Webライターとは

【初心者向け】Webライターとは?その概要や仕事内容、収入、働き方、始め方、必要なスキル、稼ぐコツについて解説!

2022-09-163 mins

インターネットの普及や新型コロナウイルスの影響によるリモートワークの普及をきっかけに、インターネット上のコンテンツを作成するWebライターという職業が、近年注目を集めています。

Webライターとは、主にWebサイトに掲載する記事の文章やコンテンツを作成する職業です。 

今回は「Webライター」に焦点を当て、以下の点を詳しく解説します。

  • Webライターとは何か

  • Webライターの仕事内容・収入

  • Webライターの働き方

  • Webライターを始める際の8ステップ

  • Webライターに必要なスキル

  • 未経験でもWebライターとして稼ぐコツ

将来Webライターとして生計を立てたい方や副業としてWebライターを検討している方はぜひご一読ください。

Webライターとは?

Webライターとは、主にWebサイトに掲載する記事の文章やコンテンツを作成する職業です。

 Webライターは、大きく5つに分類することができます。

Webライターの分類 概要
SEOライター Webサイトやページが検索順位上位に表示されるように対策しながら記事を書くライター
コピーライター テレビやWeb広告のキャッチコピーを考えるライター
取材ライター 取材対象者のインタビュー内容を記事にまとめるライター
PRライター 企業の広報やPRを支援するライター
セールスライター 企業やお店の集客のためにセールスコピーを考え、Webページやチラシなどを作成するライター

Webライターの仕事内容・収入

ここでは、Webライターの主な仕事内容や収入事情について解説します。

仕事内容

Webライターの仕事内容は主に以下のとおりです。

  • 執筆

  • 文章・構成案作成

  • 編集・校正

  • 監修

  • 記事の入稿(WordPressなどのCMS)

  • 画像選定と挿入、サイズ調整

  • 文字の装飾

  • 取材・インタビュー

※案件やクライアントごとに任される仕事内容は異なります。

収入

Webライター

(引用:https://求人ボックス.com/ライターの年収・時給)

2022年9月更新の求人ボックスの情報によると、Webライターを含むライター業の平均年収は約434万円でした。

国税局の令和2年度の民間給与実態統計調査結果によると、日本の正規給与所得者の平均年収は503万円です。

これらの数値を比較すると、Webライターを含むライターの平均年収は、日本の正規給与所得者の平均年収より低い傾向にあると言えます。

またWebライターの年収を月給ベースに換算すると約36万円、初任給は22万円程度が相場のようで、派遣社員やアルバイト・パートでは平均時給がそれぞれ1,699円、1,094円となっています。

しかし、全体の給与幅としては340〜877万円と比較的広いため、勤務先や個人のノウハウ・求められるスキルごとに大きな差があると言えるでしょう。

Webライターの働き方

ここでは、Webライターの働き方について3点解説します。

1.企業に就職・雇用

1つ目の働き方は、企業に就職し、雇用される方法です。

企業ごとに任される仕事内容は異なりますが、一般企業では、主に社内の広報やオウンドメディアの運営、Web制作会社では、主にメディアコンテンツの作成を任されることになるでしょう。

企業に就職する場合、会社の営業担当が基本的に案件を取ってくるため、Webライター自ら営業することは少ないです。

しかし、別途必要な雑務やミーティングへの出席など、ライティング以外の業務が増えることを把握しておきましょう。

2.フリーランスとして働く

2つ目の働き方は、フリーランスとして働く方法です。

フリーランスの場合、納期さえ遵守できれば、自分のペースで案件を進められるため、自由度が高いというメリットがあります。

しかし、フリーランスとしての働き方は、Webライターとしての執筆スキルに加えて、自ら案件を獲得する営業力も必要です。

そのため、玄人向けの働き方と言えるでしょう。

3.クラウドソーシングなどの請負会社に所属・登録

3つ目の働き方は、クラウドソーシングなどの請負会社に所属・登録することです。

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数に業務を発注する業務形態です。仕事を依頼したいクライアントと受注したいユーザーが、インターネットを通じてマッチングできます。 

クラウドソーシングを活用すれば、基本的な執筆条件はクライアント側が提示してくれるため、営業力に自信がないWebライターでも、希望条件に合った案件を受注できます。

しかし、クラウドソーシングサイトを利用すると、サイト利用料や手数料が発生するため、報酬の手取りが予想より少なくなる点に注意が必要です。

Webライターを始める際の8ステップ

ここでは、Webライターを始める際の8ステップについて解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

1.ネットワーク環境やパソコンを用意

Webライターとして活動するのであれば、ネットワーク環境やパソコンは必須です。

クライアントとのやりとりに支障をきたさないよう、不便なく使用できるインターネット環境と自分が使いやすいパソコンを用意しましょう。

スマートフォンで記事を執筆するWebライターもいますが、スマートフォンはパソコンに比べて画面が小さいため、作業しづらいというデメリットがあります。 

そのため、Webライターとして生計を立てていくのであれば、パソコンを用意しましょう。

2.Webライターについて知識を学ぶ

次に、Webライターの業務に必要な基礎的な知識を学びましょう。

SEO

Webライターの業務をこなしていくと、必ずと言っていいほど「SEO」という言葉に遭遇します。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、Googleなどの検索エンジンにおいて、ある特定のキーワードを検索した際、自社で運用するWebサイトやページが検索上位に表示されるようにする対策のことです。

実は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、SEOが意識された品質が高いコンテンツ(例えばユーザビリティが高いコンテンツ)を検索順位上位に表示するよう設計されています。

クライアントが運用するWebサイトやページが検索順位上位に表示されるとそれだけ自サイトへの訪問者が増え、売上やCV(コンバージョン)につながる可能性が高いです。

つまり、WebライターがSEOを意識したコンテンツを作成すれば、それだけクライアントの売上やCV(コンバージョン)に直結する可能性が高くなるということです。 

売上に直結する優秀なWebライターとしてアピールできれば、長期的に案件を任せてもらえる可能性が高いため、Webライターとして生計を立てたい方にとってSEOは必須の知識と言えるでしょう。

文型

Webライターは、主にWeb上に掲載するコンテンツ・文章を作成する仕事です。

そのため、不特定多数の読み手が存在します。

誰が読んでも理解できる日本語でライティングするには、正しい日本語力・文型を理解していることが重要です。

3.プロフィールを作成

クライアントが案件を依頼する際、Webライターのプロフィールを参考にすることがあります。

プロフィールに自分の過去実績を記載すれば、Webライターとしてのスキルやノウハウの高さをアピールでき、案件獲得に繋がりやすいです。

またプロフィールの書き方で、Webライターとしてのセンスも見れます。

そのため、プロフィールはきっちり作成するようにしましょう。

なおプロフィールの表現方法は複数あります。

以下に3点例を挙げますので、自分に合った方法でプロフィールを作成してみましょう。

ブログ

Webライターは、副業として人気が高く、ライバルが多い仕事です。

そのため、初心者や実績がない方は案件を獲得しづらい仕事とも言えます。

Webライターとしてのスキルやノウハウをアピールするためにも、自分のブログを開設し、自分のこれまでの実績やスキル、ノウハウがわかるようなコンテンツを掲載しましょう。

なおブログの開設は、WordPressがおすすめです。

WEBライター

WordPressとは、オープンソースの無料ブログソフトウェアです。

誰でも簡単にブログの作成ができるだけでなく、Webライターが任される案件には、WordPressへの入稿作業もあります。

WordPressが扱えると、任される案件が増えるため、使いこなせるようにしておくことをおすすめします。

【WordPress|公式サイト

クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトのプロフィール欄に、実績やスキル、ノウハウを掲載することもおすすめです。

クラウドソーシングサイトで優秀なWebライターを探しているクライアントは多いです。

クライアントの目に留まれば、案件を任せてもらえるだけなく、正社員としてスカウトされることもあるため、プロフィール欄を充実させることを意識しましょう。

【Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト4選】

Twitter

Twitterのプロフィール欄に、実績やスキル、ノウハウを掲載することもおすすめです。

特にある特定のジャンルに特化した内容を記載することで、そのジャンルに詳しい人だとアピールできます。 

またフォロワーの数が多いほど、Webライターとしての影響力をクライアントにアピールすることもできるため、案件を獲得しやすくなるというメリットもあります。

特に近年では、Twitterで優秀なWebライターを探しているクライアントは多いです。

ダイレクトメッセージから、案件の相談がくることもあるため、Twitterのアカウントは開設しておいて損はないでしょう。

4.ポートフォリオの準備

次に、案件に応募する際に必要なポートフォリオを準備しましょう。

ポートフォリオとは、「Webライターとしての自己紹介資料」のようなものです。

Webライターでは、ブログやWebサイトがポートフォリオになりえるでしょう。

また近々に作成した記事をポートフォリオとして提出することも効果的です。

執筆実績のない初心者にとってポートフォリオの中身や実績は、クライアントへの名刺代わりになり、案件獲得に有利です。

提案文とあわせて送付することで、案件獲得率は向上するでしょう。

5.案件に応募する

ある程度、自己アピールできる準備が整い次第、気になる案件に応募しましょう。

Webライターは倍率が高い職種です。

複数の案件に応募しても案件を受注できないこともあります。

そのため、できるだけ多くの案件に応募し、受注の確率を高めましょう。

6.テストライティングをする

本案件を受注する前に、テストライティングを実施するクライアントは多いです。 

テストライティングとは、Webライターのスキル/ノウハウを確認する確認テストのようなものです。

今後、継続的に案件を依頼すべき人材かどうか判断する重要なステップのため、真剣に取り組みましょう。

【クライアントがテストライティングで重要視するポイント例】

  • 納品期限の遵守

  • クライアントの要望に的確に答えられるか

  • 正確にマニュアルが読めるか

  • 報連相がしっかりできるか

  • 専門的なスキルや知識を持っているか

7.案件を受注・執筆

テストライティングに合格後、本案件を受注します。

なお案件を受注する際は、必ず詳細を確認しましょう。

クライアントと意見が食い違い、トラブルになるケースは少なくありません。

詳細を確認する際は、以下のポイントに注目してみてください。

【確認ポイント】

  • 執筆内容

  • 掲載場所

  • 読者のターゲット層

  • 記事の納品方法

  • 報酬額

  • 納期

8.納品

受注した執筆案件・記事が完成したら、速やかに納品しましょう。

この際、納期は必ず守る必要があります。

期日通りの納品は、クライアントからの信頼につながり、今後の継続依頼につながります。 

なお万が一、納期に遅れが発生する場合は、事前にクライアントへ連絡し、検討してもらいましょう。

以上、Webライターを始める際の8ステップになります。

Webライターに必要なスキル

ここでは、Webライターの仕事に必要なスキルについて3点解説します。ぜひ参考にしてみてください。

1.SEO知識

先ほども解説しましたが、GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、SEOが意識された品質が高いコンテンツ(例えばユーザビリティが高いコンテンツ)を検索順位上位に表示するよう設計されています。 

売上に直結する優秀なWebライターとしてアピールできれば、長期的に多くの案件を任せてもらえる可能性が高いです。

そのため、Webライターとして生計を立てたい方にとって、SEOは必須の知識と言えるでしょう。

2.リサーチ力

Webライターの仕事は、文章を通じて、読者に正確かつ的確に情報を伝えることです。

正確かつ的確なコンテンツを作成するには、コンテンツ作成に必要な情報のリサーチ力が重要です。

特に専門的なコンテンツ作成になるほど、Webライターのリサーチ力に差が出ます。

クライアントが求める正解は何かを考え、その答えに近いコンテンツを作成するためにも、日頃からリサーチ力を養いましょう。

3.ライティングスキル

ライティングスキルとは、情報や思考を文章として正確に表現する力です。

読者に正確かつ的確に情報を伝えるためにも、Webライターにライティングスキルは必須です。

【磨くべきライティングスキルポイント】

  • 魅力的な記事タイトルを考える

  • 記事の構成を考える

  • 正確な日本語を使えるようになる

  • 助詞(てにおは)を意識する

  • 段落のまとまりを意識する

  • 文章を簡潔に表現する

  • 同じ文末を連続で使わないことを意識する

未経験でもWebライターとして稼ぐコツ

ここでは、未経験でもWebライターとして稼ぐコツについて3点解説します。

1.報連相を怠らない

Webライターの案件は、基本的にオンラインで行うことが多いです。

クライアントと直接顔を合わせることが少ない・必要がない仕事だからこそ、チャットによるコミュニケーションが重要になります。

例えば、執筆の進捗状況をこまめに報告することで、「検収まで案件をこなしてくれるだろうか」というクライアントの不安を払拭できます。

クライアントからの信頼を勝ち取るためにも、報連相は怠らないようにしましょう。

2.納期を守る

Webライターに限った話ではありませんが、クライアントから受注した案件をこなす上で、納期を守ることは当然です。

万が一、何らかの事情で納期に間に合わない可能性がある場合は、早急にその連絡をし、納期の調整を検討してもらいましょう。

3.修正依頼に正確かつスピーディに対応

Webライターとして業務をこなすと、修正依頼に対応しなければならない場面があります。

修正依頼には、正確かつスピーディに対応しましょう。

即時に対応することで、緊急時にも早急に対応してくれる良質なWebライターだと判断されやすく、クライアントから重宝されやすいです。

今後の継続依頼につながる要素の一つでもあるため、正確かつスピーディな修正作業を心がけましょう。

4.文字起こしツール「Notta」で取材!

webライター

Webライターとして取材・インタビューを行う場合は、文字起こしツール「Notta」を活用してみてください。

Nottaは、日本語・英語など104言語に対応したAIによる音声自動テキスト化サービスです。

会議中の音声をリアルタイムでの文字起こしできるほか、録音や既存音声ファイルの自動文字起こしもできます。

また全てのデータは暗号化され、セキュリティ保護されているため、情報漏洩の心配はありません。

【Nottaのおすすめポイント】

①豊富な音声入力オプション

(ライブマイク入力や音声ファイルのインポート、ウェブ会議録音、Chromeウェブ録音など)

②全面的な文字処理機能

(リアルタイム・編集中タグ付けや104言語に対応可能、倍数再生可能、画像追加機能など)

③自動的にデータをシンクロ

(パソコンやスマホ、Chromeウェブなどにいつでもどこでも音声とテキストデータ編集可能)

④多様な保存・共有方式

(TXT・DOCX・SRT・PDFでエクスポートできる、リアルタイム文字起こしをリンクでLIVEになる、テキストを直接的に共有できる、音声データのみ保存可能)

⑤強固なセキュリティ対策

(SSL通信、Amazon Web Servicesの活用、SOC2保証報告書の取得)

【Notta|公式サイト

会話を句読点も自動的に入れてテキスト化

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。
Notta文字起こし
decoration
decoration

まとめ

今回は「Webライター」に焦点を当て、以下の点を詳しく解説しました。

  • Webライターとは、主にWebサイトに掲載する記事の文章やコンテンツを作成する職業です。  

  • Webライターの仕事内容は主に以下のとおりです。

  1. 執筆

  2. 文章・構成案作成

  3. 編集・校正

  4. 監修

  5. 記事の入稿(WordPressなどのCMS)

  6. 画像選定と挿入、サイズ調整

  7. 文字の装飾

  8. 取材・インタビュー

・Webライターの平均年収は、約434万円

 

・Webライターの働き方は、以下の3点

  1. 企業に就職

  2. フリーランスとして働く

  3. クラウドソーシングなどの請負会社に所属する

・Webライターを始める際の8ステップは以下の通り

  1. ネットワーク環境やパソコンを用意

  2. Webライターについて知識を学ぶ

  3. プロフィールを作成

  4. サンプル記事を準備

  5. 案件に応募する

  6. テストライティングをする

  7. 案件を受注・執筆

  8. 納品

 

・Webライターの仕事に必要なスキルは、以下の3点

  1. SEO知識

  2. リサーチ力

  3. ライティングスキル

・未経験でもWebライターで稼ぐコツは、以下の3点

  1. 報連相を怠らない

  2. 納期を守る

  3. 修正依頼に正確かつスピーディに対応

 

コロナ禍以降、在宅でも気軽に着手できる仕事としてWebライターが注目を集め始めました。

本業としても、副業としても、将来性が高い職種と言えるため、将来Webライターとして生計を立てたい方や副業としてWebライターを検討している方はぜひこの機会にトライしてみてはいかがでしょうか。

本記事が少しでも皆様のお力に添えましたら幸いです。