効率のいい勉強法

効率のいいおすすめ勉強法10選!必ず結果につなげるためのポイントも

学生の方はテストや進学のための受験、社会人の方は資格取得や昇給試験など、日々勉強に励んでいる方は多いでしょう。しかし、ただ時間をかけて勉強すれば必ず結果が出るわけではありません。

「たくさん勉強したのに結果が出なかった」「勉強しようと思ったのにはかどらず時間を無駄にしてしまった」といった経験もあるのではないでしょうか。限られた時間の中できちんと結果を出すには、効率のいい方法で勉強することが大切です。今回は、効率のいいおすすめ勉強法10選や結果につなげるためのポイントについて詳しく解説します。

効率のいい勉強法おすすめ10選

効率のいい勉強法

たくさんの勉強法がありますが、特に効率よく勉強できるおすすめの方法10選を紹介します。

1.計画を立てて勉強する

勉強を始める前に具体的な計画を立てることで効率的に勉強できます。試験の日までの限られた時間の中で「どの科目に何時間使うのか」「いつまでにどこまで進めればいいか」などを考え、計画的に学習を進めましょう。

2.時間帯を決めて勉強する

脳がクリアな状態である起床後〜午前中は集中力や思考力が必要な科目、記憶が定着しやすい夜〜就寝前は暗記科目が向いています。脳の特徴を利用することで効果的な勉強ができます。

3.仲間と一緒に勉強する

一人で勉強するのではなく、仲間と一緒に勉強することでモチベーションを保ちながら勉強できます。SNSなどで同じように勉強をがんばっている仲間を見つけて交流するのもおすすめです。

4.音読して勉強する

黙読だけでなく、参考書や単語帳などを声に出して読み上げることで暗記効果がアップします。音読は内容を読み飛ばしにくく、集中しやすいため記憶として定着しやすいです。また声を出すことによりリフレッシュやモチベーションの向上にもつながります。

参考記事:おすすめの音声読み上げソフトやサイト8選【無料・有料】

5.録音して学習する

音読とつながりますが、参考書などを自分で読み上げた音声を録音し、聞き返すのも効果的です。外出先や車の中などで聞き返すことでいつでも勉強でき、記憶の定着につながります。

6.テスト形式で勉強する

勉強はインプットだけでなく、アウトプットすることが重要です。読んで知識をインプットするだけでなく、学習した内容を覚えているか確認する「テスト形式」で思い出す力を鍛えましょう。

7.一冊の参考書と問題集で勉強する

世間にはたくさんの参考書や問題集がありますが、まずは選んだ一冊を完璧に学習することが大切です。とにかく多くの問題を解くのではなく、間違えた問題をじっくり解き直して理解を深めましょう。

8.分散して学習する

短時間で集中的に学習するいわゆる「一夜漬け」をしても、徐々に記憶は薄れてしまいます。一度勉強したことは少し間隔をあけ、忘れそうになったタイミングで再度勉強する分散学習が記憶の定着に効果的と言われています。

9.環境を整えて勉強する

勉強を始める前に学習環境を整えることも重要です。たとえば「デスクに気の散るものを置かない」「スマホはマナーモードにする」など、小さなことに気をつけるだけで集中力が上がり効率のいい勉強ができます。 

10.ストップウォッチを使って勉強する

ストップウォッチを使うことで勉強時間の計測や制限時間の設定ができます。計画的な学習ができ、集中力が向上するでしょう。また、計測した時間を記録しておけば学習計画の見直しやモチベーションの向上にも役立ちます。

 

効率のいい勉強法のポイント5つ

効率のいい勉強法のポイント

効率のいい勉強法を紹介しましたが、ほかにも意識することでさらに効率よく勉強を進めるポイントがあります。5つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

学習内容の全体像を把握する

新しい分野の勉強を始める際にはまず全体像を把握しましょう。大まかな流れやボリュームを理解してから細部を学ぶことで、イメージがつかみやすく理解が深まります。また全体のうちのどのあたりを学んでいるのかがわかるため「いつ勉強が終わるのだろう」という不安やストレスから解放されることもメリットです。

時間を短縮できる方法を考える

時間は限られているため、なるべく余計な時間は短縮できるよう工夫しましょう。たとえば要点がコンパクトにまとまった参考書を選んでインプットの時間を短縮するなど、改善できる点はないか一度考えてみるのがおすすめです。

スキマ時間を活用する

移動中にスマホのアプリや電子書籍で学習したり、家事の最中に録音した音声を聞いたりなど、スキマ時間でも勉強することは可能です。少しずつの積み重ねでも、大きな結果へとつながります。

復習を重視する

つい新しいことを学ぶことに集中してしまいがちですが、一度勉強したことを繰り返し復習することはとても大切です。復習に十分な時間を取ることで記憶が定着し、結果的に効率のいい勉強につながります。

適度な休憩を取る

人間の集中力は90分前後と言われており、長時間持続しません。そのためある程度勉強をしたら適度に休憩を挟んだほうが体力的にも精神的にもリフレッシュでき、効率的です。休憩中はストレッチなどで体を動かして気分転換すると良いでしょう。

 

効率のいい勉強法を行う上での注意点

効率のいい勉強法を行う上での注意点

効率よく勉強するために注意すべきポイントについて紹介します。

睡眠時間はきちんと確保する

どうしても結果を出したいために長時間勉強して睡眠時間を削る人が多いですが、睡眠時間が足りない状態が続くと逆効果です。記憶が定着しにくくなり、集中力も低下してしまいます。必要な睡眠時間はきちんと確保するようにしましょう。 

継続できる工夫をする

一晩でたくさん勉強するよりも、少しずつでも毎日コツコツ継続するほうが効果的です。そのためには毎日クリアできそうな簡単な目標を立てたり、ちょっとしたスキマ時間でも勉強できるようアプリをインストールしたりなど、継続できる工夫をしましょう。

解けない問題は解答を見る

どうしても解けない難易度の高い問題を長時間考え続けていても、限られた時間を無駄にしてしまいます。ある程度考えて解けない問題は解答を確認し、解答法から学びましょう。自力で解けなくても解答法を知ることで自分の実力になります。

効率よく勉強するためのツール–Notta

Notta

効率よく勉強するには、重要な部分だけに集中してその他の時間をいかに短縮するかが大切です。特に最近はオンラインで講義やセミナーを受けられる機会が増えました。多くの情報を得られるメリットがある反面、「長いオンライン講義には自分に必要のない情報も多く含まれていて、視聴に時間がかかる」「ノートを取るのに気がとられてしまい集中できない」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

このようなお悩みを解消してオンラインでの勉強を効率的に行うためには、Nottaという自動文字起こしツールを活用するのがおすすめです。

Nottaとは

Nottaとは、AIが自動的に音声を認識してテキスト化してくれるツールです。AIによる音声認識は非常に精度が高く、句読点なども自動で入力してくれます。オンラインでの講義や動画教材などの音声もNottaがリアルタイムでテキスト化してくれるため、苦労してノートを取る必要がなくなります。また録音した音声ファイルをあとからNottaにインポートすることも可能です。

テキスト化することで検索やハイライトもできるため、長い動画教材でも自分に必要な情報を探しやすくなります。オンライン授業で重要な部分をノートに取り漏らしてしまうこともなくなるでしょう。必要のない情報を含む長い動画を視聴したり、ノートを取ったりする無駄な時間を省き、重要な部分に集中できる効率のいい勉強ができますね。

Notta Bot|Zoom会議を録音して文字起こしする

Nottaには直接音声をインポートするだけでなく、Web会議に参加させて文字起こしをするNotta Botという機能があります。Zoom会議などのWeb会議ツールを利用したオンライン授業やオンラインレッスン、ウェビナーなども多いですよね。Notta BotをWeb会議に追加することで、話者を特定しながら内容をすべて自動的に文字起こししてくれます。ZoomだけでなくGoogle MeetとMicrosoft Teamsにも対応しているため安心です。使い方もとても簡単です。

1. Notta Web版にログインします。

2. 「Web会議の文字起こし」 を選択します。

「Web会議の文字起こし」を選択してください

3. 会議URLを入力し、「文字起こしする」を選択します。

 

「文字起こしする」を選択し

4. 接続されたら完了です。文字起こしが開始されます。 

議事録の作成時間を大幅削減!

1時間の音声データなら5分前後でテキスト化が完了。

MP3ファイルを文字起こしする
decoration
decoration

効率のいい勉強法に関するよくある質問

1.効率的に勉強ができるおすすめのアプリやツールはありますか?

効率的に勉強するために役立つアプリの種類は、動画学習アプリ、単語帳アプリ、タイマーアプリ、メモアプリ、学習管理アプリなど、さまざまなものがあります。どれもスマホを利用して簡単にどこからでも学習できることがメリットです。それぞれ自分の学習したいことに合わせて選びましょう。

たとえば新たな分野を学びたい場合は初心者向けの動画学習アプリ、英単語を覚えたい場合は単語帳アプリ、日々の学習進捗を記録したい場合は学習管理アプリなどがおすすめです。

また、最近はオンラインの授業やセミナーで学ぶ機会も増えています。Nottaのようなオンライン会議を自動で文字起こしできるツールであれば、授業中にメモを取らなくても後から振り返ることが可能です。時間の節約にもなり、効率的な学習に役立ちます。

2.効率的な勉強のために、どのようなスケジュールがおすすめですか?

まずは最終的な目標を設定し、その目標を達成するための小さな目標を立てます。たとえば「参考書を1日5ページ進める」「◯月までに問題集を◯周する」などです。

次に、一日に費やせる学習時間を把握し、その時間に合わせて目標を達成するための細かな計画を立てていきます。この際に、25分ずつのセッションに分けて間に短い休憩を挟む「ポモドーロテクニック」を取り入れると集中力を維持できる効果があります。

3.効果的な復習のタイミングはいつですか?

一度勉強したことを復習して、知識として脳に定着させることは重要です。効果的な復習のタイミングは学習した翌日に1回、その後すこし時間を置いて3回以上と言われています。オンラインの動画教材や講義を文字起こしアプリでテキスト化しておけば、都合のよいタイミングで気軽に復習ができます。

まとめ

忙しい学生や社会人の方が勉強をして結果を出すには、余計な時間をなるべく短縮して効率化することが大切です。ぜひ今回紹介した勉強法やポイントを意識してみてください。また文字起こしツールのNottaやNotta Botの機能を活用すれば、オンライン授業やセミナーでメモを取る必要がなくなり、情報を効率的に取捨選択できます。簡単な操作で大切な時間を有効活用できるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。