文字起こしアプリ「Notta」で学習効率を爆上げしよう

効率化の新常識!文字起こしアプリ「Notta」で学習効率を爆上げしよう

テクノロジーの発展に伴って情報のインプット方法が変化するなか、当然学習の方法も変わってきています。求めなくても溢れんばかりの情報が入ってくる現代では、うまく情報を取捨選択し、本当に必要な情報だけを取り入れることが効率化への近道。

今回は、まさに「今の時代」に役立つ、勉強や仕事の効率化のヒントをご紹介。 
自動で文字起こししてくれるアプリを使うことで、周りにあふれる情報をコントロールし、自分のモノにすることが!アプリの使い方や活用方法まで詳しく解説していきます。

「今の時代」に役立つ、勉強や仕事の効率化のヒント

<こんな人にオススメの記事です>

・資格やスキルアップの勉強中。もっと効率よく、効果的にインプットしたい!
・授業のメモ取りや板書写しに時間を取られ、肝心の講義内容に集中できない…
・動画やウェビナーで勉強しているけど、動画が長すぎて時間を取られすぎる
・会議の議事録で時間を浪費してしまう。さらに英語翻訳まで必要で、議事録で半日は潰れてしまう…

情報媒体の移り変わりを振り返るーー「動画」時代の今、どうインプットする?

情報媒体の移り変わりを振り返る

インターネットが一般的になって以来、ネットを通して学習をすることも当たり前に。
振り返ってみると、媒体は時代によって変化してきました。

初期:ブログなどの活字媒体
中期:動画サイトなど、動画媒体(尺は長め)
現在:TikTokなどの動画媒体(尺は短め)

という風に、学習媒体もインターネット環境の変遷に合わせて変化しています。

現在はYouTubeなど比較的長めの動画媒体が使われつつも、TikTokなどの短い動画媒体に徐々にシフトしている、といった状況です。
YouTubeやTikTokなどで情報を仕入れたり、ちょっとした隙間時間で勉強したり、という人が増えてきています。

実は、こういった情報媒体の進化は情報インプットの敷居を下げる効果に貢献しています。
本を読んで情報をインプットするのと、動画を通して情報を取り入れるのでは、格段に後者の方が労力が少ないはず。
動画媒体が情報源の主流となったことで情報が広範囲に届き、結果として多くの人が学べる機会となっていることは喜ばしいことと言えます。

ただし、進化には「裏面」も。
動画では情報が簡単に入ってくる一方、「情報の密度」は一般的には低下。テキストだと数行で要点がわかるものが、動画だと数分、場合によってはもっと長い時間が必要になります。
動画は情報へのアクセスの敷居が低い反面、情報インプットの効率はテキストに比べて悪くなっています。

「動画」学習の落とし穴ーー自分にとって必要な情報が分かりづらい

自分にとって必要な情報が分かりづらい

スポーツや楽器のように「動きを真似して学ぶ」際には、動画学習は非常に良いツールです。
人間が最も効率的に学習する方法「観察する+真似る」プロセスに合致しているからです。短期間に集中して観察し真似を続ければ、ぐんぐん成長できます。
また、料理動画なども、手順の具体的なイメージができるので、テキストよりも動画の方が相性がいい分野と言えます。

一方で、脳に情報を入れ込み、より深く学ぶためには「理解する+思考」のプロセスが重要になります。深く理解して熟考するには、実は動画は最適ツールではない場合がほとんど。
むしろ、テキストや本の方が学習効率はグッと上がるんです。

例えば動画セミナー(ウェビナー)のケースを考えてみましょう。
動画セミナーはさまざまな分野で使われ、特にコロナ禍でリモートワークが増えた今では、一度は参加したことがある人が大多数でしょう。
動画でセミナーに参加すると、2〜3時間という長丁場になるのは当たり前。また、部分的にはすでに知っている情報があるなど「自分が欲しい情報」だけを学習するには実は非常に効率が悪いのです。

もちろん早送りして余計な部分を飛ばしたり、倍速再生したりなど、工夫によってある程度の効率化は可能。
ただし、例えば必要な部分だけピンポイントで検索をかけるなど、テキスト媒体でできる工夫はできません。欲しい情報が流れる数秒間を探すために、余計な時間がかかってしまうリスクがあるのです。

動画学習も効率化できる!文字起こしアプリで動画をテキスト化しよう

動画学習の落とし穴である、動画の「非効率性」について解説してきましたが、気軽に視聴できて隙間時間にも活用しやすい動画学習が捨て難いのも事実。
「動画で学びたいけど、効率が悪いのは嫌だ…」

そんな悩みを解決してくれるツールが、自動文字起こしアプリ「Notta」です。
Nottaを使えば、AIが自動的に動画音声を文字起こしし、テキスト化してくれます。自分の労力は全く使わずに、動画と同じ内容のテキスト形式の情報が用意できてしまうんです。

文字起こしアプリで動画をテキスト化しよう

テキスト形式のデータがあると、動画ではできなかった文字検索ももちろん可能に。
また、テキストでは不要な部分を意識的に飛ばす「斜め読み」もできるので、動画に比べて短い時間で多くの情報をインプットすることができます。ハイライトやメモを追加することもできるので、情報整理も格段にしやすくなります。

<音声学習を最大化するヒント>

情報インプット効率を最大化!フレームワーク学習のススメ

全く新しい領域の分野について学習するときにおすすめの方法が、「フレームワーク学習」。
まず、その分野がどんなパーツで構成されていて、それぞれのパーツがどんな機能・役割を持つのか、大枠(フレーム)を構造的に整理します。図を描いてみるのも視覚的にわかりやすくなりおすすめ。

学習内容を構造化することで、「既に知っているパーツ」と「知らないパーツ=これから学ぶべき部分」を意識的に分別し、学習プロセスが格段に効率よくなります。
「まだ知らない部分」に注目し、関連するキーワードを抜き出してテキストで検索をかけると、自分が学習すべき部分をすぐに探し出し、情報インプットすることができます。
このフレームワーク学習と動画教材の文字起こしを組み合わせることで、「現代における超効率化学習」が可能になるんです。

復習にも最適なテキスト化

また、テキスト形式にして全体をサッと読みやすくなったことで、インプットの仕上げとなる復習も楽になります。
ウェビナーの内容を復習していると、これまで気づかなかった新しい知識に出会うことも。文章化した上で改めてビデオ内容を集中して復習することで、新たな知識を得られるチャンスも増えるはずです。

「隠れ情報」も見つかるかも

世の中に溢れる動画の中には、視聴回数が少なく、尺も短いけれど充実した内容の動画があることも。ただし、全ての動画を視聴していたら、いくら時間があっても足りません。
動画を一旦文字起こししてテキスト化しておくことで、動画の振り分けもラクになります。
「この動画、イマイチだと思ってたけど大事な情報が詰まってる!」
テキスト化することで、そんな「お宝動画」にも出逢いやすくなります。

情報の整理・共有にも大活躍!

テキスト化をすることで、手元の情報整理にも役に立ちます。
動画内容を文章にすることで、例えばEvernoteやNotionといったツールに保存ができるようになり、自分が持っている複数のデバイスで内容が確認できるように。文字検索ができるので、「あの情報ってどの辺だったっけ…」と探す手間も省けます。
もちろん他人との共有もラクになります。大事な部分をハイライトしたり、自分の意見をメモしたりもできるので、工夫次第でさらに見やすい情報に。

高効率勉強のため「価値ある情報」だけを収集したい!ツールの活用して情報収集効率化する方法‍
>> 高効率勉強のため「価値ある情報」だけを収集したい!ツールの活用して情報収集効率化する方法 <<

お気に入りのYouTube動画、ライブセミナー、ポットキャストなどは何度も聞きたいはず。でも、全部繰り返し聞くと時間がかかりすぎる…
そんな悩みを払拭してくれるのが、文字起こしアプリなんです。

早速使ってみよう!Nottaの活用方法4選

文字起こしアプリが活躍するシーンはさまざま。活用シーンをイメージしながら、ぜひ実際に取り入れてみてください。

活用シーン① 講座や授業で、リアルタイム文字起こし

講座や授業で、リアルタイム文字起こし

講座や授業中にNottaを起動しておくことで、授業内容をリアルタイムで文字起こし細かくノートを取る必要がないので、講義内容や議論に思う存分集中できます。
板書をスマホで撮っておいて、あとで文字起こしメモと組み合わせておくと、授業内容をとてもわかりやすく復習することができます。もちろんハイライトも可能です。 

活用シーン② 動画や音声情報をテキスト化

リアルタイムでなくても、既存の動画や音声情報をテキスト化することもできます。
音声・動画ファイルの文字起こし(インポート)機能を使えば、録音、お気に入りのYouTube動画やポットキャスト配信を自動で文字起こし。Evernote、Notion等に保存しておくことで複数デバイスで復習でき、情報のポータブル性が格段にアップします。

活用シーン③ ウェブ会議やウェビナーで大活躍!もう議事録で消耗しない

Nottaは「Notta Bot」と呼ばれる、ウェブ会議ツールで使える特別な機能を搭載しています。
ZoomMicrosoft Teams、Google Meetに「Notta Bot」を招待するだけで、高性能のAIが自動で録音&文字起こし。

Notta Botを使えば、これまで膨大な時間を費やしていた議事録作成も格段にラクになります。さらに文字起こし内容を他人と共有することもできるので、社内やチームメンバーとの議事録共有も最小限の労力で実現。
議事録はAIに任せることで議論内容や講義内容に集中できるので、生産効率アップも期待ができます。「議事録やメモ取りで消耗しがち・・」という人にぜひ使ってみてほしい機能です。

活用シーン④ 動画サイトもChrome拡張機能でラクラク文字起こし

Nottaには「Notta Audio Clipper」と呼ばれるChrome拡張機能も。Webページ上の音声をリアルタイムで録音し、AIが自動で文字起こしをします。
動画を取り込む手間すら省け、さらに効率の良い文字起こしを可能に。ウェブ会議やYouTube動画、ポットキャストなどの文字起こしを自動で行い、作業効率の大幅アップに貢献します。

他にも便利ポイントがたくさん!Nottaを使うメリット

これまで紹介してきた活用方法以外にも、作業がラクになる便利ポイントがたくさん。最後に、Notta活用の魅力を余すことなく伝えていきます!

翻訳機能で海外オフィスとの情報共有もラクラク

Nottaには実は翻訳機能も搭載されています。現時点でなんと140言語に対応しており、文字起こしした内容の自動翻訳が可能
議事録で手間を取られ、翻訳で時間を費やしていると、ほぼ1日が終わってしまうほどの作業量になるはず。
海外オフィスや海外クライアントと情報共有をしている人は、現代では少なくないですよね。
リアルタイムに情報共有することで、国境による情報のタイムラグを無くし、ストレスフリーに仕事が進みます。

アプリでも、ウェブでも使える

Nottaはスマホアプリ版もウェブ版もあるので、シーンに合わせて快適なデバイスを選ぶことができます。
例えば簡単なインタビューの文字起こしならスマホで、議事録ならパソコンで資料を見ながら…と、時と場合で使い分けが可能。また、デバイス同士で同期ができるので、情報が散らかってしまうことなく、どのデバイスでも情報にアクセスできるのも魅力です。
どこでもいつでも効率化を実現できるツールなのです。

高性能AIで、誤字脱字を最小限に

文字起こしツールは実はさまざまな種類がありますが、Nottaが搭載しているAIは高性能、だからこそ誤字脱字を最小限に抑えることができます。
せっかく議事録を文字起こししても、あとで膨大な手直しが必要…そんな状況は効率化とは言えませんよね。
高性能AI搭載のNottaだからこそ、本当の効率化に貢献できるんです。

3日間の無料体験が可能!

これまで紹介したNottaの機能の一部は、プレミアム会員だけが有料版機能。
充実の有料版機能がなんと3日間は無料で体験することができます。
「便利そうだけど、実際に使ってみないとわからないな…」と迷っている人も、無料体験で全ての機能を試すことで、具体的に仕事や勉強への活用シーンが浮かんでくるはずです。

「あの作業、もしかしたら役に立つかも!」と思った人は、ぜひ体験してみて。

まとめ

自動文字起こしアプリ「Notta」を通して、勉強や仕事の効率化のヒントを紹介しました。
特に動画や音声を使った学習機会が多い今、上手に音声とテキストを使い分けることで時間を無駄にせず、効率的に学習や仕事を進めることができます。
まずは今回紹介した活用シーンを振り返って、イメージしやすい部分から取り入れてみてくださいね。