YouTube字幕付き

【YouTube】動画を字幕付きでダウンロードする方法まとめ【字幕ファイル/文字起こし】

「YouTubeの動画を字幕付きでダウンロードしたい」と思ったことがある方は、多いでしょう。ですが、字幕付きでダウンロードする方法がわからなくて諦めてしまう方も少なくありません。動画編集者や翻訳者、ナレーター・声優など、動画を字幕付きでダウンロードしたい方は多くいます。これらの職業の方にとって、YouTubeの動画を字幕付きでダウンロードすることは重要なことです。

今回の記事では、YouTube動画を字幕付きでダウンロードしたい方に向けて、YouTube動画の字幕の種類や外部字幕・内部字幕のダウンロード方法、字幕のファイル形式などについて詳しく解説しています。専門知識がなくても理解できるように解説していますので、字幕付き動画のダウンロード方法を学ぶのに最適です。

動画字幕の種類は?

動画字幕の種類

YouTube動画の字幕ダウンロードを始める前に、字幕の種類を把握することが重要です。動画字幕には、ソフトサブや事前にレンダリングされた字幕など、外部字幕よばれる字幕が存在します。また、ハードサブという内部字幕もあり、これは字幕付きのYouTube動画に使われます。以下では、これらの動画字幕の種類について詳しく説明します。

外部字幕

外部字幕とは動画とは別に作られる字幕で、YouTubeの自動字幕起こし機能などが該当します。主な特徴は字幕のオン・オフの切り替えが可能なことにあります。外部字幕は、聴覚障害者や異なる言語の視聴者が動画を楽しむために重要です。字幕を動画に追加する際には、字幕のタイミングなどを設定したファイルが用いられます。外部字幕の主な種類は、ソフトサブと事前にレンダリングされた字幕の2つの形式があります。

ソフトサブ

ソフトサブはYouTubeで使われており、字幕の表示を視聴者が自由にオン・オフができる形式です。また日本語から英語や中国語など、複数の言語から表示言語を選択することもできます。

事前にレンダリングされた字幕

レンダリングとは、動画編集で「編集内容を動画として出力する作業」のことです。元の動画ファイルに組み込まれた独立したビデオフレームで、DVDやブルーレイで頻繁に使用されます。これらの字幕は多言語対応が可能で、視聴者は字幕をオフにしたり、言語を切り替えたりすることができます。

内部字幕

内部字幕は動画ファイルに直接埋め込まれた字幕で、常に表示される形式です。このため、字幕は動画に固定されており、オン・オフの切り替えができません。

ハードサブ=字幕付きのYouTube動画

ハードサブは、動画ファイルに直接字幕を追加する形式です。一度付けられた字幕は、その動画から編集や削除が不可能です。例えば、一部のDVDでは字幕のオン・オフができないものがあり、これもハードサブの一例です。

YouTubeの外部字幕データをダウンロードする2種類の方法

外部字幕データ

YouTubeの外部字幕データをダウンロードしたくても、ダウンロード方法がわからない方は多いでしょう。解決策として、YouTubeの文字起こし機能を利用することで、外部字幕をコピーできます。ここでは、YouTubeの外部字幕データをダウンロードする2種類の方法を紹介します。

YouTubeの文字起こしをコピーする

YouTubeの外部字幕データをコピーするには、外部アプリケーションを使用せずにYouTubeの機能だけで十分です。ただし、すべての動画がこの機能をサポートしているわけではありません。操作はパソコンで行うとよりスムーズですが、スマートフォンでも可能です。以下では、パソコンとスマートフォンのそれぞれの手順を詳しく説明します。

【PC】YouTube字幕を直接ダウンロード

パソコンからYouTubeの外部字幕データをコピーするには、以下の手順を行います。

  1. YouTubeから目的の動画を再生する

    最初に、YouTubeから外部字幕データをコピーしたい動画を再生します。

  2. 画面下の概要欄の最下部にある「文字起こしを表示」をクリックします。

    最下部にある「文字起こしを表示」

  3. 画面の右側に動画の文字起こしが表示されます

    右側に動画の文字起こし

    YouTubeの自動字幕生成機能により、動画の発言が文字起こしされます。

  4. タイムスタンプを消す

    画面右上の「…」を選択

    文字起こし機能を使用すると、YouTube動画の特定の時間に何が話されているかを示す「タイムスタンプ」が表示されます。

    このタイムスタンプは、必要に応じて非表示に設定することができます。これを行うには、画面右上の「…」を選択し、続いて「タイムスタンプ表示を切り替える」をクリックします。

  5. 表示された文字起こしをコピーする

    文字起こしをコピー

    表示された文字起こしから、コピーしたい部分を選択してコピー(WindowsはCtrl +C、Macはcommand + C)します。

  6. コピーした文字を貼り付ける

    コピーした文字を貼り付ける

    例:Googleドキュメントに貼り付けたケース

    WordやGoogleドキュメントなど、貼り付けたい場所に文字起こしされたデータを貼り付けます。

【スマホ】ブラウザ版YouTubeから字幕を直接ダウンロード

YouTubeアプリには、自動字幕生成機能が搭載されています。しかし、YouTubeアプリで表示される文字起こしデータはコピーができません。ですが、ブラウザからYouTubeにアクセスすることでYouTubeの外部字幕データをコピーできます。以下に、ブラウザ版YouTubeから字幕を直接ダウンロードする手順を紹介します。

  1. Chromeを起動して「YouTube」を検索します。

  2. YouTubeのリンクを長押しします。

  3. 表示されたメニュー画面から「新規タブで開く(iPhone)」または「新しいタブを開く(Android)」をタップします。

    「新しいタブを開く」をタップ

  4. 新しいタブに移動してブラウザ版のYouTubeから「・・・」をタップしてメニューを開きます。

  5. 「PC版サイトを見る」または「PC版サイト」をタップします。

    「PC版サイト」をタップ

  6. PC版サイトでYouTubeが表示されたら、目的の動画を再生します。

  7. 画面下の概要欄の最下部にある「文字起こしを表示」をクリックします。

    最下部にある「文字起こしを表示」

  8. 画面の下に動画の文字起こしが表示されます。

    下に動画の文字起こし

  9. タイムスタンプを消したい場合は、画面右下の「…」を選択し、続いて「タイムスタンプ表示を切り替える」をタップします。

    画面右下の「…」を選択

  10. 表示された文字起こしから、コピーしたい部分を選択してコピーします。

    コピーしたい部分を選択

  11. 貼り付けたい場所に、コピーした文字起こしされたデータを貼り付けます。

YouTubeの文字起こし精度は低め

YouTubeの自動字幕生成機能は、文字起こしの精度が低く誤字が多いです。そのため、コピーして貼り付けた後に、間違っている部分を修正する必要があります。間違っている部分が多いため、修正作業に手間がかかることが欠点と言えます。

字幕付きのYouTube動画の内部字幕データをダウンロードする方法

内部字幕データ

YouTube動画には、「字幕(C)」アイコンが存在します。このアイコンをクリックすると、自動字幕機能が作動し、字幕が表示されます。しかし、全ての動画にこのアイコンがあるわけではありません。

字幕が付いているが「字幕(C)」アイコンがない動画は、内部字幕を使用しています。これらの動画では、YouTubeの文字起こし機能は利用できません。ですが、別の方法で字幕付きのYouTube動画の内部字幕データをダウンロードが可能です。ここでは、字幕付きのYouTube動画の内部字幕データをダウンロードする方法を解説します。

内部字幕を使用

※内部字幕を利用しているYouTube動画のアイコン

高精度の動画文字起こしツールを利用

Nottaがおすすめ

字幕付きのYouTube動画の内部字幕データをダウンロードする場合、その際は外部の文字起こしツールを活用します。今回紹介する文字起こしツールは「Notta」です。Nottaは、200万人以上のユーザーと700社以上の企業に支持されています。ここでは、Nottaの優れた機能やNottaを使った文字起こし方法を紹介します。

Nottaの優れた機能

Nottaには、さまざまな優れた機能が搭載されています。具体的には、リアルタイム文字起こし、音声ファイルの文字起こし、Web会議の自動文字起こしと録画などが可能です。これらの機能を応用することで、字幕付きのYouTube動画の内部字幕データをダウンロードが可能となります。以下では、Nottaの優れた機能について解説します。

多言語対応

Nottaは日本語や英語を含む最大104言語の文字起こしに対応しているため、海外のYouTube動画の文字起こしも容易に行うことができます。

高精度文字起こし

Nottaは高い精度を誇る文字起こし機能を持ち、細かい言葉まで正確に再現します。さらに、1時間分の音声をわずか5分で文字起こしして、その要点をAI要約機能を使って、簡潔にまとめることも可能です。

各種のシーンで活躍

NottaはYouTube動画の文字起こしに限らず、インタビュー、対面会議、Web会議など様々なシーンで活用できます。Nottaの文字起こし機能を活用することで、ビジネスや学習の効率が格段に向上します。

高度な翻訳機能

Nottaは音声や音声ファイルを58言語に翻訳することが可能で、英語と日本語の同時変換機能も備えています。これにより、文字起こし翻訳サービスとしても活用できます。

多端末で利用できる

Nottaはインストール不要でPCで使用できる文字起こしツールです。Nottaスマホアプリ(iOS/Android)をインストールすれば、場所を選ばずいつでもスマホで文字起こしを行うことが可能です。

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

cta1

Nottaを使ったYouTube動画の字幕データダウンロード方法

ここまで、Nottaの優れたさまざまな機能を紹介してきました。Nottaを使ってYouTube動画の字幕データをダウンロードするには、主に以下で紹介する2つの方法がおすすめです。ここでは、Nottaを使ったYouTube動画の字幕データダウンロード方法を紹介します。

Notta Chrome拡張機能でWeb動画を文字起こし

Notta Chrome拡張機能を利用して、Chrome内の音声を直接テキスト化できます。この機能を活用することで、YouTube動画の字幕データをダウンロードできます。Notta Chrome拡張機能を利用するためには、以下の前提条件を満たす必要があります。

Notta Chrome拡張機能の前提条件

  1. Google Chromeブラウザのインストール

  2. ChromeウェブストアでNotta 拡張機能を追加

  3. Notta アカウントの作成(新規登録はこちら

Notta Chrome拡張機能を使った、Web動画を文字起こしの方法は過去記事『文字起こししたテキストを保存できるChrome拡張機能「Notta 音声認識」の使い方を解説』で詳しく解説しています。こちらの記事の手順に従えば、YouTube動画の字幕データダウンロードが可能です。

Google Chrome拡張機能の動画解説はこちら:

動画ファイルをアップロードして文字起こし

YouTube動画を録画して、録画ファイルをNottaにアップロードして高精度の文字起こしを行うことも可能です。他にもYouTubeの動画をテキスト変換する場合は、URLをコピーして貼り付け、「アップロード」をクリックすると、音声をテキストに変換できます。以下に、NottaにYouTube動画をアップロードする手順を紹介します。

  1. Nottaにログインします。

  2. Nottaホーム画面の右側にある「インポート」をクリックします。

    「インポート」をクリック

  3. インポート画面にある「URLからインポート」の欄にYouTube動画のURLをコピーして貼り付け、「アップロード」をクリックします

    「アップロード」をクリック

  4. 自動で文字起こしが行われ、ホーム画面に結果が表示されます。文字起こしされたデータを確認または編集をします。

    ホーム画面に結果

    データを確認または編集

Nottaは、WAV、MP3、M4A、CAF、AIFFといったオーディオフォーマットに対応しています。そのため、ダウンロードをした動画ファイルをNottaにアップロードして文字起こしも可能です。具体的な手順は以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事

『YouTubeの録画方法を解説!違法性や安全に録画する方法もご紹介!』

『【2023年最新版】YouTubeライブ配信の録画ツール8選!』

【TIPS】字幕のファイル形式は?

字幕のファイル形式

YouTubeで使える字幕のファイル形式は、さまざまなファイル形式があります。YouTubeではこれらのファイル形式を「基本的なファイル形式」「高度なファイル形式」「放送用のファイル形式(テレビおよび映画)」の3種類に分類しています。ここでは、これらのファイル形式を紹介します。

基本的なファイル形式

YouTubeで「基本的なファイル形式」に分類されているファイル形式は以下の5つです。

   
ファイル形式名 拡張子
SubRip .srt
SubViewer.sbv または .sub
MPsub(MPlayer 字幕) .mpsub
LRC .lrc
Videotron Lambda .cap

字幕ファイルを初めて作成する際には、SubRip(.srt)やSubViewer(.sbv)の使用が推奨されます。

高度なファイル形式

YouTubeで「高度なファイル形式」に分類されているファイル形式は以下の5つです。

   
ファイル形式名 拡張子
SubRiSAMI(Synchronized Accessible Media Interchange) .smi または .sami
RealText.rt
WebVTT .vtt
TTML(Timed-Text Markup Language) .ttml
DFXP(Distribution Format Exchange Profile) .ttml または .dfxp

高度なファイル形式を採用することで、字幕のスタイルや位置の調整が可能になります。

放送用のファイル形式(テレビおよび映画)

YouTubeで「放送用のファイル形式」に分類されているファイル形式は以下の7つです。

   
ファイル形式名 拡張子
Scenarist Closed Caption .scc
EBU-STL(バイナリ).stl
Caption Center(バイナリ) .tds
Captions Inc.(バイナリ) .cin
Cheetah(ASCII テキスト) .asc
Cheetah(バイナリ) .cap
NCI(バイナリ) .cap

※ファイル形式の詳細はYouTubeの公式サイトで確認してください。


まとめ

まとめ

今回の記事では、YouTube動画の字幕の種類や外部字幕・内部字幕のダウンロード方法、字幕のファイル形式などについて解説しました。YouTube動画を字幕付きでダウンロードする場合は、外部字幕や内部字幕に配慮する必要があります。

YouTubeの自動字幕生成機能は、文字起こしの精度が低く誤字が多くなります。そのため、文字起こしデータの編集に手間がかかってしまいます。そのため、今回紹介したAI文字起こしツール「Notta」を活用することをおすすめします。Nottaを使えば、わずかな手順でYouTube動画を字幕付きでダウンロードできます。この機会にNottaを使ってみてはいかがでしょうか。

cta3
いつでも、どこでも音声を文字にする。

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

to top