動画要約をChatGPTに任せる!ChatGPT搭載のChrome拡張機能3選

「ChatGPT利用実態」によると、「ChatGPTをどの様な用途で利用していますか?」というアンケートで「アイデア提案」が全体の35%、「データの収集」が24%となっています。

そのため、多くの方がWebページでのコンテンツからアイデアやデータを収集したいのがわかります。

しかし、ChatGPTはテキストが主体のため、動画を文字にして要約する機能がありません。

そこで今回は、動画の要約ができるChatGPTのChrome拡張機能を3選紹介します。

動画コンテンツからのアイデアやデータを要約して確認したい方は、ぜひ参考にしてください。

ChatGPTの標準機能では動画の要約はできない

chatgptで動画を要約ChatGPTの標準機能では、動画コンテンツの直接的な要約はできません。理由は、ChatGPTがテキストベースの情報処理に特化しているためです。

動画や音声の非テキストメディアを解析するには、特定のAIモデルや追加の技術が必要です。

たとえば、動画の内容をテキストに変換するためには、音声認識技術を用いて音声をテキスト化し、テキストをChatGPTが解析する手順が必要です。

しかし、音声認識はChatGPTの標準機能の範囲外のため、ユーザーが独自に外部ツールを組み合わせて実装するか、特化したプラグインやAPIを利用する必要があります。

そのため、動画の要約にChatGPTを直接的に使用できませんが、テキスト化された動画の内容の要約作成は可能です。

Chrome拡張機能でYouTube動画の要約が便利

拡張機能でYouTube動画要約Chrome拡張機能を活用すると、YouTube動画の要約を便利に行うことが可能です。

Chrome拡張機能は、動画の音声をテキストに変換し、テキストデータを基に要約を生成します。

そのため、動画の視聴時間がない場合や、特定の情報を早く理解する際に便利な機能です。

たとえば、教育関連の長時間講義や技術的な解説動画の要点を押さえたいコンテンツに使えます。

拡張機能によっては、重要なポイントを強調して表示できる機能もあります。

Chrome拡張機能を利用すると、ChatGPTを間接的に動画の要約に応用でき、効率的に情報収集が可能です。

句読点も自動的に入れてテキスト化!

日本語に特化した国内最先端のAI音声文字起こしツール「Notta」

ChatGPT搭載のYouTube拡張機能オススメ2選

ChatGPTを搭載したYouTubeの拡張機能のオススメ2選を紹介します。

1

YouTube Summary with ChatGPT & Claude

YouTubeSummarywithChatGPTClaude概要

ChatGPTとAnthropicのClaudeのAI技術を組み合わせて、YouTube動画やWebページの内容をすぐに要約できる拡張機能です。

ユーザーは、時間をかけずに重要な情報を把握できるため、学習やビジネスでの情報収集を効率的に行えます。

動画の音声をテキスト化し、テキストの内容を基にAIが理解して要約を生成します。

メリット

  • 生産性を向上できる:要約を通じて必要な情報を理解でき、生産性を向上できる

  • 他の言語でも要約できる:日本語・英語以外の言語の動画も処理でき、言語を学習できる

  • 時間を節約できる:YouTubeをすべて視聴・閲覧する代わりに、要点を短時間で把握できる

デメリット

  • 長時間の要約が難しい:長時間の動画の場合、重要なポイントの要約が抜け落ちる

  • 日本語の要約の精度が不完全:精度が不完全で複雑な表現や専門的な内容がわかりにくい

2

ChatGPT – ウェブサイトとYouTube動画の要約

ウェブサイトとYouTube動画の要約概要

ユーザーがWebサイトやYouTube動画の内容をすぐに把握できるChrome拡張機能です。動画やWebページを実際に読むまたは視聴する必要がなく、重要な情報を短時間で理解できます。

ブラウザでピン留めしておくと、いつでも手軽にワンタッチで使えます。

メリット

  • プロンプトを変更できる:プロンプトを自由に変更でき、好きな条件にできる

  • すぐに結果が表示される:拡張機能をワンタッチで表示できるため、使いやすい

デメリット

  • プロンプトの仕組みがわかりにくい:プロンプトの変更が難しいと感じる場合がある

  • 表示内容が消える:ブラウザを切り替えると表示が消えるため、重要な内容は記録する必要がある

YouTubeの要約拡張機能なら「Notta」

ノッタのホームページ

1

Nottaとは

「Notta」とは、音声認識技術とAI要約機能がそろった文字起こしツールです。音声データをすぐに文字起こしでき、要約も生成できます。

YouTubeや動画の長時間の音声データをすぐに文字起こしできるため、情報共有や学習、アイデア、データ収集がはかどります。

Nottaのブラウザ版でYouTubeのURLをインポートして文字起こしする方法と、NottaのChrome拡張機能から録音・文字起こしする方法の2通りを利用できます。

2

Nottaの拡張機能でYouTube動画を文字起こして要約方法

NottaのChrome拡張機能を利用して、YouTubeの動画を文字起こしし、要約する方法を紹介します。

  1. Chromeウェブストアで「Notta」と検索して「Notta 音声認識- Webページの音声を文字起こし」を表示し、「Chromeに追加」をクリックします。

    Nottaのchrome拡張機能を追加

  2. 文字起こししたいYouTubeページで、Chromeの拡張機能をクリックします。

    拡張機能をクリック

  3. 「Notta 音声認識- Webページ…」を選択します。

    notta拡張機能を選択

  4. 保存先・発話言語を選択後、「このページの録音を開始」をクリックします。

    録音を開始

  5. 動画の文字起こしを停止する場合は、停止ボタンをクリックします。

    動画の文字起こしを停止

  6. Nottaにログインしてホーム画面の「最近のノート」のタイトルを確認すると、動画の文字起こし結果が新しく更新されているのが確認できます。

    最近のノートを確認

tips動画のURLを「Notta」に貼り付けだげでカンタンに操作できます!

URLから文字起こし

関連記事 YouTubeの録画方法を解説!違法性や安全に録画する方法もご紹介!

【TIPS】音声ファイルを文字にする方法

MP3などのファイルを文字起こしする方法は、以下の通りです。

  1. ホームの画面右側にある「インポート」をクリックします。

    音声ファイルをアップロード

  2. 「音声 / 動画ファイルをここにドラッグ & ドロップ、またはファイルを選択」で指定の動画ファイルをドラッグ&ドロップするか、クリックして指定します。

    ファイルを選択

  3. ファイル名の部分が更新されて、「アップロード中」と表示されます。アップロードが完了すると、文字起こし結果を確認できます。

    音声ファイル文字起こし中

関連記事 MP3ファイルを文字起こしする方法!自動文字起こしツールをご紹介


まとめ ChatGPTを活用して動画の要約を実現

今回は、動画の要約をChatGPTに任せるためのChrome拡張機能3選について解説しました。

ChatGPT搭載のYouTube拡張機能を利用すると、動画やWebページの文字起こしが可能です。

しかし、それぞれにメリット・デメリットがあり、場合によっては使いにくいケースもあります。

YouTubeやWebページに使える「Notta」を利用すると、さまざまなコンテンツをすぐに文字起こしし、要約できます。

拡張機能だけでなく、インポートや録音からも文字起こしができるため、YouTubeやダウンロードした音声、webページのあらゆるシーンで使えます。

仕事や家事が忙しくて動画やWebページをすべて確認できる時間がない方は、ぜひ利用してみてください。

Chrome拡張機能10選

\.動画の要約はカンタン /

「Notta」ができることは?

① 日本語特化のAIで業界トップの文字起こし正確率が実現、複数言語の文字起こしと翻訳も完璧対応

② 驚いほどの認識速度で文字起こし作業効率化が実現、一時間の音声データがただの5分でテキスト化

③ 国内唯一のGM・Zoom・Teams・Webex連携できるAI会議アシスタント、事前の日程予約から会議を成功に導く

④ AI要約に内蔵されるAIテンプレートで会議の行動項目、意思決定やQ&Aなどを自動作成
(カスタム要約テンプレートでインタビューや営業相談など様々のシーンでの効率化を実現)

⑤ 一つのアカウントでWeb、APP、Chrome拡張機能が利用でき、データの同期と共有はカンタン

⑥ 人手による時間と人件費が大幅に削減でき、月額2000円ぐらいで30時間の録音をテキスト化
(一括年払いの場合はさらにお得!1ヶ月あたりの費用はわずか1183円ぐらい。)

decoration
decoration