動画に字幕・文字を入れるおすすめアプリ11選

音声を流さずともコンテンツの内容を理解しやすい動画字幕。でも、文字起こしを行ったうえで字幕編集するためには時間も労力も掛かります。動画編集の経験がない方の場合、始める前から「自分で行うのは無理そう」と感じるでしょう。

この記事では、効率よく動画内容を文字起こしするツールと、簡単に字幕を入れられるおすすめ動画編集アプリ、動画編集アプリを使用する際に考慮すべき3つのポイントについて解説します。

動画に字幕を入れるなら!動画編集アプリの選び方

動画に字幕を入れるアプリと一言で言っても、現在ではさまざまな種類が登場しています。たくさんありすぎて、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いでしょう。ここでは、動画編集アプリを選ぶ際にチェックすべきポイントについて解説します。

直感的に操作できるか

動画編集アプリで重要なのは使いやすさです。特に誰にでも操作がわかりやすい直感的なインターフェースを備えたアプリなら、使い方を覚えるのも簡単でスムーズに字幕を入れることができます。まずはアプリを実際にインストールして触ってみたり、レビューを確認したりするのがおすすめです。

コストと機能のバランス

動画編集アプリは無料で利用できるものから、高額な使用料が必要なものまでさまざまです。無料だから良いというわけではないため、コストと機能のバランスを考えましょう。自分が必要とする機能を洗い出したうえで、それを搭載していて予算にも無理のないアプリを選びます。

動画の用途に合うか

動画の用途は人によってさまざまなので、自分の動画の用途に合う字幕入れができるアプリを選びましょう。たとえば動画作品やミュージックビデオなどの字幕入れなら、高いクオリティが求められます。一方でプライベートのSNSで動画共有をする場合なら、動画の雰囲気に合うかどうかが重要なポイントです。また、法人などで大量の動画作成を行う場合は、自動で文字起こしを行ってくれるアプリを選ぶと業務を効率化できるでしょう。

動画に字幕を付けるのにおすすめの動画編集アプリ 【iPhone版】

動画字幕・文字アプリ

ここではiPhone版おすすめの動画編集アプリを以下の4つを基準にしながらご紹介します。

  • インターフェースのシンプルさ

  • 操作性

  • 字幕スタイルの種類

  • 料金

1.CapCut

CapCut

出典:CapCut

イメージを超えた動画編集・作成を実現可能にした『CapCut』は3つのモードから使い勝手に合わせた編集ができる動画編集アプリです。

  • カンタン編集

  • 圧倒的な加工モード

  • 豊富な楽曲

初心者でも操作しやすい操作性を搭載し、カット、逆再生、速度変更も簡単操作で実現します。また、クオリティの高いフィルター、美顔フィルター搭載なので、ユーザーに合わせた動画編集が可能です。内蔵された音楽では著作権の心配もないため、イメージに添った動画がすぐに作成できます。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★★
操作性 ★★★★☆
字幕スタイルの種類 ★★★★☆
料金 App内課金有り
capcut cloud space/¥120
capcut cloud space/¥1,220
capcut cloud space/¥250
capcut cloud space/¥2,440
capcut cloud space/¥860
capcut cloud space/¥7,500
capcut cloud space/¥120
capcut cloud space/¥880
capcut cloud space/¥150
capcut cloud space/¥7,000

2.Vont

Vont

出典:Vont

 『Vont』は初心者にも馴染みやすい動画編集アプリです。400種類以上のフォントが使用できたり、40種類以上の日本語フォントが使用可能、縦書きに対応していたり、文字サイズも簡単に加工できたりするため、「動画編集アプリってどうなの?」「どうやって使っていいかわかりにくそう」と不安視する方におすすめです。簡単な操作性によってイメージに合った動画編集が実現可能であるため、動画編集アプリを初めて使う方やシンプルな操作性を求める方にも馴染みやすいです。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★★
操作性 ★★★★★
字幕スタイルの種類 ★★★★★
料金 App内課金有り
ビデオ機能の制限解除/¥490
フォントのロック解除/¥370
広告非表示オプション/¥610

3.iMovie

iMovie

出典:iMovie

『iMovie』はデザイン性の高い動画編集アプリです。そのため、一風変わった動画を作成したい方や、洗練されたデザインを使用しながら個性的な動画を作成したい方にピッタリです。ハリウッド映画の予告編のような美しい動画編集が可能なので、iPhoneのみでも人目を引く動画を作成したいならiMovieがおすすめです。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★☆☆
操作性 ★★★☆☆
字幕スタイルの種類 ★★★☆☆
料金 無料

4.videoleap

videoleap

出典:videoleap

 シンプルな操作性と幅広い互換性を持つ『videoleap』は、多くのアプリに共有しながらコミュニティとつながりながら動画編集を行うことができます。多くの人と共同作業で動画編集を行う方はもちろん、ハリウッド映画のようなハイレベルな動画を作りたい方、プロのクリエーターに任せたような動画を作りたい方にはおすすめの動画編集アプリです。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★☆
操作性 ★★★☆☆
字幕スタイルの種類 ★★★☆☆
料金 月/850円
年/3,800円(1月あたり317円)
買い切り/8,500円

5.VLLO

VLLO

出典:VLLO

『VLLO』は、かわいい雰囲気の動画を簡単に作成できる動画編集アプリです。日本語のフォントが豊富で、スタンプや吹き出しなどのオプションも揃っています。遊び心がありさまざまな表現ができるため、SNSで共有する動画作成などに最適です。また、オリジナルの文章でテンプレートを作成することもできるため、効率よく作業を進めたい方にもおすすめできます。「3分でマスターできる」の言葉通り、非常に直感的なインターフェースで操作しやすいことも特徴です。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★★
操作性 ★★★★★
字幕スタイルの種類 ★★★★☆
料金 無料プラン・App内課金有り
週額プラン/¥250
月額プラン/¥500
年額プラン/¥1,500

6.Cute Cut

Cute Cut

出典:Cute Cut

『Cute Cut』は、手書きのテキストを簡単に字幕として入れられる動画編集アプリです。通常は手書き文字を動画に入れたい場合、紙に書いた文字を読み込まなければなりません。しかしCute Cutなら、アプリ内でそのまま文字を書いて挿入できることが大きなメリットです。また文字だけでなくイラストも書けるので、オリジナル作品を作りたい方に最適です。操作しやすいインターフェースと、YouTubeとFacebookなどにスムーズにシェアできる共有機能も搭載されています。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★☆
操作性 ★★★★★
字幕スタイルの種類 ★★★☆☆
料金 無料プラン・App内課金有り
終身プロ会員/¥1,500

動画に字幕を付けるのにおすすめの動画編集アプリ 【Android版】

動画字幕・文字アプリ

続いてAndroid版おすすめの動画編集アプリを以下の4つを基準にしながらご紹介します。

  • インターフェースのシンプルさ

  • 操作性

  • 字幕スタイルの種類

  • 料金

1.Actiondirector

Actiondirector

出典:Actiondirector

どのような動画も撮影・編集・シェア可能な動画編集アプリ『Actiondirector』。シンプルなインターフェースが特徴的で、動画編集初心者でもなじみやすいチュートリアルに沿って学ぶことができます。作成した動画はさまざまなSNSにシェアできるため、動画の反響を実感しやすいアプリです。スマートフォンで使用できる動画編集アプリの中でも、ハイレベルな編集ができることから、多くのユーザーに親しまれています。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★★
操作性 ★★★★★
字幕スタイルの種類 ★★★★☆
料金 アプリ内課金あり
フルHD、ロゴマークのデジタルすかしを削除するためには310円が掛かります

 2. VivaVideo

VivaVideo

出典:VivaVideo

イメージに沿った動画を作成するなら『VivaVideo』もおすすめです。シンプルなインターフェースにより、動画編集初心者でもスムーズに始められます。ただし、保存しにくい、テロップとピッチがずれやすいといった細かな不具合が見られるため、使用感にはややストレスを感じやすい動画編集アプリです。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★☆
操作性 ★★★☆☆
字幕スタイルの種類 ★★☆☆☆
料金 アプリ内課金あり
月/280円
年/1,450円(1月120.8円)
買い切り/5,860円

3.vita

vita

出典:vita

『vita』はインターフェースのシンプルさが人気を呼び、世界で2,000万ダウンロードを突破した大人気動画編集アプリです。そのため、動画編集初心者やまだ動画編集アプリに触れたことがない方にはおすすめです。テンプレ機能が用意されているため、写真と動画を組み合わせながらすぐにお気に入りの動画を作成できます。誕生日や旅行、ブログなどさまざまな動画を作れるので、まずはプライベートの動画を作ってみてはいかがでしょうか。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★★
操作性 ★★★★★
字幕スタイルの種類 ★★★☆☆
料金 無料

4. power director

power director

出典:power director

『power director』は多くのユーザーになじみやすい動画編集アプリです。動画カットはもちろんのこと、音声編集、倍速、スロー・逆再生、文字入れなど本格的な編集操作をpower director一つで実現可能です。スマートフォンを縦向きのまま編集できる「縦向き編集モード」をはじめ、アニメーションタイトルの作成、ボイスチェンジャーを使って音声を編集することもできるので、楽しみながら動画編集を行うことができます。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★★
操作性 ★★★★★
字幕スタイルの種類 ★★★★☆
料金 アプリ内課金あり
月/517円

5. キネマスター

キネマスター

出典:キネマスター

キネマスターは、シンプルな画面構成と豊富な機能が特徴の動画編集アプリです。スマホからでもパソコンを使用しているかのような高度な動画編集ができます。字幕のフォントも豊富で手書き文字の挿入も可能です。クオリティの高い動画作品を制作したい方におすすめです。また、高品質なテンプレートもたくさん用意されているため、初心者の方でも簡単に動画編集ができます。

評価内容・料金 評価(★5つ満点)
インターフェースのシンプルさ ★★★★★
操作性 ★★★★☆
字幕スタイルの種類 ★★★★☆
料金 無料プラン・App内課金有り
月額プラン/¥450
年額プラン/¥2,500

動画に字幕を入れるメリット

動画に字幕を入れるメリット

YouTubeやTikTokなど、さまざまな動画に字幕が入っている昨今。動画は出演者の音声が流れるため、聞いているだけでも内容が掴めます。では、音声を流すだけで内容が把握できる動画に、わざわざ字幕を入れるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

効果的なSEO対策

動画内に字幕を入れると、効果的なSEO対策ができるといったメリットがあります。Web上で公開されている記事同様に、動画にも字幕を入れると上位表示を狙いたいキーワードを攻めることができるのです。つまり、動画タイトルや概要だけでなく、字幕からもキーワードを狙い、上位表示が期待できるのです。近年では5Gの登場により動画需要が増加傾向にあります。動画プラットフォームとして人気の高いYouTubeも、動画需要の高まりによってレッドオーシャン化しているのです。そういった意味でも、動画字幕はSEOを意識するうえでは必須工程の一つと考えられます。

動画をミュート再生しても内容を把握できる

動画はTPOを選んで視聴する必要があります。たとえば、家族が寝ているそばで動画を視聴すれば、音声や音量によっては家族を起こしてしまいます。動画コンテンツに字幕を挿入すれば