電話文字起こし

電話文字起こしツール10選【メリットや選び方を紹介】

電話をしながら、メモを用意する時間やメモを取る作業に手間がかかってしまうという経験をしたことはありませんか。そんなときに役立つのが「電話の文字起こしツール」です。通話内容をテキストデータに変換してくれるため、効率的な作業ができます。

しかし多くの電話文字起こしツールがあり、どこを比較して選べばいいか分からない方も多いと思います。そこで、今回は電話の文字起こしツールを選ぶポイントやメリット、活用シーンや利用例を紹介します。

さらにおすすめのツール10選も挙げていきます。どのツールを導入しようか悩んでいる方にも分かりやすいように解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

電話文字起こしツールを導入するメリット

電話文字起こし

ここでは、電話での音声データをテキストに文字起こしするメリットを紹介します。

  • 通話内容をデータ管理できる

電話の文字起こしツールは、通話内容をリアルタイムで処理してテキスト化します。リアルタイム処理で可視化することで、電話相手が話した内容を正確に把握できます。

聞き直す必要がありませんので、通話時間の短縮や通話相手に不快な思いをさせずに済み、通話が停滞することを防げます。

  • 通話情報を正確に記録できる

通話内容には、重要な情報が含まれていることもあります。ただし通話が長くなると、開始時に話した大事な内容を忘れてしまった経験をしたことはありませんか。

電話の文字起こしツールを使うことで、通話初期から電話を切るまでの内容を正確に記録できます。また通話内容がテキストで残りますので、メモする必要もありません。

  • 通話内容を分析できる

電話の文字起こしツールを導入すれば、社員の通話内容を記録することが可能です。文字起こしされた通話内容を確認し、職場の新人教育のためのマニュアルも作成することも簡単にできます。

また通話内容を分析することで、電話応対のスキルアップに役立つこともツールを使うメリットの1つです。新人教育の場での利用だけではなく、クレームに対しても迅速な対応も可能になります。

  • 通話内容を共有できる。

電話の文字起こしツールは、通話内容をテキストデータとしてWordなどのファイルにコピーして残しておくことが可能です。ファイルで残すことで社内での共有が容易になるほか、印刷して整理しておくこともできます。

社内で通話内容を共有することで、顧客対応の属人化を防げる点もメリットです。何度も通話をしている顧客と担当のオペレーターで対応している会社もあるかもしれませんが、文字起こしツールを使うことで、特定顧客とのやり取りが共有できます。

また通話内容をファイルで共有しておけば、担当者が異動や転勤になった場合もスムーズな引継ぎが可能です。

  • 管理を徹底できる

会話をするオペレーターの発言は所属する組織としての発言ですので、大きな影響を与えることがあります。万が一オペレーターが不適切な発言をした場合、企業の悪いイメージへとつながる可能性もあります。

通常の音声通話では、不適切な発言や対応を把握することは簡単ではありません。しかし、文字起こしツールのテキスト化によって、通話内容が可視化できます。そのため問題点の改善が簡単にでき、オペレーターのスキル向上や情報共有に役立ちます。

電話の文字起こしツールの選定ポイント

電話の文字起こしツールを選ぶ上で、重要なポイントも押さえておきましょう。ここでは文字起こしツールの選定ポイントをいくつか紹介します。

音声認識の精度

電話の文字起こしツールのポイントとして、音声認識の精度は非常に重要です。通話の内容がうまくテキスト化されない場合や音声認識の精度が低い場合、作業効率の低下につながります。

音声認識の精度を高く保つためには、AI機能を搭載した文字起こしツールがおすすめです。最新技術を利用した、音声認識の精度が高い文字起こしのツールを選択すると良いでしょう。

サービス料金

電話の文字起こしツールの利用には、無料で使えるものもあります。導入する文字起こしツールは初期費用がかかるのか、また月額料金がどの程度必要なのかを確認しましょう。

電話の文字起こしツールを導入し通話内容をテキスト化するメリットは多くありますが、利用料金が高すぎると自社にとってマイナス要因になりかねません。予算と利用料金を比較する際のポイントは、自社で利用したい機能に優先順位をつけて判断していくのがおすすめです。

セキュリティ面

電話の通話内容には、機密情報など多くの情報が含まれています。組織にとって発表前の重要な内容や、住所や電話番号といった個人情報を含む場合も少なくありません。セキュリティ面の対策がされている電話の文字起こしツールは、自社にとっても顧客にとっても安心した通話ができます。

電話の文字起こしツールは、セキュリティ対策のサービス内容はさまざまです。時間経過によりテキストデータが自動で削除されたり、パスワード設定によりデータを制御できたりする機能もあります。

自社が導入したいツールには、どのようなセキュリティ対策が施されているかを確認して選択しましょう。

分析機能の有無

電話の文字起こしツールの通話内容分析には、AIが利用されてるものも多くあります。AIの分析機能は通話時の話し方や特徴をデータとして評価し、文字起こしによる可視化が可能です。

AIによる分析・評価機能を活用すれば、オペレーターの教育に利用できます。さらには、自分が話した内容の評価を確認することでスキルアップにも繋げられます。

活用シーン・利用例

実際に電話の文字起こしツールは、どのようなシーンで利活用されているのかも気になるところです。いくつか利用されている事例を挙げていきます。

  • コールセンターの対応を分析

コールセンターは電話の対応が職務ですが、オペレーターの対応によっては自社の顧客満足度に大きな影響を与えることもあります。オペレーターがどんな電話対応をしているのか、分析することは自社の評判を保つために重要です。

通話内容の分析において、オペレーターと顧客との会話をテキスト化できることは、電話の文字起こしツールを使うメリットです。文字起こししたデータを評価・分析し、マニュアル化や教育に活用することで顧客満足度の向上を図れます。

  • 電話営業時の効率化

電話での営業を効率化させる場合にも、電話の文字起こしツールは利用されます。営業電話では顧客の表情が見えないため、丁寧な話し方やトーク力が必要です。しかし、実際の電話営業では自社の社員の感覚に頼ってしまう場面も少なくありません。

そこで電話の文字起こしツールを利用することで、営業時の会話をテキスト化します。電話営業でどのような話し方やトーク展開をした場合に成果が出たのか確認でき、成功事例の再現に役立ちます。

  • 企業での業務効率化

一般的な業務中に大事な顧客から電話がかかってきた場合、即座にメモを用意して内容を書き留める必要があります。顧客も大切な一方で、おこなっている業務が滞ることは効率化の余地があります。

しかし電話の文字起こしツールを利用することで、メモを用意したり内容を記録するための手間が省けます。着信時には電話の対応に集中し、電話対応が終わったら続きの業務をスムーズに再開できます。

時間に余裕が出来てからテキスト化された通話内容を読み返し、大事なポイントを確認できますので効率的な時間配分が可能です。また内容を上司などに伝える必要がある場合、文字起こししたファイルを社内で共有することで業務効率も向上します。

電話の文字起こしツールおすすめ10選

ここではおすすめの電話の文字起こしツールを紹介します。

1.List Navigator

List Navigator

  • 概要

List Navigatorは、発信業務の効率化をはかることに特化したUIを採用しています。商材やリスト、オペレーターの管理から、API/CRMの連携まで管理の徹底化が可能です。全通話の分析をリアルタイムで可視化することで、分析結果を明瞭に把握できます。

また分析結果はひとつの画面にまとめて表示されるので、通話分析ごとにページを遷移する必要がありません。1名から利用可能できますので、手軽にテレアポ効率を向上させられます。システムは登録後、最短翌日から使用可能です。

  • 特徴

音声の解析とテキスト化により、電話での営業の成果をアップさせることを目的としたCall  Analyticsを導入しています。

  • 対応OS

Windows XP以降

macOS 

  • 対応言語

記載なし

  • 料金プラン

初期費用

100,000円

基本料金

10,000円/URL

月額料金

5,000円/ブース

  • こんな方に最適

トークの質や通話内容を数値で確認し、オペレーター1人ひとりの教育に利用したい方

2.COTOHA Voice Insight 

COTOHA Voice Insight 

  • 概要

COTOHA Voice Insightは、 コンタクトセンターに特化した音声マイニングプランの利用が可能です。このプランは電話会社で有名なNTTが40年以上の研究をおこない、開発した独自エンジンが採用されています。

独自エンジンには、音声認識AIにより音声データが可視化できる機能が搭載されています。リアルタイムの音声認識やAI通話要約にも対応しているので、豊富な機能が搭載されている点が特徴です。

  • 特徴

リアルタイム通話のテキスト化が可能な上、コールリーズン分析や感情分析といったさまざまな機能やオプションを備えています。

  • 料金プラン

コンタクトセンターの規模や構成によって費用が異なるため、個別で問い合わせが必要となります。

  • こんな方に最適

通話内容の精度が高いテキスト化を求めている方は、大手電話会社であるNTTによる提供のため最適です。

3.MiiTel

MiiTel

  • 概要

MiiTelは、電話番号をクリックするだけで架電可能な文字起こしツールです。過去のデータから通電しやすい曜日や時間帯も把握可能で通電率の向上が期待できます。

AIによる音声解析を行いますので、話し方の特徴を分析して可視化されるうえ全ての通話を自動で録音・文字起こしが可能です。効率的なオペレーター教育ができ、実際の顧客との通話内容に関してもリモート環境でフィードバックされます。

  • 特徴

ネット環境さえあればPCとヘッドセットの利用で、固定電話も不要です。どこからでも電話業務ができるのが最大の特徴です。

  • 対応OS

Windows 

MacOS

android

iPhone app 

  • 対応言語

日本語、英語、ドイツ語、スペイン語など10か国語以上

  • 料金プラン

初期費用

0円

月額利用料

5,980円/ID(税抜)

  • こんな方に最適

電話機がなくても利用をしたい方や工事やメンテナンスに時間をかけたくない方

4.YouWire

YouWire

  • 概要

YouWireは、外出先や移動中のスマホでの通話を録音することが可能です。また取引先や企業内でのボイスレコーダーとして利用ができるほか、オフィス内においての通話も録音できる点が特徴です。

またすべての通話内容は音声認識データとしてテキスト化され、YouWireのサーバーで一括管理されます。録音データは簡単に端末にダウンロードすることも可能です。顧客との会話内容の確認もテキストデータで可視化することで、顧客とのやり取りにおけるコンプライアンス管理に役立ちます。

  • 特徴

音声データとテキストデータをクラウド上で管理することが可能です。録音終了時にテキスト処理されます。

  • 対応OS

Android

iOS

  • 対応言語

日本語のみ

  • 料金プラン

初期費用

50,000円

月額

1,120円(1台あたり)

  • こんな方に最適

オフィス内での通話の録音を文字に起こしたい方には最適です。

外出先でスマホを通した通話内容をテキストデータ化したい方にも最適です。

5.TRAINA VOICEダイジェスト

TRAINA VOICEダイジェスト

  • 概要

TRAINA VOICEダイジェストは、コールセンターマネージメントにおいての課題を一気に解決するソリューションです。通話内容をテキスト化するだけでなく、自動で内容を要約します。同時に電話対応中に顧客が話した氏名や電話番号、商品名の情報も自動抽出するほか、応対管理システムに連携・登録までおこなえます。

  • 特徴

顧客とオペレーターの通話内容から不足している情報の候補を抽出します。情報の検索や管理システムに連携して活用することが可能です。

  • 対応OS

windows8以降

IE8以降

  • 対応言語

日本語のみ

  • 料金プラン

問い合わせ必要

  • こんな方に最適

過去の通話内容からキーワードを抽出して確認したい方には最適です。

6.ForeSight Voice Mining

ForeSight Voice Mining

  • 概要

ForeSight Voice Miningはコールセンターにおいての顧客応対を向上させ、企業の収益の拡大を可能にします。通話内容のテキスト化や要約、重要事項を自動でチェックする機能も搭載しています。

加えて、顧客からの質問に対する音声認識したキーワード抽出や、同時に質問に関連した情報を参照してくれるレコメンド機能も強みです。顧客とオペレーターの感情を認識し、リアルタイムで可視化できます。

  • 特徴

オペレーター向けだけでなく、マネージャーやスーパーバイザー向けにも作られています。オペレーターの通話内容をリアルタイムでテキスト化することにより、NGワードにもすばやく対応することが可能です。

  • 料金プラン

問い合わせが必要

  • こんな方に最適

通話のテキスト化以外にも、顧客の言葉では表せられない感情も抽出したい方に最適です。

7.カイクラ

カイクラ

  • 概要

カイクラは、発信通話・着信通話の両方に対応した自動録音が可能で、聞き漏らす心配はありません。また、導入してしまえば録音のために、スイッチを操作することも不要です。

電話機ごとに機器を設置する必要もないのが特徴で、通話中の内容もAIによってテキスト化されるため内容を簡単に把握できます。電話番号に紐づいた顧客の情報も管理でき、過去の問い合わせ内容や通話内容を確認しながら対応できます。

  • 特徴

顧客の情報をクラウドで管理できます。また、通話内容の履歴もクラウドに蓄積されるので、社内でも情報の共有が可能です。

  • 対応OS

Windows

MacOS

android

iOS

タブレット

  • 対応言語

日本語

英語

  • 料金プラン

カイクラCTIスタンダード

初期費用

181,000円

月額費用

31,000円

カイクラCTI+通話録音(スモール)

初期費用

331,000円

月額費用

41,000円

カイクラCTI+通話録音・テキスト化

初期費用

331,000円

月額費用

51,000円(テキスト化30時間)

  • こんな方に最適

顧客情報をわかりやすく表示させて、過去の問い合わせ履歴を確認しながら電話営業を進めたい方には最適です。

8.pickupon

pickupon

  • 概要

pickuponは通話内容を自動で音声録音し、テキストデータ化してくれます。電話でのやり取りを記録したデータは、チャットツールなどへ連携することも可能です。

PCとヘッドセットがあれば、すぐに利用ができるので手間がかかることはありません。利用開始後のカスタマイズなど複雑な設定をしたい場合は、専門スタッフがサポートしてくれるため安心です。画面上に表示されている番号をクリックするだけで架電できるので、ストレスも感じません。

  • 特徴

細い帯域であっても切れにくい高品質なサービスを提供しているため、クリアな音質です。また、オペレーターと顧客の発言の重要箇所をAIが抽出してくれるのも特徴といえます。

  • 対応OS

インターネットブラウザ

Chromeの最新版がインストールされたPCであれば使用可能

  • 対応言語

日本語

  • 料金プラン

初期費用

完全無料

月額費用

6,000円/ID+通話料金

  • こんな方に最適

重要箇所をAIがピックアップしてくれるため、チームでの商談戦略を練りたい方には最適です。

9.transpeech

transpeech

  • 概要

transpeechは、トランスコスモスが提供している電話の文字起こしツールで、通話をリアルタイムでテキスト化します。前もって設定しておいたキーワードが通話中に出た際には、内容に合わせて情報を自動で表示してくれます。

リスクマネジメント機能も優れていて、通話解析によりクレームなどの早期発見も可能です。通話内容遵守の注意喚起を行うことで、トラブルなどのリスクも低減させてくれます。

  • 特徴

自然言語処理によって音声認識だけでは難しい複雑な会話内容のチェックやアラートが可能なので、オペレーターの品質向上も図れます。

  • 対応言語

日本語

  • 料金プラン

問い合わせ必要

  • こんな方に最適

感情値も測れるため顧客の感情の動き以外にもオペレーターの感情の動きもリアルタイムで把握したい方に最適です。

また、セールストークの解析を通話内容履歴から分析したい方にも最適です。

10.Notta

Notta

  • 概要

Nottaは高い精度の音声認識によって、音声をテキスト化できるツールです。通話を録音した音声データを取り込むことで、自動で文字起こしができます。またAIを活用した要約機能も搭載されていますので、重要なポイントだけを絞り込むことも可能です。

また録音した音声データと文字化したテキストデータをオンラインで共有できる点も特徴です。共有リンクの発行時にはパスワード保護もできるため、セキュリティー対策に関しても安心して利用できます。

  • 特徴

電話の文字起こしをリアルタイムでテキスト化するのに加え、録音したデータが1時間の音声であれば5分で文字起こしが可能です。

  • 対応OS

Windows

Mac

iOS

Android

  • 対応言語

日本語以外に104言語に対応

  • 料金プラン

無料プランあり

プレミアムプラン

月額費用

1,200円/月(12ヶ月分一括払い)

2,000円/月(毎月払い)

ビジネスプラン

初期費用なし

6,210円/月(12ヶ月分一括払い)

8,280円/月(毎月払い)

  • こんな方に最適

通話内容をリアルタイムでテキスト化するのはもちろん、重要なポイントを短時間で抽出したい方には最適です。

動画のご利用ガイドはこちら:

会話を句読点も自動的に入れてテキスト化!

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

cta9

まとめ

今回は電話の文字起こしツールのメリットや選定のポイント、実際に活用するシーンについて解説しました。内容をまとめると以下のとおりです。

  • 文字起こししたデータは管理しやすくなる

  • 通話内容の分析は電話対応のスキル向上にも役立つ

  • 自社のニーズに合わせてツールを選ぶ必要がある

多くの通話データをテキスト化する必要があり、スピーディな文字起こしをしたい方には「Notta」がおすすめです。Nottaなら1時間の音声も約5分でテキスト化でき、AIを活用すれば要約も簡単です。

無料でも利用できますので、気になる方はNotta公式ホームページから試してみてください。

to top