AI英会話アプリ

【2024年】ChatGPT搭載されたAI英会話アプリおすすめ4選!選び方も説明

日本でのChatGPTへのアクセス数は、サービス開始から数ヶ月で700万セッションを超えており、多くの日本人がAI技術への関心を寄せています。

(データ引用:日本のChatGPT利用動向)

ChatGPTを応用した技術の中でも、多くの方にとって関心が高いのが、英会話を学習できるAI英会話アプリです。

AI英会話アプリの利用により、AIから英会話の改善点や学習サポートを受けられたり、アプリによってはAIと会話できたりできるため、英会話力を高められます。

そこで今回は、ChatGPT搭載されたAI英会話アプリおすすめ4選を紹介します。アプリの選び方なども説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

英語勉強においての英会話スキルが重要な3つの理由

英会話スキルが重要な理由

1.仕事・転職で英語スキルの需要が高い

グローバル化が進む現代社会では、多くの企業が国際的な取引を行っており、英語を話せることは大きなアドバンテージとなるため、英語スキルは仕事や転職市場で重要です。

特に、国際的なプロジェクトや海外のクライアントとのコミュニケーションにおいて、英会話能力は必須のスキルといえます。また、英語が話せると、より多くの情報を理解でき、最新の業界動向や技術について学ぶことが可能です。

そのため、キャリアアップや転職市場での競争力が高まり、より良い職業機会を得られます。

2.英会話ができると年収が上がる

英語を流暢に話せることは、多くの職場で高く評価され、給与に反映される傾向にあるため、英会話能力は年収アップにも直結するといえます。

特に国際的なビジネスを展開する企業では、英語を使った交渉やプレゼンテーションが求められることが多く、英会話スキルを持つ従業員は重宝されます。

また、英語が話せることで、海外の企業との取引やプロジェクトに参加する機会が増え、それに伴いキャリアアップのチャンスも広がります。

そのため、英会話スキルは個人の市場価値を高めて、年収アップにつなげる際に重要です。

3.IT技術の発展によりリモートワーク・在宅ワークができる

IT技術の進歩は、リモートワークや在宅ワークの普及を加速させ、英会話の重要性を高めています。リモートワーク・在宅ワーク勤務が可能になれば、働き方や場所を選ばず、どこでも仕事できます。

英語を利用する海外企業と取引ができるようになれば、日本に留まることなく、海外で仕事することが可能です。そのため、リモートワーク・在宅ワークで働き方や場所を変えるためにも、英会話は重要となります。

関連記事:ChatGPTを英会話や英語学習に役立てる方法は?ポイントや利用時の注意点も解説!

ChatGPT搭載されたAI英会話アプリおすすめ4選!

Notta

Nottaがおすすめ

「Notta」は、英語の音声をリアルタイムでテキストに変換するAI文字起こしサービスです。パソコンやスマートフォンでの利用が可能で、会議や取材、英語学習などさまざまなシーンで活用できます。

特に英語の音声ファイルや動画を高速かつ高精度でテキスト化する機能が特徴で、1時間のファイルを約5分で変換し、98.86%以上の正確度を誇ります。MP3、WAV、MP4、MOVなどさまざまなフォーマットに対応し、ブラウザ上で簡単に操作できます。

英語学習においては、ネイティブの会話を文字起こし・翻訳し、スピーキング力の向上や文法理解の深化に役立てられる便利なツールです。

Nottaのおすすめポイント

  • 迅速で正確な文字起こしが可能:英語の音声をリアルタイムでテキストに変換可能

  • 多様なフォーマットに対応:さまざま音声・動画形式に対応し多様なシーンで活用可能

  • 英語学習に最適:文法の理解やスピーキング力、オンライン英会話の復習に利用可能

Nottaでの英語音声の文字起こし方法

1.Nottaにログインする

ログイン

2.画面右側の「インポート」をクリックし、英語の音声ファイルをアップロードする

音声ファイルをアップロード

3.発話言語を選択すると、動画のURLを直接に貼り付けだけで文字起こしが開始されます。

URLから文字起こし

Otter

Otter

「Otter」は英語に特化した高精度の文字起こしアプリで、英語学習にも適しています。毎月600分まで無料で利用でき、Premiumプランではさらに多くの機能を月額9.99ドルで利用可能です。

iOSとAndroidに対応し、リアルタイムでの文字起こし機能を提供します。録音された内容はキーワード検索で簡単に見つけられ、再生中の単語がハイライトされるため、聞き取りにくい部分の確認に役立ちます。

また、英語のリスニング教材としても活用でき、YouTube動画などの音声をテキスト化して、理解を深めることが可能です。英会話レッスンの音声もテキスト化できるため、初心者でも授業内容をより理解しやすくなります。

「Otter」のおすすめポイント

  • 英語音声をリアルタイム文字起こし:英語音声を高精度でリアルタイムにテキスト化可能

  • 充実した無料利用枠:Otterは毎月600分まで無料で利用でき、十分に英語の学習ができる

  • 英語学習ツールになる:英語のリスニング力の向上や会話内容の理解を深められる

関連記事:Otter.aiは日本語対応できる?文字起こし&翻訳の精度を全面解説

Speak(スピーク)

Speak

シリコンバレー発のAI英会話アプリで、2023年2月に日本でサービスを開始しました。日常英会話からビジネスシーン、海外旅行まで、実践的な英語を学習できるアプリです。

2000以上のコンテンツは、ネイティブスピーカーが使用する「生きた英語」を反映し、ユーザーは平均1000単語以上の英語を1日20分のレッスンで話せます。

AI技術による自動音声認識は、日本人の発音に最適化されており、リアルタイムでのフィードバックにより英会話力の向上をサポートしております。

複数の料金プランと7日間の無料トライアルがあり、英語初心者から上級者まで幅広く利用できます。

「Speak」のおすすめポイント

  • 実践的な英語学習が可能:2000以上のコンテンツがあり、「生きた英語」を学べます

  • AI音声認識での復習が可能:AI音声認識技術が発話・文章の改善点を提供してくれる

  • 日本語で質問可能:日本語でのサポートがあるため、英語学習に不慣れでも安心できます

スピークバディ

スピークバディ

AI技術を活用した革新的な英会話学習アプリです。800以上の実践的なシナリオを通じて、日常会話からビジネスシーンまで幅広い状況に対応し、ユーザーの発音をAIが細かく分析します。

第二言語習得理論に基づいた学習メソッドを採用し、AIが個別の学習カリキュラムを作成しているため、効果的な学習が可能です。

また、表情が豊かなAIバディ(会話相手)とのリアルな英会話ができ、1レッスン15分という短時間での学習が可能なため、忙しい方でも気軽に続けられます。そのため、英会話学習の新たな可能性を広げるツールとして注目されています。

「スピークバディ」のおすすめポイント

  • AIの発音分析でカスタマイズ学習:AIが発音を分析し、個々のレベルに合う学習が提供

  • さまざまな実践的シナリオ:日常会話からビジネスシーンまでリアルな会話練習ができる

  • 短時間での効果的な学習:1レッスン15分の短時間での学習が可能で忙しくても継続可能

英会話アプリの選び方

英会話アプリの選び方

1.利用目的やシーンにあったものを選ぶ

英会話アプリを選ぶ際、自分の学習目的や目指すゴール、利用シーンに合わせた選択が重要です。日常英会話、ビジネス英語、旅行英語など目的に応じたアプリが存在し、それぞれで異なるコンテンツや学習スタイルでの英語学習サービスを提供しています。

例えば、日常会話向けのアプリでは基本的な会話練習が、ビジネス英語向けではプレゼンテーションや交渉のスキルが重視されます。

AI英会話アプリは、リアルなシチュエーションを模倣し、実践的な練習が可能ですが、目的に合わないアプリを選ぶと学習効率が低下します。

勉強時間を無題にしないためにも、自分の利用目的や利用シーンに最適なアプリを選び、効率的に英会話スキルを向上させる必要があります。

2.簡単に操作できる無料アプリから選ぶ

英会話アプリを選ぶ際、簡単に操作できる無料アプリから始めると、自分に合ったアプリをリスクなく試せます。

無料アプリは、機能、レッスンの質、使いやすさ、コンテンツの豊富さなどを実際に体験して評価できます。また、複数のアプリを比較し、自分のニーズや学習スタイルに最適なものを見つけることが可能です。

そのため、無料体験を利用してからサブスクリプション登録の価値や、買い切り型の有料アプリのコスト対効果を判断できます。また継続的な学習に適した価格かどうかも確認できるため、経済的にも効率的にも最適な英会話アプリを選択することが可能です。

3.便利な機能がそろったものを選ぶ

便利な機能がそろったものを選ぶ理由は、効果的な学習を実現するためです。重要なのは、自分の学習スタイルや目標に合った機能を持つアプリを選ぶこと。

特に文法や発音の指摘、スケジューリング、単語帳、録音機能などは、学習の質を高め、効率を向上させます。

また、AI機能による個々のレベルに合わせたレッスン調整や、発音解析、進捗確認などは、自分の弱点を明確にし、あなたに合わせた学習を可能にします。

多機能であることよりも、自分のニーズにあった機能を持つアプリを選ぶことで、学習のモチベーションを維持し、英語力を効果的に伸ばせます。

4.自分のレベルにあった難易度で選ぶ

英会話アプリを選ぶ際、自分のレベルに適した難易度かどうか確かめましょう。初心者は、基本的なインプット学習に焦点を当てた、シンプルな例文やゆっくりしたリスニングが特徴のアプリが適しており、挫折せずに学習を継続できます。

中級者以上は、アウトプット学習を重視し、試験問題や実際の英語を使った学習に移行することをおすすめします。上級者は、よりネイティブな英語を学習できるアプリを選び、より高度な学習に挑戦しましょう。

適切なレベルのアプリを選ぶことで、学習効果を上げられ、継続的に学習へのモチベーションを維持できます。多くのアプリはさまざまなレベルに対応しており、自分の進歩に合わせて難易度を調整することも可能です。

アプリを使用して学習するメリット4つ

アプリを使用して学習するメリット

1.移動中や昼休みなどのスキマ時間を有効活用できる

英会話アプリのメリットは、移動中や昼休みなどのスキマ時間を有効活用できることです。アプリは24時間365日利用可能で、インターネットに接続できる端末があれば、どこでも学習できます。

忙しい日常の中でも、朝の目覚めの時間、昼休み、通勤電車の待ち時間、寝る前など、短い時間を見つけて英会話の練習ができます。

AIを会話相手にすることで、自分のペースで、自分の都合に合わせて学習することが可能になり、時間的な制約を最小限に抑えながら、効果的に英語力を伸ばせます。

そのため、忙しい現代人でも英語学習を継続しやすいです。

2.AIが英会話の相手となってくれて気軽に練習できる

AI英会話アプリの場合は、AIが練習相手となり、気軽に英会話の練習ができるため、特に初心者や英語に自信のない人にとっておすすめの相手です。

AIが相手であれば、間違いを恐れず、緊張せずに自由に会話ができます。人間の講師と違い、AIには性格がないため、相性を気にする必要がなく、ユーザーの興味に合わせた会話ができます。

アプリの中には、初心者向けのコースも充実しているものもあり、英語を話すことへの抵抗感を減らし、発話量を増やすのに役立ちます。オンライン英会話のように講師が主導することなく、自分のペースで学習を進められるのも大きなメリットです。

3.英語学習の習熟度や苦手なポイントがわかる

AI英会話アプリでは、個々の学習者のニーズに合わせてカスタマイズされた学習体験が提供されています。

AIは学習者の進捗を追跡して習熟度や苦手なポイントを精密に分析したデータを基に、個別のカリキュラムを作成し、学習者の英会話スキルの向上をサポートします。

特に発音の評価では、AIが音素レベルでの詳細なフィードバックを提供し、学習者がネイティブに近い発音ができるように手助けをします。

そのため、AI英会話アプリでは、学習者一人ひとりの特性に合わせた効果的な学習ができます。

関連記事:【厳選10選】英語学習サイトをカテゴリ別にご紹介!学習を成功させるポイントも解説!


まとめ:アプリを使って英会話力を高めよう

今回は、ChatGPT搭載されたAI英会話アプリおすすめ4選を紹介しました。Ai英会話アプリを利用すれば、AIのフィードバックによってユーザーに合った学習が行えます。

  • リアルタイムの会話練習

  • 発音やニュアンスの改善

  • 文法の理解やスピーキング力、英会話の復習

AI英会話アプリを利用すると、ユーザーに足りていない英会話スキルを可視化・改善でき、隙間時間に好きな場所で英会話を学ぶことが可能です。

そのため、普段忙しい方でもアプリを利用すれば、英会話力を高められます。

英語が苦手でもかんたんに英語動画やラジオから最新情報を手に入れる

104言語に対応する文字起こしツールNottaは、英語、韓国語、中国語などの音声を文字起こし・翻訳できます。

cta6
to top