ChatGPTの要約とツール10選

ChatGPTの要約とは?やり方やおすすめツール10選

レポートや議事録作成が多い方は、こんな悩みを持っていませんか?

  • ChatGPTを使って業務を効率化したい

  • ChatGPTで要約する方法を知りたい

  • おすすめツールを探している

ChatGPTは知りたいことに答えてくれるだけではなく、要約もできる便利なAIツールです。ChatGPTを活用することで、これまで自分で全て作成していた要約を効率化できます。

今回はChatGPTの要約の基本知識や活用シーン、具体的なやり方、おすすめツールなどをご紹介します。ChatGPTに触れたことがない方でも分かりやすいように解説しますので、要約方法を知りたい方はぜひ最後までご覧ください。

ChatGPTの要約とは

ChatGPTとは、OpenAIが開発した強力なAIモデルで、自然な会話や文章を生成できるチャット型のAIツールです。インターネット上の大量のテキストデータを学習していますので、人間の言語パターンを理解して質問に対して応答することが可能です。また様々な分野や目的に応じて、カスタマイズやチューニングできる点も特徴の一つです。

ChatGPTの要約とは、ChatGPTを使って長い文章や話し言葉を短くまとめることです。要約の目的や対象に応じてパラメーターを調整でき、要約文の長さや品質、トーンやスタイルなどを変えることができます。

これまで会議が終わった後にメモや録音を振り返りながら、自分で内容を要約していた方も多いと思います。長い会議の要約文も、ChatGPTを使えば効率的に作成することが可能です。

具体的な活用シーン

ここでは、ChatGPTを活用した具体的なシーンを紹介します。自分の作業にあてはめられるものが無いか探してみてください。

  • 議事録の作成

会議や打ち合わせの音声やテキストをChatGPTに入力すると、自動で議事録を作成してくれます。議事録には、参加者や日時、議題や結論、アクションプランなどが含まれます。ChatGPTは話者の発言を正確に認識し、要約することが可能です。

  • ビジネスレポートの作成

ビジネスに関する長い文章やデータをChatGPTに入力すると、自動でビジネスレポートを作成してくれます。背景や目的、分析や評価、提案や結論などが含まれたビジネスレポートが作成されます。文脈や専門用語を理解して要約してくれますので、業務の効率化が期待できるでしょう。

  • 学術論文の要約

学術論文や研究報告をChatGPTに入力すると、自動で学術論文の要約を作成してくれます。学術論文の要約には、論文のタイトルや著者、研究の目的や方法、結果や考察、貢献や限界などが含まれます。論文の全てを読まなくても内容を把握できますので、時間が無い時にも便利です。

  • ニュース記事の要約

ニュース記事やブログ記事をChatGPTに入力すると、自動でニュース記事の要約を作成してくれます。ニュース記事の要約には、記事のタイトルや出典、記事の主旨や内容、関連する事実や意見などが含まれます。通勤時などの忙しい場面でも、効率的な情報収集が可能です。

これらの活用シーンは、ChatGPTの要約の一例に過ぎません。ChatGPTの要約は、あらゆる分野や目的に応用できますので、色々と試してみてください。

ChatGPT要約のやり方

ChatGPTで要約する方法はいくつか挙げられます。今回は基本的な方法とChrome拡張機能を使った方法、ChatGPT機能搭載の要約ツールを活用する方法をご紹介します。

基本的なChatGPT要約のやり方

基本的なChatGPT要約のやり方はさほど難しくありません。まずはChatGPTにログインして、下記のような画面にしてください。

フロンプトを入力

なお、ChatGPTにログインするには、公式サイトからアカウントを作成する必要があります。アカウントの作成やログインについては、下記の記事もご覧ください。

https://www.notta.ai/blog/chatgpt-login

ログイン後は、早速、要約のプロンプトを入力し取り組んでみましょう。プロンプトの一例は、次の画像のとおりです。

文章要約

画像のように「下記の文章を要約してください」と入力し、その下に要約したい文章を入力もしくはコピペすると、ChatGPTが要約してくれます。

ただし、「下記の文章を要約してください」というプロンプトだけでは、自分が思うような要約にならないケースもあります。その場合はプロンプトの内容をさらに詳細にすることで、精度が高まります。

要求ありで文章要約

「#条件」の部分に、要約したい内容をもとに条件を追加して、精度を試してみてください。自分が望む要約が完成しないときは、条件を追加して何度か作成し直してみましょう。

Chrome拡張機能を使った方法

次はChrome拡張機能を使った方法をご紹介します。今回はWebサイトやYouTube動画を要約できる「ChatGPT - ウェブサイトとYouTube動画の要約」をご紹介します。まずは「ChatGPT - ウェブサイトとYouTube動画の要約」を下記のページから拡張機能に追加します

ChatGPT - ウェブサイトとYouTube動画の要約

ページに移ったら「Chromeに追加」をクリックしてください。

chromeに追加

「Chromeに追加」をクリックすると、設定画面が表示されますが「skip」や「next」をクリックすると、設定が完了します。拡張機能の画面から、追加した機能がONになっているかも確認しておきましょう。

Chrome拡張機能一

Chrome拡張機能二

拡張機能on

上記の画像の手順で、拡張機能がONになっているかを確認してみてください。次は、拡張機能を固定して、利用できるようにします。

拡張機能を固定

画像の①、②の順にクリックすると、拡張機能が③のように固定されます。これで、拡張機能を使う準備が整いました。では、具体的な使い方をみていきましょう。

拡張機能の使用例

例えば、ネットニュースの要約をしたいときは、要約したい部分をアクティブにします。アクティブにすると、拡張機能のアイコンが表示されるので、クリックしてください。クリックすると、新たにウインドウが表示され、要約した内容が表示されます。

ただし、表示された内容では不完全な要約の場合が多く、そのままでは要約文としてあkつ用できないケースもあります。その場合はドキュメントなどにコピペし直して、要約を完成させてください。

ChatGPT機能搭載の要約ツール

ChatGPTの機能を搭載した要約ツールもあるので、活用するのも方法のひとつです。次章でご紹介するツールを活用することで、誰でも簡単に要約が可能です。ツールによって使い方が異なりますので、それぞれの活用方法を試してみてください。

多くのツールは、ChatGPTのように要約したい文章を入力・コピペして、プロンプトを入れると完成します。またツールによっては要約機能が備わっている場合もあり、より簡単に要約が完成する場合もあるでしょう。

ただし、ツールによっては無料プランに制限があり、有料プランを利用したほうが精度が高い場合もあります。さまざまなツールを比較して活用してみてください。

おすすめツール10選

それでは、ここから要約におすすめのツールをご紹介します。それぞれの特徴などを比較して、利用を検討してみてください。

1.Notta

Notta

「Notta」はAIを使って、会議や講義などの音声をテキストに変換し、要約するツールです。具体的には以下のような特徴があります。

  • 効率的な要約

長い文章を短時間で要約し、重要なポイントを抽出して整理します。要約の長さやスタイルをカスタマイズすることもできます。

  • 情報の整理

要約したテキストを見出しや箇条書きなどの形式で整理します。また、要約したテキストには、元のテキストへのリンクなども付与することが可能です。

  • 知見の発見

要約したテキストからキーワードやトピックを抽出し、関連する情報も提供します。これにより、利用者は、新しい知見を見つけることが可能です。

以上のようにNottaの要約機能は、業務の効率化や議事録作成の手間を省くだけでなく、学習や研究にも役立ちます。なお、Nottaの要約機能については次の記事もご覧ください。

参考:NottaのAI要約機能とは?使い方を画像付きでわかりやすく解説!

動画のご利用ガイドはこちら:

cta3
いつでも、どこでも音声を文字にする。

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

2.ログミーツ powered by GPT-¾

ログミーツ powered by GPT-¾

「ログミーツ powered by GPT-¾」は、会議や講義の音声をテキストに変換し、ChatGPTを用いて要約するサービスです。このサービスは、要約の品質や長さを自由に設定できるほか、要約文には時間やキーワードが表示されます。これにより、利用者は、会議や講義の内容を効率的に確認できます。会議や講義の振り返りや復習にも役立つでしょう。

3.YOMEL

YOMEL

「YOMEL」は、効率的な議事録作成を支援する自動議事録AIサービスです。高精度な音声解析AIを活用し、会議中の発言を正確にテキスト化します。自動要約や全文書き起こし、要点の自動リストアップ、議事録ビルダーなど、幅広い機能を提供しています。

また自動FAQ機能を使用すれば、特定のキーワードを検出し該当するFAQを表示できます。そのためマネージャーは会議内容を把握し、メンバーや顧客と円滑なコミュニケーションが可能です。

情報の追記や共有も迅速に行えて、議事録作成にかかる時間や労力を大幅に削減し、組織の業務最適化や残業時間の削減もできます。

4.Calqtalk

CalqTalk

「CalqTalk(カルクトーク)」は、議事録AIアプリです。このアプリは、リアルタイム要約、文字起こし、そして議事録作成を同時に行うことができ、議事録作成プロセスを大幅に効率化します。高精度の文章生成機能により会話に集中でき、情報共有と意思決定の速度が向上するでしょう。さらに過去の議事録を簡単に検索できますので、必要な情報に素早くアクセス可能です。

また目次作成やToDoリストの作成などの機能も提供されており、決定事項やアクションプランの共有がスムーズに行えます。CalqTalkは、会議参加者の負担を軽減し、生産性向上を目指す方におすすめのAIツールです。このアプリを導入することで、効率的な議事録作成とスムーズな情報共有が可能です。

5.AI議事録取れる君

AI議事録取れる君

「AI議事録取れる君」は、AI自動要約を提供する特化型の議事録AIサービスです。このサービスは、パソコンのマイクを使って会議の音声を瞬時に文字に起こし、前後の文脈からテキストを自動的に修正・変換します。改行や句読点、疑問符なども自動で適用可能で、1時間の会議でもたった1分で要約できます。

さらにZoomやMicrosoft Teamsとの連携も可能で、オンラインミーティングのURLを入力すれば、参加者の発言や音声を自動認識して、瞬時に議事録を生成可能です。国内トップの日本語認識率を誇るこのAIサービスは、リーズナブルな価格で提供されており、コスト重視のユーザーにも最適です。ChatGPTとの連携も可能で、利便性を向上させられるでしょう。

6.ChatGPT活用支援

ChatGPT活用支援

「ChatGPT活用支援」は、ChatGPT関連サービスの開発に豊富な経験を持つプロフェッショナルによる導入支援サービスです。ChatGPTを効果的に活用するための幅広いサポートを提供しており、自社内にChatGPTの専門知識が不足している場合に最適です。

当社の専門家は、ChatGPTの開発、データ分析、AI開発において実績を積んだプロフェッショナルで、さまざまな業界で課題の解決に取り組んできました。要約を実行する際も心強い見方になります。

7.Third AI Contact Center Solution

Third AI Contact Center Solution

「Third AI Contact Center Solution」は、MicrosoftのChatGPT対応「Azure OpenAI Service」を活用したチャットボットサービスです。このサービスは、チャット履歴をもとに要約文を自動生成する能力を提供し、オペレーターの入力作業を効率化します。

さらに有人チャットの応答手順も自動生成され、コンタクトセンター内での回答の標準化も可能です。また、チャットボットから有人チャットへのスムーズな切り替えや、CRMへのデータの統合にも対応しています。Webサイトだけでなく、LINE、Slack、Twitterなど、多くのインターフェースに統合可能です。

8.Prompt Agent

Prompt Agent

「Prompt Agent」は、ChatGPTをはじめとする生成系AIの導入支援サービスです。自社サービスの組み込みやAPIの構築にも対応可能で、要約機能を充実させることも可能です。ChatGPTを安心して活用するためのセキュリティ対策を提供し、データや情報の安全性を確保します。

9.neoSmartChat

neoSmartChat

「neoSmartChat」は株式会社neoAIが提供するプラットフォームで、東京大学松尾研究室メンバーによる優れた技術力を活かしています。このプラットフォームは、金融機関向けの高度なセキュリティを活用した運用が容易です。

また各種業務に合わせてカスタマイズ可能な機能を提供しており、社内チャットボットなども統合できます。企業のニーズに合わせた高度なカスタマイズが可能なセキュアなコミュニケーションツールとして、要約以外にも幅広い産業で価値を提供します。

10.Built with GPT SELFBOT

Built with GPT SELFBOT

「Built with GPT SELFBOT」は、次世代の対話型チャットボットサービスです。非常にシンプルな操作で、登録したいドキュメントやURLを入力するだけで、データを簡単に一括学習できます。対話コンテンツを事前に登録する必要がなく、迅速にチャットボットを起動できます。

このサービスは、以前に比べて低コストで大量のデータを学習できるため、ライトプランを選択すれば最短4日で導入が可能です。また、Microsoft日本リージョンのMicrosoft Azure APIを介してデータが学習されるため、ユーザーはデータのプライバシーに関して心配する必要はありません。

ChatGPTで要約する際の注意点

ChatGPTで要約する際の主な注意点として、以下の5つを紹介します。

  • ファクトチェックを行う

  • 文脈を整理する

  • 著作権に抵触する恐れがある

  • 長文の要約は向いていない

  • 無料プランでは限界がある

実際にChatGPTで要約する前に、確認しておきましょう。

ファクトチェックを行う

注意点の一つ目は、ファクトチェックを行なうことです。ChatGPTは入力された文章を要約する際に、その文章の正確さや信頼性を確認しません。そのため要約された文章に誤りや偏りが含まれる可能性があります。例えば、ChatGPTは、事実と異なる情報や、根拠のない主張や意見を要約文に反映してしまうことがあります。

これは要約文の品質や信頼性を低下させるだけでなく、利用者に誤解や混乱を招く恐れがあります。ChatGPTから出力された文章の出典や情報源を確認し、仕上がった要約の内容のファクトチェックを行ってください。

文脈を整理する

文脈を整理することも、ChatGPTを利用する際の注意点の一つです。ChatGPTは、入力された文章の文脈や背景を把握していません。そのため要約された文章が、元の文章の意図やニュアンスと異なる場合があります。

その結果文脈を整理できないと、要約文の分かりやすさや正確さを損なうだけでなく、利用者に誤った印象や感情を与える恐れがあります。要約する前に、入力する文章の文脈や背景を整理し、必要な情報を補足してください。

文脈や背景を整理するには、以下のような方法があります。

  • 文章の目的やターゲットを明確にする

  • 文章の中で使われている用語や表現の意味や由来を説明する

  • 文章の中で言及されている事象や人物の関係や背景を説明する

  • 文章の中で伝えたいメッセージや主張を要約する

上記に気をつけることで文脈が整理でき、精度の高い要約になるでしょう。

著作権に抵触する恐れがある

ChatGPTは入力された文章の著作権や引用規則を考慮しないため、要約された文章が元の文章の著作権を侵害したり、引用のルールに違反したりする場合があります。具体的には文章の一部や全体をそのままコピーしたり、文章の出典や著者を明記しなかったりすることがあるのです。

著作権に抵触してしまうと要約文のオリジナリティや倫理性を失うだけでなく、利用者に法的な問題を引き起こす恐れがあります。要約する前に入力する文章の著作権や引用規則を確認し、適切に扱ってください。また要約した文章をツールによりコピペチェックすることも大事です。

長文の要約は向いていない

ChatGPTは、入力された文章の長さに制限があります。そのため長文の文章を要約する場合は、うまく処理できない可能性もゼロではありません。例えば長文の文章を要約する際に文章の一部を省略したり、文章の構造や論理を崩したりすることがあります。

読んでも理解できない要約文は、完全性や一貫性を低下させるだけでなく、利用者に不十分な情報や混乱を招くこともあるでしょう。要約文として完成させるには、適切な文章の長さに調整し適切な範囲に収めてください。

無料プランでは限界がある

ChatGPTは、無料プランでは要約の回数や品質に制限があります。高頻度や高品質の要約を求める場合は、有料プランにアップグレードしてください。無料プランのみでは要約文の利便性や満足度を低下させることもあるでしょう。

要約する頻度や精度など求める部分を洗い出して、無料プランか有料プランかを選んでください。

まとめ

今回は、ChatGPTを活用した要約について解説しました。内容をまとめると以下のとおりです。

  • ChatGPTを使えば、会議やセミナーなどの長い文章を要約できる

  • 拡張機能を活用してWeb上の情報も要約できる

  • 最後は人間の目でチェックすることが必要

ChatGPTを活用すると、効率的に要約ができます。今回は基本的な要約方法や、Chromeの拡張機能を活用する方法などをご紹介しました。

また、ChatGPTを搭載したツールも多く登場しています。それを選んで良いか分からない方には、自動文字起こしサービス「Notta」がおすすめです。

AI要約機能は有料ですが、無料でも月120分(リアルタイム文字起こし:1回につき3分まで、音声ファイルの文字起こし:1回につき5分まで)の文字起こしができます。気になる方は、Notta公式ホームページから試してみてください。

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

to top