「面接」と「面談」の違いは?それぞれの実施方法とポイントを解説

ビジネスや就職活動などで「面接」や「面談」が実施されますが、しばしば意味が混同して使用されるケースがあります。

しかし、「面接」と「面談」は明確に異なる意味を持ち、目的も違います。

「面接と面談の違いを把握していないので、混乱を招いてしまったらどうしよう」

「採用活動に影響してしまい、優秀な人材を確保できなかったらどうしよう」

とお悩みの方に向けて、本記事では「面接」と「面談」のそれぞれの意味と使い方や最大の違いについて、「面接」と「面談」の際に活用できるツールを紹介していきます。

面談の実施方法と準備する手順など、実践的な内容も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

「面接」と「面談」の違い| それぞれの意味と使い方を解説

「面接」と「面談」は、ビジネスや就職活動などでよく使われる言葉ですが、実際には異なる意味や使い方があります。

ここでは、それぞれの意味と使い方について解説します。

1

「面接」とは?

「面接」とは、主に採用や就職活動の際に行われる対話型の選考方法で、企業の採用担当者や上司が応募者と直接会って、応募者の適性や能力、志望動機などを評価するために実施されます。

また、面接は事前に予約をして行われ、一定の時間枠の中で会話する点が大きな特徴です。

面接の流れは、自己紹介や質問への回答、質問の双方向のやり取り、最終的な評価や次のステップについての説明などが含まれ、慎重に進められます。

主に採用活動だけでなく、昇進や人事異動、プロジェクトへの参加など、さまざまな場面で行われます。

2

「面談」とは?

「面談」とは、情報交換や意思疎通、問題解決、進捗確認を目的としてさまざまなテーマや問題について話し合うための会話方法で、ビジネスシーンだけでなく教育現場や相談窓口、個人間のコミュニケーションなどでも利用されます。

面談の内容はテーマや目的に応じて異なりますが、通常はあらかじめ決められた時間や場所で行われます。

また、面談は面接とは異なり、双方向のコミュニケーションが重視される点が特徴です。

参加者が自由に意見や考えを述べ合えるため、問題解決や共通理解を深めることができます。

句読点も自動的に入れてテキスト化!

日本語に特化した国内最先端のAI音声文字起こしツール「Notta」

「面接」と「面談」の最大の違いは「目的」

「面接」と「面談」はビジネスや就職活動などで頻繁に使われる言葉で、混同されて使用される場合もありますが「目的」が明確に異なります。

「面接」は、採用担当者や上司が応募者と直接会って、応募者の適性や能力、志望動機などを評価するために実施されます。

一方で「面談」は、情報交換や意思疎通、問題解決、進捗確認を目的としてさまざまなテーマや問題について話し合うために実施されます。

つまり、「面接」と「面談」の最大の違いは、面接が主に選考や評価を目的として行われるのに対し、面談は情報交換や問題解決を目的として行われる点にあるのです。

「面接」の実施方法と注意すべきポイント

ここからは、実際に面接を実施する際の方法や注意点などについて解説していきます。

関連記事 面接中にメモを取ってはいけない?失礼にならないメモの取り方や面接時のマナーを解説!

1

日程と場所の設定

初めに、面接の日時と場所を候補者と調整し、会議室やオンライン会議プラットフォームを予約します。

面接の場所は静かで落ち着いており、面接を受ける側が集中して面接に臨める環境を選ぶことが重要です。

2

参加者の確定

面接官や関係者の参加者リストを確認し、面接に必要な全ての人が出席できることを確認します。

また、参加者の役割や責任を明確にして共有しておくことで、面接中でのアクションや発言内容が重複してしまうリスクをなくし、スムーズな面接が実現可能となります。

3

資料の準備

面接官は候補者の履歴書やポートフォリオ、応募書類などを事前に確認し、面接時に役立つ情報を把握します。

必要に応じて、面接時に使う資料や質問リストを準備しておくとよいでしょう。

4

面接の実施

面接時に面接官は事前に準備した質問を候補者に投げかけ、候補者はそれに対する回答をします。

質問は候補者の経験や能力、適性、志望動機などに関するものであり、具体性が重要です。

また、面接は双方向のコミュニケーションを重視しますので、候補者に質問をするだけでなく、候補者が自由に意見や質問を述べられるようにすることが大切です。

5

評価とフィードバック

面接官は候補者の回答や態度を評価し、選考基準に基づいて公平に採点を実施します。

また、場合によっては面接後には候補者に対してフィードバックを提供し、次のステップについて説明したり、改善点となる部分の共有を行います。

関連記事 【ビジネスマン必見】社内社外でよくある面談の記録方法は?書き方とポイントを解説

「面談」の実施方法と注意すべきポイント

ここからは、実際に面談を実施する際の方法や注意点などについて解説していきます。

1

目的の明確化

面談を行う前に、話し合う目的やテーマを明確にして共有します。

面談の目的が明確であれば、参加者が議論や話し合いに集中しやすくなるというメリットがあるので、よく検討しておきましょう。