AIツール

AIツール100選!選定ポイントや機能を解説

  • AIツールで何ができるか知りたい

  • 活用するメリットを知りたい

  • どんなAIツールがあるのか分からない

「AI元年」と呼ばれる2023年現在、多くのAIツールがあり機能や特徴などを追いきれない方も多いと思います。今回は、カテゴリ別におすすめのAIツール100選を紹介します。

活用するメリットや選ぶ際のポイントも解説しますので、最新のAI技術・ツールを使いたい方は必見です。多くのツールを紹介しますので、AIの導入を検討している方は最後までご覧ください。

AIツールとは

AIツールとは、人工知能(AI)技術を活用して特定のタスクをサポート・自動化するプログラムやアプリのことです。人間の知能を模倣して再現する技術で「機械学習」や「深層学習(ディープラーニング)」の技術が駆使されています。

機械学習とはコンピューターに多くの情報を与え、パターンや規則を学習させる手法です。また深層学習は、ニューラルネットワーク(人間の脳神経系を数理モデル化したもの)を使って、複雑な認識や予測が可能になる技術のことです。

AIツールを活用すれば、記事の要約や議事録作成・顧客サポート・動画作成・音声合成ツールなど、さまざまなことができるようになります。例えば会議のたびに文字起こしをして議事録作成といった業務をはじめ、人間が手作業でおこなっていた作業を自動化できます。

人間の手でこなしていた業務をAIツールで代用することで、生産性アップにつながりビジネス成長に大きく貢献するでしょう。

AIツールを活用するメリット

AIツールの活用は、多くの業務において効率化をもたらし、さまざまなメリットを提供します。具体的なメリットについて、事例を挙げながら説明します。

  • 作業効率の向上

AIツールは繰り返しおこなう作業を自動化し、人間の手間を軽減する効果があります。例えば大量のデータを分析する際、AIは高速でデータ処理をして傾向やパターンを把握することが可能です。

結果的に人手による作業の時間が大幅に減り、より短い時間で成果をあげられます。製造業では工場内の機械の運用監視をAIに任せ、24時間体制で安定した運用を維持している例もあります。

  • 人材不足の解消

多くの業界で人手不足が叫ばれている昨今、AIツールを活用することで解消につながるのもメリットです。例えば企業の経理業務やデータ入力の作業においては正確性が求められ、時間も要します。

しかしAIツールを活用すれば、請求書から必要な情報を抽出して帳簿に記録する作業もできます。また大量のデータ入力作業もAIに任せることで、人手不足によるストレスやミスを軽減しデータの正確性向上に役立ちます。AIツールの導入によって人材不足を補いながら、効率的な業務・事務処理が実現できるでしょう。

  • コスト削減

AIツールの導入は、コスト削減にもつながります。例えば顧客対応チャットボットは24時間の稼働ができるため、人手によるカスタマーサポートの必要性・人件費を減らせます。

またAIツールによる業務効率化によって、残業時間の減少や少数精鋭で稼働できるようになるでしょう。一人ひとりの負担を減らしたうえで効率を最大化すれば、ビジネス拡大・優秀な人材確保にもつなげやすくなります。

AIツールの選定ポイント

AIツールの選定は、企業や個人が導入するときに慎重に検討すべきポイントです。以下の3つのポイントを抑えて、どのツールを選べば良いのかを検討しましょう。

  • 自社の目的に合っているか

AIツールを選ぶとき、まず企業における導入の目的とツールに含まれる機能が一致しているかの確認が必要です。さまざまな高性能の機能を有していても、自社に必要な機能が無ければ導入しても意味がありません。

例えば小売業の場合、顧客の購買傾向を予測するAIを導入することで販売戦略の最適化が可能です。また製造業では、生産ラインの最適化を目指すAIツールが適しています。

導入前に「どんな機能が欲しいのか」「業務の効率化を図れそうな部分はどこか」を話し合うことで、必要な機能を見つけられます。目的に合わせたツール選定は、生産性の向上や収益アップ・事業拡大につながります。

  • 初心者でも使いやすいか

AIツールを利用するうえで、わかりやすい画面設計・使いやすさが重要です。特に初心者にとって、使い方や設定がわかりやすいかがポイントとなります。

例えばITに苦手意識のある方でも、直感的なインターフェースを持つツールであれば抵抗なく受け入れられます。ただし、操作性だけでなく機能や性能も大切になるため、バランスが大切です。初めてAIツールを導入する企業は、導入から運用までのサポート体制が充実している点も考慮しましょう。

  • コストは見合っているか

AIツールの導入にはコストがかかる場合もあるため、導入コストと提供される価値のバランスも大切です。事前にROI(投資対効果)を評価し、ツールの導入によって得られるメリットがコストを上回るかを考慮しましょう。

例えば顧客サポートの自動化ツールは、従来の人手作業に比べてコストを削減したうえで素早い応答ができます。結果として顧客満足度を上げることに加えて労働コストの削減が図れるため、コストと価値が良いバランスといえます。

AIツールを選ぶときには、まず自社の目標や課題にどれだけ適しているかを考えて、導入を検討していきましょう。

【カテゴリ別】2023年利用可能なAIツール100選

従来私たちがおこなってきた作業は、AIツールで代用できるようになってきました。うまく活用するには、使用するAIツールに「どんな機能・強みがあるのか」を知っておく必要があります。

本章では、AIツール100選を以下のカテゴリで分類しています。

  • 画像生成AIツール10選

  • AIチャットツール21選

  • AI議事録自動作成ツール18選

  • AI文章作成ツール13選

  • AI音声合成ツール8選

  • AI動画生成・編集ツール15選

  • AI翻訳ツール15選

それぞれのAIツールの魅力ポイント・機能・強みなどを紹介しますので、これから導入を考えている方は検討してみてください。

画像生成AIツール10選

ここでは、最新のAI技術を搭載した画像生成ツール10選を紹介します。

1.Stable Diffusion

Stable Diffusion — Stability AI Japan画像生成

Stable Diffusionは、2022年にドイツの研究グループを中心に開発した画像生成AIツールです。Stable Diffusionの魅力は、内蔵された「潜在拡散モデル」アルゴリズムにあります。ユーザーはアルゴリズムを理解する必要がなく、プログラムを書かずにテキスト入力だけでクリエイティブな画像を作成できます。

特に英文によるプロンプトに対して正確な結果を出力するため、英文作成が得意なデザイナーやクリエイターに最適です。またオープンソースとして提供されているため、無料で利用できる点も魅力のひとつです。専門的な知識が不要で、アイデアを形にできる強みを持っています。

2.Midjourney

Midjourney AI画像生成

Midjourneyは、チャットサービス「Discord」を介して利用できるAIツールです。自分専用のサーバー(チャンネル)で使えるため、カテゴリ・用途別に利用できるのがポイントといえます。

またChatGPTとMidjourneyを組み合わせることで、さらなる効率化・高性能の出力ができます。Midjourneyのプロンプトは英語のみとなっているため、ChatGPTで日本語から英訳を生成するとよいでしょう。公式のように型を決めてしまえば、一部変更するだけでどのようなプロンプトにも対応します。

また有料プランに加入することで、画像生成の枚数が無制限になったり商用利用ができたりします。画像生成する機会が多い方や、画像を使ったマーケティング展開をしたい企業におすすめです。

3.DALL・E2

DALL·E 2 - OpenAI画像生成

DALL・E2(ダリツー)は、ChatGPTを開発したOpenAI社が提供するサービスです。おかしな文章を入力しても、単語から要素を取り込んで画像生成をします。他の画像生成AIよりも、クリエイティブな画像を作成できるのがポイントです。

プロンプトは、日本語よりも英語のほうが高精度な画像を作れるため、英語力を高めることでハイクオリティな画像が生成できます。初回登録時のクレジット・毎月の付与クレジット内であれば、基本的に無料で使えます。違う視点でのアイデアが欲しいデザイナー、既存のイラストに要素を追加していきたいという方におすすめです。

4.Canva

CanvaAI画像生成

Canvaは、オーストラリアで開発されたwebブラウザ上で利用できるデザイン作成ツールです。テキストを入力して、生成する画像のスタイルを選ぶだけで、誰でも簡単に画像作成ができます。絵画や写真など、出力形式を選べるため、絵画風にして自宅のインテリアとして飾ることも可能です。

Canvaはアプリも存在するため、PCに限らず、スマホ・タブレットでも使えます。外出先でひらめいたアイデアを、手軽に画像として生成もできるでしょう。Instagramをはじめ、各種SNSの投稿画像を作成したい方におすすめです。

5.Bing Image Creator

Bing イメージクリエーター画像生成

Bing Image Creatorは、Microsoft社が開発したAIツールです。Microsoftアカウントを持っていれば、誰でも無料で使えます。画像生成には先述した「DALL·E2」が用いられており、プロンプトを入力することで文章に適した4枚の画像を出力します。

また自動入力で生成された画像に、任意でアレンジを加えることも可能です。「お任せで探す」機能を使えば、自動でプロンプト入力が行えます。「プロンプトが思いつかない方」「まずはどんな画像が自動で作れるか知りたい方」におすすめのツールです。

6.Artguru

Artguru画像生成

Artguruは、オンラインのAIアート作成ツールです。テキストによる画像出力に加え、写真から画像・AIアバターの作成もできます。どのデバイスからもアクセスできるのはもちろん、AIアバターを無料で生成できることも大きな特徴の一つです。

豊富なアバタースタイルが特徴であり、自社ブランドや個人のイメージに合うようにカスタマイズできます。オンラインゲームやソーシャルメディアのアイコンを目立たせたり、他社との差別化を図ったりしたい方におすすめです。

7.AIピカソ

AIピカソ AIアバター画像生成

AIピカソは、スマホやタブレットで使える画像生成アプリです。フリー素材で有名な「いらすとや」とコラボしており、生成時の任意で選べるスタイルに「いらすとや風」が用意されています。また先述した「Stable Diffusion」が活用されているため、質の高い画像が生成されます。

AIアバターに加え、被写体の顔写真をベースとした「AIプロフィール」も生成できるのが大きな特徴です。SNSやコミュニティでのアイコンで「顔は出したくないけど、雰囲気は掴んでもらいたい」という方にぴったりといえます。

8.SNOW

snow スノーAIプロフィール AIアバター画像生成

SNOW(スノー)は、誰でも簡単にAIアバターを生成できるスマホアプリです。もともと2015年からリリースされており、カメラに移した被写体に装飾する機能などで人気を博しました。

AIプロフィール機能では、セルフィを10枚ほどアップロードすることで360円~720円で、1日以内に作成できます。フォトスタジオで撮影したかのような高品質なプロフィール写真が生成できるのが特徴です。基本的に有料ですが、クオリティの高いAIアバター・AIプロフィールをアプリで手軽に作成したい方におすすめします。

9.お絵描きばりぐっどくん

お絵描きばりぐっどくん AI画像生成

お絵描きばりぐっどくんは、SNSアプリ「LINE」で利用できるツールです。公式LINEを追加して、描きたい絵を表す言葉(日本語or英語)を送信することで、画像化されて返信されます。

画像作成のシステムとして「Stable Diffusion」が使われているため、クリエイティブな画像を作成できるでしょう。自分の創造するアイデア・具現化したい言葉を、画像としてサクッと生成できるのがポイントです。使い慣れたアプリ内で利用できるため、新しいシステム・アプリの導入に抵抗のある方にもおすすめです。

10.PhotoDirector

PhotoDirector写真加工 背景加工アプリAI画像生成

PhotoDirectorは、サイバーリンク社が提供するツールです。2023年5月に搭載されたAIアバター機能を活用することで、各ユーザーが自分のAIアバターを作れます。13~20枚の写真をアップロードすれば、自分に似たAIアバターを最大200種類ほど生成可能です。

油絵や水彩画の絵画スタイル、宇宙飛行士などオリジナリティあふれる斬新なアバターが作り出せます。数多くの画像生成アプリがあるなかで、「他の人と被りたくない」「自分の個性を出したい」という方におすすめのアプリです。

AIチャットツール21選

AI技術のなかで、チャットツールがもっとも身近で使う機会が増えているのではないでしょうか。本章では、AIチャットツール21選を紹介していきます。

11.ChatGPT

ChatGPT AIチャット

ChatGPTは、openAI社が開発した、世界に大きな影響を与えているチャットツールです。最大の特徴は、自然な対話をしながら自己学習をして柔軟に対応できるところです。質問したことに対して、ほんの数秒で高精度な返答をします。

単に返答するだけでなく、間違いを指摘したり、回答を訂正したりと膨大なデータをもとに応えます。例えば「AIチャットツールの魅力を教えて」と入力すれば、素早く返答してくれるでしょう。無料でも利用できるため「どんな感じなのかまずは使ってみたい」「検索する手間を省きたい」という方におすすめです。

12.Bard

Bard AIチャット

Bardは、Googleが開発したAIツールです。2023年から日本語に対応し始め、現在は試験運用の段階ということもあり全ての機能を無料で利用できます。

Google検索エンジンの情報が取り込まれているため、最新の情報にも対応しているのがポイントです。またGoogleで提供している他サービス(GmailやGoogleドキュメント)とも連携しています。Googleアカウントを所有していれば誰でも使えるため、手軽さも魅力的です。最先端ツールを試してみたい方に最適なツールといえます。

13.Notion AI

Notion AIチャット

Notion AIは、メモ・タスク管理をはじめとしたデータベースを一元管理するNotionで使えるツールです。文章の要約や添削、ブログ記事の生成もできるのが大きな特徴です。また営業・求人メールや広報において重要なプレスリリースも作成できます。

Notion AIはChatGPTのGPT-3をベースに作っているため、文章の校正や簡単な翻訳などには十分な機能といえます。普段の業務でNotionを使っている企業や個人の方には、特におすすめできるAIツールです。

14.Bing 

Bing AIチャット

Bingには、Microsoft社が提供する検索エンジンに、モデルGPT-4が搭載されている「BingAI」があります。検索機能に「AIチャットボット」によるチャット機能が追加されているのが特徴です。BingAIは質問したことに対して検索したうえで応えてくれるため、的確かつ最新の情報を入手できます。

またセキュリティにも気を配り、不審なトピックになると会話を終了する仕組みも採用されています。感情や文脈への対応には課題があるものの、ビジネスや専門分野での情報検索に優れたツールです。

15.LINE bot「AIチャットくん」

LINE bot「AIチャットくん」 AIチャット

AIチャットくん」は、LINEのなかでChatGPTが使えるツールです。2023年3月にリリースされてから半年も経たない内に登録者数が200万人を超えています。無料版だと、1日ごとのやり取りに上限がありますが、使える機能に変わりありません。

メール作成や文章の要約をはじめ、日常で使う機会が多いLINEで導入できるため、抵抗も少なく始められるでしょう。また音声入力の機能も備わっており、テキスト入力が面倒に感じる方にも便利なツールです。

16.PKSHA Chatbot

国内シェアNo.1 AIチャットボット PKSHA Chatbot

PKSHA Chatbotは、チャットボット市場・FAQシステムでNo.1を獲得している実績のあるツールです。自社グループで独自のAIエンジンを作成しており、ビックデータをフル活用した辞書データが組み込まれています。顧客との対話を踏まえて学習していくため、より高度な自動応答が可能です。

誰でも見やすいインターフェースで、専門知識がなくても対話性能を向上できます。またteamsやslackからも利用できるため、導入に即してのダウンタイムも大幅に減るでしょう。カスタマーサポートを中心とした企業やスムーズな顧客対応をしたい企業におすすめです。

17.Enoki

えのきEnoki AIチャット

Enokiは、5つのAIエンジンを駆使して、日本語の特性を理解したうえで自然な対話を可能とするAIツールです。LINEをはじめとしたクラウドサービスやオンプレミス型のサービスとの連携もできます。自社サービスのバックエンドとして導入すれば、24時間体制のチャット対応も実現できるでしょう。

また、自社製品のマニュアルなどをPDFやWordでEnokiに読み込ませると、自動でQ&Aを生成します。「チャット対応を導入したい」「自社に対するQ&Aを作りたい」方は、ぜひチェックしてみましょう。

18.PrimeAgent

PrimeAgentプライムエージェント AIチャット

PrimeAgentは、複雑な質問に対しても柔軟に対応できるAIチャットツールです。専門知識不要で誰でも容易にメンテナンスができること・外部システムとの連携など自由にカスタマイズできます。日本語をはじめ、他6言語(英語・中国語・韓国語など)に対応するため、海外支店のある会社にも導入可能です。

回答が難しくPrimeAgentで対応できない場合は、オペレーターにつなぐシームレス連携も搭載しています。顧客対応を充実させたい方やAIツールを簡単に導入したい方におすすめです。

19.Karakuri

Karakuriカラクリ AIチャット

Karakuri(カラクリ)は、カスタマーサポートに特化したAIチャットボットです。現場担当者が操作する前提の画面設計になっているため、初めての方でも迷わず使えます。特にKarakuriは導入前後のサポートが充実しているのが特徴で、チャット設計から構築を代行します。

運用開始後も、専門のスタッフが定期サポートしてくれるため、安心して運用できるでしょう。各企業の抱える課題に応じて、ツールを用いて解決できるように柔軟なカスタマイズも可能です。社員が少ない企業や導入に不安な方に最適なツールといえます。

20.Perplexity AI

Perplexity AIチャット

Perplexity AIは、世界初のAIによる対話型検索エンジンです。多くのAIツールは会員登録が必要ですが、Perplexity AIはログイン不要かつ無料で基本機能を使えます。入力したテキストの内容に応じて、ネット上から検索して最新情報を取得し、要約したうえでの出力が可能です。

検索した情報には、それぞれ出典元も表示されるため、情報の信ぴょう性もあります。正確な情報を素早く知りたい方や登録の手間を省きたい方におすすめです。

21.ChatSonic

ChatSonic AIチャット

ChatSonicは、ChatGPTのモデルGPT-4をベースとしたAIツールです。Googleと連携しているため、トレンドや信ぴょう性の高い情報を容易に取得できます。テキスト入力だけでなく、音声によるコマンド入力も可能です。

また画像生成を得意とする「Stable Diffusion」「DALL・E2」もAIモデルに含まれており、デジタルアートも作成できます。用途に応じてツールを使いわける必要がなくなるため、AIツールによる効率化を図りたい方に最適です。

22.Forefront chat

Forefront chat AIチャット

Forefront chatは、GPT-4モデル搭載のAIチャットツールです。会員登録すると、対話したい好きなキャラクターを選べます。会話内容をフォルダ保存したり、コマンドを使って画像生成ができたりします。

通常は有償のGPT-4を、無料で扱えることが大きな特徴です。Webブラウザで使えるため、インターネット環境があればどこからでも使えます。最新のAI技術を無料で使ってみたい方や、チャットツールを検討している企業におすすめです。

23.YouChat

YouChat AIチャット

YouChatは、検索エンジン「You. com」に搭載されているAIチャットツールです。「You. com」は、Googleと同様にサイト検索ができる検索エンジンになっています。「You. com」で検索したときに、検索結果と同時にYouChatによる回答も、画面上に表示されるのがポイントです。

また回答に対して、さらに質問するなどの対話ができるため、解決したい内容を手軽に確認できるでしょう。日々変化する新しい情報をつねに知りたい方・普段と違う検索エンジンを使用したい方に最適です。

24.FirstContact

FirstContactファーストコンタクト AIチャット

FirstContactは、顧客満足度100%を獲得した実績のあるAIチャットボットです。ChatGPTのモデルをベースとしており、自社への質問に「不適切」「回答したくない」内容の設定もできます。Q&Aは、Excelのテンプレートに入力するだけで、更新が完了してリアルタイムでシステムに反映されます。

また対応したチャットデータを分析する機能もあるため、どのデバイス・ブラウザから会話をしたのかも確認可能です。カスタマーサポートを楽にしたい企業や、チャットデータをマーケティング施策に活かしたい企業に最適といえます。

25.SupportChatbot

SupportChatbotサポートチャットボット AIチャット

SupportChatbotは、自然な会話や言語に特化したAIチャットツールです。LINEやchatworkなど、ビジネスで利用するSNSとの連携もできます。チャットで問い合わせのあった内容から、優先度の高い改善ポイントを可視化する分析機能もあります。

導入前から徹底したヒアリングで、自社に合わせたチャットボットを構築し運用後も手厚いサポートを受けられます。顧客が回答しやすいように入力フォームを作成したり、チャットボットと連携したFAQページを作成できたりします。自社サービスのカスタマーサポートを充実させたい企業におすすめです。

26.hitobo

hitoboチャットボット

hitoboは、過去の問い合わせ・対応履歴をインポートするだけでQ&Aを自動生成できるチャットツールです。チャットボットの構築に1ヵ月以上かかるサービスが多いなか、Q&Aだけの追加のため、最長でも2週間で完成します。

運用開始後も簡単にQ&Aを更新でき、また追加すべきQ&Aの自動レコメンド機能もおすすめポイントです。一人につき1IDとなっているため、セキュリティ対策も強固になっています。自社サイトのお問い合わせ対応の改善や、お問い合わせ更新の自動化を図りたい企業に最適なツールです。

27.Chat Plus

Chat Plus  チャットボット

Chat Plusは10,000社を超える企業が導入するツールで、導入コストの低さが特徴です。IT・プログラミングに強い社員がいなくても、チャットボットの設置が誰でも簡単にできます。またIDの共有と同時ログインができるため、利用人数が多いほどお得な点も大きな特徴です。

他にも、チャット画面の配色やフォント、チャットボットの動きなども自由にカスタマイズできます。自社サービスに応じたカスタマイズを自分たちでおこないたい企業・導入コストを抑えたい企業に最適なツールです。

28.RICOH Chatbot Service

RICOH Chatbot AI活用型チャットボット

RICOH Chatbot Serviceは、株式会社リコーが提供するAIチャットサービスです。リコーの独自技術で作られたAIにより、高精度の応答を可能としています。Excelでデータ管理ができ、よくある質問に対する回答を自動化することで、対応者による回答のばらつきも防げます。

またチャットボットにおける会話のシナリオ設定をすることで、チャット動作の制御も可能です。30日間の無料トライアルもあるため、まずはチャットボットを体験してみたい方におすすめのツールといえます。

29.Neoスマボ

Neoスマボ AIチャット

Neoスマボは、専門スキル不要でも導入できるチャットボットです。導入することで、シナリオに沿った対応・言語処理を自動化できます。業務における要件や環境も含めたシナリオ作成ができるため、一度作れば大幅な業務の効率化につながるでしょう。

またNeoスマボの派生サービスとして、自社グループ開発の電話帳や予約システムとの連携も可能です。Neoスマボを導入することで、会議室を予約したり電話帳から探す手間を省いたり、カスタマーサポート以外にも広く対応します。お問い合わせ業務を自動化したい企業におすすめです。

30.hachidori

ハチドリ AIチャット

hachidoriは、Web上はもちろん、LINE・Messengerアプリでも利用できるチャットツールです。チャットボットのなかで、アンケートやお得な情報を届ける「プッシュ配信」や会話を通じての予約も可能になります。またユーザーからのお問い合わせを登録することで、質問に対する回答の幅も広げられます。

他にも、バナー表示やデジタル広告の提供ができるため、Web集客することも可能です。カスタマーサポートを充実させたい企業・販路拡大を図りたい企業に最適なツールといえます。

31.QuickSolutionチャットボット

QuickSolutionチャットボットAIチャット

QuickSolutionチャットボットは、自社のマニュアルやFAQを登録するだけで利用できるAIツールです。顧客とのチャットをもとに評価を行うことでAIが自己学習するため、回答がどんどんブラッシュアップしていきます。

カスタマーサポートとしてチャットボットを設置すれば、24時間対応かつ人件費の削減、リモートワークの促進にもなるでしょう。また文字入力なしで知りたい情報を探せる「Click Navi」も搭載されているため、顧客に親切なサービスです。顧客満足度を向上させたい企業は、ぜひ検討しましょう。

AI議事録自動作成ツール18選

普段の業務のなかで発生する議事録作成の手間をなくすために、AIを使った議事録自動作成ツールを紹介します。

32.Notta

Notta

Nottaはリアルタイム文字起こしに特化している、高精度なAI議事録自動作成ツールです。100万人超のユーザーと500社以上の導入企業を持つ実績があります。会議中や音声ファイル、Webサイトからも高品質な文字起こしができ、録画機能などの機能も備わっています。

文字起こし途中での編集・デバイス間での共有もできるため、ビジネスやプライベートの場でも使えるでしょう。料金プランも柔軟で、特に精度を求めるユーザーや、多言語環境で会議をおこなうグローバル企業に最適です。AIを用いた議事録を自動作成できるツールに興味を持った方は、ぜひ下記の記事も参考にしてください。

【2023最新】AI議事録自動作成ツールを15選徹底解説!メリットやコツも解説

cta3
いつでも、どこでも音声を文字にする。

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

33.YOMEL

YOMEL

YOMELは、コールセンター向けのAI議事録自動作成ツールです。顧客対応のとき、オペレーターの代わりにリアルタイムで会話の内容を文字起こしし、要約もおこないます。オペレーターが直接文字起こしする必要がなく、会話をしながら会話の概要を把握できるのです。

また違反キーワードの自動検出と、コンプライアンス遵守をサポートしています。他にも、自動ログ管理による業務改善点の洗い出し・あいづちチェック・話速を比較する機能が搭載されています。

数値化することで、改善する箇所が明確になるため、コールセンター業務の改善にもつながるでしょう。オペレーターの業務向上を目指す企業に最適です。

34.AI議事録取れる君 

AI議事録取れる君 議事録自動作成

AI議事録取れる君は、AIによる自動要約機能に特化したツールです。音声入力を即座にテキスト化し、AIが小見出しと箇条書きの要約を生成します。ZoomやTeamsなどのオンライン会議ツールとの連携により、文字起こし作業がなくなるため、集中して会議に臨めるでしょう。

また多言語対応や自動翻訳・共同編集機能などがあり、従来おこなっていた業務の効率化を図れます。多様なツールと組み合わせて使えるだけでなく、リンク・メールによって議事録共有も可能です。業務の効率化を考えている方や、さまざまなツールを導入している企業に最適といえます。

35.RIMO Voice

RIMO Voice AIでカンタン文字起こし

RIMO Voiceは、日本語表現に特化したAI議事録自動作成ツールです。高精度の言語処理により、違和感のない日本語で文字起こしができます。自動で段落分けもしてくれるため、わかりやすい議事録が完成するのです。またChatGPTと連携して議事録を要約することで、全部に目をとおさなくても内容を把握できます。

他にもRIMO Voiceの特徴として、テキストと音声がリンクしているためピンポイントで聞きたい部分を探せます。プランも4種類から選べるようになっており、予算によって合わせやすいです。議事録を効率的に作成して、生産性アップを図りたい企業におすすめします。

36. AI GIJIROKU

AI GIJIROKU 議事録の自動作成サービス

AI GIJIROKUは、翻訳機能に特化したAI議事録自動作成ツールです。30ヵ国を超える言語に対応し、リアルタイムで文字起こしされたテキストを別言語で翻訳・音声再生もおこなえます。オペレーター機能を使うことで、より正確な翻訳を依頼できます。

仮に修正した箇所があれば、AIが自動で学習して、さらに高精度な文字起こし・翻訳へとレベルアップしていくのです。音声の認識精度は99.8%を誇り、複数人の話者がいても、自動で話者を判別・特定して議事録を作成してくれます。外国人との業務で翻訳する機会が多い企業や、海外進出を考えて翻訳機能を強化したい企業に適しています。

37.ZMEETING

ZMEETING 議事録自動作成

ZMEETINGは、感情認識エンジンが導入されているAI議事録自動作成ツールです。会議の雰囲気を分析し、感情を認識できることが大きな特徴です。専門的な用語などは、あらかじめ辞書に登録しておくことで簡単に置換できます。議事録を見返したときの漢字変換をする手間を減らせるため、大幅に時間を節約できるでしょう。

また「あー」「えっと」などのフィラーを自動で除去する機能もあり、音声認識率90%の高精度を誇ります。一つの契約でアカウント無制限で導入できるため、コストも抑えられます。会議の議事録作成をする機会が多い方に最適なツールです。

38.AutoMemo

AutoMemo議事録自動作成

AutoMemoは、専用の文字起こしAIボイスレコーダーで議事録を作成できるツールです。2.83インチのボイスレコーダーディスプレイで文字起こし結果を確認できます。録音データは無制限かつ保存期間の制限もありません。

また音声クリアAIによるノイズ除去ができ、ボイスレコーダーから直接クラウド連携することでWebやアプリから確認できます。容量を気にせず作業したい方や手軽に録音・文字起こししたい方、インタビュー時などに最適なツールです。

39.VOITER

VOITER製品 音声合成ソフト読み上げ

VOITERは、企業や公共機関をはじめ、3000社以上の導入実績を誇るライティングレコーダーです。レコーダー本体のみで録音・再生ができ、画面上にリアルタイムで文字起こしされます。日本語だけでなく、英語の文字起こしにも対応しており、最大10m離れていても集音可能です。

テキスト化した内容で文脈がおかしなところはAIが判断して、自動修正もします。高度なノイズ処理機能も搭載しているため、アウトドアでも利用できます。会議やセミナーで使いたい方や、インタビューライターなどにおすすめです。

40.COTOHA Meeting Assist

COTOHA Meeting Assist議事録作成AI

COTOHA Meeting Assistは、音声認識AIを活用した議事録自動作成ツールです。多言語に対応したリアルタイムの翻訳機能により、複数言語・国際会議でも活用できます。発言内容に応じて「タスク」「重要」のようにAIでラベル付けも可能です。

文字起こしする手間を省いて、会議に集中して臨めます。作成した議事録は、テキスト・CSV形式で出力できるため、社内での共有も簡単です。契約していない外部の方も「ゲスト」としてURLから参加もできることにより、突発的な会議にも対応します。

41.AutoMemo S

AutoMemo S議事録作成AI

AutoMemo Sは、AutoMemoシリーズで提供するボイスレコーダーの一つです。長時間の録音・議事録作成にも対応するため、何回も聞き直す必要はありません。全体のキーワード検索をすることで、蓄積された録音データから、目的のデータを見つけるのも簡単です。

録音データをお気に入り登録したり再生速度を調整できたりと、カスタマイズ性も高くなっています。また録音中で大切な部分があれば、ボタンを押すことでブックマーク登録もできます。議事録作成を時短したい方におすすめです。

42.AmiVoice Scribe Assist

AmiVoice Scribe Assist音声認識による議事録作成

AmiVoice Scribe Assistは、録音からリアルタイム文字起こし・テキスト化までワンストップでおこなうツールです。複数人の発言者・発言内容を録音中に学習させるだけで、自動で識別ができます。また自動文字起こしによりテキスト化した内容で誤字があっても、あとから修正するだけで完結します。

テキストと音声がリンクしているため、編集したい部分をすぐにチェックできるのもポイントです。Word・Excel・CSVなど出力形式も豊富なため、さまざまなツールを使用する企業に最適といえます。

43.スマート書記

議事録の自動作成 スマート書記

スマート書記は、セキュリティ重視のビジネス向けのAI議事録作成ツールです。不正アクセスやプライバシーポリシーなどのセキュリティ対策が整っています。アプリ版でも利用できるため、急な会議でもスマホがあれば、議事録を簡単に作成できます。

最大20人まで話者の識別も可能で、大人数の会議にも対応するのもポイントです。録音したデータはすべて暗号化されるので安全に使えます。機密情報を扱う会議をおこなう部署・企業にはおすすめのツールです。

44.AI Conference

AI Conference議事録自動作成

AI Conferenceは、マルチデバイス対応でリアルタイムで文字起こしできるAI議事録自動作成ツールです。ミーティング音声を即座に文字に起こし、CSV形式で書き出しできるため、対面やWebミーティングで議事録作成をスムーズにします。また講師の発話をリアルタイムで文字化したとき、画面共有で「字幕」のように使用すれば、参加者の理解度も向上させられます。

営業会話をメモ化して保管、テキスト化することによる顧客の反応を分析して、営業トークの改善に活かせるでしょう。効率的な営業活動をしたい企業、ミーティング時に発生する事務処理を省きたい企業におすすめです。

45.toruno

toruno会議を文字起こし

torunoは、株式会社リコーが提供するAI議事録自動作成ツールです。会議中の映像や音声・チャットまですべての記録ができ、情報の抜け落ちリスクを解消します。内容の共有も簡単で、大人数の会議でも適用しやすいです。torunoにログインして、開始ボタンを押せばすぐに録音・文字起こしがされるため、直感的に使えます。

また会議のなかの重要な発言もブックマーク機能を使えば見逃しません。会議のすべての要素が保存されるため、必要な情報をいつでも取り出せます。会議の振り返りを楽にしたい方、最新技術を積極的に取り入れていきたい企業におすすめです。

46.RICOH Meeting 360 議事録作成支援

RICOH Meeting 360 議事録作成支援

RICOH Meeting 360 議事録作成支援は、360°カメラ搭載のマイクスピーカーを使ったツールです。文字起こしによるテキスト化はもちろん、会議の映像も残すため、会議の雰囲気も確認できます。また記録した会議の一覧表示・キーワード検索機能を使えば、簡単に過去の重要な発言・会議名も調べられます。

他にも音声とテキストに加え、映像を通じて効果的な会議の振り返りができるのも大きな特徴です。オフィスとリモートを組み合わせた会議や複数人での会議でも使えるため、重要会議をおこなう機会の多い方におすすめします。

47.OPTiM® AI Voice Recorder

OPTiM® AI Voice Recorder業務効率化

OPTiM® AI Voice Recorderは、オプティムが提供するAI議事録自動作成ツールです。録音内容を処理・保存が簡単にでき、すべてクラウド上で完結します。テキスト編集に優れており、修正した箇所がハイライト表示されるため、見返したときに一目でわかります。

またYAMAHAなどの各メーカーと提携し機材を取り入れることで、より高品質な文字起こしを実現しているのもポイントです。クラウド上で高速処理するため、進行が速い会議に適しています。会議に限らず、作業現場からハンズフリーで報告書や日報を入力・作成したい方にもおすすめです。

48.Group Transcribe

Group Transcribe 議事録自動作成

Group Transcribeは、Microsoft社が提供するiOS専用のAI議事録自動作成ツールです。スマホアプリで簡単に文字起こしが可能で、メモを取る手間を省けるため、会議に集中できます。高精度の文字起こしができますが、すべて無料で利用できるのもポイントです(1回の使用時間30分まで)。

80ヵ国以上の国と地域で使用される言語に対応するため、世界中の方とコミュニケーションが取れます。ユーザーファーストのデザイン設計になっており、ITに苦手意識のある人でも簡単に扱えます。シンプルで使いやすいツールを求める方や外国との交流が多い方におすすめです。

49.TalkVisible

TalkVisible 発言録作成支援ソフト

TalkVisibleは、富士通株式会社が提供するAI議事録作成ツールです。専用のマイクを準備する必要がなく、汎用マイク1本で手軽に利用・運用できます。富士通オリジナルのAI技術により、音声が明瞭化され、ノイズ除去も自動でおこないます。

また事前に音声を再生しながら編集できるエディタで、編集部分を繰り返し再生・単語ブロックごとの文字送りも可能です。特許出願済みの「専用エディタ」のため、誰でも簡単にテキスト編集ができます。セキュリティ対策も万全であることから、機密性の高い会議をする企業におすすめです。

AI文章作成ツール13選

文章を作るときには、ターゲットや構成などを考えて本文を書くため時間を要するのが一般的です。ここで紹介するAI文章作成ツールを活用して、文章作成の生産性を上げましょう。

50.Catchy(キャッチー)

Catchy(キャッチー)AI文章作成

Catchy(キャッチー) は、記事作成のサポートや企画を提案してくれるAI文章作成ツールです。日経新聞をはじめとした、各メディアに取り上げられた実績のあるツールです。自然な日本語での出力・広告の案出しを得意としており、ワンクリック10秒で複数の提案をしてくれます。

「サービス名」「サービスの説明文」を入力して「作成」ボタンを押すだけで、複数の広告ディスクリプション案が生成されます。またCatchyに短文を入力するだけで、必要な情報を加筆して出力します。キャッチコピー・アイデアの案出しやマーケティングに使いたい企業におすすめです。

51.文章執筆AI「ELYZA Pencil」

文章執筆AI「ELYZA Pencil」文章作成

文章執筆AI「ELYZA Pencil」は、東京大学のベンチャー企業が提供する国内初の日本語文章執筆AIツールです。独自のビックデータを搭載したAIを使うことで、数個のキーワード入力によりおよそ6秒間で文章を生み出します。

ビジネスメールの作成も数秒で執筆できるため、大幅な時間短縮にもつながるでしょう。キーワードを入れるだけなので、一通ごとに相手や内容によって書き方を変えて文章を作る手間が省けます。またニュース記事や職務経歴書の作成もできます。ビジネスシーンで文章を作成する機会の多い方におすすめです。

52.SAKUBUN

SAKUBUN AI文章作成

SAKUBUNは、文章生成AI「GPT」を応用したライティング支援ツールです。ブログ記事から広告文・商品紹介・YouTube動画の台本まで、さまざまなコンテンツを自動生成してくれます。50以上のテンプレートが用途別に用意されており、わかりやすい画面設計・操作性で手軽に利用できます。

テンプレートから特定のコンテンツを選ぶことで、簡単にブログ記事やECサイトの商品説明など、最適な文章を生成することが可能です。また「年齢」「性別」「趣味」など細かなペルソナ設定もできるため、ターゲットを絞った文章生成も得意としています。マーケティング担当者やブログライターの方におすすめです。

53.Jasper

Jasper AI文章作成

Jasperは、25以上の言語に対応する高性能なAIライティングツールです。代表的な機能には「AIとの対話」「Chrome拡張機能」「SEO対策」などがあります。SNS・広告・SEOブログ・メールなど、あらゆる場面で使える50種類以上のテンプレートがあるのが特徴です。またSEO対策を最適化したコンテンツを5倍速で書けます。

他にも「文章盗用チェッカー」があり、作成されたコンテンツのコピペチェックができます。オリジナリティの担保や読者への信頼につながる部分を素早く確認できます。高品質な記事を効率的に生成したい方におすすめです。

54.PlayAI

PlayAI文章・記事自動作成

PlayAI(ぷれあい)は、入力した冒頭の文章をもとに記事を自動生成するツールです。文章作成ツールとして、アカウントや登録不要で誰でも手軽に利用できます。1記事を生成するのに2~3分ほどかかりますが、バックグラウンド処理ができるため、他の作業に取り組めます。

AIを身近に感じてもらうことを目的に公開しているツールとして、楽しく学べるツールと捉えるとよいでしょう。AI機能に触れてみたい方や小説で使う表現を探している方、ネタ探しをしている方におすすめです。

55.Creative Drive

Creative DriveAIの記事自動作成

Creative Driveは、SEOに特化した記事作成ができるAIツールです。Webサイトにおいて大切なSEO対策に関して、競合分析からコンテンツの設計までを自動でおこないます。独自開発したロジックをもとに、作成する一つの記事を複数パターンも提案してくれます。1万文字程度までの記事を生成できるため、すべて自分で調べて執筆している方は大幅に作業時間を減らせるでしょう。

上位表示を目指したいキーワードを入力して、ボタンを押すだけで見出し・構成・本文を書き出してくれます。またスマホでも利用できるため、移動中やパソコンがない場合でも記事の執筆ができます。ブログ記事やサイト記事を充実させたい方におすすめです。

56.BuzzTai

BuzzTai AI記事自動作成

BuzzTaiは、20種類以上の言語に対応するなかで、とくに日本語に特化したAIツールです。最新のAI技術が使われており、YouTubeタイトルやSNS広告・ブログ記事などをプロライター並みに作成します。

ビジネスの宣伝で重要なコピーライティングの時間を短縮することで、業務の効率化が図れます。例えば「高評価商品レビュー」「クリエイティブな記事」「LINEの企画」など、さまざまな記事を生成可能です。マーケティングに時間を使いすぎている方、高品質な記事をたくさん作りたい方におすすめです。

57.Transcope

Transcope AI文章作成

Transcopeは、SEOに強い文章をAIが自動生成してくれるツールです。ChatGPTのモデル「GPT-4」を搭載しており、競合サイトの分析をした結果を踏まえた文章作成をします。テキストに限らず、画像ファイルやURL・CSZなどのさまざまな入力形式にも対応しています。

画像を読み取ったあと、オプション選択(文字数・言語・雰囲気など)をするだけで、コンテンツ生成が可能です。見出しの構成から本文執筆だけでなく、キャッチコピーも生成します。自社サイトのSEO対策を充実させたい方におすすめです。

58.Rytr

Rytr AI文章自動作成

Rytrは、オリジナル文章をAIが自動で作成してくれるライティングツールです。自分の指定した内容(記事の目的・キーワードなど)から、ブログやメール・広告などのシーンに合わせて生成します。世界中で400万人以上のライターや企業が利用しており、高評価(平均評価は4.9/5)を得ています。

文章トーンは21種類・ユースケース(利用できる目的)は35種類も用意されているため、目的の記事内容が簡単に見つかるでしょう。コンテンツ作成する機会が多い方や文章を楽に作成したい方におすすめです。

59.Autoblogging.ai

Autoblogging.aiブログ記事自動作成

Autoblogging.aiは、キーワードを入力するだけでSEOを最適化した記事を作成するツールです。日本語に対応していませんが簡単な英語だけでも十分扱えるため、翻訳ツールなどを利用すれば誰でも利用できます。

キーワードの入力により、本文の他にも「タイトル」「見出し構成」「レビュー」なども作成可能です。短い時間でたくさんの情報を集めて記事化してくれるため、アイデア出しや記事を量産したい方におすすめといえます。

60.Frase

Frase AI記事自動作成

Fraseは、AIによるSEOとコンテンツ制作プラットフォームです。ライターやデジタルマーケター向けに、高品質なSEOコンテンツの制作をサポートします。機械学習と自然言語処理を活用し、ユーザーの行動を分析をすることで効率的なコンテンツ制作を実現しています。

なかでも大きな特徴は、コンテンツ最適化と回答エンジンの機能です。コンテンツを分析してキーワード調査をおこない、Webサイト訪問者の質問に答える記事を簡単に生成できます。Fraseは、ライター・マーケターなど、効果的なSEOコンテンツ制作を求める方におすすめのツールです。

61.AIのべりすと

AIのべりすとAI小説文章自動作成

AIのべりすとは、日本のゲームクリエイターが開発した小説作成AIツールです。他のAIモデルとは異なり日本語データを学習した独自のモデルを使用し、高い文章生成能力を提供します。

わずかな情報からでも小説を自動で作り上げ、ストーリー展開をしていきます。利用に関しては、無料プランでストーリーの作成やチャットが可能です。商用利用もできるため、作成した小説を販売しても著作権の心配がありません。小説家やライター・コンテンツクリエイターにおすすめです。

62.文賢

文賢

文賢は、作成した文章が読みやすいか・不適切な箇所がないかをチェックするアドバイスツールです。誤字脱字のチェックをはじめ、句読点の位置や一文の文字数などチェック漏れしがちな部分のサポートをします。

推敲するときは100以上の視点から文章の読みやすさをチェックし、違う言い回しの提案もしてくれます。またチームで導入することで、リアルタイムで同時編集すればさらに効率化を図れるでしょう。文章チェックの業務が多い方・ライター・ディレクターにおすすめです。

AI 音声合成ツール8選

ここでは、AI音声合成ツールを紹介します。カスタマーサポートや顧客向けAIロボットの導入を検討している方は、自社のニーズに合ったツールがあるか探してみてください。

63.AITalk®(エーアイトーク)

AITalk®(エーアイトーク)AI音声合成

AITalk®(エーアイトーク)は、従来の音声合成方式にディープラーニング技術を活用した方式を合わせたツールです。自動音声の機械的な音ではなく、人間的で自然な音声を発してさまざまな入力テキストを自然に読み上げます。

誰の声でも音声合成エンジンに取り込めるのが特徴で、AIスピーカーやロボット・電話自動応答にも利用できます。また総勢100名以上の話者が登録されているため、好きな声を設定することが可能です。ナビゲーションシステムを導入している企業やカスタマーサポートセンターへの導入に最適です。

64.CoeFont

CoeFont AI動画製作

CoeFontは、日本語を英語や中国語の2ヵ国語に変換するツールです(対応言語は順次追加する予定)。CoeFontはAI技術を使い、声を豊かな「フォント」に変換しています。ツールを用いることで、多言語化するための声優やナレーターへ依頼する手間や費用を減らすことも可能です。

5,000種類以上のAI音声を必要なだけ利用でき、500円/15分で自然な発声をするAI音声を作れます。多言語の声を簡単に使いこなしたい方や音声配信をするYouTuberに最適です。

65.ReadSpeaker

ReadSpeaker AI音声読み上げ音声合成

ReadSpeakerは、オリジナルボイスを簡単に作成できる音声合成ツールです。収録したナレーターの特徴を活かした音声を作るだけでなく、ナレーターの選定や海外言語・感情を交えた音声にも対応します。既存の声から選べることに加え、自分だけのユニークな音声データを作れるのがポイントです。

感情表現においても優れており、最新のディープラーニング技術を使用しているため、自然な感情表現に仕上がっています。20以上の言語に対応し、英語はさらに地域別に「アメリカ英語」など細かくカスタマイズ可能です。自分の声をAI音声で作りたい方や、接客にAIを導入したい方にもおすすめといえます。

66.VoxBox

VoxBox AI音声合成

VoxBoxは、テキストデータを自然に読み上げるソフトです。テキストに限らず、画像やPDFも音声に変換でき、MP3などに出力します。テキストを音声変換するのにかかる時間は、およそ1分しかかかりません。音声データも豊富に揃っており、アニメキャラ・有名人などの声を選択でき、画像内の文字も識別します。

また読み上げするだけでなく、ボイスレコード・音声編集・文字起こしなどさまざまな機能があります。テキスト入力をして、好きな言語とボイススタイルを選ぶだけで簡単に利用が可能です。高い出力精度を求める方や、初めて音声合成ソフトを使う方に最適なツールといえます。

67.CeVIO AI

CeVIO AI音声合成

CeVIO AIは、CeVIOプロジェクトが開発した新しい音声創作ソフト(Windows専用ソフト)です。最新のAI技術により、人間の声の特徴(声質・話し方など)を高精度で再現します。使いやすいインターフェースとなっており、ピッチやタイミングなどの要素を自在に編集できます。

自然な声を作れるため、動画編集時の音声入力に時間をかけることなく聞きやすい声を挿入できるしょう。キャラクターによって異なる感情パラメーターがついており、視聴者を飽きさせないコンテンツ作りに役立ちます。ゲーム実況をする方や動画編集を楽にしたい方に最適です。

68.Filmora

Filmora AI音声合成

Filmoraは、世界中で多くのユーザーから利用されている動画編集ソフトです。ITに不慣れな方でも、すぐに使いこなせるわかりやすい操作性になっています。通常、動画編集ソフトに音声を取り入れると、手動で調整しながら動画と合わせる必要があります。

Filmoraは、挿入した音声を自動で動画と合成する「オーディオ同期」機能によって、大幅に時間の短縮が可能です。YouTubeにも直接共有できるため、YouTuberや自社製品の紹介動画を公開している担当者にもおすすめします。

69.VOICEPEAK

VOICEPEAK AI音声合成

VOICEPEAKは、最新のAI音声の合成技術を搭載しているテキスト読み上げツールです。シンプルでわかりやすい画面設計で、PC初心者でも安心して使用できます。好きな言葉や文章を入力するだけで、高精度の音声が作れます。

商用利用ができるナレーターセットも販売しており、好きなキャラクター・好きなボイスの選択も可能です。シリーズ製品を購入するだけで利用できるため、管理もしやすいでしょう。ゲーム実況や解説動画などを作る方におすすめです。

70.A.I.VOICE

A.I.VOICEAI音声合成

A.I.VOICEは、ボーカロイド音源で有名な「結月ゆかり」なども登録している音声合成ソフトです。高性能な音声システム「AITalk5」を搭載していることで、人間らしい・感情豊かな合成技術になっています。使いやすい操作性に加え、音声のイントネーションの修正回数も少ないです。

また感情の発話スタイルや、声の高さを変更して確認しながら作業できるため、普段の編集作業も楽しくなるでしょう。音声データによる商用利用ができるため、音源を探している方にはぴったりといえます。

ここで紹介したAI音声合成ツール以外も知りたい方は、下記のリンクをご覧ください。

おすすめ音声合成ソフト10選!無料&有料で音声を自然に読み上げよう

AI動画生成・編集ツール15選

本章では、AIで動画を生成・編集できるツールを紹介します。

71.HeyGen

HeyGen AI動画生成・編集ツール

HeyGenは、ナレーション動画の生成を得意としたツールです。ChatGPT(有料プラン)のプラグインとして、2023年6月に導入されました。最新の動画作成ツールになっており、AIアバターを用いた動画を簡単に作れます。

また100種類以上のアバターから自分の好きなアバターを選択し、入力したテキストを読ませられます。無料プランだけでも豊富なテンプレートがあるため、AIアバターを使った動画を作成したい方におすすめです。

72.Runway

Runway AI動画生成・編集ツール

Runwayは、アカウント登録するだけで簡単に動画生成を始められるツールです。Runway搭載モデル「Gen-2」は、テキストを入力するだけで動画を生成したことで、世界のクリエイターを驚かせました。プロンプト(指示内容)を入力して「generate」ボタンを押すだけで動画が完成します。

英語での入力のため、英語が苦手な方はGoogle翻訳などのツールを利用しましょう。自分のアイデアを動画にしたい方や素早く動画作成をしてみたい方におすすめです。

73.KaiBer

KaiBer AI動画生成・編集ツール

KaiBerは、タイトルや画角・画風を順番に選択するだけで、高品質な動画が生成できるツールです。ユーザーは、画像や音楽・動画などのファイルをアップロードすれば動画を作り出せます。また文字を入力することでテキスト内容に沿った動画を生成できる機能もあるため、動画の知識がない人でも簡単です。

わずか数回のクリックだけで動画を作れることに加え、日本語対応しているため使いやすい点も魅力です。オリジナリティあふれる動画を作りたい方に最適です。

74.Synthesia

Synthesia AI動画生成・編集

Synthesia(シンセシア)は、動画コンテンツをテキストから自動で生成できるAIツールです。Amazonをはじめ、5万社以上の企業で導入されています。120以上の言語に対応し、クリック一つで動画作成が可能です。

追加できるアバターも国籍や人種・年齢など幅広く選べるため、ターゲットに親和性のある動画を提供できます。またインターネット環境があれば、どこでも利用できるWebアプリであることも特徴の一つです。多種多様なコンテンツ動画を制作する企業におすすめのツールといえます。

75.2short.ai

2short.ai AI動画生成・編集

2short.aiは、簡単かつ本格的な切り抜き動画を作成できるツールです。最大の強みは、ChatGPTの活用です。AIにより、動画のスタイルやトーンを選んでコピーを生成することで、手間を省いて生産性を上げられます。

例えばYouTubeに公開している動画URLをアップロードすれば、誰でも数分で動画が完成します。また企業から提供される商品画像やキャッチコピーなどから、高品質な短い動画(約15秒)の生成が可能です。切り抜き動画を本格的に作りたい方におすすめです。

76.Video Brain

Video Brain 法人動画製作・編集

Video Brainは、クラウド上で動画編集できるAIツールです。導入されているAI機能により、テキストや素材を自動マッチングし動画制作をサポートします。動画編集スキルがない人でも使いやすく、AIによる素材切り抜きやアニメーションの提案までしてくれるのも大きな特徴です。

テンプレートはもちろん、60種以上のフォントを活用して、オリジナリティのある動画を手軽に制作できます。SNS投稿もできるため、実際に作成した動画の効果・外部からの評価分析も可能です。個人はもちろん、ビジネスにおいてSNSマーケティングをしている方に最適といえます。

77.Pictory.AI

Pictory.AI AI動画生成・編集

Pictory.AIは、テキスト入力によってデザイン性豊かな動画を簡単に作れるツールです。特定のURLを貼るだけで、記事を動画に変換できます。またテキストを使って動画の編集ができるため、編集ソフトも不要です。長文で説明した内容を「わかりやすく伝えたい」というときに、短い動画に変換できます。

他にも、AIによって自動的に動画の内容に沿ったキャプションを生成します。ブログの内容を動画にしてYouTubeに公開したい方などにおすすめです。

78.InVideo

InVideo AI動画生成・編集

InVideoは、誰でも簡単に操作できる画面設計が特徴の動画編集ツールです。広告やプロモーションビデオで使われるような,

テンプレートが豊富にそろっています。作成した動画の著作権はユーザーに帰属するため、より手軽に動画制作できるのが特徴です。

またテキスト読み上げ機能があることにより、入力したテキスト合成音声でナレーションしてくれます。SNSや動画サイト向けにショートムービーを作成したい方や、動画の制作効率を高めたい方におすすめです。

79.Lumen5

Lumen5 AI動画生成・編集

Lumen5はAI技術が搭載されており、テキスト入力することで自動的に高品質な動画を生成できます。テンプレートやBGMが充実しており、自由にカスタマイズが可能です。またZoomの録画を動画に変換したり、執筆したブログ記事から動画に変換できたりします。

閲覧数の多いブログ記事の内容を動画として公開することで、さらにプレビュー数を増やすことにもつながるでしょう。マーケティングコンテンツを有効活用したい企業などにおすすめです。

80.Steve AI

Steve AI 動画生成・編集

Steve AIは、テキスト入力した内容からアニメーション動画を作成するAIツールです。複数の写真や音声データからも動画を生成でき、今後はパワーポイントやX(旧Twitter)でも作れるように開発しています。

また1000種類を超えるテンプレートと豊富なユースケースがあるため、目的に応じた動画をスムーズに作れるでしょう。マーケティングコンテンツを増やしたい方やアニメーション動画を作ってみたい方に最適です。

81.Elai.io

Elai.io AI動画生成・編集

Elai.ioは、ChatGPTのモデルを活用した動画編集ツールです。一度のログインによって、複数のアプリへ同時アクセスできるシングルサインオンに対応しています。また操作が簡単で、わずか3回のクリックで高品質な動画を作成できます。

他にも60以上の言語・25を超えるアバターから自由に選べるため、唯一無二のコンテンツが作れるでしょう。AIをフル活用したマーケティング施策を練りたい方におすすめです。

82.GliaCloud

GliaCloud AI動画生成・編集

GliaCloudは、ニュースやスポーツイベント・ソーシャルメディアのデータを分析して動画生成をするツールです。無料で使える画像や動画素材が用意されているため、自分の好きなデザインでオリジナルのコンテンツを作れます。

記事から作られる動画では、すべてのテキストを読むのではなく、簡略化して必要な情報のみをキャプション表示します。メディア記事を動画にしてみたい方や、高速で動画作成をしたい方におすすめです。

83.Flex Clip

Flex Clip 無料動画生成・編集

Flex Clipは、無料で簡単に動画制作ができるAIツールです。豊富な動画テンプレート・素材が使い放題になっているため、オリジナリティに富んだ動画コンテンツが作れます。Web上で扱えることにより、インターネット環境があれば、どの場所からでも利用可能です。

動画が完成するまでの手順も「メディアを追加」「カスタマイズ」「エクスポート」の3ステップで完了します。初めてでも魅力的な動画を作りたい未経験者や、無料で豊富な機能を試してみたい方に最適です。

84.Deep AI Movie Creator

文章を動画にできるDeep AI Movie Creator

Deep AI Movie Creatorは、自分にそっくりなAIアバターが入力したテキストを読んでくれるAIツールです。自動で動画作成をしてくれるのはもちろん、独自のアバター技術で日本語以外にも英語・中国語でテキストを読み上げてくれます。

またアバターを作る技術「Deep AI」によって、アバターの動きや外見などの情報を一度に処理できます。ChatGPTとの組み合わせによって、用途が拡大していくでしょう。アバターを使った動画を作成したい方に最適です。

85.Animoto

Animoto AI動画生成・編集ツール

Animotoは、豊富なテンプレートから自分の好みを選択して簡単に動画作成できるツールです。Animotoから直接、YouTubeやInstagramに共有できるため、ダウンロードの手間も省けます。

目的ごとのテンプレートが用意されていることにより、動画編集ソフトを初めて使う方も迷わずに使用できるでしょう。動画編集スキルがない方や編集作業の手間を省いて動画を作りたい方に最適なツールになっています。

AI翻訳ツール15選

本章では、AI翻訳ツールを紹介します。全部で15のツールを紹介しますので、自社に導入できそうなツールがあるかチェックしましょう。

86.DeepL Pro

DeepL Pro AI翻訳ツール

DeepL Proは翻訳文字数の制限がなく、スピーディで正確に翻訳できるAIツールです。最新AI技術を搭載していることにより、細かいニュアンスにも対応した翻訳ができます。特定のテキストはもちろん、ページ全体・文書ファイルごと翻訳が可能です。

マルチデバイス対応になっており、外出先でも手軽に利用できます。有料プランでは、セキュリティ対策が万全でデータ情報を暗号化するため、安心した運用ができるでしょう。外国人とのコミュニケーションが多い方に最適です。

87.Zinrai Translation Service

Zinrai Translation Service AI翻訳

Zinrai Translation Serviceは、高精度なテキスト翻訳ができるAI翻訳ツールです。ファイルの翻訳をするときは、ファイル形式に沿ったレイアウトを崩さずに翻訳できるのも大きな特徴になっています。操作画面がシンプルで使いやすくなっていますが、さらに自社に合わせてカスタマイズも可能です。

またユーザー辞書登録をしておくことで、専門用語にも迷うことなく翻訳してくれます。英語の論文を読む機会が多い方や精度の高い翻訳機能を求める方におすすめです。

88.T-4OO

T-4OO AI自動翻訳

T-4OOは、専門分野ごとの用語をカバーしているAI翻訳ツールです。オリンパスや旭化成といった日本の有名企業も導入しています。専門分野の数はおよそ2000、医療分野・工業分野など多岐にわたります。翻訳したい文章一つひとつをコピー&ペーストする必要はなく、ファイル単位での翻訳が可能です。

また画像・PDFファイルでもレイアウトを保持したまま、翻訳します。海外拠点で利用したい方や大学の研究で活用したい方にも最適なツールです。

89.COTOHA Translator

AI自動翻訳サービスCOTOHA Translator

COTOHA Translatorは、最新の翻訳技術が搭載されたAIエンジンを採用しています。ビジネスで使われるWordやExcelなどの、officeをはじめとした文書を瞬時に翻訳します。TOEIC960点を超えるレベルの、とても高精度な翻訳機能が大きなポイントです。

時間や手間のかかりやすい翻訳業務を「COTOHA Translator」に任せることで、他の業務に集中できるでしょう。グローバル展開を加速させたい企業におすすめのツールです。

90.MTrans Team

AI搭載自動翻訳MTrans Team

MTrans Teamは、テキストを自動翻訳するAI搭載の翻訳ツールです。導入すると企業ごとの専用データベースが用意されるため、組織内でデータを蓄積できます。蓄積したデータをAIが学習することで用語の統一ができ、結果として生産性アップ・作業効率の向上につながります。

セキュリティ対策も万全で、Amazon社が提供しているサーバーを使用しているのもポイントです。自社独自のデータベースを構築して、作業効率をアップさせたい企業に最適なツールといえます。

91.Mirai Translator

Mirai Translator AI自動翻訳

Mirai Translatorは、企業向けのAI翻訳ツールです。必要なテキストをコピー&ペーストするだけで、瞬時に翻訳されるテキスト翻訳機能があります。またファイルの言語を、自動的に翻訳先へ置き換えられるファイル翻訳の2つの機能を提供しています。

ファイル翻訳はドラッグアンドドロップで完了するため、ITに苦手意識のある方でも簡単に扱えるでしょう。翻訳による生産性の向上とセキュリティ確保を同時に叶えたい企業におすすめのツールです。

92.PDFelement

PDFelement AI自動翻訳

PDFelementは、PDFのあらゆる編集機能を持ちあわせ、スピーディに処理します。例えば編集はもちろん、分割・結合・Office(Word・Excelなど)への変換が可能です。高画質のまま変換できることに加え、ファイルを一括処理できるため、作業時間を大きく短縮できます。

またテキスト入力の機能では、フォント・サイズ・テキストの色・写真の追加など細かい部分も網羅しています。PDF編集において有名な「Adobe Acrobat」に負けない機能を持っているツールといえます。PDF編集のソフトを探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

93.shutto翻訳

shutto翻訳 AI自動翻訳

shutto翻訳は、Webサイトを自動で翻訳できるAIツールです。Webサイトを作成するときに、日本語版に加えて英語版のページを作りたい場合などに便利です。翻訳されたWebページ内の、テキスト編集や崩れたレイアウトの修正もできます。

導入することで専門スタッフがサポートしながら対応し、具体的な解決策や施策の検討をしてもらえるのも大きな特徴です。グローバル展開を考えている方や海外に向けて、Webサイトを発信したい方に最適といえます。

94.Clovernet多言語対訳支援サービス

Clovernet多言語対訳支援サービス

Clovernet多言語対訳支援サービスは、海外も含めたWeb会議においてAIがリアルタイムで翻訳するツールです。1対1のビデオチャット機能や、最大20名まで同時に参加できるテキストルーム機能もあります。リアルタイムだけでなく、PCから発される音声の翻訳も可能です。

例えば外国人を相手にする窓口や、外国語のウェビナーでも翻訳ツールとして使えます。音声や映像に加えて、テキストによる翻訳もしてくれます。自社の補助ツールとして導入したい方や海外支社とのコミュニケーションを促進したい方におすすめです。

95.ヤラクゼン

ヤラクゼン AI自動翻訳サービス

ヤラクゼンは、シンプルな画面設計で誰でもすぐに利用できる翻訳ツールです。翻訳したデータは、アカウントごとに個別で管理するため、セキュリティ面で安心できます。AI技術を搭載していることにより、翻訳をすればするほど翻訳精度が上がり、結果的に翻訳コストも減らせます。

Google翻訳をはじめ、用途に応じた翻訳エンジンを持ち合わせており、自由に使い分けできるのが特徴です。高セキュリティの翻訳ツールを使いたい方や、翻訳コストをどんどん削減したい方におすすめのツールといえます。

96.Phrase

Phrase AI自動翻訳サービス

Phraseは、世界で20万人を超えるユーザーが利用しており、導入がしやすいAI翻訳ツールです。なかでも、「PHRASE TMS」は、50を超えるファイル形式に対応しており、用語の管理や翻訳メモリも備わっています。

スマホアプリでの利用や、Zendeskなどの管理ツールとも連携できるのが特徴です。翻訳機能によるコスト削減はもちろん、24時間のサポート体制があるため、何かしらのトラブルがあっても迅速に対応します。翻訳ツー