文字起こしバイト

文字起こしバイトの内容とおすすめ文字起こしサイトを紹介

雑誌やWebサイトの記事を作成するにあたって重要な仕事のひとつ、「文字起こし」。在宅ワークが注目され始めた昨今では、文字起こしの仕事自体も注目されるようになりました。

でも、文字起こしはどのような作業をするのでしょうか。本記事では文字起こしバイトの内容と、文字起こしを始めようと考える方へ、おすすめの文字起こしサイトをご紹介します。

文字起こしバイトの詳しい中身

文字起こしバイト

文字起こしとは録音した音声などを聞き、その内容をテキスト化する仕事です。従来は「テープ起こし」と呼ばれていましたが、現在はICレコーダーの録音が主流となり、パソコンに取り込んだ録音データを用いて作業します。

Webライターの仕事の一環にも、文字起こし作業を取り入れ、文字起こしバイトとして取り組む方も多いです。取材した音声データをもとに、雑誌やWeb媒体に記事化するために行われています。Webライターが文字起こしを行う場合は、インタビューの内容をテキスト化し、大勢の人に読みやすいよう記事に仕上げる、といった工程までを行います。

文字起こしバイトに必要なスキル

必要なスキル

文字起こしをバイトとして頑張るためには、そのために覚えておかなければならないスキルがあります。それは以下の5つです。

  1. 基本的なパソコン操作

  2. 文章力、表現力の知識、語彙力

  3. 書き分ける知識

  4. 読みやすい内容への変換

  5. 素起こし、ケバ取り、整文と呼ばれる方法の知識

1のパソコン操作には文字入力やタイピング能力など、基本的な操作が含まれています。パソコンの操作ができなければ、音声の流れに沿って内容をテキスト化することができません。ブラインドタッチができれば相手が話す流れに沿ってテキスト化できるため、タイピングが得意な人、入力ミスの少ない人にはおすすめな仕事と言えます。 

また、文字起こしの基本的な知識として、素起こし、ケバ取り、整文も重要なスキルです。素起こしとは録音したデータをそのままテキスト化することです。ケバ取りとは「あー」や「えーっと」「うんうん」など、本文には関係のない相づちなどを省くこと。整文は文字の通り文章を整えることです。このように、文字起こしには文章力や表現力の知識に限らず、どのように録音データを文字起こししなければならないのかを考え、そのうえで必要なスキルを取り入れながら取り組まなければなりません。

文字起こしバイトで稼げる金額はどれぐらい?

稼げる金額は

文字起こしバイトで稼げる金額は、60分/10,000~20,000円が一般的です。文字起こしに慣れた人でも、60分の作業に要する時間は3~4時間と言われ、時給換算して2,500~6,000円ほどです。一般的な時給に比べて高い数字となりますが、文字起こしに慣れるまで上述したスキルを習得しなければならないため、容易な仕事ではありません。

在宅で行う文字起こしバイトを効率的に進める4つのポイント

効率的に進める4つのポイント

在宅ワークなどで文字起こしバイトを行う場合に、効率よく進めるためのポイントがあります。それは以下の4つです。

静かでノイズが入らない場所

文字起こしは録音データをもとにテキスト化するのが仕事です。そのため周囲が騒がしかったり、余計なノイズが入ったりする場所では、音声が聞こえにくいため、効率よく作業を進めることができません。文字起こしを行うのなら、 

  • 静かな場所

  • ご家庭であれば自室

  • 子どもや家族が寝静まった時間

などに行うのがベストです。

よく使う単語を事前に入力

文字起こしをする録音内容のジャンルが限定されているのなら、ジャンルに寄せた文字変換がスムーズにできるよう、頻繁に使う単語、または出てくるであろう単語を辞書登録しておきましょう。

カタカナを用いた商品名などは、入力する手間が掛かり、さらにタイプミスも起こりやすいです。そういった理由から、文字起こしをする前に職種や内容を事前に把握しているのなら、頻出する可能性のある単語を辞書登録しておきましょう。

最初は全体の流れを把握する

すぐさま録音データを聞きながら文字起こしをするのは、初心者にとってマストな方法ではありません。なぜならテキスト化することで必死になるあまり、内容がぼやけたものになったり、読みにくく仕上がるからです。 誰もが読みやすく分かりやすい内容を心掛けるためには、初めに録音データをしっかり聞き、

  1. どのようなことを話しているのか

  2. なにを軸に話が進められているのか

  3. インタビュイーはなにを伝えようとしているのか

をくみ取る必要があります。そのうえで、どのような文章にすれば多くの人に刺さる内容になるのかを考え、テキスト化しましょう。

文字起こしを始めたい!おすすめの文字起こしサイト5選

文字起こしサイト5選

ここからは文字起こしをしたいと考える方や、これから在宅ワークを始めたい方におすすめしたい文字起こしサイトについてご紹介します。在宅ワークが注目されるようになってから、多くの求人サイト、クラウドソーシングが展開されています。 たくさんあるからこそ、なにを選んで良いのか分からない方へ、始めやすいサイトだけをピックアップしてご紹介します。 

求人ボックス

文字起こしバイト

求人ボックスは在宅ワークに限らず、多くの求人情報を扱うサイトです。文字起こしの募集だけでも2022年7月現在で666件ヒットしました。

未経験OKなど、初心者でも応募しやすい求人が多数あるため、応募しやすくデビューしやすいサイトです。

CrowdWorks

CrowdWorks

CrowdWorks(クラウドワークス)は在宅ワークが主流のクラウドソーシングサイトです。文字起こしだけに限らず、在宅ワークが主流となるWebライターやWebデザイナーなども多数募集されています。

2022年7月現在の求人は10,263件、そのうち94件が文字起こしで、数は少ないものの、作業単価が高額な傾向にあったり、フリーターや主婦、主夫を歓迎する案件も多かったりと、初心者だけど不安……と考える方におすすめのサイトです。

Indeed

Indeed

テレビCMでも見かけることの多いIndeed。こちらも求人ボックス同様、多種多様な求人を取り扱っています。全体の求人数は確認できなかったものの、それでも文字起こしに関する募集は2022年7月現在で1,591件ヒットしました。

ただし、在宅ワークの案件は比較的少ない傾向にあり、募集のほとんどが企業に応募し、社内で取り組むのが主流な印象です。 

スタンバイ

スタンバイ

スタンバイも文字起こし業務を取り扱っています。内容は求人ボックス、Indeedと類似しているため、多種多様な求人を取り扱う中での募集となっています。

Indeed同様、全体の求人数が確認できないものの、文字起こしの求人は2022年7月現在で1,176件ヒットしました。

派遣社員、契約社員、在宅ワークなどさまざまな働き方が募集されているため、応募しやすいサイトです。

バイトル

バイトル

バイトルはお住まいの地域から募集職種を探す求人サイトです。そのため、全国の文字起こしを探すためには

  1.  関東

  2. 東海

  3. 関西

  4. 北海道・東北

  5. 甲信越・北陸

  6. 中国・四国

  7. 九州・沖縄

の7つをそれぞれ選びながら探さなくてはなりません。

理想的な文字起こしの仕事を見つけるまでの手間が掛かりすぎるため、すぐにでも文字起こしの仕事を始めたい方にとっては使いにくさを感じやすいサイトです。

 

文字起こしバイトを始めるならおすすめのツール「Notta

Notta

文字起こしは録音データを再生しながら、リアルタイムでテキスト化するのが一般的。でも、タイピングに自信がなかったり、まだまだパソコン操作そのものに自信がなかったりする場合、文字起こしバイトとして生計を立てたり、予定していた報酬を得たりすることは難しいでしょう。

そんなときおすすめなのがAI搭載によるリアルタイム文字起こしツール「Notta」です。Nottaはパソコンに取り込んだ録音データをはじめ、拡張機能を使えば再生中のYouTubeだってリアルタイムにテキスト化することが可能です。

録音が終わったら、Web上のNotta画面からテキスト化した文章を修正したり追記したりすることもできるので、WordやGoogleドキュメントを開いてテキスト化する手間がありません。文字起こしを初めてトライしてみようと考える方にはうれしいツールなのです!

まとめ 

まとめ

文字起こしバイトは、ただ録音されたデータを文章にすることではありません。必要があれば録音データからインタビュイーが伝えたいことを汲み取りながら文章に落とし込まなければなりません。多くの人の心に刺さる記事に仕上げるためには、本記事で紹介した5つのスキルを身につけ、そのうえで文章を作成しましょう。

たくさんのスキルを習得しながらテキスト化することは、文字起こしの作業に慣れるまで非常に困難です。そういったときこそ、Nottaを使ってテキスト化の簡略化をはかり、効率よく作業を進めましょう。