音声認識システム

音声認識システムを取り入れ業務を改善|選定のポイントやおすすめサービスも紹介

音声認識システムとは

人間の音声を機械が理解できる形式(テキストデータなど)に変換する技術のことを音声認識システムと呼びます。

日常生活でよく見聞きするようになったAmazon社のAlexaやApple社のSiriなどには、音声認識システムが使われています。

音声アシスタント以外にも、自動音声応答システム(IVR)や自動車の音声コントロールなど、音声認識システムは幅広い分野で使用されている技術です。

深層学習や人工知能(AI)の進歩により、音声認識技術は急速に進化し、日を追うごとに正確で効率的に変化しています。

音声認識システムのメリットとデメリット

音声認識システムを導入することによるメリットとデメリットを把握しておくことは、業務効率化を図る上での重要な指針のひとつです。

メリット

音声認識システムのメリットは以下のとおりです。

・業務の効率化

音声認識システムを導入することで得られる最も大きなメリットは、業務の効率化を図れることです。文字を打つ手間を省くことができるため、会議の議事録作成や問い合わせ内容の記録などに人員を割く必要性が減ります。文字起こしなどに人員を割く必要性が減るため人件費の削減に繋がり、時間の削減にも繋がります。

・アクセシビリティの向上

音声認識システムは音声を利用するという特性上、障害を持つ人たちが利用する際の補助手段になりえます。自身の発する声によりさまざまな操作を行うことができるようになるため、アクセシビリティの向上を目指せるでしょう。

・テキストマイニング

テキストマイニングとはテキストデータの中から必要とする重要な情報を見つけ出す技術のことです。文章化された内容を確認することで、より客観的に会話内容を分析でき、有用な情報や知識を抽出できる可能性が高まります。

デメリット

音声認識システムにはいくつかのデメリットも存在しています。

・誤認識の可能性

音声認識システムは100%完全に話者の話した内容をトレースできるわけではありません。特に方言やアクセント、周囲にノイズが多い環境、複数人で同時進行される会話など、認識精度が低下してしまう要因がいくつかあります。

・ネット環境への依存

音声認識システムのほとんどはインターネット接続をベースとしたシステム構築がなされています。ゆえに接続が不安定な場所では安定性が低下し、場合によっては使用中に突然切断されてしまう可能性もあります。

・ネットリテラシーの懸念

音声認識システムを利用する場合、記録した音声データは多くの場合、クラウドなどのインターネット上に保管されます。これらの情報が適切に保護されているかが懸念事項となりえます。

音声認識システムの選定ポイント

音声認識システムにもさまざまな種類やサービスがあり、どのサービスが自社・自身に合っているか分からず迷ってしまうこともあります。

・認識精度

音声認識システムを選ぶ際に重要な要素のひとつは、音声の認識精度です。音声認識システムがサポートしている言語が、自社・自身のニーズを満たす言語であることはもちろんのこと、異なるアクセントや重なり合う音声をどの程度認識できるかも、選ぶ際のポイントです。

・機能や互換性

音声認識システムの中で最も大事な機能は、音声を認識し、それをテキストとして出力することです。それ以外の機能として同時通訳のようにリアルタイムで文字起こしをする機能や、任意の語彙を登録することで音声認識の精度を挙げる機能、その他ソフトウェアやサービスと連携ができる機能があるかどうかも重要です。

・コスト

音声認識システムの利用には、初期費用だけではなく維持費がかかるサービスが多いです。利用中に機能を追加してアップグレードしたい場合にかかる追加費用なども試算に入れ、総合的に評価をする必要があるでしょう。

・カスタマーサポート

トラブルシューティングなどが必要になった際に、専門家に聞くことができるようにカスタマーサポートが利用可能か、サポート内容が充実しているかを事前に確認しておくことが大切です。

音声認識システム15選

数多くの音声認識システムの中からおすすめのサービスを紹介します。

1.Notta

Notta

概要

NottaはNotta株式会社が提供する、高精度の音声認識とAI要約機能を搭載した文字起こしサービスです。Web版・アプリ版どちらにも対応し、ご自身でお持ちのノートパソコンや携帯電話をそのままデバイスとして使用できます。日本語、英語、中国語を始めとして合計42か国語に対応しているのも特徴です。

特徴機能

・リアルタイム文字起こし

・外部データや音声ファイルの文字起こし

・Webページの画面収録

・Web会議アプリとの連携

料金

・無料版

・有料版(個人利用):2000/月(月払い)1200/月(一括年払い)

こんな方におすすめ

・音声認識システムによるテキスト化の業務を数多く請け負っている方

・高性能なサービスを利用したい方

会話を句読点も自動的に入れてテキスト化!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

cta9

2.Amivoice ScribeAssist

Amivoice ScribeAssist

概要

Amivoice ScribeAssistは株式会社アドバンスト・メディアが提供する、高度な日本語音声認識技術を用いた文字起こしアプリケーションです。オフラインでも扱えるスタンドアローンタイプのアプリケーション形態を採用しているため、機密情報などを扱う内容でも安心して利用できます。国内シェアNo.1(合同会社 ecarlate 「音声認識市場動向2023」)のAI音声認識AmiVoiceを搭載し、議会や医療関係などの専門的な内容でも優れた認識率を誇っています。

特徴機能

・リアルタイム文字起こし

・オフラインでも利用が可能

・Web会議アプリとの連携

料金

・有料:お問い合わせください

こんな人におすすめ

・機密情報を扱う会議に参加する方

・クラウドなどを使わずに、パソコン内に録音データを保存したい方

3.TIMO Meeting

TIMO Meeting

概要

TIMO Meetingはパーソナル&テクノロジー株式会社が提供する、ミーティングマネジメントツールです。会議プロセスのデジタル化を通して、経営会議の生産性向上を目指すツールとして銘打っています。議事録の作成だけではなく、AIによる内容の要約や会議前のアジェンダ展開から会議後のデータ共有まで一連のプロセスを全てデジタル化して会議運営全体を効率化できます。

特徴機能

・リアルタイム文字起こし

・アジェンダ管理

・Todo管理

料金

・有料:お問い合わせください

こんな人におすすめ

・参加メンバーがさまざまな会議を日々セッティングする方

・議案の決裁などのシステムも一括して利用したい方

4.NTT SpeechRec

NTT SpeechRec

概要

NTT SpeechRecはNTTテクノクロス株式会社が提供する、最新のNTT研究所技術である、知識集約型マルチメディア理解ライブラリ「MediaGnosis」を搭載した音声認識システムです。専門用語や辞書・言語モデルなどニーズに合わせて最適にチューニングを施した状態で利用することが可能であり、とても高い認識精度を実感できます。オンプレミス環境やプライベートクラウド環境など、秘匿性が高い環境を構築することも可能です。

特徴機能

・リアルタイム文字起こし

・企業に合わせた音声認識辞書・モデルの構築

・秘匿性の高い環境の構築

料金

・有料:お問い合わせください

こんな人におすすめ

・自社のニーズに合ったチューニングを施してから利用したい方

・文字起こしの際に整型もしてほしい方

5.もじこ

もじこ

概要

もじこは吉積情報株式会社が提供する、AI音声認識を使った文字起こしエディタです。世界12か国以上の言語に対応しているだけでなく、Googleやアドバンスト・メディア社のAmiVoiceなど、大手の音声認識エンジンを自由に選択することが可能です。

特徴機能

・リアルタイム文字起こし

・使用する音声認識エンジンを選択可能

・放送現場の声を取り入れたさまざまな便利機能

料金

・初期費用:無料

・月額基本料金:15,000円

・文字起こし料金:25円 / 分

こんな人におすすめ

・番組制作に関連した仕事をしている方

・多機能なエディターを利用したい方

6.文字起こしさん

文字起こしさん

概要

文字起こしさんは株式会社さんが提供する、ファイルをアップロードするだけで簡単に文字起こしをしてくれるサービスです。録音データだけでなく、動画や画像ファイルからも文字起こしが可能です。専門用語が多い会話の場合は文字起こしをする際は、事前に会話内容の種類を選択しておくことで認識精度を向上させることができます。

特徴機能

・音声・動画・画像ファイルから文字起こしが可能

・インターネットに接続できればいつでもどこでも利用可能

・難しい専門用語にも対応

料金

・無料:音声10分 / 毎日

・有料:1,000円 / 月(音声4時間 / 月)

こんな人におすすめ

・さまざまな媒体から文字起こしを行いたい方

・日ごろから動画を制作して公開などをしている方

7.Sloos

Sloos

概要

Sloosは株式会社QuantumCoreが提供する、発言者ごとに文字起こしをすることに特化したサービスです。事前に10秒程度話者の音声を登録しておくことで、正確に話者を識別して文字起こしを行います。マイク一台で最大10人まで識別が可能です。

特徴機能

・リアルタイム文字起こし

・音声登録機能

・最大10人まで識別が可能

料金

・無料

こんな人におすすめ

・無料のツールを使用したい方

・話者識別をしてほしい方

8.Group Transcribe

Group Transcribe
概要

Group TranscribeはMicrosoft社が提供する、リアルタイム文字起こしと翻訳サービスです。最先端の音声・言語技術と独自のマルチデバイス音声入力フォーマットにより、高精度で話者の特定が可能であり、誰が何を言ったかを各自の希望する言語で知ることができます。

特徴機能

・無料のiOSアプリで簡単に導入が可能

・文字起こしの際に設定した言語でリアルタイム翻訳が可能

料金

・無料

こんな人におすすめ

・iPhoneを文字起こし&翻訳デバイスとして使用したい方

・さまざまな国の人と話す機会が多い方

9.Google Cloud Speech-to-Text

Google Cloud Speech-to-Text

概要

Google Cloud Speech-to-TextはGoogleが提供する、独自のAI研究とテクノロジーを最大限に活かした文字起こしサービスです。使用している音声モデルは、Google最新のディープラーニングニューラルネットワークアルゴリズムを利用し、数百万時間におよぶ音声データと数十億の文でトレーニングされています。

特徴機能

・数種ある音声認識モデルを任意で選択可能

・Speech-to-Text APIを使用することでその他アプリケーションに簡単に統合が可能

料金

・有料:標準モデル:60分 / 月までは無料、~100万分まで 0.004ドル  / 15秒

こんな人におすすめ

・さまざまな言語を利用している方

・GoogleCloud Platformが提供しているその他アプリケーションと連携させたい方

10.Microsoft Speech Services

Microsoft Speech Services

概要

Microsoft Speech ServicesはMicrosoft社が提供する、音声機能をマネージドするサービスです。文字起こしサービスにおいては顧客に関する分析情報を把握したり、音声認識アシスタントでエクスペリエンスを改善したりできます。音声をテキストデータにするだけでなく、テキストを音声データへ変換することも可能です。

特徴機能

・文字起こしと同時にさまざまな分析が可能

・録音データをもとにした発話アプリの開発が可能

・アプリに合わせたカスタムモデルの作成が可能

料金

・Freeプラン:300分 / 月

・従量課金:1ドル / 1時間~

こんな人におすすめ

・音声→テキストだけでなくテキスト→音声も行いたい方

・Microsoft Azureで提供しているその他アプリケーションと連携させたい方

11.Amazon Transcribe

Amazon Transcribe

概要

Amazon TranscribeはAmazon社が提供する、クラウド型の音声認識システムです。AWSのあらゆるアプリケーションに文字起こし機能を追加できます。医療業界専用の音声認識サービスであるAmazon Transcribe Medicalも提供していて、医療用語の高精度な認識が可能です。
特徴機能

・AWSのクラウド基盤上で動作

・医療会話に特化したモデルを利用可能

料金

・60分 / 月まで無料(12か月間)

・月額:0.02400ドル / 分 (250,000分 / 月)

こんな人におすすめ

・医療関係の仕事をされている方

・AWSで提供しているその他アプリケーションと連携させたい方

12.Watson Speech to Text

Watson Speech to Text

特徴機能

・複数の言語と方言をサポート

・カスタマー・ケア向けに最適化されたモデルを提供

・言語と音響のトレーニングによる音声認識の精度向上

料金

・Liteプラン:無料(500分 / 月まで)

こんな人におすすめ

・高性能なカスタマー・ケア向けのシステムを利用したい方

・方言なども文字起こししたい方

概要

Watson Speech to TextはIBMが提供する、先進の機械学習モデルを用いた音声認識システムを利用した文字起こしサービスです。複数の言語だけでなく方言もサポートしているため、世界中の多様なユーザーやコンテンツをカバーできます。Watson Speech to Textテクノロジーは顧客支援や音声分析などカスタマー・ケア領域向けに調整された音声モデルを使用でき、コールセンターなどの顧客対応業務の効率を改善できます。

13.Enour CallAssistant

Enour CallAssistant

概要

Enour CallAssistantは株式会社オプテージが提供する、音声認識システムやAIを利用したコールセンターなどのオペレーター支援サービスです。文字起こし機能を利用することで、応対時の会話内容が即時にテキスト化されます。聞き洩らしや言い忘れを防ぎ、質の高い応対業務を可能にするサービスです。

特徴機能

・リアルタイム文字起こし

・リアルタイムモニタリング

・Voc分析

料金

・有料:お問い合わせください

こんな人におすすめ

・コールセンター業務に支援機能を取り入れたい方

・管理者とオペレーターがそれぞれ相互に対応できる体制を作りたい方

14.AI Dig for Voice

AI Dig for Voice

概要

AI Digはエス・アンド・アイ株式会社が提供する、リアルタイム音声認識でコールセンターの業務効率やお客様の声分析を可能にするサービスです。AIがリアルタイムに音声認識を行い文字起こしを行います。コールセンター業界に特化した満足度の高いサービスを提供しています。

特徴機能

・リアルタイム文字起こし

・リアルタイムモニタリング

・統計分析

料金

・初期費用:30万円

・月額費用:25万円

こんな人におすすめ

・分析機能や学習機能を用いて業務改善を行いたい方

・回答候補をAIに補助してもらいたい方

15.YOMEL for コールセンター

YOMEL for コールセンター

概要

YOMEL for コールセンターはアーニーMLG株式会社が提供する、高精度音声認識AIを駆使してコールセンター業務に特化させた顧客対応補助サービスです。AIが会話内容を自動でテキスト化、要約を行い工数削減に貢献してくれます。NGワードを登録しておくことでAIが使用有無をチェック、通知を送るシステムなども組み込まれています。AWSと連携も可能です。

特徴機能

・リアルタイムモニタリング

・あいづちチェッカー

・NGワード通知

料金

・有料:お問い合わせください

こんな人におすすめ

・さまざまなチェック機能を有したサービスを利用したい方

・自社のAWSと連携させた運用を行いたい方

まとめ

現代の生活に音声認識システムはなくてはならない技術となりました。

ご紹介したように、文字起こしをメインとし、付随するさまざまなサービスを合わせたシステムが数多く提供されています。

音声認識システムを取り入れたサービスを利用することで、さまざまな場面において作業の効率化や生産性の向上を見込めるでしょう。

ぜひ自社のニーズに合わせたツールを取り入れてみませんか。

to top