カンペのバレない上手な使い方

【録画面接】カンペのバレない上手な使い方を徹底解説!

最近では採用活動の効率化や、業務のオンライン化による影響で、録画面接による採用活動が増えてきました。

しかし、いざ録画面接を行おうとしても

  • 「録画面接って何をすればよいのかわからない」

  • 「録画面接でカンペを使用しても問題ないのか知りたい」

  • 「録画中にカンペを上手に使用する方法を知りたい」

とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

本記事では録画面接の概要、録画面接でカンペを利用する方法と注意点について解説しています。

録画面接でカンペを利用しようと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

録画面接とは?

録画面接とは

録画面接とは、あらかじめ就活生が録画した動画をもとに選考を行う面接方式のことです。

求められる録画内容は企業によって異なりますが、主に「用意された質問に回答」「自由に自己PRを行う」の2種類に分けられます。

メリットとして、目の前に面接官がいないので、プレッシャーを受けない点、失敗したと思ったら録画しなおせば良いので、何度でも面接をやり直せる点が挙げられます。

録画面接でカンペを使うとバレる?

録画面接は自宅にいながら面接ができるので、カンペを使用してスムーズに質問に答えられるように対策ができます。

しかし、やり方によっては「カンペを使用している」とバレる可能性があります。

バレる理由

カンペを使用しているとバレてしまうのは「目線が別の場所を見ているから」です。

カメラに向かって話しているのではなく、どこか別の場所に置いたカンペをチラチラ見ながら話していると、面接官はすぐにカンペの使用を見抜きます。

また、回答までに考える時間が極端に少なく、定型文を読み上げているような回答もカンペだと面接官にカンペの使用がバレてしまう可能性があります。

面接官の考え

面接官は、就活生に対して

「自分の考えをはっきりと伝えてほしい」

「丁寧に仕事ができる方か判断したい」

「どういう方なのか印象を把握しておきたい」

と考えています。

つまり、カンペを使用しているかどうかはあまり考えておらず、質問に対してどのような回答をしているのか、どのように自分を表現しているのかを見ているのです。

なので、カンペを使用したからといって不合格となるケースは少ないですが、企業によっては「対面の面接と同じように接してほしい」との理由から不合格となる可能性もあります。

そのため、カンペを使用しないのがベストですが、どうしてもカンペを使用したい場合は、バレないような工夫が必要です。

具体的な工夫や対策に関しては後述しますので、ぜひ最後までご覧ください。

録画面接でカンペを使う方法

ここからは録画面接でカンペを使う2通りの方法について解説していきます。

音声カンペを使用する方法

自分が回答したい内容をあらかじめ録音しておき、面接中にイヤホンで聞ければ、音声カンペとして活用できます。

音声カンペを使用する際には、自分が聞き取りやすいように雑音のない環境ではっきりと喋った音声を録音しましょう。

面接中は、イヤホンでカンペ音声を聞きながら回答できるのでバレるリスクはほぼないのが大きなメリットですが、「面接中のイヤホン使用不可」の場合、音声カンペは使用できないので注意が必要です。

ノートを使用する方法

ノートを使用する場合は、回答したい内容を書いておくだけなので、準備が簡単でお手軽な点が大きなメリットです。

しかし、ノートを机の上に置いたまま録画してしまうと、目線が机の上のノートとカメラを行き来してしまって面接官にカンペを読んでいることがバレてしまうので注意が必要です。

ノートに書いたカンペは小さく千切り、カメラの横に張り付けるなどの工夫が必要です。

また、1分間に話せる文字数は300文字前後といわれているため、3分間の自己PRの場合は900文字前後の文字数になるように調整しましょう。

録画面接でカンペを使う時4つの注意点

ここからは録画時にカンペを使う時の注意点を4つご紹介します。

録画面接を受ける予定がある方や、録画面接でカンペを使おうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.自分とカメラとの距離を離す

ノートを使用したカンペの場合、目線がどうしてもカンペを読むために動いてしまいます。

そのため、カメラとの距離が近いと面接官にカンペを読んでいることがバレてしまうのです。

そうならないためにも自分とカメラの距離を離し、目線の動きをわかりづらくしましょう。

2.カメラの横にカンペを貼り付ける

前述しましたが、ノートやポストイットを使用してカンペを作成した際には、できるだけカメラの横にカンペを貼り付けましょう。

理由としては、目の動きがカメラとカンペを行き来して挙動不審な印象を与えないためです。

また、長い文章を貼り付けてしまうと目当ての文章を探すのに時間がかかってしまう可能性があるため、要点だけを書いて貼り付けることを推奨します。

3.定型文を読み上げるように喋らない

カンペを見たり聞いたりしながら話すと、声の抑揚がなく、まるで定型文を喋っているような印象を与えてしまう危険性があります。

カンペはあくまで補助として活用し、一文に感情をこめて回答することが重要です。

また、スラスラとカンペを読み上げるのではなく、一文で区切って間をつくったり、伝えたいことは強調して喋ったりなどの工夫もしてみるとより良い回答となるでしょう。

4.ワイヤレスイヤホンはしっかりと充電しておく

音声カンペとしてワイヤレスイヤホンを利用する場合、面接中にワイヤレスイヤホンの充電が切れてしまうと録音していたカンペが再生されず、何を喋ればよいのか分からなくなってしまう可能性があります。

そのため、面接前にワイヤレスイヤホンが故障していないことや、しっかりと充電できていることを確認しておきましょう。

よくあるご質問

ここからは録画面接のカンペについてよくある質問をまとめました。

録画面接 カンペ だめ なぜ?

録画面接でのカンペの使用は基本的に問題ありませんが、企業によってはダメな場合があります。

録画面接でのカンペの使用が問題ないか、事前に確認しておくとよいでしょう。

録画面接 何を見ている?

録画面接では、面接官は就活生に対して

「自分の考えをはっきりと伝えてほしい」

「丁寧に仕事ができる方か判断したい」

「どういう方なのか印象を把握しておきたい」

といった部分を見ています。

そのため、しっかりと自分の考えを伝えられるように意識しましょう。

録画面接 何でとる?

録画面接は、主に以下のツールを利用します。

「BioGraph」

「V-CUBE」

「harutaka」

「FaceHub」

「Calling」

基本的には企業がツールを導入して、就活生はそのツールを利用するだけなので、ツールに関する事前準備は必要ありません。

録画面接 何分くらい?

企業によって異なりますが、数十秒から3分程度であることがほとんどです。

文字数にすると、200文字から900文字の範囲で回答や自己PRができるとよいでしょう。

録画面接にはNottaがおすすめ!

Notta音声自動文字起こし

Nottaは、AIによる高精度なリアルタイム文字起こしができるサービスです。

話している内容を、そのまますぐに文字起こしすることもできますし、1時間にも及ぶ動画ファイルをたったの5分で文字起こしすることもできます。

また、文字起こしだけではなく、画質・音質ともに高品質な録画も可能です。

数回クリックするだけで即座に画面録画ができ、効率的な録画面接ができます。

画面収録機能についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

cta9
会話を句読点も自動的に入れてテキスト化!

文字起こしの課題を素早く解決 !

まとめ

本記事では録画面接の概要、録画面接でカンペを利用する方法と注意点について解説しました。

カンペを使うと、面接中に安心感を得られたり、スムーズに回答や自己PRができたりするメリットがありますが、バレてしまうとマイナスの印象を与えかねない点には注意が必要です。

ぜひこれを機に、カンペを上手に利用して面接を有利に進めましょう!

to top