Zoom面接

Zoom面接の成功の秘訣とは?<事前準備や流れ・コツを紹介>

新型コロナウイルスが流行して以降、一気にオンライン化が進みました。就職活動時のオンライン面接試験もそのひとつです。特に最近の就活では「Zoom面接」を受ける機会が増えています。Zoom面接を初めて受ける方や不慣れな方は不安になると思います。

そこでこの記事では、Zoom面接を成功させる為の秘訣や、事前に準備しておくことをまとめてご紹介します。

Zoom面接の特徴

Zoom面接の特徴

Zoom面接は、オンラインビデオ会議ツールの「Zoom」を利用した、就職活動の採用面接です。実際にその場に出向くことなく、オンライン環境の整った自宅などの離れた場所で、お互いの顔を見ながら面接できることが特徴です。また、参加する側にはZoomの利用料金は一切かからないため、オンライン面接のツールとして重宝されています。

 

Zoom面接の事前準備

Zoom面接の事前準備

Zoom面接を受ける際には、数日前に一度テスト・準備しておくことをおすすめします。

デバイスの確認

Zoomを利用するパソコンやスマートフォン、タブレット端末などの確認をおこないます。

  • デバイスの電源が入るかどうか

  • インターネットに接続されているかどうが

  • 充電や電池の残容量の確認

  • 長時間になることも考慮し、充電器や電池の予備を確保

利用デバイスのカメラ、マイク、スピーカーのテスト

当日になって問題が無いよう、Zoomやパソコンのテスト機能を使って、あらかじめ使用してみましょう。

  • カメラの接続確認、解像度など画質が粗くはないか

  • マイクの音声確認、途切れることなく繋るか

  • スピーカーから音が聞こえるか

通信環境の確認

Zoomは動画と音声が伴うツールのため、インターネットの接続が不良だと画面がフリーズしたり、音声がとぎれる恐れがあります。

公衆の無料Wi-Fiは接続不良が予想されるため、可能な限り自宅や学校などの安定した通信環境を用意しましょう。

 場所によってはバーチャル背景を使用、または部屋を片づける

Zoom面接はビデオ通話のため、自身の背景もカメラに映り込みます。自宅や外出先など、背景が気になる場合はバーチャル背景の使用も検討し、あらかじめテストを試みましょう。

背景を映す場合は、部屋の掃除などを行い、見苦しくないようにします。

前もって当日の服装を準備する

服装は、面接先の企業に指定されている場合は、そちらを着用します。特に指定が無い場合でも、普段の対面面接と同様スーツを着用すると良いでしょう。スーツにシミやカビなどが生えていないか確認し、なにか不都合があればクリーニングやスーツを新調するなど準備をしておきます。

当日の身だしなみの注意点

当日、カメラの前に映る前に、次のことを確認します。

  • 肩にフケなど汚れがついていないか

  • ネクタイ、シャツのボタンとめ忘れなどの乱れ

  • 髪の毛、髭など不潔に見えないように整える

  • つけまつげなどの濃すぎる化粧や派手なネイルは落とす

緊急時の連絡先を確認しておく

当日、何かの理由で面接に参加出来なくなった場合など、緊急時に連絡する「電話番号」「担当者氏名」を確認しておきましょう。メールなどで事前に連絡をもらっている場合は、面接が終了するまで、すぐに確認できるように保管しておきます。

Zoom面接の流れ

  1. 当日利用するデバイス(パソコン・スマートフォン・タブレット端末)でZoomのアプリをインストールします(※Zoomのダウンロードリンクはこちら)

  2. ダウンロードしたアプリでZoomのアカウントを作成します。

  3. 事前に企業から共有されているミーティングIDやURLから参加し、参加の許可がおりれば面接が開始されます

  • ミーティングIDの場合は、IDとパスコードを入力して参加します

  • URLの場合はURLをクリックすることでアプリが立ち上がり参加できます

 

Zoom面接のポイントコツ

Zoom面接のポイントコツ

Zoomの使い方を実際に体験しておく

普段からZoomを使いビデオ会議を行っている方は問題ありませんが、初めてZoomを使う方は、一度実際にZoomに触れてみましょう。

Zoomは時間内であれば無料で利用できるので、家族や友人に頼んで練習相手になってもらったり、スマートフォンとパソコンを使って一人で試してみることも可能です。

 15分前には準備を完了しておく

オンラインでの面接は、当日になって予想もしない出来事が起こる可能性があります。たとえば、「通信会社のサーバーがダウンしてアクセスできない」「ルーターが壊れてインターネットにつながらない」など問題が起きた際に、余裕をもって主催者に連絡がとれるよう早めに準備を完了しておきます。

目線は面接担当者とカメラに合せる

Zoom面接では、目線はあまり動かしすぎないように心がけます。パソコンやZoomの設定画面など、他の場所に意識が行きがちですが、視線が動き過ぎると落ち着きがなく見えてしまいます。Zoom面接時の視線は下記の2点を動かすように心がけましょう。

  • 自分が発言するとき:まっすぐとカメラを見て話す

  • 相手が発言するとき:発言している面接の担当者に画面ごしで視線をあわせる 

同居人や宅配便などの予定を把握しておく

Zoom面接の最中に、宅配業者がやってきたり、同居人や家族に話しかけられたりすることがないように、スケジュールの調整を行います。また、同居している人には「この日のこの時間にオンラインで面接があるから、静かにしていてね」と伝えておきましょう。

静かで明るい部屋を選ぶ

Zoom面接を行う部屋は、面接官との会話がスムーズに行えるように、周りの騒音が響かない場所を選びます。また、カメラに映し出される自分の姿や表情が面接官に伝わるように、部屋の照明はなるべく明るく設定しましょう。日中であれば、窓際などで日光を取り入れても良いでしょう。

Zoom面接の注意点

Zoom面接の注意点

カメラ配信だからと上着のみの正装はNG

「カメラ配信だから上半身しか映らない」といって、上着のみの着用は絶対にNGです。万が一、何かのきっかけで立ちあがることがあったり、下半身が映ってしまった場合、評価が落ちることは否めません。映らないからといって手を抜かず、全身きちんと正装しましょう。

公衆の場やネットカフェからの参加は避ける

インターネットの通信環境がないからといって、喫茶店などの公衆の場やネットカフェから参加してしまうと、「いらっしゃいませ」など周りの雑音が入る可能性があります。また、自身の発言も周囲に聞かれる恐れがあるので、プライバシーの観点からも避ける必要があります。 

面接時のカンニングはやめましょう

Zoom面接の場合、カメラに映らない場所にカンニングペーパーを用意したり、Zoomの画面外に企業のホームページを開いておいたりと、カンニングする方法がたくさんあります。しかし、Zoom面接とはいえカメラごしにチェックされているので、視線がおかしな方向に動けば「何か資料をみているな」と疑われる恐れがあります。対面の面接と同様、必要なことは自分の頭の中に叩き込みましょう。

 

Zoom面接の文字起こしに適切なツール–Notta

Notta

Zoom面接を受ける前に、何度か自分で練習する機会があると思います。何度も画面を録画して確認し、内容を書き出し修正することもあるのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、「文字起こしツールのNotta」です。Nottaは音声や動画を自動でテキスト化してくれるツールです。

長時間の動画のテキストもNottaならたった数分でテキスト化されます。忙しい就職活動の中、できるかぎり無駄な時間を省くことが重要です。よりよい面接での答弁をするためにも、時短ツールを使いこなしましょう。

参考記事:

ZoomミーティングIDとは?発行方法や招待の方法を解説

Zoomの文字起こし機能とは?便利な使い方やツールを紹介

cta3
いつでも、どこでも音声を文字にする。

Nottaは日本語に特化した国内最先端AI音声文字起こしツールです。

まとめ

「Zoom面接」といわれて、不安に思っている方も多くいらっしゃると思いますが、対面での面接と同様、あらかじめ「準備」「練習」を行えば、問題なく面接をむかえることができます。

また、就職活動中はZoom面接を受ける機会は一度だけではありません。今後の為に面接の内容をテキスト化して保存しておき、次回以降に役立てることをおすすめします。