文字起こしはAIにお任せ?「文字起こし」の効率化を考える

文字起こしはAIにお任せ?「文字起こし」の効率化を考える

目次

「AI音声認識による自動文字起こし」とは?
自分で文字起こし・文字起こし業者に任せる場合
進化を遂げる「AI音声認識システム」

社外の打ち合わせや社内会議の議事録作成、インタビュー・講義やセミナーなど、後々のために記録を残したいと思っても、リアルタイムですべてを文章化するのは難しいですよね。そのため、ビジネス場でボイスレコーダーを使う方が多くなっています。

しかし、録音したものを確認したり、後から聞き返して書き起こしたりするには、具体的な場所を探すのは難しい場合があります。録音したものを聴き、それを振り返るには、時間と集中力が必要で、大変な手数を要します。

AI音声認識による自動文字起こし」とは?

現在、こうした単純作業ながら負担の大きい「文字起こし」(人の言葉を聴き取り、その音声の内容を聞きながら文字化することです。「テープ起こし」「書き起こし」「音声起こし」「反訳」とも呼ばれていることもあります)に対し、業務効率化を促すさまざまなツールが続々登場されています。

>>文字起こしアプリ・ソフト厳選5選・特徴比較<<

このようなAI(人工知能)音声認識技術を使ったツールは、皆さんがすでにご存知のものもさまざまがあります。例えば、YouTubeの自動字幕生成、スマートフォンの音声アシスタント、スマートスピーカー、パソコンやタブレットの音声入力機能などがあります。ここ数年、これらの文字起こしツールの精度はかなり向上していると言われています。

自分で文字起こし場合

AIよりも人間の方が、言語を通して話し手の言っていることを理解するのに優れているため、人間が手作業で行う場合、より正確な書き起こし結果が得られます。ただし、その手間は、時間や集中力も要し、大きな作業負担を強いるものです。他の業務に影響を与えて、重要業務以外に時間と労力が奪われます。それ以外、単語などの意味を調べる労力が必要とし、高度なタイピングスキルも必要になります。

文字起こし業者に任せる場合

文字起こし業者に任せるという選択肢もありますが、確かにプロに任せた方は納品品質が良くなります。

しかし、始める時には、どの業者を選んだら良いか分からないという状況はよくありますし、技術力や実績で評判の高い業者を探すのは大変なことです。問い合わせ、見積もり、詳しいところのコミュニケーションにも時間がかかります。

文字起こし業者の平均標準納期は3〜5日、かなり時間がかかります。より早く納品したい場合は、費用を追加しなければなりません。さらに土日で受付・見積もりが不可能なことです。

なお、技術力により、音声データの内容が専門性の高い内容や外国語がある場合、業者により完成度にばらつきが生じます。

進化を遂げる「AI音声認識システム」

また、人間はAIのようにリアルタイムでテキストを書き起こしができませんので、もし短時間やリアルタイムで文字起こしたい、さらに会議アプリ(Zoom, Google Meetなど)と連携したい場合は文字起こしを「自動」で「短時間」に実行できるシステムの導入の方がおすすめします。

>>オンライン会議の内容もすぐにテキスト化可能<<


さらに、より一層の業務効率化を目指すため、一部の文字起こし業者はすでにAI音声認識システムを実装されたと言われています。

>>リアルタイム音声認識により数秒でテキスト化できる<<


もちろん、現時点のAIは手作業を100%代えることはできませんが、ツールを活用して大部の時間を節約できますので、重要な業務を集中できます。単純作業はAIに任せて、自分の時間を大事なことに使えるようにしましょう。


Nottaは無料でお試しできますので、ぜひお試しくださいませ。

‍‍

Web版‍

Google ChromeやMicrosoft EdgeブラウザからWeb版をアクセス

Chrome拡張機能‍

Chrome web storeからNotta拡張機能を追加

アプリ版

iOSアプリはApp Storeからダウンロード

AndroidアプリはGoogle Playからダウンロード

関連記事