フリーライターになるには?初心者必見のはじめ方を紹介

「フリーライターって、どうやってなるんだろう」「フリーライターになるには、何から始めればいいのかな?」フリーライターの仕事に興味はあるものの、どうすればなれるのかわからない方も多いでしょう。

ライターは未経験者でも、比較的始めやすい副業の一つです。スキルを習得し、経験を積むことで、本業を辞めてフリーランスにも転身できます。

この記事では、初心者からフリーライターになる方法について解説します。最後までしっかりと読むことで、フリーライターになるための知識を身に付けられるでしょう。フリーライターになる方法について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

フリーライターとは

フリーライターとは

フリーライターとは、特定の組織や会社に所属せず、ライターの仕事をしている人のことを指します。主な仕事内容は、クライアントからの依頼に応じて、記事やコンテンツを執筆することです。

厳密に言うと、Webライター・取材ライター・コピーライターなど、専門とする業務によって、ライターの仕事内容は変わります。文章を書く仕事という点では基本的に共通していますが、それぞれ必要なスキルが異なります。

たとえば、取材ライターならインタビュースキル、コピーライターならコピーライティングのスキルが必要です。スキルを磨いて専門性を高めることで、さらなる収入アップにつながるでしょう。

どうなん人がフリーライターになるか 

フリーライターを目指そうと思ったきっかけは、「時間や場所を選べる働き方がしたい」「子育てをしながら在宅で仕事したい」など、人によってさまざまです。

パソコンとインターネット環境があれば始められるため、副業として始める人も多いでしょう。

フリーライターに向いている人の特徴としては、「文章を書くのが好き」「リサーチして情報を集めるのが得意」「スケジュール管理ができる」などが挙げられます。

一方、「黙々と作業するのが苦手」「納期を守れない」「自分の書きたいことばかり書いてしまう」という人は、フリーライターへの適性は低いでしょう。

未経験・初心者からフリーライターになるコツ

未経験初心者からフリーライターになるコツ

ライターは、未経験者でも始めやすい仕事の一つと言えます。未経験・初心者からフリーライターになるコツは、以下の3つです。

  1. SEO会社で働いてスキルを習得

  2. Webライター向けのスクールで独学

  3. 業務効率化サービスでプロになる

未経験からフリーライターとして活躍するためには、ライティングスキルを身に付けることが重要です。仕事内容によっては、SEOやコピーライティングの知識も必要になるでしょう。

また、取材ライターとしてインタビュー記事を書く際には、業務効率化サービスの利用を検討したほうがいい場合もあります。

ここからは、未経験・初心者からフリーライターになるコツについて解説します。

SEO会社で働いてスキルを習得

SEOを専門とする会社で働くことは、未経験からフリーライターを目指すうえで、有益な経験です。

Web上の文章を執筆するためには、SEOやWebライティングの知識が必要です。SEO会社では、検索エンジンのアルゴリズムやキーワードの選定方法など、SEOの基本的な知識を学べます。SEOに関する知識を習得することで、ライターの仕事に生かせるでしょう。

また、多くのSEO会社では、ライターから提出された記事を添削する業務があります。記事添削の業務に携わることで、質の高い記事を書くためのテクニックやポイントも学べるでしょう。

Webライター向けのスクールで独学

Webライター向けのスクールで学ぶことも、未経験からフリーライターになる方法の一つです。Webライター向けのスクールでは、記事の書き方やリサーチ方法、SEOの基礎知識など、Webライティングに必要なスキルを系統的に学べます。

スクールには経験豊富なライターや、ディレクターが講師として所属しています。講師からのフィードバックやアドバイスは、ライターとしてのスキルを磨くうえで、大いに役立つでしょう。

Webライター向けのスクールで学び、スキルアップすることで、フリーライターへと一歩近づけるでしょう。

業務効率化サービスでプロになる

ライターの仕事には、インタビューやセミナーの音声をもとに記事を執筆するものもあります。

ライターがインタビューを文字起こしする際に活用できるのが、文字起こしツールのNottaです。

音声を文字起こしする際に、Nottaのような業務効率化サービスを活用することで、より迅速かつ正確に作業を進められます。

ここからは、文字起こしツールNottaをライターの仕事に活用する方法や、メリットについてお伝えします。

Nottaとは

Nottaとは

Nottaとは音声データをテキストに変換してくれるツールです。高精度の音声認識機能を有しており、さまざまな音声をリアルタイムで文字起こしできます。

会議や商談はもちろん、インタビュー音声を文字起こしする際にも活用できます。

Nottaは日本語や英語を含む58言語に対応しているため、さまざまな言語のインタビューに利用可能です。文字起こしたテキストを42言語に翻訳できる機能もついています。

文字起こし業務を効率的に進めたい取材ライターにとって、非常に便利なツールと言えるでしょう。

Nottaを使ってインタビューを行う

Nottaを使用することで、効率的にインタビューを進められます。Nottaはリアルタイムで音声を文字起こしできるからです。文字起こししたテキストは、後から編集もできます。

手書きでメモを取らなくても済むため、インタビュー中は会話に集中でき、取材の精度と効率が飛躍的に向上します。

Nottaのような業務効率化サービスをうまく活用することで、ライター業務の効率化を図れるでしょう。

フリーライターにとってNottaのメリット

フリーライターがNottaを利用するメリットは、高度な音声認識機能で、音声をほぼ正確にテキスト化できることです。Nottaを利用することで、手動で文字起こしする際に生じる可能性がある、聞き逃しによる情報漏れを防げるでしょう。

フリーライターとしての取材やリサーチ活動は、情報の正確さが求められる重要なプロセスです。とくにインタビューやセミナーの取材では、多くの情報を短時間に記録する必要があります。

Nottaを利用すれば、インタビュー時の音声をリアルタイムでテキスト化できます。また、録音した音声を、後から文字起こしすることも可能です。

インタビューの音声を手動で文字起こしする場合、膨大な時間と手間がかかります。Nottaを利用することで、手動で文字起こしするよりも、はるかに迅速に仕事を進められるでしょう。

会話を句読点も自動的に入れてテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

cta5

フリーライターが案件を獲得する方法

フリーライターが案件を獲得する方法

フリーライターとして成功するためには、継続的に案件を獲得することが大切です。フリーライターが案件を獲得する方法として、次の3つが挙げられます。

  1. クラウドソーシングサービスを利用

  2. 見込み客に直営業

  3. ブログ・SNSで仕事を獲得

初心者ライターでも案件を獲得しやすいのが、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスです。ライターとして活動の実績を積んだら、見込み客に直接営業をかけたり、SNSなどを使って案件を探すこともできます。

ここでは、ライターが案件を獲得する方法について解説します。

クラウドソーシングサービスを利用

ライターが案件を獲得する方法の一つに、クラウドソーシングサービスがあります。クラウドソーシングサービスは、初心者ライターでも比較的案件を獲得しやすいのが特徴です。未経験者や経験の浅いライターは、クラウドソーシングサービスに登録し、案件をチェックしましょう。

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスには、さまざまな案件が掲載されています。初心者は単価の低い案件から挑戦し、徐々に単価を上げていきましょう。

見込み客に直営業

さらなる単価アップを目指したい方には、見込み客に直接営業をかける方法も有効です。クラウドソーシングサービスで実績を積むことで、自己アピールできる材料が増えるからです。

クラウドソーシングサービスで経験値を上げ、スキルを身に付けたら、見込み客に直接営業をかけてみましょう。案件獲得の可能性を高めるためには、ライターとしての実績や、対応可能な業務などをまとめたポートフォリオの準備が必須です。

企業と直接契約できれば、より質の高い案件や、継続案件を獲得できる可能性が高まるでしょう。

ブログ・SNSで仕事を獲得

ブログやSNSを活用することも、案件を獲得する方法の一つです。ブログやSNSをうまく活用してクライアントにアピールすることで、案件獲得の機会を増やせます。

フリーライターにとってブログやSNSは、自分を売り込むうえで重要なツールです。プロフィールやライターとしての実績を明記し、企業や編集者にアピールしましょう。

ブログやSNSを活用することで企業や編集者とのコネクションができ、良質な案件を獲得しやすくなるでしょう。

音声を一分で自動的にテキスト化!

会議やオンライン研修など、さまざまなシーンで手軽にご利用いただけます。

フリーランスライターに関するQ&A

フリーランスライターに関するQA

フリーランスライターの年収や稼ぎ方など、ライター活動にさまざまな疑問を抱いている方もいるでしょう。

ここでは、フリーランスライターに関する、よくある質問について見ていきます。

フリーライターの平均年収は

フリーランス白書2019によると、フリーライターの平均年収の割合でもっとも多いのは年収200万円未満で、全体の32%を占めます。その次に多いのが、年収200〜400万円未満、そして400〜600万円未満と続きます。

平均年収は低いものの、中には年収600万円以上を稼いでいる人も。フリーライターの収入には、個人差があると言えるでしょう。

フリーランスライターとして稼いでいくためには?

フリーランスライターとして稼いでいくためには、まず実績を積むことが大切です。最初は低単価の案件をこなして実績を作り、徐々に単価アップを目指していきましょう。

高単価の案件を継続的に獲得できるようになれば、収入も上がっていくでしょう。

また、ライティングスキル以外に、seoやwebディレクション、web広告などのスキルを身につければ、フリーランスマーケターとしてのキャリアにも繋がり、更なる収入アップも見込めます。フリーランスWebマーケターについてはこちらの記事:

Webマーケティングのフリーランスは稼げる?なり方や年収、案件例

最後に

この記事では、初心者からフリーライターになる方法や、案件獲得のコツについて紹介しました。

未経験・初心者からフリーライターになるコツは、次の3つです。

  1. SEO会社で働いてスキルを習得

  2. Webライター向けのスクールで独学

  3. 業務効率化サービスでプロになる

フリーライターとして活躍するためには、まずライターとしての実績を作ることが大切です。ライティングスキルを身に付け、クラウドソーシングで経験を積むことで、ライターとして徐々にステップアップできるでしょう。

また、取材ライターとして活動する際には、業務効率化サービスの利用をおすすめします。文字起こしツールのNottaを活用することで、音声の文字起こしにかかる時間を大幅に短縮できるでしょう。

初心者からフリーライターを目指す方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

notta 会議 文字起こし
会話を句読点も自動的に入れてテキスト化!

会話を句読点も自動的に入れてテキスト化!

to top