文章要約AIツール

おすすめの文章要約AIツール9選!活用メリットやコツ、要約AIを搭載した議事録ツールも紹介!

・Web会議の議事録を作成する際、文章をうまく要約できない…。

・論文を読む際、長すぎて疲れてしまう…。

・情報収集にかける時間を減らしたい

このような悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。そんな時は「文章要約AIツール」を活用しましょう。文章の内容を簡潔かつスピーディにまとめてくれる文章要約AIツールは、ビジネスや勉強、読書などさまざまなシーンで役に立ちます。

今回は、「文章要約AIツール」に焦点を当て、その概要や活用メリット、利用する際のコツ、おすすめの文章要約AIツール、要約AIを搭載した議事録ツールなどについて解説します。現在文章要約AIツールを利用している方やこれから文章要約AIツールの利用を検討している方はぜひご一読ください。

おすすめの文章要約AIツール9選

ここでは、おすすめの文章要約AIツールについて9選解説します。それぞれの概要や利用するメリット・デメリット、対応OS、利用料金などについて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1.ChatGPT

ChatGPT

(出典:ChatGPT

ChatGPTは、AIに人間味のある自然な回答を求めるユーザーに最適です。

概要

ChatGPTとは、「Generative Pre-trained Transformer」の略で、OpenAIが2022年11月に公開したAIチャットボットです。入力した質問に対して、人間と対話しているかのような自然な回答をAIが提示してくれます。ChatGPTは、インターネット上に存在する膨大な情報を学習し、複雑な語彙・表現も理解できる点が特徴です。また過去の会話内容を記憶していたり、内容に誤りがあった場合はユーザー自身で修正できたりするなど、より自然な回答に近づけるための機能が搭載されています。

メリット:

  • 回答の正確性が高い

  • 回答の安全性が高い

  • 入力自由度が高い

デメリット:

  • 回答は100%正しいと言いきれない

  • セキュリティ面に課題がある

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 基本無料

  • 2023年6月現在、Open AI上でGPT-4を利用する場合は月額20ドルのサブスクリプションサービス「ChatGPT Plus」に加入する必要があります。

2.HIX Summarizer

HIX Summarizer

(出典:HIX Summarizer

HIX.AIは、あらゆるライティングニーズを満たす、パワフルでオールインワンのAIライティングアシスタントです。HIX.AIのHIX Summarizerは、記事、文書、さらにはYouTube動画を要約したい方に最適です。

概要

HIX Summarizerは、読みやすく簡潔であり、高品質の要約を生成できます。物語、記事、研究論文、事例など、あらゆるタイプのコンテンツを簡単かつ迅速に要約できます。出力形式は、段落と箇条書きを選択できます。

また、DOC/DOCX/PDF/TXTファイルをアップロードするだけで、HIX Summarizerは完璧に要約できます。提供されたURLを分析することで、YouTube動画やウェブページを簡単に直接要約できます。さらに、HIX.AIはGmail、Quora、Facebookなどのウェブサイトの情報を要約できるChrome拡張機能を開発した。

メリット:

  • 全ての情報を要約 

  • 段落または箇条書きの形式を選択可能

  • URL入力に対応

  • ファイルを要約

デメリット:

  • 無料版では10,000ワードまでしか要約できない

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • Free

  • Basic:月額$19.99

  • Pro:月額39.99ドル 

  • Ultimate:月額99.99ドル

(年払いの場合、最大33%割引)

3.Catchy

Catchy

(出典:Catchy

Catchyは、掲載するメディアや読む人の属性に合わせて要約される文章を調整したいユーザーに最適です。

概要

Catchyは、自然言語処理モデル「GPT-3」を活用した文章要約AIツールです。記事の見出しや本文、広告のキャッチコピーなど用途に合わせた100種類以上の生成ツールが利用できます。AIが要約する文章は「丁寧・カジュアル・大胆」の3つのテイストから選択可能。メディアや読み手の属性に合わせたテキストの微調整ができます。また既存の文章のリライトや加筆にも対応。文章に変化を加えたいときに便利です。

メリット:

  • 無料で全ての機能を試せる

  • 100種類以上の自動生成ツールが利用できる

デメリット:

  • 違和感や曖昧さを感じる表現が多い

  • 同じような言い回しが多用される傾向にある

  • 1度に生成できる文字数やリスト数に上限がある

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 基本無料(Free)

  • 3,000円~/月(Starter)

  • 9,800円/月(Pro)

  • 要問い合わせ(Enterprise)

4.ELYZA DIGEST

ELYZA DIGEST

(出典:ELYZA DIGEST

ELYZA DIGESTは、長文を短く簡潔な要約文にしたいユーザーに最適です。

概要

ELYZA DIGESTとは、入力したテキストデータを3行で要約してくれる文章要約AIツールです。「生成型」の要約モデルなので、AIが1から要約文を生成する仕組みです。書籍、小説、ニュース記事、議事録、対話テキストなどあらゆる文章・文字列の要約に対応可能。また手動で入力したテキストだけでなく、記事のURLを入力すればそのページ内に書かれたテキストを認識して要約してくれます。

メリット:

  • 長文のテキストデータでも3行に要約できる

  • URL入力にも対応している

  • 対話テキストのような乱雑な文章・文字列にも対応可能

デメリット:

  • 原文とは異なる意味で要約される場合がある

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 基本無料

5.タンテキ

タンテキ

(出典:タンテキ

タンテキは、ニュース記事のURLを要約したいユーザーに最適です。

文章の要約AI、タンテキポータルは2023年8月31日(木)にサービスを終了しました。

概要

タンテキは自然言語処理AIを使用した文章要約AIツールです。ニュース記事などの文章を端的に表現できる強みがあります。1万文字までの文章要約に対応しており、要約結果はパラメータの設定ごとに任意の文字数、圧縮率、行数で出力可能です。また重要キーワードの出現率と重要度の順位も出力できます。要約したいニュース記事のURLをコピーすれば自動でテキストを抽出・要約することも可能です。

メリット:

  • ニュース記事の要約に特化している

  • 3行要約や140文字要約など調整が可能

  • 重要語句や重要文の抽出、文量50%圧縮など豊富な機能が魅力的

デメリット:

  • 要約精度があまり高くない

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 基本無料

6.要約AI Samaru

要約AI Samaru

(出典:要約AI Samaru

要約AI Samaruは、要約する文字数を設定したいユーザーに最適です。

概要

要約AI Samaruとは、テキストやWebページ、ファイルなどから文章を要約できるAIツールです。最大5,000字の文章を瞬時に要約できるだけでなく、要約字数を指定すれば要約文を各自で調整することもできます。出力は「だである調(常体)」「ですます調(敬体)」に対応可能。他にも、WebAPIを用いたローコード連携が可能で、アプリケーションの一部として利用できます。またWordPressなどのCMSにプラグインとして追加すれば、執筆と同時にリード文を自動生成することも可能です。

メリット:

  • 導入サポートと無料トライアルを行っている

  • 要約の微調整が可能

  • 契約するプランによっては秘密保持契約(NDA)を締結するので一切ログを残さず利用できる

デメリット:

  • 利用費用が高い

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 30,000円/月(ライトプラン)

  • 50,000円/月 (スタンダードプラン)

  • 要相談(エンタープライズプラン)

7.SummarizeThis

SummarizeThis

(出典:SummarizeThis

SummarizeThisは、英文を要約する学習ツールとして利用したいユーザーに最適です。

概要

SummarizeThisとは、英語の長文が要約できる文章要約AIツールです。英文を各自入力するだけで要約できます。長文を読む時間がない方や長文の要点だけを抑えたい方に便利なツールと言えるでしょう。

メリット:

  • 無料で利用できる

  • 英文を要約できる

  • 長文でも簡潔に要約してくれる

デメリット:

  • 要約精度が高いわけではないので、目視での最終確認が必要

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 基本無料

8.QuickSummary

QuickSummary

(出典:QuickSummary

QuickSummaryは、テキスト化された対話データを自動で要約したいユーザーに最適です。

概要

QuickSummaryとは、自動言語処理AIエンジンを活用した文章要約AIツールです。テキスト化された対話データを自動で要約・分類することができたり、キーワードや分類結果から要約文や原文にドリルダウンしたりできます。また、対話内の重要な発話のみを強調したり、対話内容のカテゴリを自動で分類することも可能。なおAPIが用意されているので、音声認識エンジンなど他システムとの連携が可能です。

メリット:

  • 対話内容の自動要約・分類が可能

  • 重要語句の自動抽出や自動分類が可能

  • APIが用意されているので音声認識エンジンなど他システムとの連携が可能

デメリット:

  • 導入費用が高い

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 初期費用1,000,000円

  • 300,000円~/月

9.User Local 自動要約ツール

User Local 自動要約ツール

(出典:User Local 自動要約ツール

User Local 自動要約ツールは、特徴語や重要文を抽出したいユーザーに最適です。

概要

User Local 自動要約ツールとは、 自然言語処理の技術を用いて、ニュースやブログなどのテキストを解析し、要約文を作成してくれる文章要約AIツールです。1万字までの文章要約に対応しています。またフォームに入力した文書から瞬時に特徴語や重要文を抽出することが可能。要約結果は3行、5行、10行から選択できます。さらに文章の重要な部分を「マーカー表示・ヒートマップ表示・モノクロ強調表示」により可視化する機能も搭載されています。

メリット:

  • 無料で1万字まで要約できる

  • テキストファイルのアップロードから要約することもできる

  • 重要文の「マーカー表示・ヒートマップ表示・モノクロ強調表示」による可視化に対応

デメリット:

  • AI要約なので、目視での最終確認が必要

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 基本無料

文章要約AIツールを活用するメリット

文章要約AIツールを活用するメリットは大きく分けて3つあります。

1.時短になる

文章要約AIツールを活用すると時短になります。例えば、論文やWeb記事の多読のシーン。要約ツールを活用すれば、長い論文やWeb記事をたった数文に要約してくれるので、論文やWeb記事の大まかな内容をスピーディに把握できます。また、対話データを要約できるツールを利用すれば、議事録作成を効率化することも可能です。

2.大量に情報を取得できる

文章要約AIツールを活用すると、1つ1つの論文やニュース、ブログ記事を短い時間で理解できます。つまり、情報収集にかけていた時間を短縮できるだけでなく、取得できる情報量を増やすこともできるのです。

3.要点が伝えやすくなる

文章要約AIツールは自分が作成した文章の要約にも活用できます。「相手に要点を伝える際、簡潔に伝えられず、長文になりがち」という悩みを抱えている人は、文章要約AIツールを活用してみましょう。

文章要約AIツールを活用する際のコツ・ポイント

文章要約AIツールを活用する際のコツ・ポイントは、大きく分けて3つあります。

1.長文はブロックに分ける

長すぎる文章はブロックに分けて要約しましょう。理由は、使用されているAIによっては、長文を処理しきれないケースがあるからです。利用するツールにもよりますが、長文の目安は1万字です。1万字を超える文章を要約したい場合は意識するようにしましょう。

2.翻訳ツールも活用する

文章要約AIツールには、外国語の要約に対応できないツールもあります。翻訳ツールとセットで活用することで外国語の要約を効率化することができるでしょう。

【おすすめの翻訳ツール】

  • Minutz

  • リアルタイム翻訳ツール

  • Real Time Translator

  • RemoSpace

  • Google翻訳

3.複数の要約ツールを使い分ける

各文章要約AIツールごとに強みとする機能は異なります。複数のツールを比較・検討し、1番利用しやすいツールを選択しましょう。また、1つに決めきれない場合は、複数の文章要約AIツールを使い分けることもおすすめです。

要約AIを搭載した議事録ツールNottaがおすすめ!

Notta

(出典:Notta

概要

Web会議の音声を録音し、議事録を作成する際、要点がなかなかまとまらず、時間がかかってしまうという方は多いのではないでしょうか。そんな時は、AI要約機能が搭載された議事録作成ツール「Notta」をぜひご活用ください。

Nottaとは、日本語・英語など世界104ヶ国語に対応したAIによる音声自動テキスト化サービスです。リアルタイムでの文字起こしのほか、録音や既存音声ファイルの自動文字起こしができます。またYouTubeや録音した講義など、あらゆるWebページから動画や音声を録音し、編集可能なテキストにライブで書き起こすことも可能です。

【Nottaの特徴】

  • 豊富な音声入力オプション(ライブマイク入力や音声ファイルのインポート、ウェブ会議録音、Chromeウェブ録音など)

  • 全面的な文字処理機能(リアルタイム・編集中タグ付けや104言語に対応可能、倍数再生可能、画像追加機能など)

  • 自動的にデータをシンクロできる(パソコンやスマホ、Chromeウェブなどにいつでもどこでも音声とテキストデータ編集可能)

  • 多様な保存・共有方式が魅力的(TXT・DOCX・SRT・PDFでエクスポートできる、リアルタイム文字起こしをリンクでLIVEになる、テキストを直接的に共有できる、音声データのみ保存可能)

  • 強固なセキュリティ対策(SSL通信、Amazon Web Servicesの活用、AWS S3のSOC2保証報告書の取得)

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 基本無料

  • 1,200円/月(プレミアム会員)

  • 利用人数ごとに異なる(ビジネスプラン)

  • 問い合わせ(エンタープライズ)

AI要約機能の利用方法

NottaのAI要約機能とは、Nottaで文字起こしした文章をAIが要約してくれる機能です。簡単な操作でAI要約やアクションアイテムが自動生成されるので、重要情報の把握や、時間コストの低減、作業効率の向上が期待できます。

1.詳細画面右上の「AI要約を表示」アイコンをクリック

AI要約を表示

2.「生成」をクリック

「生成」をクリック

3.AI要約やアクションアイテムが自動生成される(文字起こし結果の長さによっては2〜4分ほどかかるケースがある)

自動生成される

4.AI要約をコピーしたい場合は、右上の「コピー」アイコンから行う

「コピー」アイコン

動画のご利用ガイドはこちら:

会話を句読点も自動的に入れてテキスト化!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

cta9

まとめ:文章要約AIツールで情報収集や議事録作成を効率化しよう!

今回は、「文章要約AIツール」に焦点を当て、その概要や活用メリット、利用する際のコツ、おすすめの文章要約AIツール、要約AIを搭載した議事録ツールなどについて解説しました。

文章の要約作業はAIに任せることで効率化できます。インターネット上には膨大なテキスト情報が公開されています。情報を効率的に収集するには、重要な部分を抽出することが大切です。

しかし、文章要約AIツールで要約する文章は、100%正確とは言い切れません。期待通りの内容にならない可能性を考慮し、目視での最終確認も怠らないようにしましょう。

また、Web会議の議事録作成をする際、要点がなかなかまとまらず、時間がかかってしまうという方や、議事録作成を効率化したいという方はぜひNottaのAI要約機能の利用もご検討ください。

to top