プロなら誰でも知っている解説動画の作り方を紹介|動画種類と制作ポイントも全面解説

最近では、多くの企業や個人が情報共有の手段として動画を利用しています。特に注目されているのが、製品やサービスの紹介、教育目的などに活用される解説動画です。解説動画の制作には、解説するテーマの深い知識に加えて、動画を魅力的にするための作り方の知識が必要になります。

しかし、解説動画を初めて作る方にとっては、制作方法がわからなくて不安になる方も少なくはありません。そこで本記事では、解説動画の制作をしたいと考えている方に向けて、解説動画の概要や種類、活用場面・メリット、撮影手順、解説動画作成のコツなどを解説します。

併せて、解説動画を制作するときに役立つツールも紹介します。ぜひとも、本記事を解説動画の制作に役立ててください。

作成前に解説動画の種類を明確にする

解説動画の種類解説動画とは、製品やサービスの紹介など、さまざまなテーマをわかりやすく伝えるための動画です。解説動画を作成する際には、作成前に解説動画の種類を明確にすることが重要になります。

解説動画は、主に3つの種類が存在します。代表的な解説動画のひとつは、動画に字幕を加えた『文字解説動画』です。また、映像にイラストやグラフを挿入しながら解説する『インフォグラフィック動画』も解説動画として多く存在します。そのほかにも、テレビ番組のような形式の『番組形式動画』も人気です。以下では、これらの3つの種類の動画の特徴について解説します。

1

文字解説動画

文字解説動画とは、動画内に字幕を挿入して解説をする動画のことです。この種類の動画は、製品紹介や教育、広告などに向いています。単に映像を流すだけでは、視聴者が内容や目的を正確に理解できない可能性があります。

動画内に字幕を加えることで、動画で伝えたい内容が明確に伝わります。字幕を動画に加えることは、比較的簡単に行えるため、動画作成が初めての方にもおすすめです。

2

インフォグラフィック動画

インフォグラフィック動画とは、インフォメーション(情報)とグラフィック(イラストやグラフ)を組み合わせた形式の解説動画です。複雑なデータや情報を、イラストやグラフを通じて直感的に理解しやすく表現します。

インフォグラフィック動画は、経済的なデータや科学的な情報など、初心者には難しいテーマを伝えるときに向いています。

3

番組形式動画

番組形式動画とは、テレビのショッピング番組のように、インタビュー形式で製品やサービスを紹介する解説動画です。この形式の解説動画では、インタビュアーと製品やサービスを紹介する人物が登場し、視聴者が持つ疑問や懸念をインタビュアーが代わりに質問します。

視聴者の関心事を中心に話が展開されるため、自然に視聴者の関心を引きながら製品やサービスの魅力を伝えることができます。

解説動画の活用場面は?メリットは?

解説動画の活用場面解説動画には、さまざまな活用場面やメリットがあります。活用場面やメリットを知ることで、より効果的な解説動画を作ることが可能です。本章では、解説動画の活用場面とメリットについて、それぞれ詳しく解説していきます。

1

解説動画の活用場面

解説動画は、さまざまな用途で活用されています。主な活用場面としては、顧客が購入した製品の使い方を説明するために解説動画が使われます。

また、企業のサービスを宣伝したり、サービス内容を詳しく説明する目的で使用されることも活用場面のひとつです。ほかにも、社員教育やスキルアップのための研修資料として解説動画が使用されるケースもあります。以下では、これらの解説動画の活用場面について解説します。

製品の使い方を説明する

顧客が購入した製品やサービスの使い方を説明する際に、解説動画は役立ちます。紙のマニュアルでは、製品やサービスの使い方がイメージしにくかったり、読むことを止めてしまうことが課題でした。

しかし、解説動画であれば、紙のマニュアルよりもイメージがしやすく、使い方がわかりやすく伝わります。利用シーンに合わせて解説動画を作成すれば、紙のマニュアルによくあるページ探しに苦労することもありません。

サービスの宣伝や内容の説明

解説動画は、サービスの宣伝や内容の説明を理解しやすく伝えるための効果的なツールです。映像と音声を組み合わせることで、視聴者の理解を促進し、購入意欲を刺激することもできます。

例えば、営業活動の場面で解説動画を使うことで、個々の営業担当者のプレゼンテーション能力に依存することなく、サービスの価値を効果的に紹介できます。

社員教育や研修の場面

社員教育やスキルアップのための研修資料として、解説動画が使われるケースも増えています。解説動画はいつでも見返せるため、社員教育などの予習や復習にも役立てることが可能です。知識を習得するスピードが通常の講習よりも高まるため、スキルアップに解説動画は欠かせません。

また、研修講師を呼ぶことや会場の確保などがなくなるため、教育コストの削減もできます。

2

解説動画のメリット

解説動画を作成することは、多くのメリットをもたらします。解説動画の主なメリットとしては、動画や音声でわかりやすく伝わることが挙げられます。また、いつでも視聴できることやコスト削減につながることもメリットといえます。以下では、これらの解説動画のメリットについて解説します。

わかりやすく伝わる

解説動画の大きなメリットは、紙媒体よりも情報が視覚的および聴覚的に伝わりやすいことです。例えば、製品の使用方法を紹介する際に、解説動画は紙のマニュアルよりも直感的に理解しやすいです。

わかりやすいため、ユーザーは製品を迷うことなく使いこなすことができます。結果として、顧客の満足度を高めることにつながります。

いつでもどこでも視聴できる

Webサイトやソーシャルメディアに解説動画を投稿することで、視聴者はいつでもどこでも解説動画を見ることができます。さらに、動画をダウンロードすれば、オフラインでも視聴可能です。

紙ベースの場合、紛失してしまうと閲覧できなくなってしまいます。しかし、解説動画であれば、スマホやタブレットで視聴できるため、紛失のリスクや持ち運びの負担が軽減されます。

コスト削減につながる

紙ベースの資料やマニュアルを作成する際には、印刷コストや配布コストなど継続的なコストが発生します。しかし、解説動画を一度制作してしまえば、それ以上の追加費用は基本的にかかりません。

そのため、長期的に見ればコストを大幅に削減できます。YouTubeに動画をアップロードすれば、費用をかけずに多くの視聴者に情報を提供することが可能です。

動画の句読点も自動的にテキスト化|話者識別で業務効率化

字幕制作&動画の文字起こしをAIに任せましょう

解説動画の作り方を1から説明

解説動画の作り方解説動画を作る際には、視聴者の関心を引きつける内容や説得力を持たせることが重要です。適切な制作手法を用いなければ、せっかくの解説動画もその効果を十分に発揮できない恐れがあります。

効果的な解説動画を作成するためには、正しい解説動画の作り方の知識が必須です。以下では、解説動画の作り方を1から説明していきます。

1

制作目的や視聴者のイメージを明確にする

解説動画の制作の第一段階として、解説動画の視聴者のイメージと制作目的を明確にすることが重要です。目的が不明確なままで動画を作成すると、解説したい内容が伝わりにくい動画になる可能性が増します。

また、解説動画の視聴者のイメージが明確であれば、どのような情報が必要かが明らかになり、情報収集が効率的に進められます。

2

構成案と台本の作成

解説動画の第二段階は、集めた情報を整理して、説明の流れと動画の構成案を作ります。構成案が完成したら、次に台本を作成します。台本には、動画のイメージやセリフ、背景音楽(BGM)などを記載します。詳細な台本を作成することで、動画制作に必要なイラストや音源などが把握できるため、編集過程で素材不足による問題を避けることが可能です。

3

撮影用の機材やスタッフ、動画素材を準備する

台本が完成したら、撮影用の機材やスタッフ、動画素材を準備します。実写の撮影が予定されている場合は、カメラやマイク、照明などの機材や撮影スタッフ、撮影場所の手配が必要です。映像と音声のクオリティは、動画の受け取られ方に大きく影響するため、撮影専用の機材を用意することが望ましいです。

アニメーション動画を作成する場合は、イラストやアニメーション素材が中心となります。外部に制作を依頼する際には、素材が不足しないように細心の注意を払い、発注を行うことが重要です。

4

撮影した動画を編集する

撮影が完了して、解説動画に必要な素材が集まったら、動画編集に取り掛かります。編集作業では、目的や伝えたいメッセージがぶれないようにすることが重要です。編集作業では、不必要なシーンのカットやナレーション、背景音楽(BGM)の追加などを行います。また、音量の調整など、細かい部分にも注意を払いましょう。

編集が終わったら、客観的なフィードバックを得るために、外部の人に動画を視聴してもらうことをおすすめします。外部の意見を取り入れることで、動画の質がさらに向上します。

プロなら誰も知っている解説動画作成の5つのコツ

解説動画作成のコツ解説動画を作成するには、いくつかのコツがあります。特にプロが使う動画制作のコツを学ぶことは、今後の解説動画作成に役立ちます。以下では、プロなら誰もが知っている解説動画作成の5つのコツを紹介します。

1

動画の長さはできるだけ短めに制作する

解説動画の時間が長いと、視聴者が飽きてしまう可能性が高まります。視聴者の関心を維持するためには、要点を絞った短い動画を制作すべきです。

しかし、テーマによっては伝えたい情報が幅広いこともあり得ます。

そのような状況では、異なる内容ごとに動画を制作することがおすすめです。内容ごとに解説動画を制作することで、視聴者は関心のあるテーマだけを選んで視聴できるようになります。

2

音声なしでも内容が理解できるように配慮する

公共の場所や店舗など、音声を出せない環境で、解説動画を視聴する方は少なくはありません。このような視聴者に対応するには、映像のみでメッセージが伝わるような動画を制作することです。

そのためには、動画内に字幕を挿入することをおすすめします。字幕を活用して解説することで、音声がなくても視聴者が動画の内容を把握できます。ただし、字幕の存在が映像の邪魔にならないように注意が必要です。

3

動画を再生する機器を想定して制作する

解説動画を再生する機器は、パソコンやスマホ、タブレットなどがあります。そのため、あらゆる機器で快適に視聴できる動画の制作が求められます。

ほとんどの人がスマホを持っているため、小さな画面でも内容をしっかりと把握できることが重要です。スマホの視聴に適した動画を作るためには、字幕のフォントサイズや配置に注意を払うようにしましょう。

4

視聴者が興味を持ち続けるような構成にする

解説動画を制作する際には、視聴者が最初から最後まで関心を失わずに見続けられるように、工夫を凝らした構成が重要です。魅力的な構成の解説動画は、視聴者の関心を持続させ、目的をより効果的に達成できます。

特に動画の冒頭部分は、解説の目的をはっきりと伝えるようにしましょう。それにより、視聴者を惹きつけて動画を最後まで見せることができます。

5

Nottaで原稿作成と字幕生成をする

ノッタのホームページ動画制作のプロは、原稿作成や字幕を作る際には、作業効率が高まる便利ツールを活用しています。原稿作成と字幕生成には、AI文字起こしツール「Notta」が役立ちます。Nottaとは、700社以上の企業が導入している人気のAI文字起こしツールです。

番組形式動画で行われるインタビューなどで、Nottaを活用すれば素早く文字起こしができます。また、動画や録音データのファイルをNottaにアップデートすることで、AIが自動で字幕を生成してくれます。効率的に解説動画を制作するには、Nottaは欠かせないツールといえるでしょう。

参考:AI字幕作成サービス

【TIPS】AI吹き替えツールで海外向けのYouTube動画を制作

Notta Showcaseとは

notta showcase 優先案内

Notta ShowcaseはAI動画吹き替えツールです。制作された動画をNotta Showcaseにアップロードだけで、動画の音声をあっという間に15言語に吹き替えできます。マーケティングやソーシャルメディアなど、さまざまなニーズに対応できる強力なAIツールです。

概要:

Notta Showcaseは、従来の機械的な合成音声と全く異なる、あなたの声色と話し方をクローンして、自然な視聴体験を届けられます。多言語化にあたり、外国語を習得する必要がありません。言葉の壁を越えて影響力を高め、世界中からエンゲージメントを獲得できます。

Notta Showcaseの優れたポイント

  • ワンクリックで動画の音声を15言語に吹き替え

  • 動画音声のスタイルそのままのボイスクローニング

  • 従来の吹き替えより短い時間で、多言語コンテンツの迅速な生成が可能

  • 英語が苦手でも海外向けの発信がカンタン

  • 高度なAI技術で迅速かつ正確な動画吹き替えが実現

  • 編集機能が備え、素敵な動画を一瞬に作成

対応OS:Windows、Mac、iOS、Android

料金:無料で体験できます。

nottashowcase

解説動画の作り方に関するよくあるご質問

解説動画に関する質問解説動画を制作しようと考えている方は、解説動画の作り方に関するさまざまな疑問や質問があるでしょう。よくある質問としては、解説動画の作成手順や動画の制作時間、必要なものについてなどがあります。以下では、解説動画の作り方に関するよくあるご質問に対して、回答します。

Q

解説動