MTGとは?意味と使い方を説明|社会人必須の略語を勉強しよう

会議や打ち合わせが多い会社では、社内でのメールやカレンダーで「MTG」というキーワードが頻繁に利用されています。

しかし、初めてMTGを見た方には、意味がわからず、重要な内容が伝わらない可能性があります。

そこで今回は、MTGの意味と使い方について解説します。

MTGは、社会人にとって必須の略語でさまざまなシーンで使われるため、意味や使い方を知らない方は、記事で確認しましょう。

MTGはミーティングの略

MTGはミーティングの略MTGは「meeting」を略した言葉で、ビジネスシーンでの会議や打ち合わせを指します。

IT業界や外資系企業などで好んで使われ、文書やビジネスチャットでの表記に便利です。

MTGの表現は、英語の「meeting」から最初の「M」、中間の「T」、最後の「G」を取って作られており、日本では「ミーティング」と読みます。

使用する際は、企業文化に合わせた略語の利用が推奨され、メールやスケジュール表記において役立ちます。

しかし、略語を好まない企業もあるため、使える職場か、注意して確認する必要があります。

MTGがよく使われる場合

mtgがよく使われる場合

1

MTGが使われるようになった理由

MTGの表記が使われるようになった背景には、過去の通信手段とインターネットの普及が大きく関わっています。

1950年代に日本を含む世界で広く使われたテレックス(通信手段)では、送受信できる文字数に制限があったため、MTGのような簡略系を用いたとされています。

その後も電子メールやチャットで情報を端的かつ迅速に伝えることが求められたため、MTGなどの簡略形が好まれて一般化したと考えられています。

2

MTGの使い方と例文

MTGは、ビジネスコミュニケーションで頻繁に用いる略語で、主にメールやスケジュール管理で活用されます。

会議や打ち合わせの予定を示す際に使えて、日時や場所の指定、変更通知に役立ちます。

たとえば、以下の通り。

  • 個人の手帳に記載する場合:「MTG 14:00~」

  • 変更の案内の場合:「MTG14:00〜をオンラインで実施します」

  • 予定を通知する場合:「次週MTGを13:00に設定しました。場所はA会議室です」

このようにMTGは、ビジネスシーンにおけるコミュニケーションをスムーズにでき、情報の伝達を効率化するための言葉として役立ちます。

職場でよくあるMTG

職場でよくあるmtg

1

キックオフミーティング

キックオフミーティングは、新規プロジェクト開始時に行われる初めての全体会議で、プロジェクトの目標設定、方向性の確認、関係者間の情報共有を目的とします。

会議では、プロジェクトチームやステークホルダー(利害関係者)が、共通の理解と目標に向けた認識合わせを図ります。

キックオフミーティングは、新プロジェクトの進行において話し合う場となり、効果的なスタートを切るために必要です。

2

1on1ミーティング

1on1ミーティングは、上司と部下が一対一で行う定期的な面談で、部下の成長やモチベーション向上を目的としています。

1on1ミーティングは、シリコンバレー発の人材育成手法として世界的に認知され、多くの企業で採用されています。

週に1回から月に1回の頻度で行われ、15分から30分程度の短い時間を使って部下の業務の進捗状況や課題、キャリアの相談などを話し合います。

1on1は、直接的なフィードバックや個人の目標設定の確認を通じて、部下の個々のニーズに応じたサポートができるのが特徴です。

そのため、コミュニケーションと個人の成長を促進する重要な場となっています。

「関連記事」1on1ミーティングとは?実施目的や効果的な導入ポイントなどをご紹介! 

3

オフサイトミーティング

オフサイトミーティングは、職場を離れた場所で行われる会議のことで、新たな発想やチームビルディング(組織を作り上げるための手法)を促進する目的で実施されます。

日常の業務環境から離れて参加者がリラックスし、本音で意見交換ができるのが特徴です。

非日常的な環境での会議は、創造性の向上や問題解決の促進、組織内のコミュニケーションの活性化と、組織全体の一体感を高める効果が期待できます。

オフサイトミーティングは、ただの会議ではなく、組織文化やチームワークを強化する戦略的な場として利用されています。

句読点も自動的に入れてテキスト化!

日本語に特化した国内最先端のAI音声文字起こしツール「Notta」

ビジネスでよく使う略語と使い方

ビジネスでよく使う略語ビジネスでよく使う略語と使い方を紹介します。

1

ASAP (as soon as possible)

ASAPは、「できるだけ早く」の意味で、緊急性を伝える際に使用されます。

メールやチャットでのコミュニケーションにおいて、タスクの優先度を示すために便利です。

たとえば、「レポートをASAPで提出してください」は、レポートがすぐに必要であることを意味します。

2

ETA (estimated time of arrival)

ETAは、「到着予定時刻」の意味で、何かが到着する予定の時刻を指します。

物流に関連するコミュニケーションでよく使用されます。

たとえば、「書類のETAは午後3時です。」と使用できます。

3

IMO (in my opinion)

IMOは、「私の意見では」の意味で、個人の意見を表明する際に使用されます。

主観的な見解や提案を伝えるときに便利です。

4

IOW (in other words)

IOWは、「言い換えれば」の意味で、何かを別の言葉で説明する際に使われます。

複雑なアイデアや概念を簡潔に説明するのに役立ちます。

5

TBA (to be announced)

TBAは、「発表される予定(未発表)」の意味で、詳細が後日発表されることです。

イベントや会議の日程、製品の発売日など、まだ決定していない情報に対して使われます。

6

TBD (to be determined)

TBDは、「決定される予定」の意味で、まだ決まっていない事項に使われます。

TBAと似ていますが、TBDは具体的な選択肢や計画が検討中であることを示唆します。

7

WFH (work from home)

WFHは、「在宅勤務」の意味で、自宅から仕事をすることを指します。

最近では、リモートワークの普及に伴い、この略語が頻繁に使われています。

オンラインMTGをするなら「Notta」

ノッタのホームページ

1

「Notta」とは

「Notta」はオンラインミーティングに最適なツールで、簡単な操作であらゆる音声を文字起こしできます。

対話の会議や音声配信、朗読、動画ファイルなど、幅広いフォーマットの音声(WAV、MP3、M4A)と動画(AVI、MP4、MOV)に対応しています。

AI技術により、大量のデータをすぐに処理でき、自動で文字起こしと要約の作成が可能です。

議事録作成の労力とコストを削減できるため、商談の成功率や売上の向上も期待できます。

また、Chrome拡張機能やカレンダー連携により、Web会議の自動録音・文字起こしができ、会議後の情報共有や振り返りがしやすいです。

2

「Notta」ができること

議事録作成

Nottaは、会議やインタビューの音声をリアルタイムでテキスト化し、自動で議事録を作成できます。

音声認識技術により、話された内容を正確に文字に変換し、会議の流れや重要なポイントを文書として残します。

たとえば、Zoom会議中にNottaを使用すると、会議の議論がテキスト化され、終了後すぐに議事録として共有が可能です。

そのため、メモ取りの手間が省け、議論に集中できます。

AI要約

NottaのAI要約機能は、長時間の会議やインタビューの内容を短く要約します。

AIが会話の中からキーポイントを抽出し、要約として提供すると、時間を節約でき、情報のリサーチが容易になります。

たとえば、1時間のプレゼンテーションの要点をすぐに把握できるため、後で詳細を確認したい場合も、必要な情報の全体像を理解しやすいです。

スケジューラ

Nottaのスケジューラ機能を利用すると、会議の計画と管理が簡単にできます。

Googleカレンダーとの連携により、会議のスケジュールを自動でNottaに同期させて、会議の録音と文字起こしを予約できます。

そのため、会議の開始前に準備を整える必要がなく、自動的にすべてが設定されるため、会議の効率が向上します。

リマインド通知も届くため、重要な打ち合わせがあってもすぐに気づけて参加できるため、頼りになります。

「Notta」を使ってオンラインMTGの議事録作成&要約する方法

  1. Nottaにログイン後、「Web会議の文字起こし」をクリックします。

    ウェブ会議文字起こし

  2. 会議のURLを入力して、表示名を決めたら「文字起こしする」をクリックします。

    ウェブ会議のURLから文字起こし

  3. 表示名がホストに通知されて、許可されると、録音を開始できます。

    nottabot入会

  4. Web会議が終了すると、Nottaのホーム画面で音声データと文字起こし結果が更新されているのが確認できます。

    文字起こし結果を確認

  5. 文字起こし結果画面の左側にあるAI要約のテンプレートを選択し、クリックします。

    AI要約をクリック

  6. テンプレートをクリックすると、AI要約が作成されます。

    AI要約結果


まとめ ビジネス略語を活用しよう

今回は、MTGの意味と使い方について説明しました。

MTGは「meeting」を略した言葉で、ビジネスシーンでの会議や打ち合わせを指します。

主にメールやスケジュール管理で活用され、会議や打ち合わせの予定を示す際に使えて、日時や場所の指定、変更通知を連絡する際に役立ちます。

オンラインMTGを行う場合は、簡単に会議予約できる日程を設定でき、自動で会議内容を文字起こしする「Notta」を利用することをおすすめします。

議事録作成やAI要約、スケジューラ機能があり、会議をスムーズに進行できます。

Chrome拡張機能10選

\ MTGの成功に導く /

Nottaが選ばれる理由は?

① 日本語特化のAIで業界トップの文字起こし正確率が実現、複数言語の文字起こしと翻訳も完璧対応

② 驚いほどの認識速度で文字起こし作業効率化が実現、一時間の音声データがただの5分でテキスト化

③ 国内唯一のGM・Zoom・Teams・Webex連携できるAI会議アシスタント、事前の日程予約から会議を成功に導く

④ AI要約に内蔵されるAIテンプレートで会議の行動項目、意思決定やQ&Aなどを自動作成
(カスタム要約テンプレートでインタビューや営業相談など様々のシーンでの効率化を実現)

⑤ 一つのアカウントでWeb、APP、Chrome拡張機能が利用でき、データの同期と共有はカンタン

⑥ 人手による時間と人件費が大幅に削減でき、月額2000円ぐらいで30時間の録音をテキスト化
(一括年払いの場合はさらにお得!1ヶ月あたりの費用はわずか1183円ぐらい。)

decoration
decoration