを選択する前に事前に考えるべきこと!メリット・デメリットとは?

在宅ワーク

自宅で働いたり本業の傍らで働いたりなど、「在宅ワーク」のあり方は状況や環境によって違いがあります。比較的始めやすい在宅ワークですが、そのメリットやデメリットについてあらかじめ把握しておきましょう。

在宅ワークにおけるメリットやデメリットは以下のようなものがあります。

 在宅ワークのメリット

  • 業務効率や生産性の向上

  • 通勤・移動などの時間削減

  • 優秀な人材を確保できる

  • 災害などのリスク分散が可能

在宅ワークのデメリット

  • プライベートとの両立やオンオフが付けにくい

  • 情報漏洩に対するセキュリティリスクの懸念

  • 会話がなく、コミュニケーション率が低下する

  • 勤怠管理や評価が困難

これらについて一つずつ解説します。

在宅ワークのメリット①業務効率や生産性の向上

1つ目に挙げられるのが「業務効率や生産性の向上」です。実際に社内で働いているときは予想外の会議や顧客からの呼び出しなどによって業務に集中できず、業務効率や生産性が低下しやすいです。しかし、在宅ワークに切り替えることで、予定外の会議や顧客からの呼び出しなどの機会が減少し、集中しやすい環境を作ることが可能です。そのため、生産性が向上し、業務効率もアップしやすくなります。

在宅ワークのメリット②通勤・移動などの時間削減

会社に向かう通勤時間。移動時間は住む場所によって異なるものの、在宅ワークを取り入れることでこの時間を作業時間にすることができます。 通勤時間が往復で2時間ある場合は、在宅ワークを取り入れれば2時間多く作業に集中できるようになります。これも在宅ワークのメリットと言えるでしょう。

在宅ワークのメリット③優秀な人材を確保できる

ほかにも、在宅ワークを取り入れることで優秀な人材を確保できるといったメリットもあります。たとえば、会社に通うことが難しい主婦の場合、在宅ワークに切り替えることで育児や家事に集中する傍らで作業に集中することができます。つまり、在宅ワークを会社側が導入することで、これまで会社に属すことが難しかった優秀な人材が集まりやすく、企業としての実績や成績アップにもつながるのです。

在宅ワークのメリット④災害などのリスク分散が可能

さらに、通勤時や社内で起きる可能性の高い災害から身を守りながら仕事をすることもできます。特に日本は地震が多い国ですから、企業が在宅ワークを導入すれば、地震や台風などの災害から身を守りつつ作業を進めることができます。

在宅ワークのデメリット①プライベートとの両立やオンオフが付けにくい

4つのメリットに対して4つのデメリットがあることも理解しておく必要があります。在宅ワークのデメリット1つ目には「プライベートとの両立やオンオフが付けにくい」といった点があります。在宅ワークだからこそ、自宅にいればいつでもできる作業ではあるものの、この「いつでもできる作業」がオンとオフのスイッチが付けにくいのです。

たとえば、在宅ワークで会議資料を作成したとしましょう。無事に完成し、上司に提出したところ、ご飯支度の最中に修正箇所について連絡がありました。自宅にいるからこそすぐにでも対処できることから、夕ご飯の支度の合間に修正したいと考えてしまいます。仕事に対して真面目な人ほど、プライベートの時間を犠牲にしがちな点は、在宅ワークのデメリットと言えるでしょう。

在宅ワークのデメリット②情報漏洩に対するセキュリティリスクの懸念

2つ目には「情報漏洩に対するセキュリティリスクの懸念」があります。社内の仕事を自宅で行う在宅ワークの場合、企業の情報や共有データなどを高いセキュリティツールなどで保護しながら活用する必要があります。なぜなら、企業の情報やデータへのセキュリティが甘ければ、競合企業にその情報が漏れたり、他者に情報が漏れてしまったりと、企業にとって損害につながる恐れがあるからです。そうならないためにも、企業側が在宅ワークを取り入れるのであれば、セキュリティリスクの観点から、高度なセキュリティツールを導入・社員へと提供する必要があります。

しかし、大きな企業になればその費用は大きく膨らむといった懸念もあります。そのため、在宅ワークを導入する社員が自発的にセキュリティツールを導入するなどの必要があります。

在宅ワークのデメリット③会話がなく、コミュニケーション率が低下する

3つ目は社内とは違い、自宅で仕事をするからこそ「会話がなく、コミュニケーション率が低下する」点です。同僚や先輩、困ったときなら上司に速やかに相談したり談笑することができますが、在宅ワークではこれができません。ひとりで黙々と作業ができるのがメリットに対して、作業に対して不安を抱えやすかったり、相談しにくかったりと言った環境がデメリットになることがあります。

在宅ワークのデメリット④勤怠管理や評価が困難

4つ目は会社側での「勤怠管理や評価が困難」という点です。企業のなかには在宅ワーク用に、社員用パソコンを開くだけで出勤とみなされるケースがあります。しかし、そのような企業はごく稀で、まだまだ在宅ワークへの準備が備わっていない企業も多くあります。在宅ワークであっても、仕事をしているかどうかを管理することや、勤務態度への評価がしにくいのも、見えないところで働く在宅ワークのデメリットです。

 

在宅ワークがおすすめな人

在宅ワーク

在宅ワークの特徴やメリット・デメリットを踏まえ、どのような人におすすめなのかをご紹介します。特に在宅ワークをおすすめしたいのが、以下の人です。

  • 赤ちゃんや目を離すことのできない子供を育てる主婦

  • 妊娠中の人

  • 海外在住の人

  • 通勤時間などを有効的に活用したい人

  • 人とのコミュニケーションを避けたい人

在宅ワークがおすすめな人の特徴としては、基本は自宅で好きな時間に誰にも会うことなく仕事がしたい人です。一方で、人と接することが好きな人や、メイクをして仕事をバリバリこなしたい人、人と談笑を交わしながら作業を進めたい人にとっては不向きと考えられます。

 

在宅ワークの種類とは?

在宅ワーク

在宅ワークの種類には以下のようなものがあります。

  • データ入力

  • テレフォンアポイントメント

  • カスタマーサポート

  • Webライター

  • Webデザイナー

  • 翻訳

  • プログラマー

基本的にデスクワークで完結する職種であれば在宅ワークとして始めることが可能です。また、在宅ワークを始める要素として、

  1. 一人で作業が完結できるもの

  2. 客観的に成果が見えやすいもの

を選ぶことで、モチベーションを維持しやすく長期的に続けることが可能です。

 

おすすめの在宅ワークとは?

在宅ワーク

在宅ワークの種類とおすすめの人をもとに、6つの職種についてご紹介します。

①データ入力や文字起こし

ExcelやGoogleスプレッドシートなどにデータを入力したり、インタビュー内容を文字起こしする職種は在宅ワークにおすすめです。データ入力や文字起こしはデスクワークで完結し、またひとりで作業を完遂することができるからです。

後でご紹介しますが、最近ではインタビュー内容などを文字起こしする際におすすめなツールが展開されています。業務効率を向上させるツールを使えば、文字起こしが苦手な人や始めて間もない人であっても、スムーズに作業を進めることができます。

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

Notta文字起こし
decoration
decoration

②Webライターやシナリオライター

Google検索などで表示されるネット記事や、ブログ記事を作成するWebライターも在宅ワークにおすすめです。また、YouTubeで公開される動画のシナリオを作成するシナリオライターも在宅ワークに最適です。いずれもインターネット環境とパソコン・タブレットなどがあればすぐに始められ、書けば書くだけ収入につながります。育児や家事をしながらも、仕事をして収入を得たい主婦には多い職種の一つでもあります。

③テレフォンアポイントメント

わざわざ会社に行かなくてもできる職種としてテレフォンアポイントメントもあります。企業から配布された電話やツールなどを用いて自宅で顧客に電話をし、製品説明のためのアポを取ることが主な仕事です。とはいえ、顧客とのコミュニケーション能力が必須になりますから、ある程度人と関わることが得意な人に最適な在宅ワークと言えるでしょう。

④翻訳

海外ニュースなどを翻訳したり、海外製の本の翻訳をしたりする在宅ワークもあります。最近では翻訳アプリなどもあることから、英語が不得意な人でも簡単に始めることができます。 また、後述しますが、文字起こしツールを使うことで、海外ニュースを流しながらテキスト化することもできるため、労力を最小限に抑えて作業を進めることが可能です。

⑤Webデザイナー

企業やクライアントの希望に添ってWebデザインを行うWebデザイナーも在宅ワークにおすすめです。Google検索などで表示されるWebサイトのデザインや構築、バナー作成やロゴ制作など多くの仕事があるため、デザインを学んでいたり、趣味でブログなどを運営している人にとっては最適と言えるでしょう。

⑥YouTubeなどの動画編集

YouTuberとして活躍する人や、TikTokのライバーとして活躍する人のサポートとして、動画を編集する仕事も在宅ワークの一つです。YouTubeを始める人が周囲にいたり、ライバーとして活躍したい人がそばにいたりする場合は、動画編集の仕事を始めるチャンスと言えるでしょう。

 

在宅ワークにおすすめ文字起こしツール『Notta』

Notta

先述したように、在宅ワークの仕事として文字起こしや翻訳を始めようと考えるなら、業務効率を向上させるツールを導入すべきです。というのも、文字起こしであれば、あらかじめ録音・録画したものを再生しながらテキストにまとめる必要があるため、これらの職種をはじめたばかりの場合は作業がうまく進められません。そういったときにおすすめなのがリアルタイム文字起こしアプリ「Notta」です。

Nottaはパソコンやスマホ、タブレットやWebブラウザなどからログインし、録音することで、動画やインタビュー音声などを速やかに録音し、テキスト化します。NottaにはAI音声認識エンジンが搭載された高精度な文字起こしサービスです。しかも、利用は「無料」と1,800分の文字起こしが可能な「プレミアム」、会社のミーティングなどでメンバーを追加しながら使うことのできる「チーム」の3種類があります。プレミアムであれば月額1,050円ほどで利用でき、さまざまな文字起こしを効率的に進めることが可能です。

実際にNottaでYouTubeを文字起こししてみた!

Nottaを勧めるからにはその文字起こしの精度が気になりますよね。ここではNottaの文字起こし機能がどれくらい高度なのかを画像でご紹介します!

まずはWebブラウザにNottaの拡張機能を取り込むため、ChromeウェブストアからNottaを検索し、拡張機能をパソコン内にインストールします。

Nottaの拡張機能 

次に、文字起こししたい動画をYouTubeから探し、インストールしたNottaの拡張機能をクリックします。
Nottaの拡張機能

Nottaの拡張機能を使う場合、または頻繁に使う可能性がある場合は、ピン止めしておくとすぐに起動できますよ!そして、【このページの録音を開始します】をクリックし、動画を再生します。すると、

録音を開始 WebブラウザでNottaを開くと、現在進行中で録音しているデータが速やかにテキスト化されていきます!

録音を開始 

続々とテキスト化されていきます……!!この間も私たち家族は会話を継続しています!このように、会話をしていても、Nottaの拡張機能を使っていることで、パソコンから流れる音声のみを抽出していて、関係のない会話などは一切取り込まれていませんでした!これはスゴイ!!!

さらに、会話を【■】で停止すれば、

テキスト化

先ほど取り込んだテキストを瞬時に正しい内容へと修正することが可能です!Notta拡張機能、あなどれない!!

ほかにも、Nottaホーム画面の【インポート】から

インポート YouTubeの動画URLを入力し、

YouTubeの動画URL

録音することも可能です!録音データによっては拡張機能やインポートを使うことで、録音タイトルも自動的に入力されるので、あとあと「なんの録音をしたものだろう?」といったことも少なくなるため、非常にありがたい機能が満載と言えます!

在宅ワークで文字起こしを始めようと考える方にはおすすめの機能と言えるでしょう。

また、英語のニュースなども瞬時にテキスト化することができます!Nottaは58カ国語に対応していることから、あらゆる言語のニュースをスムーズに理解することができます!たとえば、YouTubeで配信されているニュースを