AI副業で稼ぐ方法

AI副業で稼ぐ方法10選!デメリットや注意点も解説

音声文字起こし&AI要約

業界トップの正確率で作業効率爆上げ!

無料トライアル

ChatGPTやStable Diffusionなど、多くのAIツールが登場し副業への興味が高まっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、こんな悩みをお持ちではありませんか?

  • AIで何ができるのか分からない

  • 具体的にAIで稼ぐ方法を知りたい

  • AI副業をする際のリスクを知りたい

今回の記事では、AI副業について解説するとともに、具体的な稼ぐ方法10選を紹介します。またAI副業のメリットやデメリット、注意点もお伝えします。この記事を読むと文章やデザインスキルがなくても、AIを活用して安心して稼ぐ方法を知ることができます。

今までAIに触れていない方でも分かりやすいように、丁寧に解説しますのでぜひ最後までご覧ください。

AI副業とは

AI副業

AIを使った副業には、様々な形があります。まずは何のAIを使うか、またAIを使ってどんな副業に取り組むかによって、幅広い選択肢が与えられます。日々新しいAIツールが登場しますし、マネタイズ方法もアイデア次第で無限に広がります。

ここでは、どんなAIツールがあるのかを簡単に紹介します。さらに詳しく解説している記事もありますので、参考にしてみてください。

参考:AIツール100選!選定ポイントや機能を解説

文章作成

文章生成AIとは、人工知能を利用して文章やテキストを自動で生成する技術のことを指します。具体的には、大量のテキストデータを学習することで、特定のテーマや要求に応じて文章を作成する能力を持っています。

ここでの「学習」とは、AIが過去のデータを元にパターンを学ぶことを指します。例えば、何千冊もの本や記事の内容をAIに読み込ませると、AIは文章のパターンや文法、単語の使い方などを学びます。

具体的な使い方としては、このようなAIを使ってニュース記事を自動で生成したり、小説や詩を作成することも可能です。また、ユーザーの質問に答えるチャットボットの返答や、商品の説明文を自動生成するといった商用利用も増えてきています。

画像作成

画像作成AIは、人工的に生成された画像を作り出す技術のことを指します。具体的には、データを学習することで、新しい画像やアートを生成することが可能です。

例えば猫の画像のデータを学習させれば、存在しない猫の新しい画像を作り出すこともできます。もしもデザイナーとして、新しいデザインのインスピレーションが欲しいと感じたとき、画像生成AIを利用して既存のデザインデータから、新しいデザインの提案を受けるといった使い方も可能です。

Stable DiffusionやMidjourney、Bing Image Creatorなどが代表的な画像生成AIです。日本語で入力できるツールも増えていますので、手軽に使えるAIツールのひとつです。

動画作成

AIを使えば、動画を作成することも可能です。特に2023年3月には、アメリカのランウェイリサーチ社(Runway Research)からテキストから動画を生成できる「Gen-2」が発表され話題となりました。

テキスト入力だけでなく、ブログやニュースを読み込ませて動画を作成したり、既存の動画から別の動画を作成できるツールもあります。またアバターの生成やナレーション読み上げ機能が搭載されているツールも存在するなど、幅広い機能を活用できます。

プログラミング

プログラミングは、AIが得意な領域のひとつです。AIの登場によって無くなる職業として、プログラマーが挙げられることも多いです。たとえばWebサイトを作りたい時、構築したいイメージをAIに伝えると、AIがコードを書いてくれます。

またゼロからサイトを構築する場合に限らず、コードがうまく書けない時のアドバイスをもらうことも可能です。現在のコードとうまくいかない部分をAIに伝えると改善点を教えてくれます。

さらにコーディングにおいては、いかに見やすく書くかも重視されます。AIを活用することで、見やすく書きやすいコードのアドバイスをもらうことも可能です。

動画編集

動画編集の分野でもAIの技術を活用することで、編集の作業が効率的になります。いままで手動で行っていた作業をAIに任せることによって、より高品質な動画を手軽に作成できます。

具体的には、動画の中から重要なシーンやハイライトを自動で選び出すことが可能です。スポーツの試合の中から得点シーンだけを自動で抜き出すことも、全てのシーンを確認しなくてもできます。また動画の色味を調整する作業も、AIによって自動化されています。映像が暗い、または色が偏っている場合など、AIが自動で修正してくれます。

さらに古い動画や低品質な動画からノイズを除去できる「ノイズリダクション」や、動画内の人物を認識し特定の人物の顔をモザイクやぼかしで隠す作業もできる「顔認識・ブラー効果」もAIでできます。

プロンプトエンジニアリング

プロンプトとは、AIに対して指示する言葉のことです。くだけた表現では「呪文」と呼ばれることもあります。例えば、AIに「東京の天気は?」と尋ねると、AIは東京の天気に関する情報を返してくれます。この「東京の天気は?」という部分がプロンプトです。

プロンプトエンジニアリングは、どのようにAIに質問や命令をするか、その方法を工夫することでより正確で有用な回答や出力を得るための技術や手法のことを指します。

たとえばライオンが草原を走っている画像が欲しい場合、あるAIモデルに「ライオン」とだけ伝えたとしましょう。AIは寝ているライオンや、餌を食べているライオンの画像を生成するかもしれません。そんな時に、プロンプトエンジニアリングの技術を用いて、草原を走っている画像を生成するようなプロンプトを考えるのがプロンプトエンジニアの仕事です。

AIで稼ぐ方法10選

AIで稼ぐ方法10選

ここでは具体的にAIで稼ぐ方法として、以下を紹介します。無料で始められる方法もありますので、自分に合った稼ぎ方がないか探してみてください。

  1. ライター

  2. ブログ運営

  3. 書籍出版

  4. 文字起こし

  5. SNS運営

  6. 画像・イラスト販売

  7. ファンサイト

  8. Webサイト作成

  9. 動画編集

  10. プロンプト販売

1.ライター

AIで稼ぐ方法の1つめは、ライターです。テキストを生成するAIを使えば、メディア記事やコンテンツの文章を書けます。AIを使ってライターとして稼ぐ場合、まずはどのAIライティングツールを使用するかを選びます。多くのツールが市場に出ていますが、それぞれのツールには得意とする分野や特徴があります。

例えば、ブログ記事を書くのに適したツール、広告文を生成するのに特化したツールなど、目的に応じて選ぶことが大切です。クライアントから提示されたキーワードに沿って、AIで文章を作成することで報酬を得られます。また本文の執筆だけでなく校正や誤字脱字チェックもできますし、画像生成AIを使えば記事の途中に挿入する画像を作ることも可能です。

2.ブログ運営

ブログ運営も、AIを活用してできる副業のひとつです。ブログ運営とは、Web上にテキストコンテンツをアップして、広告収入やアフィリエイト収入を得ることです。ライターと似ていますが、ライターにはクライアントがいるのに対して、ブログ運営ではクライアントがいません。

そのため記事のテーマや骨格も自分で作る必要がありますが、ブログ記事を書くのに特化したAIツールも存在します。検索上位に表示するためのSEO対策をしてくれたり、構成の作成もできます。また日本語として表現に違和感がある部分や、読みやすい記事になるようにアドバイスをしてくれるAIツールを活用すれば、良質な記事を書けるでしょう。

3.書籍出版

文章を生成するAIを活用して稼ぐ方法に、書籍出版があります。自分の経験や小説などを執筆し、Kindleなどのプラットフォームで書籍として出版する方法です。

自分の経験をAIに伝えたうえで書籍化したいことをAIに伝えれば、書くべき順番や具体的な構成案を提示してくれるでしょう。また小説を書きたい場合は「AIのべりすと」といった、小説の執筆に特化したAIツールがおすすめです。ストーリーのタイトルを提案してくれるだけでなく、読み進めやすいような構成案を共有できます。

本文執筆以外にも文法や表現をチェックしたり、画像生成AIを使うことで表紙のデザインも作成できます。他にも市場分析など幅広い領域でAIが活用できます。

4.文字起こし

音声データをテキスト化する文字起こしも、AIを活用してできる副業です。たとえば会議や講演会の音声データを受け取って、AIに読み込ませることで文字起こしができます。

AIを使った文字起こしツールとしては「Notta」がおすすめです。理由は高品質なAIを搭載しているため、様々な分野において活用できるからです。例えば文字起こし機能を使うことで議事録作成が容易になりますし、内容を要約したい場合もAIを使えば数分でできます。

クラウドソーシングサイトで「文字起こし」で検索すると多くの案件が表示されることからも、文字起こしの需要が高いことがわかります。ライティングスキルがなくてもできる副業ですので、興味がある方は試してみてください。

Notta会議文字起こし

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

cta1

5.SNS運営

テキストを生成するAIでできる副業には、SNS運用も含まれます。XやInstagramといった、SNSに投稿する文章をAIで生成する仕事です。短い文章なら自分で書いた方が早い、と思う方もいるかもしれません。AIの活用で得られるメリットとして、自分では思いつかないようなアイデアを得られることがあります。

そもそもどんなアカウント運用をすべきかの方向性を相談することもできますし、テーマを与えることで投稿文を生成することもできます。またどんな投稿が高いインプレッションを獲得できるか、相談することも可能です。加えてAIは市場分析もできますので、多くの反応を得られる投稿文を生成できるでしょう。

6.画像・イラスト販売

MidjouneyやStable DiffusionといったAIで生成した画像を、販売することも可能です。利用者が無料で画像をダウンロードしても、枚数によって投稿者に報酬が支払われる仕組みです。

AIツールによってはワンクリックであとは放置しておけば、AIが画像を生成しつづけるものもあります。大量に生成してアップロードすることで、より多くの報酬が期待できる可能性があります。

また最近では、画像でAIに指示を出せるツールも登場しています。画像入力機能を使うことで、自分が作りたい画像のイメージを容易にAIに伝えられるでしょう。上級者になるとAIで生成したイラストで、マンガを執筆しているクリエイターもいるほどです。

7.ファンサイト

主にイラストや画像をAIで生成し、ファンサイトに登録することで報酬を得ることも可能です。ファンサイトで稼ぐためには自身のコンテンツの方向性を統一することが重要です。例えばキレイな風景の画像や、かわいいアニメのイラストなどを継続的に投稿するのがおすすめです。

自身のコンテンツを多くの方に見てもらうためのSNSの運用も、AIで行えます。文章生成AIで作った投稿文と、画像生成AIで作ったコンテンツを投稿することで、簡単に宣伝することができます。

コンテンツでファン化できれば、サイトの登録料だけでなくグッズ販売などの収益も見込めます。画像自体を販売できるプラットフォームもありますので、気になる方は調べてみましょう。

8.Webサイト作成

AIを使うことでプログラミングの知識が浅い方でも、Webサイト制作の仕事を受注できます。ChatGPTといったテキスト生成AIで、デザインやコードの書き出しを自動化できます。もちろんプログラミングの知識が豊富な方なら、自分の手を動かすことなくコーディングできますので、大幅な時間の短縮につながります。

またゼロからコードを書くだけでなく、より効率的なコーディングに対するアドバイスをもらうこともできるでしょう。上手くWebサイトが機能しない場合も、AIに質問するだけで誤りを見つけることも可能です。

9.動画編集

進化を続けるAIを使えば動画制作の工程を自動化でき、効率的に高品質な動画編集で稼ぐことも可能です。AIに動画を読み込ませるだけで、超時間の動画を編集できます。もちろん人間の目で見て微調整は必要ですが、はじめから手作業をするよりはるかに効率的です。

またカットなどだけでなくテロップの挿入もAIで自動化できます。動画から音声を読み込んで、適度なタイミングでテロップが挿入されます。音声入力の精度によって誤字脱字があるかもしれませんが、最終的なチェックで修正すれば問題ありません。

YouTubeなどの動画投稿サイトで使う動画には、台本が必ず存在します。台本もAIで作成すれば、動画に関して幅広い作業を請け負うことも可能です。

10.プロンプト販売

最後に紹介する稼ぎ方は、プロンプト販売です。AIを活用するためには、指示を出すための文章「プロンプト」が必要です。このプロンプトの品質によって、生成される結果が大きく変わります。

例えば「晴れた空」を画像生成AIに指示したとしましょう。AIは砂浜の画像を出力するかもしれませんし、山や街並みの画像を生成する可能性もあります。つまりプロンプトは、どんな指示を出せばどんな結果が得られるかを考えながら作る必要があるのです。

高品質な生成結果を得られるプロンプトであれば、効率よく結果を得たい人に販売できます。販売する際は、得られる生成結果をサンプルとして提示するのがおすすめです。

AI副業のメリットとデメリット

AI副業のメリットとデメリット

ここでは副業でAIを使った場合の、メリットとデメリットとして以下について詳しく解説します。

  • メリット①作業効率が向上する

  • メリット②コストを削減できる

  • メリット③多様な選択肢から選べる

  • デメリット①個性が欠如する

  • デメリット②常に最新情報を追う必要がある

AI副業を始めてから後悔しないように、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

メリット①作業効率が向上する

AIを使うことで、手作業での作業よりも時間が短縮でき、効率が向上します。たとえばブログ運営の副業をする場合を考えてみましょう。通常、記事を書く際にはリサーチや情報収集が必要ですが、AIを使えばこの作業を高速化することができます。また、文章の推敲や校正もAIがサポートしてくれるので、手間が大幅に削減されます。

さらにAIツールを利用することで、繰り返し行われる作業であるルーチンタスクを自動化することも可能です。本業が忙しく時間がない方でも時間を有効に活用し、より多くの仕事や他の有意義な活動に時間を費やすことができるようになります。

メリット②コストを削減できる

AIを副業に取り入れることのメリットとして、コストの削減が挙げられます。ここでいう「コスト」とは、時間やお金、人的資源など、副業を運営するためにかかる費用やリソースのことを指します。

たとえばライターの場合、ライティングに必要なツールを購入することもあります。検索ワードを調べるSEOツールや、文章に誤りがないかを調べる校正ツールなどです。いずれのツールも有料の場合があり、課金することで無料では使えなかった機能が使えるようになります。

AIを活用することでライティングツールに課金しなくても、検索ワードを調べられたり校正できるようになります。ツールに課金していたお金が節約でき、コスト削減につながるわけです。

メリット③多様な選択肢から選べる

AIで副業を行うメリットの3つめは、多様な選択肢から選べることです。たとえばイラストや絵が苦手な人でも、画像生成AIを使うことでイラスト販売などで収入を得られます。

これまでであれば、知識を身につけるために長い時間をかけて勉強する必要がありました。また収入を得られるほどのスキルを習得するためには、何度も試行錯誤を繰り返さなければいけませんでした。しかしAIは膨大な量のデータを読み込んでいますので、短い時間で質の高いコンテンツを作ることが可能です。

画像やイラストに限らず、文章を生成してライティングやSNSの投稿文を作成する副業もできます。AIを活用することで、自分ひとりではできなかった領域に挑戦することが可能になりました。

デメリット①個性が欠如する

副業にAIを活用するにあたり、「個性が欠如する」という問題点が指摘されることがあります。AIはデータやアルゴリズム(計算手順やルール)に基づいて動作します。そのため、同じ入力に対しては常に同じ出力を返す傾向があります。これは一貫性があり効率的であるというメリットがある一方、個人の感性や独自性を持ち込むことが難しくなります。

例えばあるライターが副業として、文章を書く仕事をしているとします。このライターがAIを使って文章を生成すると、その文章はデータに基づいて最も適切とされる表現を選ぶ傾向があります。その結果、多くの人々にとって分かりやすく、一般的に受け入れられる文章ができ上がります。しかしその文章にはライターの独自の視点や感性、スタイルが反映されにくいという問題が生じます。

AIを利用することで生産性や効率性は上がるかもしれませんが、それと同時に「個性」や「独自性」といった要素が犠牲になる可能性が高まります。特に創造的な仕事や芸術的な仕事において、大きなデメリットとなるでしょう。

デメリット②常に最新情報を追う必要がある

副業にAIの効果を最大限生かすには、常に最新情報を追う必要があることも覚えておきましょう。AI技術は日進月歩で進化しており、新しい研究や技術が絶えず発表されその都度、最適な方法やツールが登場しています。

ChatGPTが登場したのは2022年11月でした。しかしその後、2023年2月にはGoogleのBardが発表され、同時期にMicrosoftのAI「Bing AI」が登場しています。画像生成AIでも、MidjouneyやStable Diffusionのあとに続々と新たなツールがローンチされています。

また使い方も常に進化を続けているため、AIを効率敵に使いつづけるためには常に最新の情報をチェックしておく必要があります。

AI副業の注意点

AIで稼ぐ方法

副業でAIを使う際の気をつけるべきポイントとして、以下の5つについて解説します。

  • 誤った情報が出力される場合がある

  • セキュリティのリスクがある

  • 著作権を侵害する可能性がある

  • AIに依存してはいけない

  • 常に学び続けなければならない

どんなツールにも注意点はありますので、しっかりと把握してAIを上手に使いこなしましょう。

誤った情報が出力される場合がある

特に初心者の方にとって重要なのが「誤った情報が出力される場合がある」という問題です。AIは過去のデータを元に学習し、新しい情報や問題に対する答えを導き出すことができます。しかしこの学習データが不完全または偏っていると、誤った結果を出力することがあります。

例として、ブログ記事の作成のためのAIライティングツールを使用するケースを考えてみましょう。あるテーマに関する記事を書くために、AIに指示を出したとします。AIはインターネット上の情報や、過去に学習したデータを元に記事を生成します。しかしAIが誤った情報や偏った視点を学習していた場合、生成された記事もその誤情報や偏見を反映してしまう可能性があります。

またAIが、完璧な答えを出力すると考えてしまうのは危険です。AIも間違いを犯すことがあり、常にその結果を人間がチェックし、正確性を確認する必要があることは覚えておきましょう。AIはあくまでツールの一つであり、その出力結果は絶対的なものではないということを理解することが大切です。初心者の方はAIの結果を鵜呑みにせず、常に批判的な目で情報を評価し確認作業を怠らないようにしましょう。

セキュリティのリスクがある

AIを使う際にはセキュリティのリスクが伴うことも重要なポイントです。たとえば、AIを学習させるために使用するデータが第三者に漏れる恐れがあります。個人情報を含む写真や文書をAIに学習させる場合、それらのデータが不正にアクセスされると、個人のプライバシーが侵害される可能性は否定できません。対策として、データを暗号化して保存したり、不要なデータは削除したりといった方法が考えられます。

またIoTのセキュリティに関するソフトウェアとサービスを提供している「BlackBerry」が、2,000人の意思決定者に対して生成AIに対する意識調査を行いました。回答した企業の75%は、「ChatGPT」をはじめとする生成型AIアプリケーションの利用を禁止していたのです。

それほど、セキュリティに対する姿勢が慎重であることが分かります。AIを副業に活用する際は、リスクも承知したうえで取り入れるかを判断しましょう。

著作権を侵害する可能性がある

AIを使用する際には「著作権侵害」というリスクが潜んでいます。著作権とは、簡単に言えばオリジナルな作品を創作した人がその作品に対して持つ権利のことを指します。例えば有名な小説や音楽、映画などには著作権が存在し、無断でコピーしたり再配布したりすることは法律で禁じられています。

AIを使って何らかのコンテンツを生成する場合、そのコンテンツが既存の著作物と似てしまうことがあります。AIを使って小説や記事を生成した場合、その文章が既に存在する小説や記事と類似していると、著作権を侵害してしまう可能性は否定できません。

またAIが画像やデザインを生成する場合も、同様のリスクが考えられます。ある企業のロゴやキャラクターに似たデザインをAIが出力してしまうと、それを利用することは商標権や著作権を侵害することにつながります。

著作権侵害のリスクを避けるためにはAIの出力結果を常に確認し、疑わしい部分や類似している可能性がある部分は削除または修正することが重要です。また自分のオリジナル性を加えることで、他人の著作権を侵害するリスクを軽減できます。

AIに依存してはいけない

副業でAIを活用することは、作業の効率化や新しい可能性を探るための素晴らしい方法です。しかし、その利点を最大限に活用するためには、「AIに過度に依存しない」というポイントにも注意してください。

AIの出力内容は、学習データやプロンプトと呼ばれる指示文のクオリティに依存します。つまりもともとのデータが不正確であったりユーザーの指示が不適切だったりすると、期待する結果が得られないことがあるのです。具体例としてAIを用いて文章を作成する場合、その文章はAIが学習したデータに基づいていて生成されます。時として意味が不明瞭になったり、ユーザーの意図とは異なる内容になることが考えられます。

AIは非常に便利なツールで、副業での作業効率化に貢献する可能性が高いですが、それに過度に依存することなく、常にその出力内容を検証し、情報の取り扱いには注意を払うことが重要です。

常に学び続けなければならない

とめ

今回は、AI副業について詳しく解説しました。内容を簡単にまとめると以下のとおりです。

  • AIを使えば文章やデザインスキルが無くても副業を始められる

  • ツールとマネタイズ方法の組合せで幅広い選択肢で稼げる

  • 最後には人間の目でチェックが必要

時代の進化に伴う最新技術を活用することで、副業で稼げるチャンスが広がっています。画像生成AIならMidjouneyやStable Diffusion、テキスト生成ならChatGPTなど無料で始められるAIツールもあります。

文字起こしができるAIツール「Notta」は、無料でも月120分(リアルタイム文字起こし:1回につき3分まで、音声ファイルの文字起こし:1回につき5分まで)の文字起こしが可能です。気になる方はNotta公式ホームページから試してみましょう。

cta3
いつでも、どこでも音声を文字にする。

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

to top