議事録作成アプリおすすめ

【最新】議事録作成アプリのおすすめ12選!アプリの選び方や利用メリットも解説!

議事録作成アプリは、Web会議やインタビューなど重要なイベントの内容を自動で文字に起こし、記録・管理・共有できる便利なツールです。業務の効率化や生産性の向上が期待できるツールとして、多くのビジネスシーンで活用されています。

しかし、現代には数多くの議事録作成アプリがリリースされているので、どのアプリを使用したらよいかわからないという方は多いのではないでしょうか。

今回は「議事録作成アプリ」に焦点を当て、その概要や活用するメリット・デメリット、アプリの選び方、おすすめのアプリ12選などについて解説します。

議事録作成におすすめのアプリ3選【完全無料】

1.Googleドキュメント

Googleドキュメント

(出典:Googleドキュメント

Googleドキュメントは、Googleツールを日常的に利用するユーザーに最適です。

概要:

Googleドキュメントとは、Googleが提供するクラウドベースのワープロソフトウェアです。文書の作成・編集ツールとして利用されることが多いですが、実は議事録作成に役立つ文字起こし機能が搭載されており、マイクに通した音声をリアルタイムで文字起こしできます。また、複数のユーザーで同時に同じ文書の編集ができるので、業務の効率化が図れるでしょう。

機能: 

  • クラウドベース

  • 音声入力機能

  • リアルタイム共同編集

  • 豊富なテンプレート

  • 検索機能・辞書機能

  • コメント・編集の提案・編集履歴

  • オフラインモードでの利用

  • さまざまなファイル(.docx、.txt、.pdfなど)に変換可能

特徴:

  • オフラインでも利用可能

  • 複数のユーザーが同時に同じ文書を編集できる

  • 文書内でコメントを残し、他のユーザーとフィードバックを共有できる

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 無料

2.CLOVA Note

CLOVA Note

(出典:CLOVA Note

CLOVA Noteは、長時間の会議やインタビューを録音したいユーザーに最適です。

概要:

CLOVA Noteとは、LINEのAIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」が提供するAI議事録作成アプリです。複数の話者を識別でき、それぞれの発言として自動で記録できます。また録音した音声にハイライトやメモを追加できるので、重要箇所を振り返りやすい点も魅力的。録音は最大180分まで可能なので、長時間の会議やインタビューの議事録作成にも便利です。

機能: 

  • 音声入力・AI機能

  • 再生スピード調整機能

  • 話者識別機能

  • メモ機能

  • タスク管理機能

  • 共同編集

  • マルチデバイス対応

  • 端末間の同期

特徴:

  • 最大180分まで録音可能

  • 文章の要約やキーワードの抽出などをAIが徹底サポート

  • 話者識別可能。3人以上の会話でもOK

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 無料

3.Group Transcribe

Group Transcribe

(出典:Group Transcribe

Group Transcribeは、多言語翻訳機能を利用したいユーザーに最適です。

概要

Group Transcribeは、Microsoftが提供するiOS専用の議事録作成アプリです。会議やインタビューのリアルタイムで文字起こしできます。また、話者識別や80言語以上に対応した翻訳サービスも魅力的。会話の内容はデバイスやサーバーに保存されないので、機密情報や個人情報の漏洩の心配はありません。

機能: 

  • リアルタイムトランスクリプション機能

  • 多言語翻訳機能

  • 話者識別機能

  • ハイライトと検索機能

  • 録音と保存

  • 会話の要約機能

  • マイクの利用

  • Microsoft Teamsとの統合

特徴:

  • 話者識別機能で議事録作成作業を効率化

  • 80言語以上に対応した翻訳サービス

  • 会話の内容はデバイスやサーバーに保存されない(情報の悪用防止)

対応OS :iOSに対応

料金:

  • 無料

議事録作成におすすめのアプリ5選【スマートフォン対応】

1.Otter

Otter

(出典:Otter

Otterは、英語での会議を頻繁に行うユーザーに最適です。

概要

Otterは、英語の文字起こしに特化したAI議事録作成アプリです。会議やインタビュー、講義など様々なシーンの英会話を自動でテキストに変換できます。テキストデータは検索や共有が可能。業務の効率化が期待できます。また録音中に写真を撮ることもでき、録音した内容と一緒にインラインで挿入可能です。

機能: 

  • リアルタイムトランスクリプション

  • 音声録音とトランスクリプション

  • 音声の識別とラベリング

  • 検索とキーワードの抽出

  • 話者識別機能・翻訳機能

  • データ検索機能

  • タイムスタンプ機能

  • 音声ファイルをエクスポートして共有

特徴:

  • 英語の文字起こしに特化している

  • 音声ファイルからの文字起こしも可能

  • Google MeetやZoom、Microsoft Teamsなどと連携可能

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 基本無料(Basic)

  • 10ドル/月/1ユーザー(Pro)

  • 20ドル/月/1ユーザー(Business)

  • 問い合わせ(Enterprise)

2.AutoMemo

AutoMemo

(出典:AutoMemo

AutoMemoは、会議の議事録を自動で作成したいユーザーに最適です。

概要:

AutoMemoは、音声を自動で文字起こしする議事録作成アプリです。音声や動画ファイルをブラウザから簡単にアップロードするだけでテキスト化できます。ユーザーはApple IDやGoogleアカウントを使用して利用可能。句読点も自動で付与されるので、議事録作成を細部にまでこだわることができます。

機能: 

  • 音声データの管理

  • テキストデータの編集

  • メモ機能

  • 自動話者識別

  • キーワード検索

  • 外部音声の取り込み

  • 音声・テキストデータのダウンロード

  • 共有URLの発行

特徴:

  • 句読点を自動付与できる

  • 72言語に対応可能

  • Google DriveやDropboxと連携可能

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 無料(お試しプラン)

  • 月額プラン:1,480円 /月 30時間まで文字起こし可能

  • 年額プラン:12,800円 /年 30時間まで文字起こし可能

  • 14,000円 /1回(100時間チャージ)

※オートメモ Appの場合

3.Speechnotes

Speechnotes

(出典:Speechnotes

Speechnotesは、Bluetoothマイクと連携したいユーザーに最適です。

概要:

Speechnotesは、音声をリアルタイムでテキスト化できる議事録作成アプリです。会話やメモを手軽に録音し、自動で文字起こしできます。音声コマンドによる句読点や書式設定、大文字化などの機能を搭載。Bluetoothマイクとの連携ができるので、録音環境が良くない場所や移動中でも利用しやすいです。

機能: 

  • 音声からテキストへのリアルタイム変換

  • 複数言語のサポート

  • 編集と書式設定

  • メモの保存と同期

  • スピーチコントロール

  • Bluetoothマイクからの音声の文字起こし

  • カスタムキー機能

  • オフライン利用

特徴:

  • 高精度に定評があるGoogle音声認識エンジンを採用

  • 句読点などの音声入力や英語の音声コマンドにも対応

  • オフラインで利用できる(一部の機能)

対応OS :Androidに対応

料金:

  • 基本無料

  • アプリ内購入あり

4.Speechy

Speechy

(出典:Speechy

Speechyは、バックグラウンドで議事録を作成したいユーザーに最適です。

概要:

Speechyは、最新の人工知能と強力な音声認識エンジンを採用したiOS専用の議事録作成アプリです。音声を瞬時にテキスト化し、キーボードを使用せずとも議事録を作成できます。88言語以上をサポートしており、口述されたテキストを他の言語に翻訳することも可能。無時間制限音声認識・無制限のデータ保存ができる点も魅力的です。

機能: 

  • 音声ファイルによる文字起こし

  • オフライン音声認識

  • 話者識別

  • テキスト編集

  • 専門用語の辞書登録

  • テキスト翻訳と音声翻訳

  • バックグラウンド音声認識

  • 無時間制限音声認識・無制限のデータ保存

特徴:

  • シンプルなUI設計で初心者でも扱いやすい

  • 複数人の音声認識・識別ができる

  • バックグラウンドでの音声認識が可能

対応OS :iOSに対応

料金:

  • 2200円(Speechy)

5.Just Press Record

Just Press Record

(出典:Just Press Record

Just Press Recordは、日常的にApple製品を利用するユーザーに最適です。

概要:

Just Press Recordは、録音した音声を自動で文字起こしする議事録作成アプリです。ワンタップでの録音、文字起こし、iCloud同期を可能にし、録音した音声を誰でも簡単にテキストに変換できます。またアプリ内でテキストを編集することも可能。Siriを活用すれば、完全ハンズフリーで録音を開始できます。録音時間に制限がなく、録音したデータはiCloud DriveまたはMacのDocumentsフォルダに保存することも可能です。

機能: 

  • 音声の録音・記録

  • オフラインでの録音

  • テキストの転写の訂正

  • 音声のトリミング・細かな録音設定

  • スロー再生・倍速再生

  • 全データ内での単語検索

  • 音声やテキストを他のアプリと共有

  • Apple Watchとの連携・エクスポートと共有

特徴:

  • シンプルで直感的なUI設計が魅力的

  • 録音データがiCloudを経由して複数のデバイス間で同期される

  • Apple Watchと連携し、Apple Watchからでも操作できる

対応OS :MacOS、iOSに対応

料金:

  • 700円

議事録作成におすすめのアプリ4選【文字起こしも可能】

1.Notta

Nottaがおすすめ

(出典:Notta

Nottaは、高精度な音声認識でより正確な議事録を作成したいユーザーに最適です。

概要:

Nottaとは、日本語や英語など58言語に対応できるAI議事録作成アプリです。98.86%の高精度なAI音声認識を採用しているので、より正確なリアルタイム文字起こしを実現します。また、音声・動画ファイルをアップロードして、内容を文字に起こすことも可能。1時間の音声をわずか5分で処理できます。他にも話者識別機能や辞書登録機能、AI要約機能など便利な機能を豊富に搭載。強固なセキュリティ対策も万全なので、情報漏洩の心配もありません。

機能: 

  • リアルタイム文字起こし

  • 話者識別・辞書登録・AI要約機能

  • デバイス間の同期

  • Chrome拡張機能

  • 画面収録機能

  • 音声・動画ファイル、URLからのインポート

  • TXT・DOCX・SRT・PDFなどのファイル形式でエクスポート

特徴:

  • 倍数再生や画像追加など全面的な文字処理機能

  • PCやスマートフォンなどで時間や場所を問わずテキストデータを編集可能

  • SSL通信やAmazon Web Servicesの活用、AWS S3のSOC2保証報告書の取得などの強固なセキュリティ対策

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 基本無料(フリー)

  • 1,200円/月(プレミアム)

  • 利用人数ごとに異なる(ビジネス)

  • 要相談(エンタープライズ)

    議事録は文字起こしツールを使って効率的に作成しよう!

    Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

2.Texter

Texter

(出典:Texter

Texterは、iPadやApple Watchと連携して議事録を作成したいユーザーに最適です。

概要:

Texterは、最先端のAI音声認識技術を駆使した議事録作成アプリです。音声やメディアファイルを素早くかつ正確に文字に起こせます。句読点や疑問符の自動変換もサポート。他のアプリを利用しながら、バックグラウンドで文字起こし作業を行えます。なおiPadやApple Watchと連携すれば、録音音声の再生ができるので、議事録データを見ながらの編集作業が可能です。

機能: 

  • 高精度な文字変換

  • 無制限の録音と音声認識

  • テキストの編集、要約機能

  • リアルタイム翻訳機能

  • 録音音声や動画インポート時の話者識別機能

  • 画像・動画からのテキスト変換、抽出

  • 句読点や疑問符への自動変換

  • 音声認識のバックグラウンドサポート

特徴:

  • AIによる正確でスピーディーな文字起こし

  • 会話の自動要約で議事録作成をサポート

  • iPadやApple Watchとの連携

対応OS :iOSに対応

料金:

  • 基本無料

  • App内課金有り

3.toruno

toruno

(出典:toruno

torunoは、さまざまなWeb会議ツールと連携したいユーザーに最適です。

概要:

torunoとは、 会議の発言や議論をAIが自動でテキスト化する議事録作成アプリです。テキストデータはアプリ内で編集できます。また、ブックマーク機能を活用すれば、重要発言のチェックが可能。さらに、会社用語や業界用語を所定のフォーマットで登録・認識できる点も魅力的です。Teams会議やZoom、Google MeetなどさまざまなWeb会議ツールと連携できる点も強みと言えるでしょう。

機能: 

  • 文字起こし、録音、画面キャプチャ

  • 発言テキストの入力・編集

  • ブックマーク機能・検索機能

  • 頭出し再生機能

  • 再生スピードの変更機能

  • 文字起こしデータの共有

  • 辞書登録機能

  • Web会議ツールと連携

特徴:

  • ​​ユーザー辞書登録に学習機能を搭載

  • パスコード付きURLでテキストデータを共有可能

  • Teams会議やZoom、Google MeetなどさまざまなWeb会議ツールと連携できる

対応OS :Windowsに対応

料金:

  • 月20時間プラン:6,000円 + 300円/時間

  • 月100時間プラン:28,500円 + 285円/時間

  • 月500時間プラン:135,000円 + 270円/時間

※torunoビジネスの場合

4.RIMO voice

RIMO voice

(出典:RIMO voice

RIMO voiceは、議事録作成にスピードを求めるユーザーに最適です。

概要:

RIMO voiceとは、日本語に特化したAIエンジンを採用した議事録作成アプリです。わずか5分前後で1時間の音声データを文字起こしでき、句読点の自動挿入や読みやすいフォーマットでテキストデータを表示してくれます。文字と音声データがリンクしているので、ワンクリックで特定のポイントを再生可能。ChatGPTを活用した大型アップデートを実施し、精度と安全性についても保障されています。

機能: 

  • 会議の議事録 · インタビュー · 動画の字幕づけ機能

  • テキスト編集機能

  • 音声ファイル、動画ファイルの自動テキスト変換機能

  • 文字起こし結果や音声データのシェア・ダウンロード機能

  • スライダー機能

  • 音声検索機能

  • 法人用管理機能

  • セキュリティ対策

特徴:

  • 日本語に特化したAIエンジンを搭載

  • 契約プランによっては議事録の修正をプロの業者がサポート

  • さまざまなオンライン会議ツールとの連携が可能

対応OS :Windows・MacOS・iOS・Androidに対応

料金:

  • 30,000円/月(トライアル)

  • 60,000円/月(ライト)

  • 120,000円/月(ベーシック)

  • 要問い合わせ(ビジネス)

※法人契約の場合

議事録作成アプリとは?

議事録作成アプリは、Web会議やインタビューなど重要なイベントの内容を自動で文字に起こし、記録・管理・共有できる便利なツールです。従来の手書きに代わり、デジタル形式での記録・管理・共有を可能にし、業務の効率化を図ります。

議事録作成アプリを活用するメリット

ここでは議事録作成アプリを活用するメリットについて3点解説します。

1.議事録作成の効率化

議事録作成アプリは、リアルタイム文字起こし機能や議事録のテンプレートなどを活用して、会議の内容を効率的に記録します。またモバイルアプリを使用すれば、時間や場所を問わずアクセスできるので、外出先や移動中でも議事録の確認・編集が可能です。

2.議事録のデータ管理・共有がしやすい

デジタルで議事録を作成すれば、データの管理や共有が容易です。検索機能やフォルダ機能を利用すれば、必要な情報をスピーディに探せます。さらに、クラウドベースの議事録作成アプリの場合、複数のユーザーが同時にアクセスできるので、関係者と情報共有がスムーズです。また、変更履歴を閲覧できる機能が搭載されたアプリの場合、誰が何を言ったかについてトラッキングすることもできます。

3.セキュリティにも配慮できる

会議やインタビューで話す内容は、機密性が高いことも多いです。クラウドベースの議事録作成アプリの場合、セキュリティ対策が施されたものが多いので、データの暗号化やアクセス制御などを通じて情報漏洩のリスクを低減できるでしょう。

議事録作成アプリを活用するデメリット

ここでは、議事録作成アプリを活用するデメリットについて2点解説します。

1.導入・運用コストがかかる

高性能な機能を豊富に搭載した議事録作成アプリは、有料であることが多いです。利用者の予算に制約がある場合、導入・運用コストを考慮する必要があるでしょう。

2.音声認識がうまくいかないことがある

議事録作成アプリの音声認識は、アプリごとに異なり、そのどれもが100%の精度ではありません。また、周囲の騒音やマイクとの距離、同時に複数人の発言などがあると、音声を正確に認識できないケースもあるので注意が必要です。

議事録作成アプリの選び方

ここでは、議事録作成アプリの選び方について7点解説します。

1.操作性

議事録作成アプリを選ぶ際は、その操作性を確認しましょう。特にデザインがシンプルなものや直感的に使いやすいものなど、UI設計が意識されたアプリがおすすめです。

2.音声認識の精度

議事録作成アプリは、音声認識の精度も重要です。精度が低いと、認識ミスや誤字脱字が多くなり、手動での修正作業が増えてしまいます。できるだけ音声認識精度が高いアプリを選びましょう。

3.機能

議事録作成アプリには、議事録の自動作成以外にも、さまざまな機能が搭載されています。各々のニーズに合った機能が搭載されているかを事前に確認しましょう。

4.スマートフォン対応

議事録作成アプリが、スマートフォンに対応しているかどうかも重要です。外出先や通勤時間など時間や場所を問わず利用できるので、スキマ時間を有効活用できます。

5.外部ツールとの連携

普段使用するスケジュール管理ツールやカレンダーアプリとの連携ができるかどうかも重要です。連携ができると、例えば、会議中に急遽決まったタスクを、スケジュールとしてツールに自動入力してくれます。

6.予算・費用

議事録作成アプリの種類は豊富です。また導入・運用にかかる費用も異なります。料金プランごとに利用できる機能も異なるので、利用規模や用途に応じた最適なアプリを選択しましょう。

7.セキュリティ対策

会議やインタビューで話す内容は、機密性が高いことも多いです。導入予定のアプリに、データの暗号化やアクセス制御などのセキュリティ対策が施されているかも確認しましょう。

議事録作成アプリに関するよくある質問

議事録作成アプリには主にどのような機能が搭載されていますか?

一般的な議事録作成アプリには、主に以下のような機能が搭載されています。各自のニーズに合わせて、必要な機能が搭載されたアプリを導入しましょう。

  • テンプレートとフォーマット設定

  • リアルタイム共同編集

  • 自動音声認識

  • タスク管理機能

  • ファイルの添付と共有

  • インポート・エクスポート機能

  • 辞書登録機能

  • 話者識別機能

  • 多言語翻訳機能

議事録作成アプリの音声認識精度は?

アプリに搭載されたAIごとに音声認識の精度は異なります。各自気になるアプリを複数利用し、1番納得のいくアプリの導入を検討しましょう。なお、Nottaは98.86%の高精度なAI音声認識が魅力的で、より正確なリアルタイムでの文字起こしや、音声・動画ファイルからの自動文字起こしが可能です。

議事録作成アプリは初心者でも扱えますか?

基本的に、多くの議事録作成アプリは初心者でも扱いやすいようなUI設計が意識されています。複数のアプリを利用して、1番扱いやすいアプリを導入するとよいでしょう。

なお、初心者でも扱いやすいアプリかどうかは、以下の観点を考慮してみてください。

  • 直感的に操作できるUI設計かどうか

  • 初心者向けのガイドやチュートリアルがあるか

  • 議事録作成のテンプレートが豊富かどうか

  • オートセーブ機能があるか

  • 外部に共有できる機能があるか

  • 話者識別機能があるか

  • セキュリティ対策は万全か

まとめ:議事録作成アプリを活用して業務の効率化や生産性の向上を図ろう!

今回は「議事録作成アプリ」に焦点を当て、その概要や活用するメリット・デメリット、アプリの選び方、おすすめのアプリ12選などについて解説しました。

AIの進化に伴い、近年さまざまなビジネスシーンで実用性が高まっている議事録作成アプリ。アプリを導入する際は、利用者のニーズに適しているかの判断が重要です。本記事で解説した議事録作成アプリの選び方を参考に、アプリを導入して、業務の効率化や生産性の向上を図ってみてはいかがでしょうか。

また、議事録作成アプリに「高度な音声認識精度」を求める方は、ぜひNottaの利用を検討してみてください。

議事録は文字起こしツールを使って効率的に作成しよう!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

to top