ライティングスキルを向上させる3つの方法

「新時代」のライターに必要!ライティングスキルを向上させる3つの方法

めまぐるしく変わっていく環境の中で、さまざまな業種の働き方も変わってきています。
ライターも例外ではなく、移りゆく環境に合わせた課題解決能力やスキルが必要に。

今回のテーマは「新時代」のライター。
ライターを取り巻く環境の変化から、今ライターとして活躍するために必要なスキルを紐解いていきます。さらに、スキルアップを後押しする、ライターが使える便利ツールもご紹介。

時代にうまく波乗りし、新しい時代のライターとして進化するためのヒントをお伝えします。

 

<こんな方にオススメの記事です>
・   ライターとしてスキルアップしたいけど、具体的にどうすればいいかわからない
・   案件に追われて、時間がない…効率よく記事を書きたい
・   ライター初心者。今の時代にどんなスキルが必要なのか、とりあえず知りたい

新「デジタル時代」にライターを取り巻く環境

ライターを取り巻く環境は、時代の移り変わりの中でどのように変化してきたのでしょうか。

アウトプットの変化
ーー 紙からデータへ

まず注目したいのは、ライターがどういった媒体で記事を執筆し、納品していたか、というアウトプットの視点。

パソコンが登場する前は、ツールはもっぱら紙(原稿用紙)とペン。納品も現物を郵送するスタイルでした。
一方、現在ではMicrosoft Wordといった文書ツールを使い、パソコン上で記事を執筆するようになりました。パソコンとキーボードを使った記事執筆の効率は、紙と比べると圧倒的。デリートキーであっと言う間に修正できたり、文字検索で探したい部分を一瞬で探せたりと、紙時代には相当な時間をかけていた作業が数秒で完了できるようになりました。

また、インターネットやパソコンによって効率が上がったのは執筆だけではなく、クライアント(出版社・編集者)とライターのコミュニケーション。首を長くして郵便を待っていた時代は、文章校正に何日もかかっていたことでしょう。今はメールやメッセージアプリを使うことで、待ち時間無くコミュニケーションが取れます。

インプットの変化
ーー 膨大な量、そして常に更新される情報

ライターにとって武器であり必需品とも言える「情報」。

常に新鮮な情報や自分にしか仕入れることのない情報を持っておくことで、ライターとしての価値が向上します。つまり、情報はライターにとって非常に重要な立ち位置にあります。
雑誌や新聞を紙媒体で読んだり、自ら足を運んでインタビューしたりと、インプットに時間がかかっていた時代と比べ、現代ではウェブ上に溢れる情報量だけでなく、情報が更新されるスピードも圧倒的に変化しました。

毎日何百通というメールやチャットメッセージを受け取り、さらに自分で意識的に情報をインプット・・現代のライターは、周りに溢れる情報を整理・適切に処理しないと、情報の海で溺れてしまう時代になりました。

今必要とされるライターとしてのスキルとは | 3つの情報処理能力

ライターを取り巻く環境の変化を踏まえて、今、ライターとして求められるのはどういったスキルなのでしょうか。
大きく言えば「膨大な量の情報を確実に武器にする」ことが、ライターとしての価値を高めることになります。ここでは情報処理能力を3つのポイントに切り分けて深掘りしていきます。 

①    インプットする情報の取捨選択
ーー まずは媒体選びから考えてみよう

入ってくる情報の中から、自分にとって本当に必要なものを取捨選択するスキルです。
手当たり次第インプットしてしまうと、いったいどれが重要な情報なのか、何が正しい情報なのか分かりづらくなり、結果的に収拾がつかない状態に。
ファーストステップとしては、「自分にとって重要な媒体」をまずは再確認することです。例えば、流行を追いかける必要がある場合はSNSやブログなど、インフルエンサーや著名人が発信する情報。もしもソースが統制された情報が必要な場合は新聞、など「自分が集めたい情報の特徴」を見つめ直すことで、自然とフォーカスすべき情報媒体も見えてきます。

②   情報の整理能力
ーー アウトプットを最大化する準備

手元に情報が揃ったら、次は整理する必要があります。
整理することでオリジナリティと質が上がり、結果的にアウトプットを最大化することができます。

・仕入れた情報の中から重要な部分をハイライトし、メモ
・インタビューや取材の内容を文字起こしし、後から見やすいように整理
・メディアやブログ運営者からアドバイスをもらい、重要なポイントを事前リサーチ

情報をただただまとめるだけではなく、文字起こしをしてフォーマットを整えたり、事前に大事なポイントをリサーチしたりなど、意識的に工夫を増やすことで情報の質が上がっていきます。

③   情報をまとめて出力
ーー 満足の高い仕上がりを目指して

情報が手元に集まったら、ついにアウトプットの段階です。
といっても、いきなり白紙のワードに書き出すのではなく、まずはアイディアや構成を固めていくところから。

おすすめは「コンテンツハブを作成」し、パソコンでもスマホでも同じデータを見られる状態にしておくこと。クラウド保存できるツールを使うことで、自分の構成アイディアや、ちょっとしたひらめき、追加情報などを一気に保存。一度に見返せるので、構成練りが格段に効率的になります。

現代のライターへ!時代に波乗りするための必須ツール5選

これまで紹介したスキルに加え、ツールの手助けがあればさらに効率アップ。これは使えそう!というツールを探してみて。

Notion —— コンテンツハブで、「ひらめき」を逃さない

メモ機能に加え、ファイル管理やタスク管理までできるオールマイティなツール。
チームメンバーとメッセージすることも。コンテンツハブにはぴったりのアプリです。

>>仕事と生活に役立つNotionテンプレートはこちらで!<<

 

XMIND —— アイディアの収拾がつかないときの強力助っ人

アイディアが広がりすぎて、収拾がつかない・・そんな時に活躍する、マインドマップ作成ツール。アイディアを整理して、アウトプット最大化のステップに。

 

Notta —— 文字起こしはAIに任せる

インタビュー中に音声を自動文字起こしアプリ「Notta」で記録し、文字起こししておくことで、後々の格段に作業が楽に。取材が多いライターにオススメです。メンバーとのデータ共有や共同編集にも対応。

>>まずは無料で試しましょう!<<

 

Slack —— ストレスフリーなコミュニケーションを

すでに知っている方が多いであろうチャットアプリ。タスク管理も可能です。メールよりも手軽に使えるので、クライアントやメディア運営者など、取引先とのコミュニケーションが楽に。特に複数メンバーでのやり取りにオススメ。

 

note —— 旬の情報を仕入れて

ブログのようなツールですが、質の高い記事が多く、特に経験談系の貴重な情報が手に入ることも。ニッチな情報を探しているライターにこそオススメです。

>>noteの特徴、使い方、機能紹介はこちら!<<

まとめ

「デジタル時代のライターに必要なスキルは?」というテーマで、環境の変化により求められるスキルと、スキルアップを底上げしてくれる便利ツールを紹介しました。
今一度自分の強みを見直すことで、うまく情報の取捨選択ができるはず。今回紹介したツールも使いこなしながら、時代の波乗りを楽しむライターになりましょう!