ChatGPT搭載AI議事録ツール

ChatGPT(チャットGPT)搭載されたAI議事録ツールでできることは?選び方も解説!

「ぶ厚いメモを議事録にまとめるのが憂鬱…」

「会議で押さえておくべき要点がつかめない…」

そのような時に、ぜひ活用したいのがChatGPTのAIを搭載したAI議事録ツール

ChatGPTの機能を搭載した議事録ツールを使えば、時間やストレスの掛かる議事録作成もあっという間に完了します。しかし、どのツールを使えばいいのか迷ってしまう人も多いでしう。

そこでこの記事では、AI議事録ツールで出来る事や選び方をまとめました。「議事録を作成する手間に追われ、他の業務に集中できない」とお悩みの人はぜひ最後までご覧ください。

会議の議事録にChatGPT(チャットGPT)ができること

ChatGPT(チャットGPT)ができること

会議内容まとめ

ChatGPTは高度な自然言語処理能力により、長時間に及ぶ複雑な会議でも内容を正確に理解して要約することが可能です。オンライン会議だけではなく対面での会議でも使えるので、会議の議事録はもちろん、あらゆるビジネスシーンでの活躍が期待できます。

長時間の会議ではどうしてもメモが膨大な量になり、どこをまとめれば良いのか後で分からなくなってしまうこともあるでしょう。そんな時でもChatGPTを活用すれば、重要なポイントを自動的に整理して抽出が一瞬で行えます。

議事録作成に多くの時間と手間を取られ、他の業務に支障をきたしていた人にとって、必須のツールになると言えるでしょう。

議事録内容を修正

議事録にもっとも大切なのは正確性なので修正は欠かせない作業です。ChatGPTに議事録修正を任せれば、その自然言語処理能力により、議事録の精度と自然さの大幅な向上が期待できます。

例えば、

  • 会議中の発言をテキストに変換する際、誤認識や不明瞭な部分を即座に修正する機能

  • 文脈に基づいて不自然な表現や文法の誤りを自動的に修正する機能

こうした機能により、議事録の正確性を保ち、読みやすく、誰が見ても理解しやすい文書が作成可能です。

もちろん、リアルタイムで発言のテキスト化と修正も行えるので、議事録の内容を正確かつ自然に修正した上でスピーディーな共有が可能です。議事録の作成と修正作業が効率化されることで、他の業務も円滑に進んでいくことでしょう。

議事録の構成やフォーマットを自動的に統一

誰が見てもすぐに理解出来るように情報をまとめるためには、議事録のフォーマットを統一することがとても重要です。人によってまとめ方が違うと、情報が伝わらないばかりか、誤解を生む原因になりかねません。

一方で、統一されたフォーマットであれば一貫したレイアウトとスタイルで、情報の確認や共有を容易にします。ChatGPTでは、命令1つでフォーマットの統一を自動化し、決められた項目に沿って情報をまとめることが可能です。

これにより、議事録の整合性が保たれ参加者間での情報の誤解を防ぎ、会議後にも作業が残る負担を軽減します。議事録のフォーマット統一は、スムーズなコミュニケーションと効率的なタスク管理を実現するために不可欠です。

議事録は文字起こしツールを使って効率的に作成しよう!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

ChatGPTでの議事録作成メリット&デメリット

議事録作成メリット&デメリット

ChatGPTを議事録作成に活用する際にはメリットだけではなくデメリットも少なからずあります。以下にメリットとデメリットについてまとめました。

メリット

時間と労力削減

議事録作成にかかる時間と労力を大幅に削減できるので、他の業務に充てられる時間が増える。

作業の効率化

複雑な作業の効率化が可能で、会議での発言や会社の決定事項を迅速に記録し素早く共有が行える。

自動テキスト化

発言者の声を聞き分け音声を自動でテキスト化する機能により、発言者の記録や責任を明確にできる。

要約と分析

AIによる要約や分析機能により、重要な情報を見逃さず抽出が可能。

デメリット

安全性の懸念

安全性に関して、まだ新しいサービスのため機密情報の取扱いには注意が必要。

完全な自動化はできない

特殊・複雑な内容の会議や専門用語が多発するような会議には人間による目視チェックが必要。

複雑な操作がいらない!ChatGPT搭載の議事録ツールを使おう!

ChatGPT搭載の議事録ツールができること

ChatGPT搭載の議事録ツールができること

「ツール」というと「使いこなすのが難しそう」という先入観を持っている人も多いかと思いますが、ChatGPT搭載の議事録ツールは複雑な操作をしなくても問題なく扱えます。

下記に紹介する議事録ツールでできることに魅力を感じたら、ぜひ導入して業務の効率化を目指しましょう。

日程調整&自動入会

会議の日程調整は、多忙なスケジュールの中で業務を行うビジネスマンにとって頭痛の種。全員が参加出来る日を選定し了承を得るまでに多くの労力を消費します。

それでも、結局当日になってスケジュールが合わなくなったり、時間通り開始できなかったりといったリスクを減らすのは中々難しいものです。そのような時に、ChatGPT搭載の議事録ツールを使用すれば、スケジュールの問題が劇的に解決します。

議事録ツールによる日程調整機能のメリット

  • ツールが複数人のスケジュールを考慮して調整するため、誤解やダブルブッキングのリスクが減少する。

  • 大人数の会議でも、各参加者のスケジュールをAIが瞬時に分析し、最適な日時を提案してくれる。

  • 自動入会機能により、会議時間を忘れる心配がなくなり、全員が時間通りに参加できるようになる。

会議の日程調整をChatGPT搭載の議事録ツールに任せることで、煩わしい連絡に掛かる手間と時間を大幅に削減できるでしょう。

会議録音&録画

会議の録音と録画を残しておくことで、会議の内容を正確に記録し、後で細部にわたって確認することができます。特に、重要な決定や戦略的な議論が行われた際に、録音や録画により「証拠」を残しておくことが極めて重要です。

会議の録音と録画を残しておくメリットは下記が挙げられます。

いつでも確認できる

録音と録画があれば、会議の全ての発言と視覚的な情報を正確に記録し、詳細を後から簡単に確認できる。

多言語対応と翻訳

 多言語に対応しているツールでは、様々な国籍の人が集まる会議でも聞き逃しや解釈が難しい単語などが後から見返せる。また、文脈に応じた翻訳機能も利用できる。

不参加者への情報共有が容易

録音と録画により、会議に出席できなかった人々にも、会議の内容を効率的に共有できる。

こうしたメリットにより、会議の意義を残し、会議に参加していなかったメンバーとのコミュニケーションにもつながります。録音、録画機能も正確な議事録を作成するために欠かせない機能と言えるでしょう。

発言内容を全部文字起こし

人の手による議事録作成は時間がかかる上に、しばしば正確性に欠けるという問題が拭えません。このような問題を解決するには、映像や音声情報を残した上で発言内容をすべて記録することが一番ですが、人力では現実的ではありません。

ですが、ChatGPT搭載の議事録ツールは、会議の録音や録画を行い、その内容をリアルタイムで文字に変換する機能を備えています。つまり、自動文字起こし機能により、会議内の発言をまるまる文字起こしすることも可能です。

文字起こしをするメリットとしては、

  • 会議後の文字起こし作業が不要になるため、時間を節約し他の業務に集中できる。

  • 高精度の音声認識技術により、会議の内容をより正確に捉えることができ、誤解を防ぐ。

  • 録音された内容を簡単に聞き返すことができるため、会議の振り返りや情報の共有が容易。

文字起こしした内容はクラウド上で簡単に共有できるので、時間や場所を問わずアクセス可能です。そのため、会議に参加していなかった人にも効率的に情報共有が行えます。

AI要約

人による会議内容の要約は、時間がかかるだけではなく主観的な解釈が入ってしまい、重要な情報に誤解を生む可能性があります。そもそも、長時間の会議を短い要約文にまとめるのはとても困難です。

ChatGPT搭載の議事録ツールであれば、AI要約機能を使って会議の全文から重要なポイントを自動的に抽出し、簡素かつ客観的な要約を行えます。もちろん、瞬時に作業が完了するので、人間の手作業に比べ時間と労力を大幅に削減します。

議事録ツールによるAI要約のメリット

  • 手動とは比較にならない速さで要約が完了する。

  • 主観が入らないので、重要な情報を見落とさず、事実に基づいた一貫性のある要約が可能。

  • 要約された内容は、関係者がクラウド上で簡単にアクセスでき、共有しやすくなる。

AI要約は多くの企業や教育機関がさまざまな業務に活用し、より使いやすくなるように研究を進めています。今後、要約は完全にAIに任せるようになることも考えられるでしょう。

ChatGPT搭載の最強議事録ツールTOP 3

ChatGPT搭載の最強議事録ツールTOP 3

ここからは、結局どの議事録ツールが1番良いのか分からないという人に向け、おすすめな議事録ツールを3つ紹介していきます。

Notta - 議事録だけでなく、会議の録画と要約生成も完璧!

Notta

Nottaは、ChatGPTを搭載した議事録ツールの一つで、原点であり定番となっているツールです。

Nottaを使えば、会議やインタビューの音声をリアルタイムでテキスト化できるので、議事録の作成効率が大幅にアップします。さらに、参加者の名前から会議の日時や議題、結論まで詳細に記録されます。

また、ChatGPTとの連携により、長文テキストの要約が可能なので、自分自身でメモを取りまとめる作業が不要になります。Nottaは時間と労力を節約し、議事録作成の質を高めるための強力なツールです。

Nottaのおすすめポイント

他社製品より一歩抜けた高精度な文字起こし

Nottaに搭載された高精度なAI音声認識が、会議やインタビューの内容をリアルタイムで正確に文字に起こします。会議中にメモを取る手間を限りなく減らすことが可能です。

AI要約機能

長時間の会議や講演の内容を短時間で要約することが可能です。重要なポイントを素早く把握できるので、まとめ作業に充てていた時間を他の業務に充てることができます。また、後での確認や共有も楽になります。

多言語対応と翻訳機能

Nottaは104もの多言語に対応しているので、英語やその他の言語でも問題なく正確に文字起こし可能です。また、異なる言語間での翻訳機能も備えているため、コミュニケーションのサポートにも役立ちます。

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

cta1

スマート書記

スマート書記

画像引用:スマート書記公式ページ

スマート書記は、エピックベース株式会社が提供する高精度AIを活用した議事録作成ツールです。

スマート書記の特徴として、発話者を特定する機能が搭載されている点。誰が喋った言葉なのかがすぐに分かり、内容を正確に記録するのに役立ちます。記録した音声を元に議事録の作成、共有、管理までとてもスムーズになるでしょう。

もちろん、対面会議だけでなく、ZoomやMicrosoft TeamsなどのWeb会議ツールの音声も取得可能なため、リモートワーク時代のニーズにも応えます。

スマート書記のおすすめポイント

音声再生機能の利便性

対面・Web会議問わずあらゆる会議音声を録音可能です。音声再生時には「10秒戻る・進む」機能や再生速度の調整が可能で、聞き直す際の利便性が向上します。

音声を活用した議事録作成支援

スマート書記では、会議などの音声の録画、文字起こしはもちろん議事録にそのまま利用できる専用エディターが用意されています。

発話者特定機能

スマート書記は、議事録の作成時に発話者を特定する機能を持っています。誰がどの発言をしたかを明確にし、会議の内容をより詳細に理解するのに役立ちます。

CLOVA Note

CLOVA Note

画像引用:CLOVA Note公式ページ

CLOVA Noteは、会議の音声を高精度で文字に変換するAI議事録ツールです。最大の特徴はスマートフォン1つあれば他に何もいらない点があげられます。

アプリとして無料で利用できるため、より手軽で簡単に会議の発言を残すことが可能です。機能面も複数人の話者を識別して記録できたり、英語と韓国語も認識できたりと無料とは思えないほど充実しています。

また、マルチデバイス対応なので、スマートフォンで記録したテキストをPCやタブレットで確認、編集が行えます。ボタン1つで録音開始できる手軽さから、会議だけではなくさまざまなシーンでの活躍が期待できるでしょう。

CLOVA Noteのおすすめポイント

スマホだけで利用できる

わざわざパソコンを立ち上げる必要がないので、お手軽に利用できます。

発話者の分類機能

発話者ごとにアイコンを設定し、テキストも分割表示されるので視認性が高いことが特徴です。

多言語対応

日本語はもちろん、英語や韓国語、中国語の音声認識に対応しています。

CLOVA Noteは毎月300分の間は無料で利用できる点も特徴的。ただし、気軽に利用できるとはいえ、精度に関してはNottaに劣る部分が多いのが現状です。

ChatGPTを搭載した議事録ツールの選び方三つ

ChatGPTを搭載した議事録ツールの選び方三つ

現在では、ChatGPTを搭載した議事録ツールが次々と登場しています。しかし、中には「イマイチ使えないな」と思うものもあるのは事実です。そのため、議事録ツールを導入する際には下記に紹介するポイントを意識して選びましょう。

文字起こし正確率

従来の文字起こしツールは、方言や専門用語の誤認識、早口な話者の発言が聞き取れないなど、多くの課題を抱えていました。

正直、それでは議事録作成においては解釈の誤解や修正の手間が多く、実用的ではありません。ところが、近年登場したChatGPTを搭載した議事録ツールでは、驚異的な自然言語処理能力により、文字起こしの際に誤認識やおかしな文脈といったものが限りなく少なくなりました。

そのため、文字起こしの正確率を求める際には、郡を抜いて高精度なChatGPTを搭載したツールを選びましょう。

多言語対応と翻訳力

ChatGPTを搭載した議事録ツールの中でも、特に「多言語対応と翻訳力」は重要な機能です。

グローバル化が進む現代で、多言語対応は国際的なビジネスや多様な文化のチームで円滑なコミュニケーションを取るために不可欠と言えるでしょう。

ツールによる高精度な翻訳を行うことで、不要な誤解を防ぎ、会議や議論の流れをスムーズにします。特に、リアルタイム翻訳の機能は迅速なので、より自然なコミュニケーションにつながるでしょう。

異なる言語を話す参加者間の会議において、言葉の壁は必ずクリアしなくてはならない問題です。多言語環境では、多言語に対応し、翻訳機能を備えた議事録ツールを選びましょう。

「チームユーザー」議事録共有とタスク管理の便利さ

従来の議事録ツールでは、情報共有やタスク管理が煩雑で非効率的でした。しかし、ChatGPTを搭載した議事録ツールは、この問題を解決します。

議事録中のタスクやアクションアイテムを自動で検出し、タスク管理機能に直接登録することが可能です。これにより、チーム全体でリアルタイムに共有される議事録は、情報の透明性を高め、プロジェクトの進行管理を容易にします。

例えば、会議中に生じたタスクを自動的に識別し、関連するチームメンバーに通知することで、即時の対応が可能になります。

このように、ChatGPT搭載ツールは、チームの効率と協働を大きく向上させます。


まとめ これから議事録をGPTに任せよう

今回は、ChatGPTを搭載した議事録ツールができることや選び方、おすすめな議事録ツールについて紹介しました。

ChatGPTを搭載した議事録ツールでは、主に以下のような機能を持っています。

  • 発言の高精度な文字起こし

  • AIによる効率的な要約

  • 多言語に対応した文字起こしと翻訳

中でも、こうした機能を総合的に提供するNottaは特におすすめのツールです。高精度の文字起こし機能や多言語対応に加え、チーム共有とタスク管理機能など、議事録作成に必要な機能はすべて揃っています。

ChatGPT搭載の議事録ツールは、今後の会議や講演において重要な役割を果たすことは間違いありません。Nottaをはじめとするこれらのツールを使いこなし、より効率的な議事録作成を目指しましょう。

議事録は文字起こしツールを使って効率的に作成しよう!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

to top